探偵局に入りませんか?なりきり掲示板

探偵局に入りませんか?

  • えと、ここは探偵局『ランタン』只今局員募集中です。
    ★ルール★
    ・荒らしは御法度です。
    ・一人最高六役まで。
    ・アニメキャラでもオリキャラでもいいですよ。
    ・依頼人でも警察官でもいいですよ。
    ・恋愛は何でもありですけど行き過ぎ注意

    ★プロフィール★
    名前・    
    性別・
    性格・
    容姿・
    備考・   
    一言・

    ★アニメキャラ★
    名前・    
    性別・
    作品名・
    一言・

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 和菜》

    麻守:そっか。君も頑張ってたんだね。(優しく微笑みかけ、頭を撫でて)

  • 麻守さん>>

    あ、えっと・・・依頼書を見てました。私にできる依頼ないかと思いまして・・・
    (依頼書を見せて机においてあったイチゴ牛乳を再び飲みはじめて)

  • 和菜》

    麻守:(頷いて)ありがとう。…それで、何見てたの?(机の上の資料を見て)

  • 麻守さん>>

    んっ・・・\\\も、もう大丈夫ですか・・・?\\\
    (びくんっと体をはねらせて囁かれたほうの耳をおさえ)

  • 和菜》

    麻守:(相手を強くギュッと抱き締めて耳元で)ありがとう……。

  • 麻守さん>>

    麻守さんはかけてはいけない存在だと思います。もちろん麻守さんだけじゃなくてランタンにいるみんなかけちゃいけない人たちばかりです。だから、そんなに悩まないでください。もし、また不安になったらいってください。私はなんどでもいいますから・・・。
    (相手の手をぎゅっと両手で包み込むようにつかみふにゃっと微笑み)

  • 和菜》

    麻守:いや、大丈夫。(ニコッと笑いかけて)……僕なんかが…此処に戻って来ても良かったのかなって、思ってさ…。

  • 麻守さん>>

    どうしたんですか・・?あまり元気がないですね・・。具合でも悪いんでしょうか・・・
    (首をかしげ相手のおデコに自分の手をあてて熱がないことを確認して)

  • 和菜》

    麻守:(小さく微笑み)久しぶり…。

  • 麻守さん>>

    あ!!麻守さん!
    (机にイチゴ牛乳と依頼書を置いて相手のほうに近づきふにゃっと微笑み)

  • 和菜》

    麻守:(事務所に入って来て)

  • ALL>>

    んー・・・。私にできる依頼・・・あるかな・・・?
    (依頼書を何枚か見ながら買ってきたイチゴ牛乳をストローで飲み始め)

    PL まったく来れなくてすいませんでした!!
    リアルが落ち着いてきたのでこれからはなるべく顔出そうと思います!
    絡んでくださったら嬉しいです(^^*)

  • 空汰・修哉》

    麻守:さ、早く選んで下さい。(クスクスと笑って)

  • >麻守

    空汰:ありがとうございますっ!!
    (ぺこぺこと頭を下げながら嬉しそうに笑って。

    修哉:はーい。
    (ニヤニヤと笑いながら形だけの返信を返して。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(クスと笑って)どうぞ…。…からかわないで下さいよ。

  • >麻守

    空汰:え、いいんですか!?
    (ぱぁ、と顔を輝かせながら相手を見つめて。

    修哉:麻守君いっけめーん!!
    (茶化すような口振りで嬉しそうに笑って。

  • 空汰・修哉》

    麻守:好きな物を選んで下さい。お代は、僕持ちです。(ウインクをして)

  • >麻守

    空汰:わ…色々ある…!!
    (並べられているフレーバーを興味津々に見つめながら目を輝かせて。

    修哉:これは…迷っちゃうなぁ~!
    (ニコニコ笑いながら辺りを見渡していて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(しばらくするとアイス屋について)

  • >麻守

    空汰:へぇ…楽しみだなぁっ!
    (弾んだ声でニコニコ笑いながら。

    修哉:アイスか…ふふ。
    (あまり顔には出していないが嬉しそうにしていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:僕の知ってる、アイス屋です。おすすめはオレンジアイスですよ。(ニコッと笑いかけて)

  • >麻守

    空汰:はーいっ!
    (元気よく手を上げて相手のあとに続いて歩き始めて。

    修哉:何々?何処か行くのー?
    (目をキラキラと輝かせながら相手と空汰を見ていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:……さ、行きましょう。(歩き出して)

  • >麻守

    空汰:……日野原さんが…言うなら…。
    (渋々叩いていた手を止めながら引っ込めるもまだ不満そうに頬を膨らませて。

    修哉:ふぅ…いっ、てて…
    (至る所をさすりながらへらへらと笑みを浮かべていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:まぁまぁ。アイス食べに行きましょう。(ニコッと笑いかけて)

  • >麻守

    修哉:ごめん、遅くなりました_って、空君痛い痛い!!!
    (謝罪の言葉を述べながら来れば空汰に殴られて顔をしかめていて。

    空汰:遅いぞバカノ!!
    (むぅ、と頬を膨らませながら修哉をぽかぽかと殴っていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:遅いですねぇ……。(座ったまま)

  • >麻守

    空汰:……
    (中々来ないからか不機嫌そうな表情になっていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:…(縁石に座って)

  • >麻守

    空汰:そうですね!あ~…早く来ないかな~?
    (嬉しそうに笑いながら大きく頷いて待ち遠しそうに呟き。

  • 空汰・修哉》

    麻守:修哉さんが合流したらアイス、買いに行きましょう。

  • >麻守

    空汰:修哉なら平気だよ!!彼奴ああ見えて頭とか良いし!!……多分。
    (にぱっ、と満面の笑みを浮かべながら。

  • 空汰・修哉》

    麻守:いえ、大丈夫です…。それにしても……、大丈夫でしょうか、修哉さん……。(走って来た方向を向いて)

  • >麻守

    空汰:す、すみません…無理矢理…
    (はぁはぁと肩で息をつきながら申し訳無さそうに頭を下げて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(大きく息を吐いて)

  • >麻守

    空汰:そろそろ平気かな…
    (ぴたり、と足を止めて辺りをキョロキョロと見渡しながら。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(相手に手を引かれ、走り)

  • >麻守

    修哉:ここは何とかするから_早く行きなよ。
    (そう言うなりぱっ、と相手の姿に欺いて。

    空汰:…急ぎましょう!
    (相手の手を取り猛ダッシュでその場から離れて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(照れ笑いをして)さ、行きましょう。(行こうとするも記者に囲まれ)

  • >麻守

    空汰:やったぁぁっ!
    (にこにこと嬉しそうに笑いながらガッツポーズを取って。

    修哉:え、何々~?そんな話聞いてないよ?
    (ニヤニヤと笑いながら相手を小突いて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:忘れてませんよ。おいしいアイス屋さんを知ってるんです。行きましょう。(ニコッと笑いかけて)

  • >麻守

    空汰:あ、あの…ァィス…
    (相手の袖をくいくいと引っ張りながら遠慮がちに。

  • 空汰・修哉》

    麻守:さ、警察が来る前に帰りましょう。(歩き出して)

  • >麻守

    空汰:お疲れ様です、日野原さんっ!!
    (たたっ、と相手に駆け寄ってニコニコと笑いながら。

    修哉:お疲れ様でした!見事な活躍っぷりでしたよ?
    (ふふふ、とニヤニヤと笑って。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(走って近づいてきて)終わりました。(ニコッと笑いかけて)

  • >麻守

    空汰:…!!
    (にひっ、と悪戯っぽく笑い返しながら小さく手を振って。

    修哉:…
    (にんまり、とこちらはへらへらと笑いながら大きく手を振り返し。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(電話を切ると背伸びをし、相手等の方を見て笑顔で手を振り)

  • >麻守

    空汰:あれ、何処かに電話してる…?
    (じぃ、と相手の手元を凝視しながら。

    修哉:警察じゃないのー?
    (こてん、と首を傾けながら。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(その場で警察の爆処理班を携帯で呼んで)

  • >麻守

    空汰:やったぁ!!!やったよ修哉!!!
    (修哉の手を取りブンブンと振り回しながら嬉しそうに飛び上がり。

    修哉:わ、わかったから…
    (苦笑しながらも付き合っていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:…赤か…。(意を決して赤を切ると、爆弾が止まる)

  • >麻守

    空汰:…赤、かな…?
    (相手の手持ちにあるコードを目を凝らしながら見て。

    修哉:何だか、緊迫なシーン…ドラマみたい…。
    (半分夢心地な様子でポツリと呟いて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(コード二本で迷い、線を見つめて)

  • >麻守

    空汰:…?どうしたのかな?
    (相手の手が止まった事を不審に思いながら相手を見ていて。

    修哉:…よくそんな所まで見えるね…。
    (相手の様子を目を細目ながら見ていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(最後のコードまで行くと、その場で止まり)

  • >麻守

    空汰:だ、大丈夫かなぁ…
    (不安そうに遠くから相手を見ていて。

    修哉:心配しすぎじゃないの?
    (はぁ、とため息をつきながらも空汰同様遠くから相手を見ていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:…(小さく微笑んで相手を見送ると爆弾に向き合い解体を再開して)

  • >麻守

    空汰:わ、分かりました………。……あの!!全部終わったら、アイス食べにいきましょうね!
    (不安げな表情で頷いてから、決意したような表情で誘ってから慌てて修哉の後を追いかけて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(相手らの方を向いて)大丈夫です。任せて下さい。(ニコッと笑いかけて)

  • >麻守

    修哉:…そうだよ空君、僕らは離れるべきだ。
    (子供を抱き抱えながら空汰の手を取って。

    空汰:で、でも…!!
    (相手と爆弾に視線を向けながら必死に。

  • 空汰・修哉》

    麻守:駄目です!!逃げて下さい!(声を張り上げて)

  • >麻守

    空汰:嫌です!!日野原さん一人置いてなんて行けません!!
    (胸をドンと張りながらキッパリと断り。

    修哉:取り合えず、子供は出してくるね!
    (たたっ、とゲームセンターまで走っていき。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(手を止めて周りの音を目を瞑って聞いて)…子供の声がします……。あそこです!(小さなゲームセンターの中に子供がいて)あの子を避難させたら君達も逃げて下さい!(また爆弾を解体していき)

  • >麻守

    修哉:…終わりました、これで多分平気だと…。
    (息切れをしながら相手の元まで辿り着いてから、キョロキョロと辺りを見回して。

    空汰:うわ…生で初めて見た…!!
    (キラキラとした目で相手の手元の爆弾に視線を注ぎ。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(ゆっくりと最初の蓋を開け)

  • >麻守


    空汰:…。
    (こくこくこく、と無言で凄い勢いで頷きながら。

    修哉:空くーん、行くよ?
    (空汰の腕を引っ張りながら係員の元に行き説明を始めて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:…(爆弾を受け取り)素性を明かして、此処に居る人を避難させて下さい。係員さんに頼めば大丈夫でしょうから。

  • >麻守

    空汰:は、はい…
    (大人しく引き下がりつつも視線は爆弾に釘付けで。

    修哉:…お願いします。
    (刺激を与えないように丁寧に渡して。

  • 空汰・修哉》

    麻守:空汰君。落ち着いて下さい。……修哉さん、貸して下さい。僕が解体します。

  • >麻守

    修哉:って事は…!!?
    (相手が指定したゴミ箱を全部ひっくり返して、そこから時限爆弾を取り出して。

    空汰:うぇぇっ!!?
    (修哉が取り出したものに驚きと悲鳴の混じった変な声を出してしまい。

  • 空汰・修哉》

    麻守:……(辺りをキョロキョロと見渡して)あの、ゴミ箱の中です。

  • >麻守

    空汰:…時計?
    (意味わからなそうに首をこてん、とかしげて。

    修哉:…そう言えば…微かに…
    (耳を澄ませ目を閉じてゆっくりと呟いて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:……時計の音がします……。(ゆっくりと目を開けて)

  • >麻守

    空汰:あ、あの…何か…?
    (相手の異変に気づいて恐る恐る尋ねて。

    修哉:具合悪いんですかー??
    (軽い調子で尋ねて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:……(目を瞑って周りの音だけを聞き)

  • >麻守

    空汰:あれ?もしかしてあっちに面白そうなのがあるんですか?
    (相手の隣にたって近隣をキョロキョロと見回しながら。

    修哉:……。
    (少し真剣そうな表情で相手を見ており。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(何か別の物に気を取られていて)

  • >麻守

    空汰:な、何から乗ろうかな!?
    (貰ったパンフレットと周りの景色を比較しながら目をキラキラと輝かせながら二人を見て。

    修哉:ん~?あんまり激しくないヤツが良いよね~。麻守君はどう思う?
    (目を閉じて腕を組んでうんうんと考えながら話題を相手にふり。

  • 空汰・修哉》

    麻守:ホント、キラキラしてますねー!(バレないようにテンションを合わせて)

  • >麻守

    空汰:わぁ~!!何にしようかなぁ~!!
    (目をキラキラさせながら辺りを嬉しそうに見ていて。

    修哉:…分かりました。………うわ、流石出来立て!!広いなぁ~♪
    (こくり、と小さく頷いてから気分を戻すようにニコニコと楽しげに笑っていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:ありがとうございます。大丈夫ですから…。(優しく微笑み)

  • >麻守

    空汰:どーしたんですか二人ともーっ!早く行きましょうよっ!!
    (振り替えってニコニコと満面の笑みを浮かべていて。

    修哉:空君、先チケット出しておいて!!………無理に聞きはしませんけど、あんまり無茶しないで下さいね?
    (空汰を軽く追い払った後、小声で囁いてからにこり、と笑い。

  • 空汰・修哉》

    麻守:あ、いえ…、何でもないですよ……。

  • >麻守

    空汰:♪~…♪~…
    (相手の様子にも気づかず楽しそうな表情で歩いていて。

    修哉:…何か心配ごとでもありました?
    (空汰に気付かれないように相手に小声で尋ねて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(少し厳しい表情をしていて)

  • >麻歩

    空汰:♪~♪~…あ~早く着かないかなぁ~?
    (ニコニコと笑い鼻唄を歌いながら楽しそうに歩いていて。

    修哉:…あと、10分くらいかな…?
    (マップを見て少し半ば嬉しそうに笑っており。

  • 空汰・修哉》

    麻守:そうですね。行きましょうか。(ニコッと笑いかけて)

  • >麻守

    空汰:…?
    (笑ってる相手を不思議そうに見て。

    修哉:…そろそろ行きますかー?
    (確認し終えたのか奥から顔をひょっこりと覗かせ。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(クスクスと笑って)

  • >麻守

    空汰:やったぁ!!
    (嬉しそうにぴょんぴょんと跳び跳ねて。

    修哉:じゃ、戸締まりとか確認しないと…。
    (そう小さく呟きながら奥の方にとてとてと消えてしまい。

  • 空汰・修哉》

    麻守:そうですね……。依頼も無いようですし、行きましょうか。

  • >麻守

    修哉:…そう言えば、近隣に出来た遊園地のチケットもらったんですけど…行きますー?
    (ポケットからぱらりと三枚分のチケットを出しながらにんまりと笑い。

    空汰:いっ、行きたい!えと…日野原さんは…?
    (ぱああ、と嬉しそうに顔を輝かせながらちらちらと相手を見て。

  • 空汰・修哉》

    麻守:さて……、これからどうしましょうか……。(手を離して)

  • >麻守

    空汰:は、はい…。
    (大人しくされるがままの状態で。

    修哉:……
    (傍らでニヤニヤと二人を見ていて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:そんなに緊張しないで下さい。(相手の頭を優しく撫でて)

  • >麻守

    空汰:と言うことは…僕はこれから、同じ職場で_き、緊張するなぁ…!!
    (言っている途中で気がつきどきまぎと緊張した様子で。

    修哉:_空君は意識し過ぎだと思うんだけどなぁ~…。
    (空汰を隣で見ていて一人ぽつりと呟いて。

  • 空汰・修哉》

    麻守:はい、そうですよ。(優しく微笑み)

  • >麻守

    空汰:と、ところで日野原さんもここの従業員さんですよね?
    (慌てて話を反らしながら相手を見上げるように見つめて。

    修哉:そりゃあそうでしょ?
    (空汰を見ながら可笑しそうに笑い。

  • 空汰・修哉》

    麻守:(恥ずかしそうに笑って)

  • >麻守

    空汰:あ、ああすいません!
    (慌ててぺこぺこと頭を下げながら謝罪して。

    修哉:恥ずかしがることじゃないよ~。
    (相手と目を合わせながらにっこりと笑って。

前回のスレに戻る

投稿できる人

誰でも投稿できます。

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします