【AB】終わりの始まり【ALL】なりきり掲示板

【AB】終わりの始まり【ALL】

  • Angel Beatsを舞台としたなりきりです。ちなみに設定は皆が成仏したあとの来世の空想なりきりです。
    SSSのメーンバーをオリきゃらで作っても、関わりのない来世でできたオリキャラでも大丈夫。 
    ただし、過去の記憶を使うのはAngel Beatsのキャラ(オリキャラ)のみ。 
    他のアニメキャラの場合はそのままの。設定は崩さないでください。 

    プロフはABキャラ(オリキャラはなし)のみ名前だけとする。 

    他のアニメキャラ 
    名前 
    年齢 
    性別 
    作品名 


    オリキャラ 
    名前 
    性別 
    性格 
    年齢 
    備考 

    で、お願いします。ちなみに主はABから、日向をやります。 
    1にオリキャラの例題を書くのでまだ記入しないでください。

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • ALL「さて……暇になってきたな〜…」

  • 友≫
    風守:はい

    PL/落ち了解です、お相手感謝です!

  • 風守「そうだな〜…まあ、さしよりファミレスでいいよな?」
    指を指して 

    PL:今日は寝ます。お疲れさまでした

  • 友≫
    風守:私は何でもいいですよ

  • 風守「ん〜…何が食べたい?」

    街中をあるきながら

  • 友≫
    風守:そうですね

  • 風守「ん〜…じゃあまあとりあえずなにか食べる?おごるけど…」

  • 友≫
    風守:はい

  • 風守「…そうだっけ?…あ〜…言われてみればそうだったな」

  • 友≫
    風守:多分私がぬいぐるみを頭に乗せて歩いていているのを見て器用だな…、と思って声をかけたのでは?

  • 風守「あはは、たいした自信だね。…それで…ってなんで話してたんだっけ?」
    首を傾げて

  • 友≫
    風守:大丈夫です、落としませんので

  • 風守「そんな大事な物なら頭に乗せてあるかないでしょ。」

    笑いながら

  • 友≫
    風守:はい、知人から貰った物です

  • 風守「…そのぬいぐるみ、お気に入りなの?」

  • 友≫
    風守:はい

  • 風守「まあ…そうだね…何か…って、なんとなくか…」

    風守を見ながら

  • 友≫
    風守:普通はそうですよね

  • 風守「…なんとなくで頭にぬいぐるみ乗っけて町を歩くやつなんてなかなかいないよ?」

    苦笑いしながら

  • 友≫
    風守:何となくです

  • 風守「…なんで頭にのっけてるの?」

    首を傾げて

  • 友≫
    風守:いえ、それほどでも
    (立ち止まる)

  • 友 
    風守「…あの〜…器用だね。」

    笑いながら話しかけ

  • 管理人さん≫
    許可ありがとうございます!

    ALL≫
    風守:……………
    (パンダのぬいぐるみを頭に乗せて町中を歩く)

  • PL:参加希望大歓迎です。よろしくお願いします。

  •     ∬参加希望∬

    名前:佐々風守
    年齢:不明
    性別:女
    作品名:UN-GO

  • ユイ「はぁ〜…ったく、お前も少しくらい落ち着いたらどうだ?」
    ため息をつきつつユイの頭をなでてみる 

    ゆり「いや、それはないから。」

  • 日向>
    ユイ:い、いやです!
    (首を横に振ると後退り)

    ゆり:一緒にしてるんじゃなくて、一緒なのよ。 ……お、なんか名言っぽくなった。

    PL:感動の再開でいいじゃないか。

  • ユイ「…ほう?もう一度やられたいのか?」
    指をパキパキと鳴らしながら 

    ゆり「一緒にするなー!」

    PL:まあ、確かに

  • 日向>
    ユイ:先輩こそ、頭の悪さだけは変わってないですよ?
    ゆり:ユイと同じくらいかしら?

    pl:でもそれほど衝撃的じゃなかったですよねww

  • ユイ「ふん。このくらいでゆるしてやんよ。ったく、お前はかわらないな〜」
    呆れながらも笑いつつ


    ゆり「そんなにか?そんなに俺は馬鹿なのか?」
    慌てながら

    PL:まあ…そっちのほうがしっくりくりかもね

  • 日向>
    ユイ:せ、先輩!ギブ!ギブ!
    ゆり:だって、日向くんって本物の馬鹿じゃない。

    PL:じゃあ…衝撃的な再開

  • ユイ「そうか…」
    ゆらりと立ち 
    「お前もこりないな!」
    ユイの正面にたちコブラツイストをかける。 

    ゆり「相変わらずの言いようだな…。」
    苦笑いしながら 

    PL:それはまた別の話ww

  • 日向>
    ユイ:あまりにも無防備な背中につい蹴りを入れたくなりました!
    ゆり:日向君こそ。いつも通りバカみたいに元気そうね。

    PL:いえいえ、謝らないでください!…感動の再開←

  • ユイ 
    「がっ……てっめぇ……」背中を押さえ唸り声をあげながら 

    ゆり 
    「よぉ〜ゆりっぺ。元気そうだな。」
    手をヒラヒラとふりながら 

    PL:お久しぶりです。長くあけてすいません。僕も会いたかったですよ。 

  • 日向>
    ユイ:うぉりゃーー!!!(相手に背後から飛び蹴りして
    ゆり:久しぶりね、日向くん。

    PL:お久しぶりです!会いたかったです……ニックネーム変えました!

  • 【え〜…長い間放置してすいません。大した理由はあまりなく…その〜…動画とったりといろいろしていたためこれませんでした。そのためキャラリセはまだ行いません。あと二週間ほど空けたいと思います。】

    日向
    ALL「……それにしても…本当に暇だなぁ…。」

    襟首をつかみながらぱたぱたと扇ぎ

  • ゆり達〉
    マカ:はい、宜しくお願いします!
    ソウル:おう!宜しくなっ!

  • マカ達>
    ゆり:マカちゃん…に、ソウル…くん、宜しく。
    文人:宜しくお願いします。
    大山:宜しくね(笑顔で)

  • 日向>
    ユイ:大変ということは…音無さんとハッピーエンドに…?
    ゆり:そうね、久しぶり。(相手に右手を差し出して微笑み)
    大山:久し振りに会うシーンを特徴がないなというために、「にしても」で終わらせないでよ!!
    文人:…。(瞳を赤く染め)

  • 日向〉
    つみき:そうね…
    真宵:確かに…

  • 日向 
    大山「おお、懐かしいな。…にしてもお前、相変わらず特徴ないな。」
    笑いながら肩をくみ 

    直井「はっ、お子ちゃまに何言われようがなんとも思わないね。このこの…」
    相手の頭をわしわしとなで

  • 日向 
    ユイ「ああ、…あいつにはまだ会ってないよ。あと、お前が消えたあとから大変だったんだぜ?」
    笑いながら思い出していくことを口にしていきながら
    ゆり「…相変わらず口悪いのな…久し振り…でいいのか?」
    苦笑いしながら近寄り 

    つみき&真宵「…ふたりともにたようなこといってるな」

  • ゆり達〉
    マカ:私はマカ=アルバーンです
    ソウル:ソウル=イーターだ

  • マカ達>
    ゆり:私は、仲村ゆり。
    文人:僕は神…(ゆりが文人の頭を殴り)痛っ……直井文人です…。
    大山:僕は、大山。
    ゆり:貴方達は…?

  • ゆり達〉
    ソウル:ってぇ…
    (頭を擦る)
    マカ:ところであなた達、誰ですか?

  • マカ達>
    ゆり:そう…それならいいのよ。(相手の頭から手を離して)

  • ゆり達〉
    ソウル:あ、嗚呼…
    マカ:………

  • マカ達>
    ゆり:一つだけ質問…。直井くんだけならいいんだけど…私と大山くんまで、頭どうかしているわけじゃ、ないわよね?

  • ゆり達〉
    ソウル:痛たたっ!?な、何すんだよっ!!
    マカ:ちょっと、何するんですかっ!?

  • マカ達>
    ゆり:ちょっと…(ソウルの頭を片手で強く掴み)
    文人:はぁ…これだから馬鹿は困る…
    ゆり:いや、お前のほうが馬鹿だろ。

    大山:僕は普通か…な?

  • 日向〉
    つみき:えぇ、トラブルメーカーに振り回されっぱなしよ
    真宵:毎回ツッコミがハードなんじゃよ〜

  • 日向>
    ユイ:そうですね…。音無さんとは、まだ、会えてないんですか?

    ゆり:あぁ?…あ、なんだ、日向くんじゃない。記憶あまりないのね…。
    (一瞬ドスのきいた声を出すが相手だとわかると明るい声になり)
    大山:あ、日向くん!
    文人:気安く話しかけるな。

  • ユイ〉
    つみき:し、師匠!?
    真宵:つみきさんが師匠…

    ゆり達〉
    マカ:なんか神とか言ってる…
    ソウル:頭どうかしてんじゃねーの?
    (歩きながら会話を交わす)

  • 日向 
    ユイ「そうか…それは良かった。…なんか…久し振りだな。」
    照れくさくなって視線を外し頭をかく  

    ゆり逹「…あ、ゆりっぺ、大山、直井!お前ら……ってあれ?おかしいな…なんで俺みんな知ってるんだ?今日は変なことばっかだな。」
     
    つみき&真宵「まあ、あんたらも大変そうだけどな〜…。」
    笑いながら

    友 
    ユイ「ありがとう。ございます。僕、たまにストリートライブとかやってるんでもし見かけたら是非見ていってください。」
    目を輝かせて

  • つみきさん達>
    すごいです!師匠!!

    マカ達>
    大山:えーちょっとだけ。
    文人:黙れ…僕は神だぞ?
    ゆり:あーもう!神だ神だってうっさいのよ!此処を三人で歩いてるその中の一人、一般人が神なわけないでしょ!!!

  • ユイ〉
    つみき:これくらい普通よ
    真宵:酷いんじゃよつみきさん!いきなり飛び蹴りだじゃなんて〜

    ゆり達〉
    マカ:なんか一人ふらふらしてるね、大丈夫かな?
    ソウル:大丈夫だろ
    (相手らを遠くから見つめて)

  • つみきさん達>
    すごいですね!!

    日向>
    はい…お母さんに迷惑かけないですんだから…良かった。

    友>
    ふぇっ?…ま、マジっすか!!ファンですか!有難う御座います!!
    喜んで!!(色紙にサインをして)

    ALL>
    大山:あー眠い…(ふらふらして)
    文人:くっつくな。邪魔だ。(大山を避け)
    ゆり:ちょっと大山くん!しっかり歩きなさい!日向くんみたいな変人みたいよ!…あれ…?(三人で外を歩いていて)

  • 日向〉
    つみき:大変ね
    真宵:そうじゃよね〜

  • 日向 
    つみき「俺もいろいろ大変なのよ。」

    真宵「流石に覚えてねぇ〜よ。」
    笑いながら 

    阿良々木さん 
    pl大丈夫ですよ。あと88の返答ユイだけでいいのでお願いできますか?    

    友 
    ユイ「……あの…もしかして…ユイ…さん…ですか?…ファンなんです!!サインいいですか?」
    色紙とマジックをユイの前に出す

  • ユイ〉
    真宵:ノォーっ!!
    (二回ほどバウンドする)
    つみき:ふぅ、思ったより吹っ飛んだわね

  • 日向>
    遊佐:身体全体です。
    椎名:TKは…KYになっていそうだな。
    ユイ:はい…会えて、良かったです…(笑顔で言い)

    PL/遊佐と椎名をキャラリセして、仲村ゆり、大山、直井文人やっていいですか?

    つみきさん達>
    おぉーーー!!!!(驚き)

  • 日向〉
    つみき:へぇ
    真宵:今までどんなツッコミをくらったのかにゃ?

  • ユイ〉
    つみき:分かったわ…いくわよ!
    真宵:え!?ちょま、つみきさん!?そんなに助走をつけなくても……あ、ああ!ぎにゃーっ!!
    (つみきの飛び蹴りを食らい吹っ飛ぶ)

  • つみきさん達>
    じゃあ、この人蹴ってください!!
    (真宵を指差し)

  • 日向 
    遊佐「どこにそんな要素があるんだよ!まったく…」
    しかめっ面で 

    椎名「…あり得そうで怖いな…」
    苦笑いしながら 

    ユイ「……ああ、こんな感じで会うとは思わなかったがな。…歩けるみたいだな。」
    微笑みながらユイに近寄る 
    つみき&真宵「まあ…どちらかというと…突っ込みをよくくらうな」

  • ユイ〉
    つみき:ええ、出来るわよ?見せてあげようか?
    真宵:え…

  • 日向>
    遊佐:いや、なんか…なんとなく。
    椎名:大山は、中二病かもしれないな。
    ユイ:っ…日向…先……輩……?

    つみきさん達>
    あなたも飛び蹴りできるんですか!?

  • 日向〉
    つみき:へぇ…
    真宵:にゃるほど〜

  • つみき&真宵「いや…ボケてるつもりはないんだが…突っ込みをいれられるっつうか…」

  • 日向〉
    つみき:どっちもなの?
    真宵:にゃんとっボケもこなしてツッコミもするとは!

  • つみき&真宵「ん?ん〜……どっちとも…かな〜…」

  • 日向〉
    つみき:そうなの?
    真宵:そして日向さんはツッコミ?それともボケかにゃ?

  • みつき&真宵「…まあ俺もあまり人のことは言えないんだけどな〜…」
    苦笑いして頬をかく

  • 日向〉
    つみき:さぁ?
    真宵:ドタバタ?

  • みつき&真宵「うっかりって…お前らの日常はどうなってんだよ…」

  • 日向〉
    つみき:うっかりってやつよ
    真宵:こう言うの日常茶飯事じゃからね〜

  • つみき「おいおい、忘れるなよ」
    苦笑いを浮かべ 

    真宵「…丈夫なんだな」

  • 日向〉
    つみき:あ、忘れてた…
    (手を離す)
    真宵:このくらい大丈夫じゃよ!
    (親指を立てる)

  • みつき「ま、まあまあ落ち着け。そいつ可哀想だから」
    苦笑いしながら止めにかかる 

    真宵「大丈夫か?」

  • 日向〉
    つみき:い、いないわよっ!!
    (顔を赤くして手の力を強くする)
    真宵:ぎにゃーっ!!つ、つみきさん!?何だか力強くなってませんか!?

  • みつき&真宵「…好きなひとでもいるのか?」
    興味深かそうに聞き

  • ユイ〉
    つみき:成る程、後で私も練習しようかしらね
    真宵:つみきさん!?そ、それ以上飛び蹴りの精度を上げなくてもいいんじゃにゃいかにゃ!?

    日向〉
    つみき:はぁ…
    真宵:つみきさんもしかして伊御さんに会えなくて寂し…ぎにゃーっ!!顔が手中にっ!!
    (つみきに顔を捕まれ痛がる)

  • 遊佐「ちげぇーよ!てかなんでそうなるんだよ。」
    ムキになりながら 

    椎名「それはそれでどうかと思うが…まあいいや」
    どうでもよさそうに 

    ユイ「え?あ、いや、すまん。気にするな。」
    (まさかこんな感じで会うとはな…)
    微笑みながら

    みつき逹「ああ、悪いな。」 
    手を振りながら

  • つみきさん達>
    飛び蹴りの練習です。
    (何故かドヤ顔で言い)

    日向>
    遊佐:……日向さんは、ホモなんですか?
    椎名:子犬かも…しれないな。(少し嬉しそうに)
    ユイ:え……?えっと……………私の名前、どうして知ってるんですか…?

    友>
    遊佐:そうなんですか、大人気なんですね…良かったです…。
    椎名:な…そ、そんなわけないだろう…子犬の方が…
    (少し頬を赤らめるが襟巻きで隠し)

  • 日向〉
    つみき:わかったわそれじゃあ
    真宵:またね〜じゃよ〜
    (手を振り歩き出す)

  • みつき&真宵「え〜、俺も?俺はいいよ?2人で楽しんでこいよ。」

  • 日向〉
    つみき:散歩?
    真宵:ナイスアイデアじゃよ!早速行こう!日向さんも一緒にどうですか?

  • みつき&真宵「そうだね〜…まあ…散歩でもしてみたらどうだ?」

  • 日向〉
    つみき:えぇ
    真宵:それにしても退屈じゃね〜、にゃにか面白い事起きにゃいかにゃ〜

  • みつき&真宵「そうか……すまん。ありがと。」

    笑いながら

  • 日向〉
    つみき:別にいいわよ
    真宵:気にしてないんじゃよ〜

  • 日向 
    遊佐「ん?どうかしたねか?」
    首をひねり 

    椎名「いや…そうでないことを祈ろうか」
    苦笑いして 

    ユイ「おわっ!おいおい、お前大丈夫……か…ユ……イ?」
    驚きを隠せず差しのべようとした手をとめて 

    みつき&真宵「なんか急に話しかけて悪かったな」
    頭をかきながら 

    友 
    遊佐「あたりまえだ。大人気グループだしな。」
    羨ましいそうに 

    椎名「ん〜……あれだ、椎名さんもかわいいねって話だよ」
    笑いながら頭をかく 

  • ユイ〉
    真宵:大丈夫ならそれでいいんじゃけど…何か急ぎの用事でもあったのかにゃ?
    つみき:すごい勢いで走ってたけど…

  • つみきさん達>
    大丈夫です…いたた…
    (ゆっくりと起き上がり)

  • ユイ〉
    つみき:何処が痛いの?
    真宵:怪我してないかにゃ?
    (相手に駆け寄る)

  • つみきさん達>
    う…い、痛い…です。

  • ユイ〉
    つみき:どうしたの!?
    真宵:ど、どうしたんじゃよ!?

  • 日向>
    遊佐:そうですか…あ、ところで日向さん。
    椎名:でも…誰かは、ミジンコだという可能性もあるんだよな。

    友>
    遊佐:そうですか?
    椎名:いや…間違っていたのなら、はっきりいってくれ。

    ALL>
    ユイ:どりゃあああーうにゃっ!
    (道を思い切り走っているが転び)

  • 日向〉
    つみき:私は御庭つみき
    真宵:片瀬真宵じゃよ〜

投稿できる人

誰でも投稿できます。

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします