暦~壱弐ヶ月と壱参の勇者4~なりきり掲示板

暦~壱弐ヶ月と壱参の勇者4~

  • 昔々、特別な力を持つ13人の勇者がいた。その力を敬った人々はその勇者らを暦と呼んだ。
    丁度200年前に彼ら暦は氷の上書きを阻止し、誰もが知る英雄となった。
    そして時は今、彼らの子孫は確実にその力を受け継ぎ氷の上書きもまた始まろうとしているという風の噂


    ・ギャル文字は禁止させて頂きます…(汗)理由は読みづらいからです。顔文字や記号は有り!
    ・キャラ数は自分が管理できる範囲!
    ・恋愛は特にジャンルは問いません個人の自由です…が行きすぎの場合注意させて頂きます!あ、カップリングできたら報告お願いします!!
    現在公認カプ
    [水都と純美]

    ・特定の人ばかりのコミュはお控えください!
    ・他人のキャラは殺さないでください!!ここ重要!
    ・人以外の種族もありです!その場合プロフに書いてください!ハーフもありで!

    プロフ
    名前 【此処すごく重要!】
    年齢 【?は有りとします】
    性別 【名前の次に重要!】
    性格 【割と大雑把に】
    容姿 【上に同じ】
    能力 【暦でなくとも能力は使える事にします。ですが能力は暦が強いことになりますあしからず…あ、能力持ちで後々明かすって言うのもありです】
    備考 【暦の場合此処に何月かを書いてください。その他色々とどうぞ!】

    暦…【睦月、卯月、皐月、文月、葉月、長月、霜月、師走、暦は一人ずつこの中から割り振られます、お選びください!

  • 純美「じ、実戦形式?」
    始めて聞く言葉に興味を持ち
    菊花
    純美「…お前の事を何とも思っていなかったらここには来ていない。」
    相手を見つめ
    水都
    純美「ありがとう……」
    相手に付いて行き
    純美「…ッ!………俺は仲間じゃないんだろ?…なんで…」
    驚いた顔で卯羅を見て
    燐火、卯羅

  • 純美》

    水都:(相手を見たまま)

  • 純美「な、なんだ?!;」
    あはははと苦笑い浮かべ扉に手をかけ
    友炎

  • 燐火》言わないよ
    守秘義務があるからね(ニパッと笑う)

    卯羅》そうですよ、光属性です

  • 純美「…なんだ…文句あるか…?」
    いつもと同じような対応し
    水都

  • 水都>>俺のは広範囲には無理だ、時間もかかる

    純美>>...?

  • 純美》戦いの稽古ってことだよ
    (優しく告げる)

    水素PL:No.868を見のがさないで

  • 純美》

    水都:……………いや…………。(俯いて)

  • 友炎》

    水都:………そうか………。(俯いて)

  • 純美〉
    燐火:……村の外れにあるの…
    卯羅:…何かお前を信じてみようと思ってな…

    菊花達〉
    燐火:…お墓が壊されてたの…
    卯羅:へぇ…

  • 純美「……な、なんでもない……」
    苦笑い浮かべたまま背を向け
    友炎
    純美「…いいかもな…」
    腕を組み考え
    菊花
    純美「…………痛かったか……?」
    相手の頬に触れ
    水都

  • 純美「……大丈夫だからな?俺がちゃんと元通りに戻す……」
    立ち止まり燐火と卯羅の頭を撫で
    純美「………そうか…そいつは嬉しいな…ありがとう」
    一瞬驚くも微笑み
    燐火、卯羅

  • 純美》

    水都:いや……、大丈夫だ………。

  • 純美「……すまなかった……」
    相手から手を離し
    水都

  • 純美〉
    燐火:うん…有り難う…
    卯羅:………

  • 燐火》
    ダービー:そうか、見に行っても良いか?

    卯羅》
    ダービー:薄いな(リアクションに対して)

  • 純美》お互いに殺すのはなしだよ
    (構えて)

  • 純美》

    水都:………いいんだ………。(純美の刀を返し)これがないと困るだろ?

  • 菊花達〉
    燐火:…それはダメ…
    卯羅:そう?

  • 水都>>それに純美はどうすんだよ

  • 燐火》なぜ?(尋ねる)

    卯羅》胸が薄いから?
    (リアクションとかけて)

  • 純美「当たり前だ…俺はお前の仲間で姉貴的存在だからな…」
    ニッと笑い
    純美「どうした…?」
    きょとんとし
    燐火、卯羅
    純美「わーってるよ」
    自分も刀を構え
    菊花
    純美「……叔母婆様の形見なんだ…」
    刀を受け取り見つめ
    水都

  • 友炎》

    水都:………、アイツも子供じゃない。何時までも、俺にしがみついてはいないさ…………。

  • 純美》(光のモンスターを繰り出す)

  • 純美》

    水都:………そうか………。(悲しげに微笑み)大切なものなんだな………。

  • 純美「……………………」
    モンスターに向かって刺し
    菊花
    純美「………………………来い」
    相手の腕を掴み引っ張り部屋をあとにし
    水都

  • 純美》(モンスターたちに攻撃させる)

  • 純美〉
    燐火:そっか…
    卯羅:何でもないよ
    (ニコッと笑う)

    菊花達〉
    燐火:何でも!
    卯羅:…………

  • 純美「くッ!!…………」
    刀を仕舞いその場に座り込み
    菊花

  • 純美「嗚呼」
    微笑み
    純美「…流石、燐火の姉貴だな…可愛い…」
    燐火と卯羅を交互に見てホワっと笑い
    燐火、卯羅

  • 水都>>...そんな事ずっと考えてたのか?

  • 純美》(攻撃を止めて)おしまい
    攻撃力4倍パーティはどうだった?
    (感想を聞く)

  • 純美〉
    燐火:そろそろだよ
    卯羅:可愛く何かない…

  • 純美》

    水都:………?(不思議そうに、相手について行き)

  • 燐火》
    じゃあしょうがない(あきらめて)

    卯羅》ジョークだから
    気にするなよ(笑い飛ばして)

  • 友炎》

    水都:(悲しげに微笑み)

  • 純美「はっ…?もう終わりかよ……」
    ちょっと残念そうな顔でふて腐れ
    菊花
    純美「嗚呼…わかった。準備する」
    札やら何やらを整理し
    純美「可愛いよ…」
    頭を撫でニッと笑み浮かべ
    燐火、卯羅

  • 菊花達〉
    燐火:ごめんね…
    卯羅:ふんっ…

  • 純美「…………おい…友炎…これから俺の母国に行く…付いて来たい奴が居たらこの先の一本気に待ってると伝えてくれ…」
    友炎に手紙を書き手紙を友炎の元へ移動させると腕を引っ張り布を出し
    水都

  • 純美〉
    卯羅:そんな事ないよ…
    燐火:着いたよ
    (お墓に着くが墓はぼろぼろに壊されている)

  • 純美》ケガしたら
    冒険に支障がでるだろ?
    (丸め込む)

    燐火》
    ダービー:気にすんなよ(寂しげな笑顔で)

    卯羅》
    ダービー:まあまあ、本当は薄くないだろ?
    (胸に手を当てる)
    PL:菊花がやったらセクハラですねww

  • 純美「ん〜…まぁ、信じる信じない次第はお前だからな」
    苦笑い浮かべ
    純美「………………………」
    お墓の前で手を合わせたあと札を貼り術を唱えはじめる
    燐火、卯羅

  • 菊花達〉
    燐火:うん…
    卯羅:薄いに決まってるだろ?まだ12だし

    PL/ですね

  • 純美》

    水都:えーと……………、俺、拉致られる?(冗談を言い)

  • 純美〉
    卯羅:………
    燐火:どうするの?

  • 純美「……ちッ!……わーったよ………」
    諦め立ち上がり
    菊花

  • 燐火》
    ダービー:もっと元気出せよ(励ます感じに)

    卯羅》
    ダービー:いや、12にしては厚いな
    (調子に乗って一回揉んでから)

    PL:悪ノリが過ぎてすいません

  • 純美「んなこたしねぇ…」
    布に乗り手招きし
    水都
    純美「…………お墓を元通りにする……」
    元通りにするのに集中するも答え。するとお墓のカケラが浮かべ上がり
    燐火、卯羅

  • 純美》

    水都:………(布に乗り)

  • 純美「……………………」
    相手の背後に行き後ろから手を回し
    水都

  • 純美》無事でいることが一番ですよ
    (微笑んで)

  • 菊花達〉
    燐火:うん!
    卯羅:…首、飛ばして欲しいの?
    (影から影の刀を取り出し相手に向ける)

    PL/大丈夫です

    純美〉
    燐火:あ!
    卯羅:っ!!

  • 燐火》
    ダービー:お姉さんを何とかして(上空へ行き)

    卯羅》
    ダービー:数年後の巨乳を
    楽しみにしてるよ(上空からからかい)

  • 純美》

    水都:!?!?(驚いた表情をして)

  • 純美「ふんッ」
    頬を膨らまし
    菊花
    純美「…………………………」
    どんどんお墓のカケラが積み重なり元通りになり
    純美「最後の仕上げだ………」
    力を最大にし直し
    純美「……はぁ…これで大丈夫…かな」
    立ち上がり
    燐火、卯羅

  • 菊花達〉
    燐火:んー…それは無理かな…
    卯羅:大きくならぬっ!!
    (影から大量に刀を出し相手向かって投げる)

  • 純美「………逃がさない為にだ……勘違いするな…バカ…//」
    耳元で囁くも最後の方はボソボソと言い
    水都

  • 純美〉
    卯羅:す、凄い…
    燐火:有り難うっ!!
    (尻尾を振りニコッと笑う)

  • 純美》

    水都:(一瞬驚いた顔をするも、悲しげに微笑み)

  • 純美「そうか?」
    首を傾げ
    純美「気にするな。困った時はお互い様…って、古かったな…困ったらなんでも言え?」
    言葉を言うと苦笑い浮かべるとニコッと微笑み
    燐火、卯羅

  • 純美「…お前は絶対に殺しはしない……もちろん、仲間もな」
    横から顔を覗き込ませ笑い
    水都

  • 純美〉
    卯羅:私はそんな事出来ない…戦う事しか出来ない…それしか教えられてない…
    燐火:うん!わかった!

  • PL:落ちます

  • 純美》

    水都:…あぁ。(微笑み返し)

  • 純美「それでも十分凄いさ。俺はな…母国の大人達からは嫌われてたんだが…唯一小さい子供達だけが好いてくれてな…だから、どうしてもお前達を見捨てられないというか………悪いな…」
    苦笑い浮かべ
    燐火、卯羅
    【菊花PL様・お相手ありがとうございました!】
    純美「……来ないな……もう、行くか…」
    布を動かし始め
    水都

  • 純美〉
    卯羅:そうなんだ…
    燐火:…………

  • 純美「つまらん話しちまったな……母国、来るか…?」
    首傾げ
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    マカ:行くっ!
    卯羅:行く…

  • 純美「よし、じゃあ行くか!………っと、その前に……最後に手を合わさせてくれないか?」
    布を出すとお墓の前に立ち懐から押し花を出しお供えし
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    燐火:うん、いいよ
    卯羅:頭も母さんもあっちで喜んでるよ…

  • 純美「それはありがたい…ありがとう………あとは俺に任せて下さい……」
    お墓の前で手を合わせたあとガードの札をお墓の門に貼り
    純美「頭…?」
    布に乗ると手を差し延べ
    燐火、卯羅

  • 純美》

    水都:………あぁ。(そのままの状態で)

  • 純美〉
    卯羅:あ、父さんの事だよ…大体いつも頭って呼んでたから…
    (相手の手を掴み布に乗る)
    燐火:うん、私も頭って呼んでたよ!
    (ジャンプして布に乗る)

  • 純美「そうなのか…良い家族してたんだな」
    その風景を想像し微笑み。卯羅の手を思いっきり引っ張り
    燐火、卯羅
    純美「ちょっと揺れるぜ」
    速度をどんどん上げ
    水都

  • 純美》

    水都:(そのまま、態勢を崩さずに)


    pl落ちます!お相手感謝ですm(_ _)m

  • 純美「………………………」
    相手をぎゅうっと抱きしめ。若干震え
    水都
    【水都PL様・落ち了解です!お相手ありがとうございました!】

  • 純美〉
    卯羅:うわっ!?
    (そのまま前に倒れる)
    燐火:お姉ちゃん!?

  • 純美「!!……って、……あ、…わり……大丈夫か…?」
    相手を起こし自分も起き上がり
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    卯羅:だ、大丈夫…
    燐火:良かった…

  • 純美「良かったよ……俺の国はな…あまり良い国ではないんだよ…俺は大臣の娘…だが、家族の誰もが俺を家に置いておくのを嫌がったんだ…」
    頭を撫でニコリと笑い、そのあとに苦笑い浮かべ
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    卯羅:…どうして?
    燐火:…?

  • 純美「……俺は生れつき魔術が使えて…霊が見えるんだ……もう一つ分かる事は…吸血鬼の父と魔女の母から生まれた子だから…目の色が違うんだ…右目が父。左目が母。…みんなはそれを知ったから嫌がってたんだ……」
    背を向け何処か遠い空を見つめ
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    燐火:そうなんだ…
    卯羅:……凄い…

  • 純美「そうか?」
    振り向き
    純美「凄いか?もうすぐ着くぜ…」
    はははと笑い。指を差し
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    卯羅:だって魔女が母親って…凄いよ!
    燐火:もう着くの?

  • 純美「そうか?…母さんには会った事ないけどな…」
    苦笑い浮かべ
    純美「嗚呼。速度を上げたからな」
    笑い
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    卯羅:へぇ〜…
    燐火:そっか…

  • 純美「………よっ…と……」
    布から降り手を差し出し
    村人A「…そこの美人さん…ほらほら、そこの可愛らしい二人の美人さんや…ちょいと話を伺いたいもんでねぇ〜…」
    すり手をしながら卯羅と燐火に近付き
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    卯羅:何か用ですか?
    (燐火の前に立つ)
    燐火:……?

  • 村人A「ここらで純美(かずみ)と言う女を見かけやせんでしたかい?そいつぁ、魔女の娘で毎回でたらめを言いやがってねぇ。今日こそはみんなでとっちめてやろうと思ったらいつの間にか居なくなってやしてねぇ」
    ニヤニヤとしながら問い掛け
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    燐火:へぇ…
    卯羅:知らんなそんな名前

  • 純美「っちゅー事や。じじぃ、そこどき」
    いつの間にか変装し卯羅の前に立ち
    村人A「………ちっ……」
    舌打ちをし
    燐火、卯羅

  • 純美〉
    燐火:!?
    卯羅:……いつの間に…

  • 村人A:はじめまして
    私クラシック家の菊花です
    彼女たちは付き添いの者…
    通しなさい(命令口調で)

  • 村人A「…………行き……」
    二人をみてどき
    純村「行くで……っちゅーか、菊花も来とったんか?」
    苦笑い浮かべどんどん街の方へ歩いていき
    燐火、卯羅、菊花

  • 純美〉
    卯羅:…………
    (俯く)
    燐火:………
    (辺りをキョロキョロしながら相手について行く)

  • 純美》クラシック家は
    隣国の名門貴族…
    平民なら大抵は従うよ
    (やや誇らしげに)

  • 純美「どないした?二人共。燐火はそないキョロキョロして…卯羅?…体調悪いんか?」
    二人の様子を見ては卯羅の顔を覗き込み
    燐火、卯羅
    純美「あ…そう……か…」
    バカらしく意味が分からず話を合わせ
    菊花

  • 純美〉
    燐火:だってここ初めまして来るから
    卯羅:だ、大丈夫…だ…

  • 純美》見てろって(楽しげに)

    PL:落ちます

このスレッドは1000になったので終了です。
次のスレに進む
前回のスレに戻る
このスレを最初から読む

投稿できる人

このスレッドは投稿できません。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします