禁断の恋を…楽しんでみませんか?なりきり掲示板

禁断の恋を…楽しんでみませんか?

  • お帰りなさいませ、お嬢様、お坊ちゃま
    おや、屋敷に来るのは初めてのお方までいらっしゃったのですね?
    始めまして、私、執事の竜間神司(たつましんじ)と申します
    早速ですが、ルールをご紹介いたします

    I.荒らし、中傷、AA、なりすまし、などはおやめください
    II.一人二役までといたします
    III.恋愛はNLのみとさせていただきます、旦那様がいらっしゃっても構いません。執事×メイド・お嬢様×お坊ちゃまでも構いません
    IV.★・♪などの記号は乱用禁止です
    V.お嬢様同士も仲よくお話ししてください、無視は禁止です
    VI.ロルは必ず回してください
    VII.なにかご要望があれば、管理人の悪霧まで
    VIII.参加許可は管理人以外の方が許可を勝手にしないでください
    IX.宛先を必ず記入してください
    X.できるだけ顔を出すようにしてください

    次はプロフィールですが…私のを参考にお願いいたします。
    名前 竜間 神司
    フリガナ タツマ シンジ
    性別 男
    立場 執事
    容姿 日本人顔で髪も眼も黒い、鼻が高め、身長178センチの細身、肌は白め、常にタキシードを着用しているが要望があると私服を着たりする
    備考 一人称「私」、年齢は27歳、髪を染めようかと思案中←

    追加でメイドもさせていただきます、宜しくお願いいたします
    名前 綾田 紫苑
    フリガナ アヤタ シオン
    性別 女
    立場 メイド
    容姿 日本人顔で髪も眼も黒い、目がキリッとしていて鼻が高め、身長163センチの細身、肌は少し黒目、常にメイド服を着用
    備考 一人称「私」、年齢は24歳、耳に穴をあけようか思案中。

    原作様の場合
    名前
    フリガナ
    性別
    立場

    だけで結構です

    では、みなさま、ルールを守って楽しくなりきりをお願いいたしますね?
    あ、オリキャラじゃなくても原作キャラクターの方も参加して下さいね★

    ~お嬢様~
    名前 桐谷 梓
    フリガナ キリタニ アズサ
    性別 女
    容姿 自毛は明るい茶色だがミルキィピンクに染めている。身長162cm。
    備考 日本人とイギリス人のハーフ。年齢17歳。一人称「あたし」。

    名前 二階堂 真子(ニカイドウ マコ)
    立場 お嬢様
    容姿 158cmの短髪で少し茶色っぽい
    性格、寂しがり屋です
    備考 一人称「私」、相手に対しては名前にさん付け

    名前 御坂美琴(ミサカミコト)
    性別 女

    ~執事~

    ~おぼっちゃま~
    名前 二階堂 真人
    フリガナ ニカイドウ マヒト
    性別 男
    容姿 身長180cm  体重68㌔肩を越す長さの少し癖毛の黒髪。前髪は目の上辺りで自然に流している。茶系のブラウスシャツ・紺系ズボンが自宅で寛ぐ時の服だが、バスローブのままの時もある。
    備考 年齢18歳 大学一年 情報学科。ぎりぎりの出席率。部屋でゲームやネット検索に没頭。一人称「私」「二人称」男女問わずお前 年上には「あなた」を使う。横柄な言葉使いゆえ、上から目線に見られることが多い。二階堂 真子の兄。シスコン気味。

    名前:東風谷鈴仙(コチヤレイセン)
    年齢:23歳
    性別:男性
    備考:おぼっちゃまらしさは欠片もなくフードのついた服とタバコを愛用する。また、幼馴染は綾田紫苑。趣味は愛車のスープラで行く長距離ツーリングと峠攻め。勿論改造車。口癖は「金は腐るほどあるから問題ない」

    ~メイド~
    名前 赤月 散
    フリガナ アカツキ チル
    性別 女
    立場 メイド
    容姿 黒目、黒髪のセミロング。身長150㎝。
    備考 年齢15歳。一人称「私」二人称「~さん」「~様」と名前にさん、様付け。申し訳ないと感じることが多く、気を使いすぎてしまう。

    お知らせ!
    2013/11/12 午後12:00より キャラリセを開始します
    対象者:桐谷梓・二階堂真子・赤月散
    2013/11/19 午前23:59まで この期間内にいらっしゃらなければキャラリセいたします

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 管理人さん

    すみません…自分高熱を出したため中々これなかったです
    すみませんがキャラリセお願いします

    今まで色々とお世話になりました

  • 鈴仙さん>
    愛来:どうぞ(とっても笑顔で是非読んでほしい!と思いながら

  • 管理人>
    体調がなかなか戻らない。申し訳ないが、キャラリセを頼む。

    ALL>
    僅かな時だったが楽しかった。ありがとう。

  • ( pl宛名竜間さんで宜しくお願い致します)<竜間さん

  • 御坂様>
    宛先がありませんよ

  • 愛来<じゃあこれにしようかな(中から一冊選び手に取ると微笑んで

  • 鈴仙さん>
    愛来:どれでも貸します。ほぼ読んだので(微笑み

  • 愛来<おっ、貸してくれるのか?貸してくれるのなら読んでみようかね(色々出てくる本を見ながら

  • これも好みに合わせたものですか?それとも、趣味?(以前、竜間さんはお嬢様の好みに合わせてるという類のことを言ってたため、以前言ってたその好みかと疑問を抱き聞いてみて

  • 竜間さん綾田さん>
    愛来:何をされているんですか?(後ろから見ていて

  • ALL>
    PL:レス蹴りでーす

    神司:じゃあ、紫苑さんもしてみましょうか(キッチンにていつものように正装をしながらもエプロンに袖を通し紫苑と並び同じ材料でなにかを作っていると隣にいる紫苑に笑顔で声をかけ)
    紫苑:が、頑張ります!(余裕漂う神司とは違い緊張の面持ちで作りかけの小麦粉や水で固められた丸い食材を手に取りなにか作業を始め)

  • 603の鈴仙さん>
    愛来:読みます?(図書館戦争シリーズを色々出して

  • ALL>
    愛来:誰かいるのかしら?(首を傾げて

  • ALL>
    管理人です
    残念ながらお三方はキャラリセとさせていただきます
    そして、なな様。次、ロルがなかった場合はキャラリセとさせていただきます、ご了承ください
    そしてレス蹴ります

  • 愛来<良いんじゃない?本の事はよくわかんないけど、面白いと思う(相手の趣味を認めると興味を持ったのか本をまじまじと見て

  • 鈴仙さん>
    愛来:ただ、好きなだけですよ(少し照れながら言う

  • 愛来<へぇ〜。良い趣味してるじゃん(ふふっと微笑して

  • 鈴仙さん>
    愛来:えぇSF系ストーリーですよ…
    好きなんですよ。こういう小説

  • 愛来<あぁ〜知ってるぜ。図書館守るために戦う的なSFストーリーだろ?(たまたま読んだことがあるのか、たずねて

  • 鈴仙さん>
    愛来:図書館戦争ですよ…(ふぁ~とあくびをして

    PL/返事がとっても遅くてすいません

  • 紫苑<言うほどの音じゃねぇだろぉ、、シートベルト、、肩掛けのやつしたのか。今はいいけど四点のやつするのをおすすめするぜ(大小様々なメーターが光り始める。シートについてる緑の不思議な形をしたシートベルトを指さして

    愛来<何読んでんだよ?(ふらりと現れるとのぞき込むように見て

  • ALL>
    愛来:暇ですね…(本を読みながら

  • ALL>
    PL:本日、23:59よりキャラリセです
    女性御三方、お急ぎください!
    と、いうか顔を出してください;;
    キャラリセはあまりしたくないので…。

    レー君>
    紫苑:これを踏まなかったらいいんだよね(おそるおそるといった様子で座席に座るとざっと意味の分からない理由を聞くと首をかしげシートベルトをすると予想以上の音に驚き耳をふさぎ)

  • そう、(ニコニコほほえみ)<竜間さん

  • 紫苑<荷物なんかは足元に置いてくれ。あぁあと右下に配線あるからそれ踏まないようにね。んーと、、あぁ、5連メーターがちょっと邪魔だけど許してね(さっと注意点を言えばエンジンを始動。いくら消音があるとはいえ普通の車よりかはかなり大きな音が響く

  • 御坂様>
    えぇ、一応(小さくうなずくと笑み)

    レー君>
    紫音:…お邪魔します(説明を聞きつつ車の中へ入ると緊張と期待が入り交じった表情を浮かべキョロキョロとし)

  • 紫苑<サイレンサー、、普段は消音装置をつけてるから爆音じゃあないよ。あんときはサイレンサーがいかれててねぇ、。(言い訳をしながら鍵をあけガルウイングをあけて乗ってと言って

  • そう。それ、前も言ってたっけ(そういうものだと前にも言ってたなと思い)<竜間さん

  • 御坂様>
    神司:そういうものですよ(ふふっと笑み)

    レー君>
    紫音:あの五月蝿いのはイヤだよ?(音をあまりたてないように扉を閉めると相手のあとを歩き)

  • 紫苑<そっか、、紫苑は別れた後の俺を知らないのだな。ちょうどいい。買い物行くんだろ?俺の車乗っていくぞ(外に出ると懐から鍵を出して

  • 伊川さんだっけ宜しくね(かしこまらなくてもと言って相手と握手し)<伊川さん

  • 美琴様>
    愛来:どうも、伊川愛来と申します(一礼
    よろしくお願いします(握手を求め右手を出す

  • へえ支えがあると案外頑張れるものなのね(支えがあるからこそ頑張れるということはまずそうとして、こういう目標とか一生懸命になれることとは何かを考え)<竜間さん

  • レー君>
    紫苑:…レー君が走り屋ぁ?(どこか不満そうな口調で言うと大きな玄関を開き先に外に出ると扉を開け待ち)

    御坂様>
    大変だと思うこともありましたがお嬢様やお坊ちゃまの笑顔のお蔭で私はあまり苦に感じないのですよ(相手から視線をそらし思い出しながら話しているのかあたりを少しきょろきょろとするも再度相手に視線を戻し微笑み)

  • そうなんだ。一人でそれを全部って大変じゃない?(あたりまえといっているが、一人一人理解するのはそれ相応の努力がいると思い)<竜間さん

  • 紫苑<さぁなぁ〜、、一概の走り屋のあんちゃんよりかはクール執事の方が上手だろうよ(けけけと笑いながらジョーク混じりに言って

  • 御坂様>
    神司:当たり前のことですよ?
    いろんな方にお仕えする身、みなさまのご趣味に合わせ私も成長していかねばなりませんからね(相手に様子にふふっと笑み首を左右に振ると当たり前、とでもいうかのように左記を述べ)

    PL:どちらでも構いませんよ

    レー君>
    さすがレー君!
    神司さんとどっちが美味しいのかな?(おお!っと言いたそうな表情で相手を褒めるといたずらな笑みを浮かべ相手に尋ね)

  • 紫苑<んー、、とりあえずはプリンとモンブランはできるようになったよ。でも他のはさっぱりかな(笑いながらそう言っては相手を見て

  • まあ、そうだけど。え?あ、そう。竜間さんってこういうことまでできちゃうなんてある意味凄いんじゃない?(自信がそこに来た用事はお茶を飲みに来たのであり、何やら作ろうとしている様子。お菓子作りといえばと連想して以前ケーキを食べたときから竜間さんには執事としての才能以外にお菓子作りもあると思っていた様子で、こういうのもいいのではと思い)<竜間さん
    (plロル長くした方がいいですか?)

  • レー君>
    それより…レー君はお菓子作れるようになったの?(相手の突っ込みを黙殺すると相手をみやりふふっと小さく笑み

    御坂様>
    神司:御坂様でしたか
    お菓子を作ろうと思いましたのでその材料で御座います(キッチンにて私服にエプロンといった格好で相手を迎えいれると柔らかい笑みを浮かべ)

  • じ、じゃあ(去っていく相手を見送り部屋に戻り考え事をし)<二階堂さん
    つか、なんなのこの材料の山はっ(部屋にいるのも暇だからなんとなく暇だから立ち寄ったらば材料やらなんやら沢山ありそれに戸惑った様子で)<竜間さん

  • 紫苑<あ、、誤魔化したな、、まっいいや。俺もいく〜(ぼそっと突っ込みつつも相手について行き

  • レー君>
    んぅ~どうだろうね?
    …あ、レー君もお買い物行く?(ふふっと小さく笑み誤魔化すとポテポテと歩きながら尋ね)

    真人様>
    ごゆっくりなさってください、またお戻りになられることを心よりお待ちしております

    伊川様>
    いまは無理なので後程登録しておきます
    allで絡み文の投下をお願いします

  • ALL>日曜日あたりから体調不良だった。寝込んでしまった。暫く来れない。一週間程で戻るつもりだが。
    戻った時には、またよろしく頼む。

  • 容姿・ドレス風ワンピースを着ていて
    髪は、右上に一つ縛りリボンの髪飾りをつけている。
    そして耳にイヤリングをつけている。
    身長・152.2と低い
    備考・一人称「私」二人称「貴方」

  • 紫苑<料理と言えば紫苑は料理ちゃんとできるようになった?(そういえば、、と思い出して聞いてみて

  • なっち様>
    管理人のaKuMaです、失礼ですがプロフィール通りお書きください。
    いまのでは許可をするわけにはいきません。

    レー君>
    紫苑:神司さんが作るらしいの、美味しいんだろうなぁ~(相手にメモ帳を渡すと神司が作るケーキを思い浮かべニヘニヘとニヤツキ)

  • 紫苑<ケーキかぁ、、ケーキも沢山種類あるし作るのおもろそうやなぁ、、(ふっと興味を持ったのかメモを見て

  • じゃあね。(戻ろうとしてる相手の背中見ながらそう言い)<二階堂さん

  • 名前
    伊川愛来
    フリガナ
    イカワアイラ
    性別

    立場
    お嬢様

    いいですか?

  • 二階堂様>
    あ、二階堂様!お帰りなさいませ
    私はお茶会へ行ってまいりました(相手の声に一瞬驚くも数歩歩いたところで立ち止まり相手に対し頭を下げ帰りの挨拶を述べると楽しそうに笑みを浮かべ)

    真人様>
    うわっ!あ、真人様…!お帰りさいませ!
    これは神司さんに頼まれた材料です、ケーキをお作りになるのかと…
    いまからお買い物へ行くのです(驚き声を上げてしまいあわてて頭を下げ挨拶をするとメモ帳に眼をやった後微笑む相手に対し微笑み返し)

    レー君>
    んぅ?あぁ、レー君!
    作ってるんじゃないよ?いまから買い物にいくの、それのメモだよ(歩きながらちらっと相手のほうを見やると笑みを浮かべ相手にメモ帳を見せて)

  • 真人<コックピット内はロールバー、、鉄の棒やらターボメータ、、まぁ配線だらけで乗り心地はほぼ最悪に近いよ。シートもフルバケ、、まぁレースようシートだから長期には向かない(自分ができるさいだいの分かり易い説明をして

    紫苑<ねぇねぇ、何作ってるの〜?(ふらふらと歩み寄っては訪ねて

  • (PL:ALLにレスします)

    紫苑>
    誰の注文だ?その材料は。
    (散歩から戻って玄関に入ったときに、相手が呟く声に微笑んで問いかけ)

    神司>
    着物など来て、何処に行ってきた?楽しそうではないか?
    (ゆっくり歩く相手の様子が珍しく、同じようにゆっくり後ろをついて歩きながら)

  • 東風谷 鈴仙>
    …。スポーツカーであろう?…ドライブ向きだと思うのだが…。
    (いつでも行くと言う言葉に微笑むが、ドライブ向きではないと言う言葉に不審を思い、外に出ようとした歩みを止めて振り返り)

    御坂美琴>
    そうか。じゃあ、また。
    (相手の嬉しそうな顔に満足し、自分の部屋に戻ろうとし)

    真子>
    そうだな。ふふ、だが、大人になったらなったで、少し複雑な心境だ。嬉しくもあり…。このようなことも出来なくなるのか…?
    (相手の頬に、自分の頬をくっつけて笑いながら)

  • ALL>
    紫苑:えーっと…小麦粉にベーキングパウダー、チョコレート…ケーキでもお作りになるのかしら?(いつもと違いメイド服ではなくラフな格好でメモ帳を片手にブツブツと呟きながら階段を降り正面玄関へと歩み)

    ALL>
    神司:…やはり、お茶会は楽しいものですね(少し上機嫌で屋敷に戻ってくると珍しく着物を着てゆっくりと屋敷を歩き)

  • ALL>
    管理人のaKuMaです。
    キャラリセに関しましてお知らせを更新いたしましたので御目通しをお願いいたします。
    明日の12:00より前に顔を出された方は対象から外させていただきます、なので東風谷鈴仙さん、御坂美琴さんは対象外とさせていただきます。

    それと、すみませんがレスを蹴らせていただきます。

  • そうなの。(普通なんだと頷いてみては)<竜間さん

  • 紫苑<んーと、、まんなかの箱の中に工具箱あるからそれだして〜(自分も作業をしつつとりあえずはわかる指示を出して

  • 東風谷様>
    紫音:…もう、なにすればいいの?(相手の肩を軽く叩くと困ったような表情を見せ)

    all>
    どうも、管理人のAkuMaです
    最近見ない方が増えてきたのでキャラリセをしようかと思います
    期間に顔を出さない人はキャラリセさせていただきますので、ご理解とご協力をお願い致します 

  • 紫苑<右端のが180SX用のパーツとかで真ん中はスープラので左端がS2000のでね。その上においてるのが日用品とかでね〜(訳の分からない説明をさらさらと言って

  • 東風谷様>
    紫音:聞こえなーい!
    えーっと…なにをすればいい?(両手で耳を塞ぎ聞こえないといいふふっと笑い、耳から手を離すと段ボールにちかづき

  • 紫苑<サラッと流しやがって、、あ。じゃあお願いしようかな(相手が流してることを突っ込みつつもお願いして

  • 東風谷様>
    紫苑:あ、そういえば部屋のお片づけ手伝ってあげようか?(クスクスと楽しそうに笑っていたが思い出したように部屋に点在する箱を見やっては首をかしげ)

  • 紫苑<おめーがそうしたんだろっ!!、、ったく(変わらない相手に少し溜息がつくもその顔はどことなく微笑んでいて

  • 真子>
    では、真子とお呼び致します
    私のことも気軽に神司とお呼び下さい(一瞬驚いた表情を見せるもすぐに柔和な笑みを浮かべ相手の言葉に頷き)

  • 神司さん

    で、できたら呼び捨て…がいいんですが…
    (にこっと笑う相手に自分も笑顔を見せるもモゾモゾして)

  • 東風谷様>
    紫音:…レー君変な顔ぉ!
    なに言ってるか分からないよ?(自分で顔を引っ張っているのにクスクスと笑い変だと言うと解放しては堪えきれず声をあげて笑ってしまい)

    真子様>
    …では真子様とお呼びいたしますね?(少し間をあけてから相手と視線を交えると微笑みを浮かべ一応のため確認して)

  • 神司さん

    ま、真子で、よ、よろしくです
    (小さく呟くと少し恥ずかしそうに相手を見つめて)  

    真人さん

    私の成長したのわかんなかったのー?
    (相手の方に向くと頬を膨らませて)

  • 紫苑<う、うふぉなんふぁついねふぇーよ、、(嘘を言ってないと言いたいらしいのかぎりぎり理解できるぐらいで喋り

  • 東風谷様>
    紫音:…ホント?レー君はたまに嘘つくからねぇ…(相手の顔をマジマジと見つめ砕けた口調に戻り相手の両頬を優しく掴みあまり痛くない程度に左右にひっぱり←)

  • 紫苑<へ、変じゃねぇ(明らかに動揺しつつもどうにか受け答えして

  • 東風谷様>
    変な東風谷様ですね?(不思議そうに言うもふふっと楽しそうに笑み)

  • 紫苑<ま、まぁそんな感じだぜ(すこし慌てつつも半ば強引に話を終わらせて

  • 東風谷様>
    紫音:…なんのお話でしょうか?(目を丸くして尋ねると困ったように首を逆の方へ傾け)

  • 紫苑<普通の対応よりもスパイスひとつきかせるほうがおもろいやろ?(相手への回答をしつつ椅子にすわり

  • 御坂様>
    いえいえ、これが普通なのですよ?(ふふっと小さく笑み首を横に振ると椅子を引き座るように促し)

    東風谷様>
    なにか仰いましたか?(声が聞こえず相手のほうを見やると首をかしげ)

  • 紫苑<いつかは、、紫苑と本当に向き合わなきゃな(ひとり言のようにボソッとそんな事を言って

  • そう?(普通と言う相手にそれ以上のサービスしてると思うけどと付け足し)<竜間さん

  • 東風谷様>
    紫音:あら、デートのお誘いではないのですか?残念です
    そうでしたか、やはり年月を感じますね(幼なじみということもありふふっと微笑みながら冗談をくちにし、相手の話に相槌をうつと少し寂しそうに)

    御坂様>
    …普通ですよ?(ふふっと笑いながら部屋にはいるとテーブルにケーキと紅茶を置き

  • 案外早かったわね(そう言い戸を開け)<竜間さん
    まあビスケットは好きだからまあありがと(そこまで観察しているとはと思い、何となく良い人かもと思い)<二階堂さん

  • 紫苑<デートして欲しい時は素直に言うっての。まっ趣味の一環だ。自分の車は自分で整備する。そのためにありとあらゆる本も読んだし企業で訓練もした(相手の態度に笑いながらも工具のある意味を伝えて

  • 二階堂様>
    紫苑:…失礼いたします(作業中に困惑する声が耳に入り振り向き相手の横へといくと状態を見)
    これをこうするんですよ?そうすれば着くかと…(一本のコードを手に取るとなにやら作業すると相手に電源をつけるように促し)

    東風谷様>
    紫苑:工具…?東風谷様はなにかそのようなご職業のお方で?
    …遠回しにデートのお誘いですか?(相手の職業を知らないため工具と言った言葉に首をかしげ、クスクスと笑うとからかうように尋ね)

  • 紫苑<まぁ、その荷物の中身は7割型工具類なんだけどねぇ、。時間がありゃお茶しながら振り返りたいもんだね(相手の微笑みにつられてつい笑ってしまい

    真人<その車はドライブ向きではねぇよ。まっ頼んでくれたらいつでも付き合わせていただく(相手の言葉に少し微笑めばそんなことを言って

  • 紫音>
    私は完全なユーザーだ。接続やなんたらは全く知らない。ノートは開けば使えるのであろう?…うん?…動かない…?
    (ノートパソを別の箱から取り出し、相手に背を向けて机に置き、開いて立ち上げようとして、首をひねり)

    東風谷 鈴仙>
    …。暇な時でも、ドライブに連れて行ってくれ。このあたりは気持ちよさそうだ。
    (微笑を浮べて握手をすると、その手を離して軽く手を上げ、門から外に出るために歩き出そうとしながら)

    御坂美琴>
    こちらこそ。ふふ、ビスケットが好きなのか?とてもよい笑顔だから。
    (相手の笑顔をみて、ほっとしたように笑みが浮かび)

    真子>
    日焼け?あはは、お前もそのようなことを気にするのか。ふふ、笑ってすまなかった、もう大人だな。側にいても、女の子の成長には気がつかない…。
    (相手の恥かしげな様子に気がつかず、相手の肩から前にまわした両腕に力を込めて抱き)

  • 東風谷様>
    思い出とはたまに思い出すと楽しいですよね
    届いたお荷物は全てお部屋においてあります(ふふっと微笑みつつ扉を閉めると部屋の奥にあるであろう箱を思い浮かべながら左記を述べ

  • 紫苑<話すと色々出てくるねぇ〜あ、失礼するね(相手の話に花を咲かせつつ部屋に入り

  • 御坂様>
    …失礼いたします、竜間です(数分すると部屋の戸をノックして声をかけ)

  • うん待ってるけど(相手に、待つ意外なにもいと言い<竜間さん

  • 東風谷様>
    紫苑:仰る通りでございますね?早いものです(相手の言い方にふふっと笑ってしまいながら同意をするとどこか懐かしむように早いものだと付け加えると扉を開け)
    こちらが東風谷様のお部屋になります。

    真子様>
    失礼いたしました、どのようにお呼びすれば…?(相手の反応に嫌なのかと思い相手に対して礼をして謝るとうっすらと笑みを浮かべ首を傾け)

  • 神司さん

    お、お嬢様な、なんて……
    (お嬢様と呼ばれるとついてれてしまい、相手の目線から顔をそらして)

    真人さん

    た、太陽に当たってると日焼けしてしまうじゃないですか、だからここにいるのです
    (相手が自分の肩を抱いたまま見つめてくると少し恥ずかしくなって) 

  • 紫苑<五年もまえかぁ、、まだ二十歳きてねーころだぜ?わけぇのぉ(おっさんめいた事を微笑みながら言って

  • 東風谷様>
    紫音:ですが5年は過ぎているかと…(ふふっと微笑みながら言うと鍵を取りだし扉の鍵を開け )

    御坂様>
    では、少々お待ちください(一礼すると部屋をあとにして)

  • 分かった(相手がケーキを持ってきてくれるみたいであるのでお言葉に甘えいただくことにし)<竜間さん
    ありがと。挨拶か。まあ色々とよろしくねーあと、ビスケットありがと(挨拶とビスケットということなので受け取っておくことにしこれからよろしくと微笑んで)<二階堂さん

  • 紫苑<さぁなぁ、、でも遊んでた記憶はあるからそんなに昔の事ではないと思うよ(昔の記憶を思い出しながらしみじみと言って

  • 東風谷様>
    紫苑:そうでしたね、あれから何年たちましょうかね?(小さくうなずきながら同意の言葉を口にするととある扉の前で止まり鍵を探しながら声をかけ)

  • 真人<特に深い理由はないよ。まぁよろしくやな(だされた手をとり握手して

    紫苑<しらなかったな。離れてから連絡もなかったからな(返答しつつ雰囲気の変わった所にきょろきょろして

  • 二階堂様>
    紫音:お心遣い有り難う御座います
    ですが、お気遣いなく(相手の方を向き頭を下げ礼を言うと少し申し訳なさそうに言うとまたパソコンの方へ向き直り作業を再開し)

  • 紫音>
    邪魔?ふふ…私の方こそ、お前の邪魔にならぬようにしなくては。お前の手を止めさせるような事をしないように、気をつける。
    (小さく笑いながら言うと、作業を始めた相手の姿をじっと見つめ)

  • 東風谷様>
    紫音:東風谷様は私がメイドであることをご存じでしたか?(そういえば、と思い出したように言うと先ほどと違う雰囲気の扉が増え)

    二階堂様>
    紫音:失礼いたしました、そのようなことは御座いません(相手の方を見やると機械的な台詞を言うと頭を下げ)
    そうでしたか、では二階堂様のお邪魔にならないように致しますね(微笑みを浮かべる相手につられるように微笑むと言葉も柔らかくなり、一礼すると作業を始め)

  • (PL: 
    御坂美琴PL様>NO・498にレスがあります。見落としと思いますので、もう一度投稿します)
    御坂美琴>
    これ。駅前の店のものだが、ビスケット。お前の好みは知らんが、引越し挨拶程度にちょうど良いと思った。
    (扉が開き相手の目と合うと、下げていた紙袋を相手の目の前に掲げ)

    真子>
    ?…太陽に当たりたくない、って…。
    (相手の言う意味が解らず、相手の肩を抱いたまま、なおも、じっと相手の顔を見つめ)

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします