♥♡ ~~Dグレ恋愛場~~VII♡♥なりきり掲示板

♥♡ ~~Dグレ恋愛場~~VII♡♥

  • ここも第7弾になりました。
    みなさん。あらためてトピのおさらい♪

    ここでは、Dグレのキャラやオリキャラが恋愛するところです。
    最初は仲良くして仲がよくなったら告白しちゃってください///そして、付き合っちゃってください///
    守ることは3つです。

    ・荒らし、悪口は言わない。やらない。
    ・付き合ったら、イチャイチャしてもいいですが限度を考えて
    ・みんな仲良くすることです。

    男女関係なく年齢制限はないです。

    自己紹介がある程度終わったらなりきってください。

    ここのトピを使っていいのは、第六弾。前回のが終わってからではないとダメです。
    イベント系はじゃんじゃんやっても結構です!!

    『第7弾でもよろしくな』

    「いい彼氏。彼女みつけろよ」

  • ジャスデロ>>「また俺の偽者かよ!!俺じゃないからな。ジャスデロ。」

  • 海斗>>「わかってるよ海斗兄♪」

    「でもねそのサンタさんね、僕にね指輪とネックレスと金塊くれたよ♪いまそれね金庫にいれといたのヒヒヒ♪♪♪」
    『お前共犯になるぞ!!!いますぐかえしてきなさい!!!』
    「さすがに金塊はサンタさんにかえしたよヒヒヒ♪」←バカ
    『アホーーー!!!』

  • 「よかった。ってジャスデロ!17で警察のやっかいになるな=!!!」

  • 「まだ警察のやっかいにはなってないよ~♪でねそのサンタさんによくあうの~♪海斗兄みたいでやさしいの~ヒヒヒ♪♪♪」
    『誰かーーー!!!この子に犯罪の意味教えてーーー!!!』
    「???」

  • 「今度会わせてね♪そのサンタさんに」

    『犯罪とは悪い人がするひどいことですよ。』

  • デビット>>【でしょ♪】
    【というわけで♪夜ご飯ください♪】←デビットが大好きなのです♪本当に愛しているのです♪

    海斗>>『・・・恨みでもあるのではないでしょうか・・・?』

    ~そのころセイニーは~
    [・・・やめろ・・・どうしてそこまで・・・血を求める・・・?]
    [・・・やめ・・・ろ・・・やめ・・て・・・くれ・・・やめろーーー!!!]←超超超絶叫

    戻ってきました♪

  • 海斗>>「無理♪サンタさんと約束したから♪」
    『・・・。海斗さん・・・ここまでバカな人はじめてみました・・・。』

    琴葉>>「まさか♪うそはいけないぞ♪」

    いったん落ちます♪またあとで♪

  • ルーシュ>>「はいはい。」
    ヴィルシー>>「恨みなんて、そんなことしてません」

    ジャスデロ>>「・・・。」
    デロノア>>「俺も」
    ジャスデロ>>「嘘ではありません」

    外食に行ってきます。

  • デビット>>【いただきます♪(カプッ)】
    【・・・ん・・・んく・・・んく・・・ん・・・んく・・・】

    ヴィルシー>>『・・・では、まだ他にご兄弟・ご姉妹がいるとか・・・?』

    行ってらっしゃいです♪楽しんできてください♪どうぞごゆっくり♪

  • 「セーイーニーー!
    がんばってますかー?(微笑みながらセイニーの部屋に突☆入!?)」

    こんばんは~

  • [・・・来るな・・・近づくな・・・]←冷や汗ダラダラ・・・。

    カユラさん、こんばんは

  • 「あら、近づくな、なんて、言わないの…(どんどん近寄る)」

    「…血が、飲みたいんでしょう…?(ゆっくり、耳元で囁く)」

    「ほら…(自分の首筋をセイニーの口元にあてる)」

  • [・・・。]

    返信が遅れてしまって、本当に申し訳ございません・・・。

  • 「…(ちろ…)(セイニーの首筋を軽くなめる)」

    「…本能を全て押さえ込むのは、あまりよくないわよ…?」

    「…我慢はよくないわ……少しは、飲まないと、ね?…(自分の首筋に少し傷をつけ、血を出す)」


    いやいや、こちらこそ;;

  • [・・・(ふいっ)]←顔を背ける

    ちなみに、『ハーフヴァンパイア』です。純『ヴァンパイア』ではありません。

  • 「わお、すごい精神力ね?
    でも、ずっと黙ってしまって、どうしたのかしら?」

    光珠たちは…
    純、ともいえるし、そうでもないともいえるし…
    ただし、他のヴァンパイアに血を飲ませる(飲まれる)ことができるという…ちょっと特殊、なんですね。

  • [・・・近づくな・・・!!!(キッ・・・!!!)]←『真紅の瞳』で・・・

    ・・・でもまぁ、ルーシュはヴァンパイアの血のほうが濃いので、毎日血を飲んでます。
    セイニーは、それほど濃くはないのですが・・・たまに本能に襲われるのです・・・。

  • 「綺麗な瞳ね…(恐れることなく)
    曇りがないし、純粋な紅で…なにより、とても澄んだ瞳だわ…吸い込まれそう…」

    「ね、セイニー。貴方は、血を飲んでおかなくていいの?飲んでおけば、本能に襲われることも少ないのに?(近づいたまま)」

  • [・・・それは・・・]←少しうつむく&一歩退く

    ・・・ご存知かもしれませんが、セイニーの瞳、普段は『真紅の瞳』ではありませんよ。

  • 「…ん?セイニー?(俯いてしまったので、除きこむ)」
    「にしても…その真紅の瞳が、いつもは見られないなんて…残念でならないわ」


    次、いきましょうか?
    恋愛場

このスレッドは1000になったので終了です。
次のスレに進む
前回のスレに戻る
このスレを最初から読む

投稿できる人

このスレッドは投稿できません。

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします