戦闘ゲーム ~学園生活~パート2なりきり掲示板

戦闘ゲーム ~学園生活~パート2

  • この学園では、戦って勝った場合卒業の為の単位が貰えますよ?

    この学園から卒業する方法

    それは、単位を集める事です

    単位を50以上集めた場合此処から卒業です

    ですが、集められない場合

    留年です!

    単位を頑張って集めましょう!

    書き方
    名前:
    読み:
    性別:
    性格:
    容姿:
    部活:(無しOK)
    委員会:(無しOK)
    備考:(あれば)

    をお書きください

    オリキャラ限定ですから

    作品を真似するのは、許可します。

    殺しありです。殺されたら、新しいキャラで参加を
    私は、

    名前:宮本朱里
    読み:ミヤモトアカリ
    性別:女
    性格:飽きっぽい
    容姿:学校指定制服に猫耳パーカー着用
    部活:テニス部
    委員会:生徒会
    備考:授業に出なくても、成績トップ
    武器は、ツイスト・タガーを使用する事が有る
    基本は、銃、ナイフ.魔法を使う

  • 伊吹〉
    兎寺狐…蘭:了解なのじゃ…

    凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:なぬ…屋上には奴が…ふむ…引き続き頼むぞ…
    (鼠の式に情報を教えてもらい軽く頷き、再び偵察を命令して放す)

  • 彩音>

    美希……知らないけど…?

    生命(裕太)>

    誰か来た…………?(相手のいる方を見て呟き)

    翔真(日向)>

    何をしてたって関係ないでしょ…要らない。(上着を相手に返し)

  • (裕太)来たがそれが何か?(そう、あっさり返答し)
    (日向)いらねーの?お前さあちったあ人の恩は受けとっとくべきなんじゃ(そう言いいらないのならと上着羽織り)<凛歌

  • 奈々美
    彩音:知らないか…


    伊吹:わかればよろしくて

  • 伊吹〉
    兎寺狐…蘭:はぁ…

  • all
    また、明日にもシャッフルをします!
    役考えておきましょう!

    藍→優奈
    兎寺狐→美希
    翔真→雷都
    生命→結城
    災禍→雄馬
    凛歌→彩音
    朱里→梨乃
    鈴香→蘭
    です!オリジナルキャラの特徴が聞きたい場合話しかけて下さい!

  • 兎寺狐(蘭)>

    人間じゃない…気配……(振り返り辺りを見回し)

    生命(裕太)>

    誰かと思っただけ…。別に誰でも良いけど…(ナイフを取り出し)

    翔真(日向)>

    受け取るわけないじゃん…面倒臭い…。風邪とか引かないし……多分…。

    彩音>

    うん……ごめんね、自分で探して…。

  • 奈々美
    優奈:ごめんね…時間とっちゃって

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:屋上周辺を頼むぞー…さて、わしはどうするか…

  • 兎寺狐(優奈)>
    災禍(結城):優しくなんてないさ…。(少し照れる

    鈴香(優奈)>
    災禍(結城):しんどいな…。(相手をするのが疲れ逃げる

    PL>
    すみません、闇落ちしてました

  • (裕太)まさかこんな子がいるとは思わなかったんでな。(ナイフに気付いてるが特に何も指摘せず)
    (日向)
    そ。分かった。君めんどくさがり?(そう言って、相手のこと聞いて)<凛歌
    (雷都ってどんな性格のキャラですか?)<鈴香さん

  • 鈴香(優奈)、朱里(彩音)>

    いいよ…別に忙しいわけでもなかったし…。

    兎寺狐(蘭)>

    まぁ……いいか……どうでもいい…

  • 翔真
    鈴香:雷都は、雷を扱うことが出来て、普段は、ひねくれていて
    戦うとなると、本気になる。性格

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:そうじゃ…用心の為に体育館に仕掛けを…作るか…行くぞ豺牙!
    (意味もなく式符で豺牙を呼び出し体育館に向かう)

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:そうかのぅ?

  • 生命(裕太)>

    …何しに来たの…?(特に襲うこともせずに会話を続け)

    翔真(日向)>

    …人と付き合うのが面倒臭いだけ…

  • (ありがとうございます。ここでいう生命も雷と言うか、電気系全部使えるので生命がひねくれた性格になったと考えて良いでしょうか?)<鈴香さん

  • (裕太)風あたりに来ただけ(で?という口調で)
    (日向)人苦手なんだ…(以外という反応し)<凛歌

  • 翔真
    はい。ひねくれた性格となった生命で良いです

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):まあ、ありがとう。(素直に礼を言い

    鈴香さん>
    (雄馬はどんなキャラですか?)

  • 兎寺狐(蘭)>

    でもなんか監視されてるような気が……。(もう一度辺りを見回し)

    生命(裕太)>

    風にあたりに来ただけなの…?

    翔真(日向)>

    でも…人を痛めつけるのはすごく好き…。

  • 災禍
    雄馬は、動物好きで、動物を操れる
    基本勉強ばかりしている

  • 鈴香さん>
    (災禍は動物を操る能力は持ってないのですが…創造した動物を操る感じでよろしいですか?)

  • (裕太)まあ、そんな感じだな。
    (あっさりそう一言言い)
    (日向)なっ人やってんのかよ(そんなん好きなのかと少し引いて)<凛歌
    (ありがとうございます。)<鈴香さん

  • 災禍
    はい。創造した動物を操る感じで構いません

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:うぅ…体育館は冷えるのぅ…
    (体育館に入り身震いする、一方鼠の式は壁の穴から相手を監視する)

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:礼には及ばぬのじゃ!

  • 鈴香さん>
    (分かりました、頑張ります。)

    兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):蘭は素直だな…。(役を演じているため役の名前で呼び

  • all
    優奈:みんなつまんないことばっかり!

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:む、昔、ある人物に素直なのが一番よいと言われたのでのぅ…

  • 生命(裕太)>

    へぇ……風に当たりにざわざ屋上に来るくらい暇なら…ちょっといいかな…?(空間移動をして相手の正面に立ち相手の顎にナイフを押し当て)

    翔真(日向)>

    うん…楽しいから……(その場に座り)

    兎寺狐(蘭)>

    …でも…いない…小さいのかな…

  • 鈴香(優奈)>
    災禍(結城):……!…おっとと…。(抱えていた本を落とし

    兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):そうだな。素直が一番だ。(腕を組み頷く

  • 鈴香(優奈)>

    つまんない事って……?

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐:まず、四方に御札を…
    (体育館の四方に御札を張り始め、鼠の式は豆をかじりながら監視を続ける)

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:そうじゃろ?

  • 奈々美
    殺し合いとかしてくれないし♪

  • (裕太)暇だから構わんが…(そう言った途端にナイフおしあてられどう反応したらいいのやらとため息つき)
    (日向)楽しいか…(座った相手見てそういい)<凛歌

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):だから蘭は素直なんだな。(相手を撫で

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:うむ!その通りじゃ!

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):式神とは、仲良く出来てるか?(相手が式と上手く交流が取れているか気になり

  • 兎寺狐(蘭)>

    移動するか……(屋上を出て)

    鈴香(優奈)>

    自分から始めてみたら…?殺し合い…。

    生命(裕太)>

    有難う…(そう言い、相手の顎からナイフを縦に下ろし相手を切りつけ)

    翔真(日向)>

    怯えて苦しむ表情に、血に、悲鳴…それが好きなの…。(相手を見上げ微笑を浮かべて)

  • 奈々美
    優奈:殺し合いで下手に殺されたく無いですし…

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:うむ、特に豺牙とは仲が良いぞ!幼少の頃から一緒に育ったからの!しかしカグツチと奴とはのぅ…

    凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:火炎だと…後々面倒じゃし…風魔で良いか…
    (青緑の呪符を体育館の床に貼り付け、鼠の式は相手が居なくなったのを確認して主の元に走る)

  • (裕太)ぜんっぜんありがたくないがな。(すばやく、それでいてどういけばいいかを考えてポッケに何個か入ってた果物ナイフで身を守り)
    (日向)君、それ、あんま僕としても問題多すぎて放っておけないなあ…(彼としても指摘すべきとこがいくつかどころかすべてのためどれから言えばいいのだろうと思い)<凛歌

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):まだ言うこと聞いてくれないのか?(首を傾げて

  • 鈴香(優奈)>

    殺し合いで下手に殺されたくないとか言ってたら駄目でしょう…。

    兎寺狐(蘭)>

    体育館でも行こう…(空間移動をして体育館に行き)

  • 奈々美
    優奈:見るのが好きなので…

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:あやつらが言うことを聞く日はきっと来ぬじゃろ…

    凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:な、何奴っ!?

  • 生命(裕太)>

    どんだけナイフ持ってるの……(後退はせずにもう一度、次は相手の肩をナイフで突き刺し)

    翔真(日向)>

    …問題…?…どこに問題があるの…?…。(小さく首を傾げて相手に訊ね)

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):蘭は才能あるから、諦めずに努力してたらきっと言うこと聞いてくれるさ。(根拠はないが励ましの言葉として言う

  • 鈴香(優奈)>

    見るのが好きなんだ…闘ってみたかったんだけど…それは残念…っていっても…貴方の事もいつかは襲うけど……。

    兎寺狐(蘭)>

    そっちこそ……体育館に変なの仕掛けないでよ…

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:だとよいじゃが…

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:し、仕方ないじゃろ!!

  • (裕太)さあ。どんだけだろうな。お前こそどれだけこういうもん持ってんだよ(痛みに顔を歪め相手にそう聞き、相手のお腹を刺し)
    (日向)
    それは全部だ。(相手のいうこと全てだとそう言って)<凛歌

  • 兎寺狐(蘭)>

    仕方がないって…何が?

    生命(裕太)>

    …私はに狙撃銃、二丁拳銃に…ナイフ四本。(空間移動をしてナイフを避け)

    翔真(日向)>

    …全部か…何と言われても考えを改めたりはしないよ…

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:い、色々とな…ここらは邪気が凄いのでな…

  • 奈々美
    優奈:怖いわね…

    all
    明日のインプロの課題発表!

    1.役になりきる

    2.役の関係を守る

    そして戦ってもらいます!

    生命&藍
    翔真&兎寺狐
    凛歌&災禍でやって貰います!

  • (裕太)持ちすぎだっつの。これだけのをどう使い分けてんのか知りたいっつの(こんな沢山のものをどうしているのだろうと考え巡らせ)
    (日向)
    そうですか。あなたはそう言う人でしたとはね(どこまでも頑固な人だなあと思い)<凛歌

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):そんな弱気でどうする?(弱気では式も言うことを聞かんぞと付け足して

    鈴香さん>
    (その&というのはその二人で戦ってもらうという意味ですか?)

  • 災禍
    はい&で結んである人と戦ってもらいます

  • 鈴香さん>
    (了解しました。わざわざ説明ありがとうございます。)

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:そうじゃよな…強気で行かぬとダメじゃよな!

  • 兎寺狐(蘭)>

    邪気……って…何…?(相手に近づいて)

    鈴香(優奈)>

    怖いって言っても…ちょっとは闘えるでしょう…?

    生命(裕太)>

    少ない方だと思ってたんだけど…多いのかな…?…

    翔真(日向)>

    言ってることすべてが問題って言われて急に優しい性格に何てなれないし…
    (膝を立てると顔を伏せて)

  • 奈々美
    明日の相手は、動物好きの方ですよ?(余裕が見えたので

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):自信つけろよ。ただ、過信はするな。(相手に自分の考えを教え

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:い、いや、お主は知らぬ方がよいぞ!

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:うむ、承知した!

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):おお、良い返事だな。(ニコッと笑い相手の頭を撫でる

  • 結城
    ライフ+3!
    お兄さんらしくていい!

  • 鈴香(優奈)>

    動物好き…?で…その動物好きが相手なのはわかったけど…それがどうかしたの?

    兎寺狐(蘭)>

    知らない方が良いって…どうして…?

  • (裕太)さあな?多い方っておもったからいったんだが…(それは感じ方の問題と言い)
    (日向)それは分かってる。いきなり言われてもってかんじだよな。少しずつ直せば良いんだよっ(少しずつなおせばと思い)<凛歌

  • 奈々美
    動物を操る能力を持ってるから

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:え、えーと…の、呪われるからじゃ!!
    (とっさに思いついた嘘を言う)

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:にへへ
    (撫でられて嬉しそうにする)

  • 鈴香さん>
    (そういえばライフ数えてないんですが…どうすればいいですか?)

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):これからも頑張るんだぞ。困ったら相談乗ってやるから。(相手が少しでも心を楽に出来るように考えていて

  • 結城
    貴方のライフは、23残ってますよ(`・∀・´)

  • 生命(裕太)>

    確かに…感じ方の問題だね…貴方は武器…どれくらい持ってるの?

    翔真(日向)>

    …でも…直す気ない………直したら…つまらない…

  • 鈴香(優奈)>

    動物なんて…すぐに殺すよ……。
    あとは……空間移動をうまく使えば大丈夫…なはず。

    兎寺狐(蘭)>

    ……わかりやすい嘘吐くね……

  • 鈴香さん
    (ありがとうございます。)

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:うっ…や、やはりバレたか…

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:うむ、有り難うなのじゃ!

  • (裕太)俺は果物ナイフ×2に、ナイフ×2、銃3だな(確かそうだったようなと言って)
    (日向)
    そうかい。まあ、そう思う人も中にいてもおかしくないか。(そう笑い言い)<凛歌

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):いいんだよ。兄としても、一人の人間としても当たり前のことしてるだけさ。(頬を掻きながら言い

  • 災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:流石兄上なのじゃ!

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):す、素直なのはいいが…褒めすぎだ。(頭を掻き照れ隠しをする

  • 兎寺狐(蘭)>

    で…なんで知らない方が良いの?

    生命(裕太)>

    へぇ…数は同じなんだ……じゃあそっちも多いじゃん…

    翔真(日向)>

    私に変わってほしいのなら、頑張って私を変えてみてよ…変わってほしいのならね…。

  • PL>

    落ちます!有難うございました

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:狙われやすくなるからじゃ…

    PL/落ち了解、お相手感謝!

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:む、わし褒めすぎたのか?

  • (裕太)なかなかやんじゃんかよ(相手もなかなかなものだと思い)
    (日向)ああ。変えるかな。(やってやろつと燃えて)<凛歌

  • 兎寺狐(蘭)>
    災禍(結城):当たり前のことしてるだけなんだから、褒めなくてもいいよ。(少し困ったような笑顔で

  • 兎寺狐(蘭)>

    狙われやすく…?誰に…?

    生命(裕太)>

    なんで微妙に上から目線なの……。
    (二丁拳銃を取り出し)

    翔真(日向)>

    無理だと思うけどね…まぁ、頑張って。

  • (裕太)べっつにいいだろ。(後退りしながら)
    (日向)無理ねぇそんなんやってみんことにはわかんねぇと思うんだが…(そう言い放つ相手にそう訴えて)<凛歌

  • all
    今日九時より昨日決めた役を演じて貰います!

    戦闘は、自由にやって下さいな!

  • 凛歌…奈々美〉
    兎寺狐…蘭:怨霊や悪霊じゃよ…

    災禍…結城〉
    兎寺狐…蘭:うーむ、承知した!

  • 優奈
    蘭:優奈!いないの!?

  • 鈴香…蘭〉
    藍…優奈:……何か用…?

  • 優奈
    蘭:あんたってまだ生きてたんだ!(ナイフを突き刺す

  • 鈴香…蘭〉
    藍…優奈:当たり前じゃんっ!!死にたくないもんっ!!
    (痛みに堪えながら体重を乗せた後ろ回し蹴りをして相手と距離を取る)

  • 優奈
    蘭:つまらない奴だ!
    しかも、貴方って無神経ね…
    今日の対戦相手お兄様よ?

  • 鈴香…蘭〉
    藍…優奈:そんなの…関係ない…殺される前に奇襲をして殺すだけ…
    (刀を妖刀に変化させ自分の影に突き刺し何かを唱える)

  • 優奈
    梨乃:何をしているのですか…
    此処は、戦うところでは、有りませんよ(蘭を連れそこから消える

  • 朱里…梨乃〉
    藍…優奈:……こんな茶番劇…いつまでやるんだろ…
    (妖刀を握っている腕に禍々しい模様が浮き出るのを見つめながら呟く)

  • 優奈
    梨乃:彼奴の対戦相手の結城下手したら殺されるな…

  • 朱里…梨乃〉
    藍…優奈:……疲れた

このスレッドは1000になったので終了です。
次のスレに進む
前回のスレに戻る
このスレを最初から読む

投稿できる人

このスレッドは投稿できません。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします