地獄の勇者たち【戦闘ファンタジー】なりきり掲示板

地獄の勇者たち【戦闘ファンタジー】

  • ~あらすじ~
    地獄では、現在大問題が起こっている。
    各地で野生の強力な魔獣が現れ、地獄の住民を脅かしているのだ。
    今のままではいずれ都市部も崩壊してしまう。
    そこで、魔王はこの異常事態の原因を突き止めるため、まだ幼い自分の子供を――普段なら軍隊を向かわせるところだが――原因究明・対処に向かわせることにした。
    なぜなら、自分の子ならきっと一生の仲間を集められると知っていたから・・・

    #ルール#

    ・初めての方は下のテンプレに記入してください
    ・一人二役まででお願いします
    ・荒らし・中傷はやめて下さい
    ・遅レス、寝落ちはお互いさま
    ・最強最弱設定はナシです
    ・何らかの事情で暫く来れない場合などはできれば報告して下さい!
    ・絵文字や顔文字はなるべく使わないで下さい・・・
    ・楽しくやりたいので話を暗い方向に持っていき過ぎたり喧嘩になりそうな発言などは控えて下さい

    あと、地獄でのストーリーなので次の中から大まかな種族を選んでください。

    魔族(魔力、運動能力とともに標準)
    精霊(魔力が突出している)
    魔獣(運動能力が優れている)
    その他

    なお、精霊の場合は白虎、朱雀、玄武の中から属性を一つ選んでください。
    その他は追加前に相談して下さい。

    それでは楽しくやりましょう!
    参加待ってます!!

    =テンプレ(管理人記入済み)=

    名前:龍神 ミカ

    読み:りゅうじん みか

    年齢:20018(18)

    性別:女

    性格:アホの子、明るい

    種族:悪魔族(悪魔族はこのキャラのみです、魔力のほうがやや上)

    一言:みんな、仲良くやろーねっ!


    |容姿(無くてもOK)|

    身長:170cm

    体重(体型でも可):普通体型

    髪型:超ロング

    髪の色:焦茶

    眼の色:瑠璃色

    その他特徴:黒い羽・尻尾がある。
          魔法が使える。


    服装など、書きたいことがありましたらご自由に。

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • ALL>
    「うわー、こりゃ酷い・・・」
    (荒廃した街を見回して)

  • 龍神〉
    ラン:んー…まあいっか
    ナムナ:わかりました…

  • ラン>
    「そうだよー!(必死)」
    ALL>
    「さてと・・・もうすぐ、被害が特にひどい街に着くよ。何がいるかわからないから注意してね。」

  • 龍神〉
    ナムナ:そうですね
    ラン:そうかな?

  • ナムナ達>
    (一瞬顔が強張り)
    「だ、だよね・・・
     まぁ、見た目より性能だからさっ!」

  • 龍神〉
    ナムナ:そうなんですか
    ラン:でも槍ってあんまりカッコよくないよね…

  • ナムナ達>
    「そうなんだよー。大抵槍使いなんだよね。」
    (苦笑しながら)

  • 龍神〉
    ナムナ:そうなんですか!?
    ラン:初耳だよ〜

  • ナムナ達>
    「あ、やっぱり剣術か!地獄では剣術使いはあんまりいないんだよねー・・・」

  • 龍神〉
    ナムナ:いえ、何も
    ラン:師匠に剣術は教えてもらったよ?

  • ナムナ達>
    「そうなんだ。訓練でも受けたの?」

  • 龍神〉
    ラン:まあ、魔族だけどね〜
    ナムナ:はい…

  • ナムナ達>
    「そうなんだ!…見た感じ魔族みたいだけど、一般人にしては強いね。」

  • 龍神〉
    ナムナ:はい!
    ラン:親友だよ〜

  • ALL>
    「それにしても二人は仲が良いねー。親友なの?」

  • 龍神〉
    ナムナ:そうですか
    ラン:そっか〜

  • ナムナ達>
    「あ、アナタ達のは行き過ぎてないからいいんだ。」

  • 龍神〉
    ナムナ:私達、結構好戦的ですよ?
    ラン:うん!

  • ナムナ達>
    「いや、そうじゃなくてさ、いわゆるグロ系のアレのこと。」
    {『好戦的』と言え。}

  • 龍神〉
    ラン:変な趣味って…
    ナムナ:私は百合じゃないですよ!?

  • ALL>
    「ん、よかったよ。変な趣味とかもないみたいだしね…(苦笑)」

  • 龍神〉
    ラン:オッケー!
    ナムナ:それっ!
    (刀を抜き魔物の心臓部に突き刺す)

  • ナムナ達>
    「そっか、よかったよ!なら話が早い…っと。早速あんなとこに魔物が…」
    (魔物が襲いかかってくる)
    「街に近いからランクは2くらいかな?試しに倒してみて!」
    簡単過ぎかな…

  • 龍神〉
    ナムナ:はい、ありますよ?
    ラン:経験豊富だよ♪

  • ALL>
    「そういえば、みんな魔獣との戦闘経験はある?なんせ野生のは街中にいるのとは違って戦いにくいからさ…」

  • 龍神〉
    ナムナ:はい
    ラン:いざ行かん!

  • ナムナ達>
    「うん。とりあえずは、魔物が発生していると思われる北北東の方角に向かおうか。」

  • 龍神〉
    ナムナ:そうですね
    ラン:うん!!
    (相手について行く)

  • ALL>
    「まぁ、とりあえず任務に行こうか!」
    (歩き出す)

  • 龍神〉
    ナムナ:でしょうね…
    ラン:うん…

  • ナムナ達>
    「この状況・・・理解不能です・・・」

  • 龍神〉
    ナムナ:な、何か思考停止しちゃってるよ!?
    ラン:何故に!?

  • ALL>>
    「\(^o^)/」
    (思考停止)

  • ホムラ達〉
    ラン:別にいいじゃん!ね?ナムナ
    ナムナ:え…と…

  • ナムナ達》
    ホムラ:百合なんか認めない!

    カムイ:落ち着けよ

  • ALL>>
    「・・・・・・どうなっているんだ・・・」
    {こいつら、いつまでここでモタモタしているつもりだ。こんな女たらしは俺は好かんぞ。}

  • ホムラ達〉
    ナムナ:ら、ラン〜…
    (涙目のまま名前を呼ぶ)
    ラン:よしよし…BLね〜…
    (ナムナの頭を撫でながら相手らを見る)

  • ナムナ達》
    ホムラ:チクショー!俺もBLに走ってやる!
    (カムイに抱きつこうとする)

    カムイ:俺はヤダ(避ける)

  • ホムラ達〉
    ナムナ:…………
    (涙目のまま立ち尽くす)
    ラン:とは言ってもナムナの事だけどね…

  • ナムナ》
    ホムラ:そっか…(相手から離れる)

    カムイ:…ごめん(同上)

  • ALL>
    {・・・出会って4秒でなんとやら、か?}
    龍神!下品なこと言わないの!

  • ホムラ達〉
    ラン:えっと…わ、私他に好きな人いるから…
    ナムナ:………
    (だんだんと涙目になる)

  • ラン》
    ホムラ:冗談じゃ…ないよ(抱きしめる)

    ナムナ》
    カムイ:(口を離して)愛してる

    龍神》
    (二人とも気づいていない)

  • ALL>
    「・・・!?!?」
    (目の前の光景に赤面する)

  • ホムラ達〉
    ラン:えっと…何かの冗談かな?
    (顔を赤くして苦笑する)

    ナムナ:…!?
    (顔を赤くする)

  • ラン》
    ホムラ:(抱きしめて耳元で)好きだよ

    ナムナ》
    カムイ:好きだ(驚く相手の口を塞ぐ)

  • ホムラ達〉
    ナムナ:えっ!?
    ラン:はいっ!?

  • ナムナ達》
    ホムラ:今俺たちが~
    欲しいものは~
    君!
    (ホムラがランを
    カムイがナムナを
    それぞれ指さす)

    カムイ:当たり前体操~
    (ポーズを決める)

  • ホムラ達〉
    ラン:今度は何だろう?
    ナムナ:今度は面白そう…

    PL/今度はCOWCOWの当たり前体操ですね

  • ナムナ達》
    ホムラ:次はこれだ~(サインを送る)

    カムイ:(了解し歌い始める)
    当たり前~当たり前~

    PL:ネタの連発ですねww

  • ラン:うん、古い…
    ナムナ:ラン、失礼だよ!

    PL/あ!小島よしおか〜

  • ナムナ達》
    ホムラ:ウエ~
    天界の鉄板ギャグが受けないよ。でも
    そんなの関係ねぇ
    そんなの関係ねぇ
    そんなの関係ねぇ
    はい、オッパッピー
    (変なネタを披露する)

    カムイ:仕方なく乗ったけど古っ!
    (ややあきれて)

    PL:小島よしおでした~

  • ホムラ達〉
    ラン:?
    ナムナ:?
    (首を傾げて相手らを見つめる)

    PL/えっと分かるには分かるんですが、名前が出てこなくて…

  • ナムナ達》
    ホムラ:俺様の渾身のボケが~
    (膝をついて、カムイにサインを送る)

    カムイ:
    (了解のサインを出した後
    アカペラでリズムを刻む)


    PL:元はなんの芸人か分かりますか?

  • ホムラ達〉
    ラン:いや、それは分かってるよ
    ナムナ:あははは…
    (苦笑する)

  • ナムナ達》
    ホムラ:え…エロくはないんだからね
    (ツンデレ風に)

    カムイ:ツンデレか!(つっこむ)

  • ホムラ達〉
    ラン:大人な所?
    ナムナ:ラン、それ絶対に違うと思うよ?

  • ナムナ達》
    ホムラ:飯がうまくて女が可愛いんだぜ
    君たちには縁のないところだけどな
    (やや見下し気味に)

    カムイ:要約したら…あんな感じだね
    (フォローに困る)

    龍神》
    ホムラ:君たちの住処だろ?
    そんな風に言われても…
    (戸惑い気味に)

    カムイ:とりあえず自信もてよって事だよ
    (励ます感じに)

  • ホムラ達>
    「地獄は良いところだと思うよー?ちょっと薄暗いけど…」
    (複雑な顔で言う)

  • ホムラ達〉
    ナムナ:そういえば天国ってどんな所なんですか?
    ラン:あ、それ私も気になる!

  • all》
    ホムラ:地獄ってのも意外と
    居心地がいいな(率直に言う)

    カムイ:地獄の人たちに失礼だろ
    (たしなめる)

  • ホムラ達〉
    ラン:足引っ張んなよ〜?
    ナムナ:そうかな?

    PL/落ち了解、お相手感謝です!

  • ナムナ達》
    ホムラ:楽しみだな~(軽い口調で)

    カムイ:礼儀正しいんだね
    (少しうれしそうに)

    PL:落ちます!おやすみなさい

  • ホムラ達〉
    ラン:死ぬまで続く!!
    ナムナ:はい、宜しくお願いします
    (お辞儀をする)

  • ナムナ達》
    ホムラ:いつまでその強気が続くかな?
    (挑発気味に)

    カムイ:これからよろしくな(微笑んで)

  • ホムラ達〉
    ラン:ケッ…んな訳ねぇじゃん!絶対に仲間になる!!ね、ナムナ!?
    ナムナ:うん!

  • ナムナ達》
    ホムラ:怖じ気付いたなら帰りな
    (からかう感じに)

    カムイ:仲間が増えるのはマイナスじゃない
    仲間になるなら歓迎する(断片的に)

  • ホムラ達〉
    ラン:へぇ〜…
    ナムナ:成る程…

  • ナムナ達》
    ホムラ:俺たちも任務のために
    天国から派遣されたんだぜ(誇らしげに)

    カムイ:それだけきついって事だ
    (あくまでも冷静に)

  • 龍神〉
    ラン:うん!!凄い面白そう!
    ナムナ:確かにそうだね!
    PL/落ち了解、おやすみなさい

  • ナムナ達>
    「ちなみに任務の内容は・・・(任務内容を話す)
     どう?面白そうでしょ。」

    PL:落ちます、おやすみなさい。

  • 龍神〉
    ナムナ:任務?
    ラン:面白そう!

  • ナムナ達>
    「あ、ご丁寧にありがとう。」
    (お辞儀する)
    「・・・そうだ!アナタたち結構強いみたいだし、私と一緒に任務やらない?」

  • 龍神〉
    ラン:ランだよ
    (刀を鞘に戻す)
    ナムナ:ナムナです
    (お辞儀をして刀を鞘に戻す)

  • ALL>>
    「あー・・・ごめんね、うちの龍神がw
     何せ好戦的なもんで・・・」
    ナムナ達>>
    「そういえば、あなた方は誰?」

  • 龍神》
    ホムラ:おいおいちょっと待てよ
    仕掛けたのそっちじゃん
    (反対気味に)

    カムイ:そうだな
    俺たちの任務は戦う事じゃない
    (賛成気味に)

  • 龍神〉
    ナムナ:私は賛成です…
    ラン:えぇー…ナムナが言うなら止めるよ…

  • ALL>>
    「思ったよりやるじゃねーか。次は・・・」
    {待って、龍神。一回代わって。このままじゃ埒があかないよ。}
    まさかアレをやるのか・・・?
    {これなら回避不可能だからね。一応説得もするから。}

    「あのー、多分無駄だと思うけど、戦うのはやめない・・・?」

  • ホムラ達〉
    ナムナ:次はこっちからだよっ!!
    ラン:燕返し!!
    (相手に斬りかかる)

  • カムイ>
    「ほう、そうか。じゃあもっと手加減してやってもいいぜ?」
    (ニヤニヤしながら)

  • ナムナ達》

    ホムラ:くっそーレベル1の技じゃダメか
    (とは言っても封印されてて
    それ以上の技を使えない)

  • 龍神》
    カムイ:こっちも能力は封印されてて
    半分も出してない(にやけながら)

  • ホムラ達〉
    ナムナ:っと…
    (軽く避け地面に刺さった刀を抜く)
    ラン:なかなかだね…

  • カムイ>
    「あ?街が壊れないように手加減してやってんだよ。」
    (手の電気技で弾き返す)

  • ナムナ達》
    ホムラ:フレアボール!
    (手から高威力の火の球を打ち出す)

  • 龍神》
    カムイ(相手の動きを読んだ上で
    すでに刀から手を離しており)
    精霊はこのレベルか…
    アクアボール!
    (手から高威力の水の球を出し)

  • ホムラ達〉
    ラン:いきなりだね〜
    ナムナ:……っ!!
    (相手の鳩尾を殴り吹っ飛ばす)

  • ホムラ達>
    「ふん・・・遅えな。」
    (避けつつ刃を掴む)
    「放電(スパーク)。」(電流を流す)

  • 龍神》
    カムイ:伝説の双剣士…
    それは俺たちだ!(切りかかる)

    ナムナ達》
    ホムラ:業火の剣!(ナムナの太刀を飛ばす)

  • ALL〉
    ラン:ふぁ〜…そっちからかかってきていいよ?
    (あくびをしながら)
    ナムナ:ちょっと失礼だよ…

  • ホムラ達>
    「あぁ、知ってるが・・・
     それがどうした。俺にとっては関係ない。(構える)」

  • 龍神》
    カムイ:天界の炎水双剣士伝説って
    知ってるかい?(刀を抜いて)

    ナムナ達》
    ホムラ:ようやくやる気になったか
    そっちは任せた!(ようやく刀を抜き)

  • ナムナ、ラン>
    「俺は殺すかもな・・・」
    {ちょ、ダメだって!!それこそ戦争になるよ!}

  • ホムラ達〉
    ラン:へぇ〜、威勢はいいね…
    ナムナ:ラン、殺しちゃ駄目だよ?

  • 龍神〉
    ラン:一人ノリノリだね〜
    ナムナ:違うよ!凄い怒ってるよ!?

  • ナムナ達》

    ホムラ:手加減?いらねーよ…
    (刀を抜かずににやつき)

    カムイ:やれやれ
    (ホムラにあきれながら相手の動きを見る)

  • ALL>>
    「ガキ共・・・2対1対1になったぞ。(殺気増加)」
    {あー・・・龍神、街を壊さないでね?}

  • ホムラ達〉
    ラン:あっそ…んじゃとりあえず手加減するか
    (刀を抜きクルクル回す)
    ナムナ:うん…
    (刀を抜き構える)

  • 龍神》
    カムイ:変なB級映画よりは面白いから
    (黙って見てろオーラを出す)

    ナムナ達》
    ホムラ:二体一ねぇ
    天界の稽古よりは緩いな
    (挑発して)

  • ホムラ達〉
    ラン:二体一…そっちが不利だね
    ナムナ:どうします?

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします