魔法使いも大変なのです!【NL/GL】なりきり掲示板

魔法使いも大変なのです!【NL/GL】

  • (募集男子)『家に帰ったら…幼女が冷蔵庫を漁ってた…』

    【ルール】
    1.荒らし、成り済まし、中傷等はUターンボタンを(喧嘩吹っ掛け等含め)
    2.キャラクターは募集要項のみでの参加願います
    3.ネタ有り

    【募集要項】
    1・主(魔法使い)に住み着かれた高校生男子。(格好はチャラいが根は優しい人物)
    2・魔法やオカルト等が大好きなちょっと変わった女子大生。(現実の男に興味は無くロリコン。)
    3・フワフワしていて天然オーラを放っている男子高校生。(裏の顔は小悪魔で募集キャラクター1とよくつるんでいる)
    4・片目が前髪で隠れていて何を考えているかわからない。が、アニメ命なオタクでイベントがあればコスプレもする男子高校生。(あまりチャラい人物とは関わらないが主のキャラクターが住み着いた事を知り募集キャラクター1と絡むようになる)
    5・上記同様の女子高校生。(アニメ大好きで募集キャラクター4と一緒に居る事が多い)

    【ストーリー】
    魔法使いの主キャラは人間界の事を何も知らず両親に『もっと人間界の事を知って来い!』と言われ家を追い出される。行く宛ても無くさ迷っていればある一件のマンションに辿り着き部屋へ侵入。お腹を減らし冷蔵庫を漁って居れば玄関の扉が開き募集キャラクター1が入って来た為驚愕し固まる。その存在に気付く募集キャラクター1。

    【プロフ】
    名前:LILLY ANET
    読み:リリィー アネット
    性別:♀
    性格:意地を張る。天然で知らない事が多い。優しければ誰にでも『好き』と言う単純な性格。
    容姿:容姿は魔法で好きな様に変えられるが普段は幼女。髪は長く、お尻まで伸びていて耳よりちょっと上で髪を結えている。ツインテールにしていて青のリボン使用。前髪は右わけでハートの枠の中に白のコスモスがかたどられたピン留めで留めている。服装はプリキ〇アの変身時の様な服装。身長148cm。体重35kg。
    年齢:16歳
    備考:人間も魔法を使えるだろうという考えの為外でも魔法を使う。『なのです』と語尾に変わった言葉をつける。

    プロフは上記の様にお書き下さいです(ペこりと頭を下げ)

    ※プロフィール、ロル必須。本体同士の喧嘩無し。

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 立>>お、面白くないよ!?

  • 雫> 面白いよねー(笑いだし)

  • 立>>い…家?((相手の話と表情が食い違い、聞き返し

  • 雫> 家だよ?(表情は変えず)

  • 立>>追い出されたって…何処から?

  • 雫> どしたの?(頭を掻きながら)

  • 立>>…え?((ふっと相手を見て、眼鏡のフレームを上げ

  • 雫> 僕追い出されたからさー(ニコニコしながら言い)

  • 立>>…へぇ…?((少し不思議に思いながらも納得し

  • 雫> そうだよ?(首をかしげ)

  • 立>>…学校の廊下で…?

  • 雫> えーと…寝てた!(何か隠していて)

  • 立>>き、君どうしたの?((相手の様子を見て驚き

  • 雫> よし…寝れた!(寝起きの状態で)

  • 立>>…?((廊下を歩いていて相手を見つけ

  • ALL> ふわぁ…(大きな欠伸をし)
    PL/誰も来ないのであげます!

  • リリィー>>ゴメンね、俺は君と一緒に行けないけど…多分良いやつだからさ…また会おうね?((さらさらと頭をしばらく撫でていたが途中で止め

  • リリィー》

    時弥:(ニコッと笑って頭を撫で)いい子。リリィーちゃんはなんか好きな食べ物ある?

  • リリィーさん> また撫でてくれたー!(嬉しそうになり)

  • ALL>>

    (/すみません;しばらくの間忙しく来れませんでした;)

    石神さん>>

    よしよし♪(にこやかに笑いながら頭を撫でてみて)

    山下さん>>

    之がなでなで…♪(嬉しそうに笑えば目を輝かせ)

    澤森さん>>

    ??…はいなのです…(不思議そうに首傾け)

  • リリィー》

    時弥:なら、良かった。午後5時以降は俺仕事でいないけど、俺の部屋には入らないでね。

  • リリィー>>一応名前札も見たからここだと思う…((相手が自信がない様に笑っている事に気付きそっと頭を撫で

  • リリィーさん> そうなんだぁ...(嬉しそうになり)

  • 石神さん>>

    はい(笑顔で答え)

  • リリィーさん> そうかな...(考え始め)

  • 石神さん>>

    …石神さんって子供みたいでかわいいのです(ニコッと笑い)

  • リリィーさん> 凄い!凄い!(目を輝かせ)

  • 石神さん>>

    魔法使ってるのです(きょとっとし)

  • リリィーさん> 浮いてる!(子供のようにはしゃぎ)

  • 石神さん>>

    …ここから出ましょう…(相手の服を掴めば指を動かし宙に浮き)

  • リリィーさん> そっか!(笑うのは止めず)

  • 石神さん>>

    ……そんな笑顔を見せられたって何にも嬉しくないのです……(ちらっと見たあと俯き)

  • リリィーさん> なんて嘘嘘!大丈夫!(明らかな作り笑いをし)

  • 石神さん>>

    えっ…ごめんなさい…(相手に睨まれれば眉下げ俯き)

  • リリィーさん> 酷いよ!(涙目で睨み)

  • 石神さん>>

    痛いのです…(うぅっと唸りながら頭を抑えるも「でも、巻き添い作戦大成功なのです!」とガッツポーズし)

  • リリィーさん> 離して離して!(嫌がるが落ちてしまい)

  • 石神さん>>

    こうなったら、巻き添いなのですー!(落ちる寸前で相手の腕を引っ張り)

  • リリィーさん> やーだ!(グイグイ引っ張り)

  • 石神さん>>

    わぁー!
    や、止めてください〜!(相手の手を掴み)

  • リリィーさん> 落ちるよ?(引っ張って落とそうとし)

  • 石神さん>>

    何やってるのですか!(勢いよく怒れば躓き転びそうになり)

  • リリィーさん> いっぱい掘ったもん!(自慢気に)

  • 石神さん>>

    ほぇ…?(きょとっとしては動かない様に)

  • リリィーさん>   ...と言うかそこから動くとあぶないよ?(その場所に居るように言い)

  • 石神さん>>

    …イジワルな石神さんは嫌いだけど、憎めないのです…(不満気に頬膨らまし)

  • リリィーさん> しょうがないよ~イジワルなのが僕だから~(相手の反応を見てそう言い)

  • 石神さん>>

    意地なんて張ってないのです!(更にムスッとしては「石神さんはイジワルだから嫌いなのです!」と告げフイッと顔を背け)

  • リリィーさん> 意地張って...か~わいい~(笑いをこらえて)

  • 石神さん>>

    な、泣き虫なんかじゃないのです…!(目に涙を溜めるもムスッとした表情浮かべ)

  • リリィーさん> 泣いてる...(慌てて目を逸らし「泣き虫?」と吹き出してしまい)

  • 石神さん>>

    ……うっ……(宙に浮きながら上がってくれば泣き相手を見つめ)

    澤森さん>>

    時計の見方くらい分かります!(ドンと胸を叩き)

  • リリィー》

    時弥:リリィーちゃんは時計の見方、分かる?(壁に掛かっている黒い時計を指差し)

  • リリィーさん> 引っかかったー!(バカにしたように悪質な笑みを浮かべ)

  • 石神さん>>

    あ…石神さ〜ん!…ふにゃっ!!(相手を見付ければ走って近付くも落とし穴に落ち)

    澤森さん>>

    約束とはなんでしょうか…?(若干上目使いで相手見つめ)

  • リリィー》

    時弥:もちろん。ただし、君が僕との約束を守ってくれるならね……。(人差し指をたて、唇に持っていき当てて、ウインクをし)

  • リリィーさん> 落とし穴は十分!(沢山作ったようで)

  • 澤森さん>>

    そんな事やってみなくちゃ分からないのです!(頬を膨らましたあと「いいのですか!?」と目を輝かせ)

    石神さん>>

    石神さん……?(相手の姿が見えないのを分かれば外に出て名前を呼びながら探し)

  • リリィーさん> うんうん!これだけ大きいと...(何か作っていて)

  • リリィー》

    時弥:んー……、バイトかぁ………。君には難しいかもなー………。じゃぁ、家に住む?

  • 澤森さん>>

    うーん…今はまだ分からないのです…でも、ルイさんは『ばいと』と言うものをすれば何とかなるって言ってたのです!(眉下げたあとニコッと笑い)

  • リリィー》

    時弥:良かった。(ニコッと笑って)ところで、リリィーちゃんは泊まる場所とかあるの?

  • 石神さん>>

    うーん……(薄く目を開き)

    澤森さん>>

    はいなのです!
    とっても暖かくて心も体もポカポカするのです!(笑顔で答えればカップを置き)

    山下さん>>

    そうだと思うのです…(あまり自信が無いように笑い)

    ALL>>

    (/度々の闇落ち、申し訳ありません!;)

  • リリィー>>えーっと…ここら辺かな?((相手の髪の毛を見ながらそう呟き

  • リリィー》

    時弥:美味しかった?(優しく微笑みかけ)

  • リリィーさん> うん!ここにしよう!(何か決めて)

  • 石神さん>>

    むにゃむにゃ…(気持ち良さそうに眠り)

  • リリィーさん> おやすみ...(静かに去っていき)

  • 石神さん>>

    …………(そのまま寝てしまい)

  • リリィーさん> 眠いんだ...(窓から飛び降り)

  • 石神さん>>

    …………(ウトウトし始め)

  • リリィーさん> ならいいけどさ!(なぜ考えていたのか分からず)

  • 石神さん>>

    何でもないのです…(少し考えた後首振り微笑み)

  • リリィーさん> どうしたの?(ニコニコしながら)

  • 石神さん>>


    ??(相手が嬉しそうにしているのを見れば微笑むも首傾け)

  • リリィーさん> 泣くときは本当に悲しい時...か...(撫でられると嬉しそうにし)

  • 石神さん>>

    私のお母様は『今は泣かなくてもいいのよ』って言うと思うのです…(眉下げれば相手の頭を撫でて)

  • リリィーさん> そうなのかな...(笑ってるが涙がこぼれていて)

  • 石神さん>>

    怖い夢でも見てたのではないですか…?(首傾け)

  • リリィーさん> ん...あれ?何で僕泣いてんの...(自分の泣いている理由が分からなくて)

  • 石神さん>>

    …んぅ……石神…さん…?(目を擦り相手見ては首傾けて相手に近寄れば相手の体を揺すり)

  • リリィーさん> ううう...(なぜか泣いていて)

  • 石神さん>>

    ……………(自分は外で眠り)

    澤森さん>>

    そうなのです、私は魔女なのです(ごくりと一気にホットミルクを飲み干せば「ぷはーっ」と頬赤くし美味しかったと言うような表情浮かべ)

    山下さん>>

    (/あ、私こそすみません;)

    ……(相手に付いて行き)

    ALL>>

    (/闇落ち申し訳ありません;;)

  • リリィー>>
    (/じゃあ無茶ですよね、すんません(苦笑))

    よし、じゃあ行くかな?((そのままカバンを肩にかけ歩き始め

  • リリィー》

    時弥:どうぞ。飲んで下さい。………そか、大変なんだね………。君は魔女なんでしょ…?

  • リリィーさん> ...?スースー...(静かになり眠り)

  • 山下さん>>

    (/あ…私、性格柄タメ口出来ない奴でして…;)

    なでなでされたの、初めてなのです!(嬉しそうに笑い)

    石神さん>>

    ……(起こしてはいけないと思い側から離れて)

  • 澤森さん>>

    私は生まれて16年間人間界の事を良く知りませんでした…お母様のお母様のお母様が人間と結婚した時、私のひい祖母様のお母様とお父様は大反対したそうなのです…『人間の恐ろしさを知らないで』と…私は今まで『人間は恐ろしい生き物』『人間は魔法使い、魔女を嫌う嫌な生き物』そう教えられて来ました…でも、私のお母様とお父様が人間界に言った時『人間はとても良い人ばかりだ』と教えてくれました!…私には『人間』とは一体何なのか…中途半端なまま育ってきて…それで、お父様とお母様に『人間界の事をもっと知って来い』と言われ家を追い出されて此処まで辿り着きました…(話し終えれば一息つきホットミルクを見ては「これは飲めるのですか?」と不思議そうにカップの中を見つめ)

  • リリィーさん> ムニャ...?(声が聞こえたので起きそうになり)

  • リリィー>>
    (/まぁ性別は秘密って事で…どっちでしょうねなーんて(笑)大丈夫ですよ!むしろぜんぜんタメとかでもOKです!)

    …撫でられるの好きなのかな?((クスクスと相手の様子を見て笑い

  • 石神さん>>

    外はちょっと寒いのです…(カタカタと小刻みに震えればマントを羽織り窓の外から相手の様子を伺い)

  • リリィー》

    時弥:じゃぁ、リリィーちゃん。君はどうして……人間界に来たの?(ソファに座り、相手の目の前にホットミルクのカップを置いて)

  • リリィーさん> スースー...(気持ち良さそうに眠り)

  • 澤森さん>>

    私はリリィー・アネットなのです(笑み浮かべれば「お好きな様に呼んで下さいなのです」と告げ)

  • 石神さん>>

    おやすみなさいなのです(小さく呟けば自分は窓から出て)

    山下さん>>

    (/ありがとうございます!あ、男性だったんですか!…失礼な事を申し上げてすみません;)

    之が…なでなで…(撫でられた事に嬉しさを感じ頬を赤くすれば目を輝かせ)

  • リリィー》

    時弥:(ホットミルクを持って来て)で?君の名前は?

  • リリィー>>

    (/大丈夫ですよ(笑)俺もたまにありますし(笑))

    へぇ…すごいなぁ…((髪の毛も反応してるのを見て呟き「じゃあ途中まで送るね」と相手の頭を軽く撫で

  • リリィーさん> あ...おやすみ...(ぐっすりと寝てしまい)

  • 山下さん>>

    (/すみません…!先程宛名を間違えてしまいました…;)

    ………(クンクンと犬の様に嗅ぎはじめれば少し考え髪の毛は左方向を指し「あっちだと思うのです!」と告げ)

  • リリィー>>……うーん…((あんまりチャライ人とはかかわりたくないんだけどなぁ…と思いながら「…あ、このプリント配られたときに触ってたけど…いける?」と思い出したように家庭配布のプリントを取り出し

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします