戦闘ゲーム ~学園生活~パート7[沢山来てよ!]なりきり掲示板

戦闘ゲーム ~学園生活~パート7[沢山来てよ!]

  • この学園では、戦って勝った場合卒業の為の単位が貰えますよ?

    この学園から卒業する方法

    それは、単位を集める事です

    単位を50以上集めた場合此処から卒業です

    ですが、集められない場合

    留年です!

    単位を頑張って集めましょう!

    書き方
    名前:
    読み:
    性別:
    性格:
    容姿:
    部活:(無しOK)
    委員会:(無しOK)
    備考:(あれば)

    をお書きください

    オリキャラ限定ですから

    CP【カップル】

    村松クオン♡緋月詠

    季瀬災禍♡宮古兎寺狐

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 凜歌〉

    はぁ?!馬鹿?
    なに上から目線に言ってるの?あ、でも
    あんた身長低いし……下から目線か……ふふっ……
    (相手に馬鹿にされるとまた相手を馬鹿にするようなことを言い)

    んーじゃあ此処で私があんたを殺そうとしたら……あんたも私のこと殺そうとするんだよね?どうせ……
    (ニヤリと笑いナイフを取りだし)

  • ALL>

    詠:……何だか平和ですね………。

    (保健室の椅子に腰かけ誰も保健室を訪れないことに無意識のうち微笑を浮かべればぽつりと呟いて)

  • ALL>

    凜歌:つまらなかった……。

    (久々に授業に参加したもののつまらなすぎたようで、ひどく疲れた様子で机に突っ伏して足をゆらゆらと揺らしており。)

  • ALL>

    凜歌:なーんか最近暇だな…誰か来ないかなぁ……

    (屋上のフェンスに寄りかかりフードを取れば独り言を呟いて)

  • 影和>

    凜歌:見えない?でもね、本当だよ…。貴方みたいな馬鹿とは違うんだよー
    (先程の仕返しというように相手を見下して)

    無理じゃない…
    同じことはもう繰り返さない………

  • 凜歌>

    に、二位?嘘……見えないけど?

    無理でしょ?どうせ!
    (どうせを強調していい)

  • 影和>

    頭良いよ。自分で言うのもなんだけど…これでも第二位だし…。
    (相手にバカにされるもそれを普通にスルーして言い)

    そっか…まぁ、確かに風があるし…ノートとか飛んでっちゃうかもね。

    …そんなことないよ…自分で抑えるし…
    もし殺しそうになっても…クオンとか…止めてやるって…言ってくれたし…。

  • 凜歌>

    うーん、いいや、てゆーかあんたは頭いいの?まあ、そうは見えないけど。
    (相手をバカにするように笑い)


    いや、それはちょっと止めておく。
    は?いや、すぐ殺しちゃうんじゃない~?
    あんたには無理だよ?うん、無理だよ。

  • 管理人さん>

    管理人さんいませんか…?

  • 影和>

    凜歌:わからなければ教えてあげようか…?
    (暫く相手が解いていった問題の解答を見つめていたがやはり間違っているものが多々あり、教えようかと訊ねてみて)

    じゃあ外で勉強したら?屋上…気持ちいいよ?
    うん…殺すのとかは…ちょっと嫌になってきた…。

  • 凜歌〉

    ……んー、そうだけど……
    (相手の質問に適当に答え、できない勉強を進め)

    え?外?涼しくていいじゃん。此処は寒すぎるっての……
    ああ、そう?殺してないの?

  • 管理人さん>

    管理人さんいらっしゃいますかね…?

  • 影和>

    凜歌:貴方、成績悪いの……?

    (相手の解いた問題を見ればその回答が間違っていることに気が付き、相手を見つめれば訊ねて)

    寒くないよ……さっきまで暑い中屋上にいたし。あ、誰も殺してないよ?…うん。殺してない。屋上にいただけなんだけど…。

    (相手の質問に頷けば先程一人で屋上にいたことも一緒に伝えて)


    PL>

    すみません落ちます、お相手感謝します!!有難うございました!

  • 凜歌>

    聖華:もう………面倒くさい…………

    (ぶつぶつと呟きながら勉強をすすめていて)

    え………?!あんた…寒くないわけ?

    (相手に訊ねながら落ちたナイフを拾い、再び自身の机に刺し)

  • 影和>


    凜歌:勉強…?…どれどれ…………あぁ……簡単すぎじゃない?

    いやいや、今夏だし……寒いって…言われても……っ!…。

    (勉強と聞けば相手のナイフによってつけられた傷だらけの机に手を置いて教科書等を見つめ、数秒見た後簡単すぎじゃないか、と呟き。相手が部屋が寒いと言えばそういえば、と冷房がついていることに気が付き、といっても今の季節は夏のため相手の発言に困ったような表情を見せるが、直後ナイフが足元に飛んできて。咄嗟に避けようとするも直前で動きを止め、ナイフは自分の脚に刺さる少し手前で床に落ちて)

  • 凜歌>

    聖華:勉強させられてんの!

    もう、面倒くさい!!ってゆーか寒いんだけどこの部屋。

    (夏にも関わらず首にはマフラーをしており寒そうにしており)

    はぁ………もう!!

    (相手の脚元に向かってナイフを投げ)

  • 影和>

    凜歌:はぁ…………あ…。…何してるの?

    (溜息を吐きながら教室の扉を開ければ相手がナイフを自分の机に向かって何度も突き刺している姿が目に映り、一瞬ポカーンとした後不審そうに眉を寄せながら何をしているのかと訊ねて)

  • ALL>

    っ…たく…なんでこの部屋こんなに寒いわけ……もうっ!!


    (教室で一人座って勉強をしていたが、((偉い!!!

    冷房が効きすぎていて寒かったらしく、一人で苛々しており/机にナイフを何回も突き刺し)

  • 管理人さん>

    はい…お久しぶりです!
    お会い(?)できてうれしいです…!

  • 参加したいです!

    名前:闇妬 零執

    読み:ヤミヤレイト

    性別:男

    性格:異常性癖がある(食人・血液・人形・死体愛好と吸血症)そのため引きこもりがち

    容姿:髪は紅に黒のメッシュで後髪だけ腰、その他は肩くらいで鈴のついた髪紐で結んでいる。目は右がヴァイオレットで左がローズピンク。体中タトゥーとピアスだらけで顔のみ右半分から足先まであり、隠すために包帯を巻き付けている、趣味で鎖も巻き付けている

    部活:無所属

    委員会:無所属

    備考:自らを人体実験体とし超人的な能力を得た。主は能力と刃物を武器としているがか体の一部刃物や動物に変えて戦うこともある

  • 忙しくてなかなか来れずに申し訳ない。
    ネームは違いますが一応管理人です…
    名前を変えたのは気分でなのでお気になさらず(((((((←

  • >>613 美織

    あの、管理人さんですか?

  • 自分のキャラ一旦全員キャラリセさせていただきます…

    そろそろキャラリセ、行いますのでご理解願います。

  • 聖華>

    凜歌:黙れ……私……は…こんな……とこで………死ねないの…っ………!

    (空間移動で相手の背後に立てばナイフを相手の脇腹に突き刺し、二丁拳銃で相手の背中を数か所撃ち抜いて)

  • 凜歌〉

    ………あんたがいたがってる姿……最高…

    (ニヤリと怪しく微笑み)

    Pl/
    了解です。お相手感謝です!

  • 影和>

    凜歌:いっ……………た…………

    (言い返している余裕もなくただ少し荒めの呼吸をだけを繰り返していて)


    PL>

    スレ作り直してからお風呂入るので落ちます…お相手有難う御座いました!

  • 凜歌〉

    あら?動けなくなった?

    (相手を見ていい/相手の腕にナイフで傷をつけ)

    Pl/
    すまぬ。
    メール参照。

  • 影和>

    凜歌:ん……っ………………!!

    (意識を取り戻すがその途端襲ってきた激痛に驚き小さく震えて蹲り)


    PL>

    どうも(゜-゜)ノシ

  • 凜歌〉

    ふふっ……
    このままじゃ、死んじゃうかもね?
    (ニヤリと笑い相手を見下すような目で見て)

  • 影和>

    凜歌:っ…………………

    (腹部を撃たれると一瞬表情が歪むが意識は戻らず、傷口から血が溢れ)

    PL>

    落ち了解です、お相手有難うございました!!

  • pl/

    落ちます。お相手有難う御座いました!!

  • 凜歌>

    まぁ……そんなのどうでもいいけどね~!!

    あ、気失っちゃった?
    殺しはしないけど………半殺しにはしてあげるからね?
    (相手の腹部に銃口を当て銃を撃ち)

  • 影和>

    凜歌:何…一つ…覚えてない、よ…っ!!……

    (踏まれる前に撃たれていない方の手で押さえようとするも力が足りず踏みつけられ、衝撃で気を失い)

  • 凜歌>

    はぁ…?!あんた覚えてないわけ?

    (鳩尾を踵で思いっきり踏み)

  • 影和>

    な、んで…いきなりっ……!…

    (銃弾を避けず咄嗟に腕で受け止めれば相手に何故襲うのかと訊ねて)

  • 凜歌>

    …………!

    (もう一発銃を撃ち、相手を更に強く踏みつけ)

  • 影和>

    えっ…ちょっと……うぁっ…!!

    (咄嗟に銃弾を避けるが頬に掠り血が流れ出て。相手と会ったときから記憶がとんでいるらしく状況が理解できないまま踏まれ)

  • 凜歌>

    …………!!

    (相手の顔目掛けて銃を撃ち、相手を踏みつけ)

  • 影和>

    がはっ……!………え……あれ…………?

    (鳩尾を殴られれば後ろに倒れて。瞬きをしたところでいつもの表情に戻り、状況がわからないようで辺りをキョロキョロと見回し)

  • 凜歌>

    …………っ!!!

    (片手だけ避け、相手の鳩尾辺りを思いっきり殴り)

  • 影和>

    凜歌:器用だね……まさか鎖が解けると思わなかった……。

    (すぐに相手の腹部を踏みつけ相手の両肩に一丁ずつ銃を突き付ければ同時に発砲して))

  • 凜歌>

    …っ!危な………

    (ギリギリ避け/手に縛られていたものだけとき)

  • 影和>

    あっ……………暴れないでよ…面倒臭いなぁ………。

    (相手が暴れバランスを崩して倒れるがナイフが落とされると自分に刺さる寸前で柄を掴みとりそのままナイフを相手の肩に刺し)

  • 凜歌>

    きゃぁぁっ!!!痛いっ痛っ……

    (ジタバタと暴れて相手を落とし/後ろからナイフを取り出し、相手に向かって落とし)

  • 影和>

    凜歌:…痛っ……あはは………何?…足を先に痛めつけられたいのかな…?

    (体についた相手の返り血を払えば二丁拳銃を取り出し相手の両足を撃ち抜いて)

  • 凜歌>

    くはっ…………!!!
    離………せ!!!

    (ジタバタと暴れ相手の腰辺りを蹴り(拘束されたまま))

  • 影和>

    凜歌:離さないよ…離したら逃げるでしょう?…殺せないじゃん。

    (目に光がなく豹変しており。相手の上に馬乗りになればナイフを振り上げ相手の腹部に深く突き刺して)

  • 凜歌〉

    なっ……
    離せ………っ!!

  • 影和>

    凜歌:沢山痛ぶってあげるからね……影和さん?

    (妖しく微笑を浮かべれば相手を鎖で固く縛り拘束して)

  • 凜歌〉

    かはっ……
    (鳩尾を抑えうずくまり)

  • 影和>

    凜歌:まぁ、そうだね……本当、良かったよ…これで貴方を殺せる…。

    何回も撃たれるわけねぇだろ…?

    (突然口調が変わり、相手の銃を掴めば足を上げ、相手の鳩尾を思いきり蹴り、蹴飛ばして)

  • 凜歌〉

    あんたが一番助かったんじゃない?良かったじゃん?
    (クスリと笑い)  

    な……!
    (左手で銃をとりだしまた相手を撃とうとして)

  • 影和>

    凜歌:五月蠅いなぁ…一応回復したんだから…詠に感謝したらどう?

    (回復したためすぐに動き、詠を下がらせると相手のナイフを自身のナイフで受け止めて)

  • 凜歌/詠>

    な…何してんの!危ないかと…じゃないっての!!

    (相手に向かってナイフを振り回し、その後凜歌にナイフを刺し)

  • 影和>

    詠:……ごめんなさい…。ちょっと危ないかと思いまして…。

    (スタンガンをしまえば相手を回復させてから申し訳なさそうに見つめて。その後凜歌に歩み寄り回復させ)

  • 凜歌〉

    は………?………っ!

    (その場に倒れ)

  • 影和>


    凜歌:っ……………!

    (苦しそうに少し表情を歪めながらも声を出すのを抑え)

    詠:……

    (相手が凜歌に向けて発砲する前に相手の背後から近寄りスタンガンを押し当てて電流を流し)

  • 凜歌〉

    は?バカじゃないの?
    止めるわけないでしょ?

    (踏む足をより強くして相手の足めがけて銃を撃ち)

  • 影和>

    ……や………めろ………っ……

    (相手を睨みつけ苦しそうな小さな声で相手に向けて言って)

  • 凜歌>

    ふふっざまぁ…………

    (相手の撃たれた腹部を足でぐりぐりと踏みつけ)

  • 影和>

    かはっ……………ぁ………

    (抵抗もできず倒れたまま腹部を撃たれれば吐血してゆっくりと蹲り)

  • 凜歌>

    ちっ……まぁいいや………

    (相手のもとに走って行って相手の腹部目掛けて銃を撃ち)

  • 影和>

    えっ……………!!!

    (油断しており相手の撃った銃弾をまともにくらいその場に倒れて。少しあった意識でなんとか能力を使用し手榴弾のみ避け)

  • 凜歌>

    う…………っ痛っ………
    (倒れながらも手榴弾が飛んでくる直前に銃を取り出し、相手に向かって銃を乱射し、もう一つ手榴弾を投げ)

  • 影和>

    手榴弾どんだけ持ってんの…
    今投げられたら死ぬって………。

    (死ぬと言いながらも手榴弾がこちらに向かって来ればその手榴弾に指先だけ触れ、手榴弾を空間移動させれば相手の脚元に落ち爆発して)

  • 凜歌>

    うわっ………危な……!
    (ギリギリ銃弾を避け)

    あんたよりは早いと思うけど?まぁ、能力がね……

    (相手のいる方向に手榴弾を投げ)

    pl/
    レス返します!

  • 影和>

    痛っ!…………逃げるの遅すぎ……すぐ終わりにしてあげるよ…。

    (脛を蹴られ一瞬痛みで怯むものの相手が逃げだせば逃がさぬよう相手の脚を銃で撃って)

    PL>
    落ち了解です、お相手感謝します!!

  • 凜歌〉

    終わるわけないでしょ?
    (相手の脛を思いっきり蹴り、ゆっくり走りだし相手から逃げ)

    まぁ…見つからなきゃいいんでしょ?なら隠れて撃つだけ!
    (一人で呟き)

    Pl/
    落ちます。お相手感謝!(*´ω`*)

  • 影和>

    ふふっ……もう終わり…?やっぱりクズじゃん………。

    (ふらつきながらも体勢を整え相手に歩み寄ると相手の頭部に銃口を押し付けて)

  • 凜歌〉

    ………っ!!かはっ……

    (腹部を抑えうずくまり)

  • 影和>

    チッ…………。

    (相手が銃撃してくることを予想し事前に距離を取って避けるとナイフを空間移動させ。ナイフは相手の腹部に刺さった状態で現れ)

  • 凜歌〉

    え……?……っ!

    (相手が目の前にいることに驚きとりあえず相手に向かって銃を撃ち)

    Pl/

    闇落ちすみません!
    レス返します!!

  • >>562 神城凜歌、緋月詠

    はい!ありがとうございます!

  • 闇妬PLさん>

    本当にすみません!!

    絡めるの楽しみにしてますね…!すみません!!

  • >>560 神城凜歌、緋月詠

    大丈夫です!ありがとうございます!

  • 闇妬PLさん>


    確か副管理人さんがいらっしゃったはずなんですけどね…

    そこら辺の話…見ていなくて…すみません…;;;

  • >>558 神城凜歌、緋月詠

    気長に待ってます!

  • 闇妬PLさん>

    管理人さんは暫く来ない、というようなことを以前言っていたのですが…

    どうしたらいいのでしょうね…;;すみません…!!

  • >>556 神城凜歌、緋月詠

    わざわざありがとうございます!

  • 闇妬PLさん>

    すみません、参加して頂きたい…と私は思うのですが、

    管理人さん、副管理人(?)さんが…今いらっしゃらなくて………;;

  • 影和>

    全然…弱ってないから……目腐ってんじゃない?

    (相手からの攻撃を空間移動して避け、相手の目の前に姿を現せばいつの間にか銃から持ち変えていたナイフで相手の喉を刺そうとして)

  • 参加したいです!

    名前:闇妬 零執

    読み:ヤミヤレイト

    性別:男

    性格:異常性癖がある(食人・血液・人形・死体愛好と吸血症)そのため引きこもりがち

    容姿:髪は紅に黒のメッシュで後髪だけ腰、その他は肩くらいで鈴のついた髪紐で結んでいる。目は右がヴァイオレットで左がローズピンク。体中タトゥーとピアスだらけで顔のみ右半分から足先まであり、隠すために包帯を巻き付けている、趣味で鎖も巻き付けている

    部活:無所属

    委員会:無所属

    備考:自らを人体実験体とし超人的な能力を得た。主は能力と刃物を武器としているがか体の一部刃物や動物に変えて戦うこともある

  • 凜歌>

    ちょっ…何逃げちゃってるわけ?

    はぁ?!クズ?!めっちゃ弱ってるじゃん?毒吐いてる余裕なんて…ないんじゃない?

    (手榴弾を取りだし相手に向かって投げ、近くの柱に隠れ色々な方角に向かって銃を乱射し)

  • 影和>

    うっ…………

    (ナイフを押し込まれる直前に空間移動で相手と距離を取り、ナイフは地面に落ち)

    そりゃあ…あんたみたいなクズに襲われるなんて誰も……思わないでしょ。

    (傷口からくる激痛に必死に耐えながら強がって相手に毒を吐き。二丁拳銃をとりだせば相手に向かって乱射して)

  • 凜歌>

    何?自分が襲われるなんて…………考えてなかった?

    (ナイフを相手の身体にグリグリと押し込み、妖しく微笑み)

  • 影和>

    …はっ……?…っ!!…ぁ……誰………?

    (反応が遅れナイフが身体に突き刺さりその場に蹲って。ゆっくりと振り返り刺した相手が誰かを確認しようとして)

  • 凜歌>

    後ろががら空きだよ?
    (にやりと笑い相手を背後からナイフで刺し)

  • ALL>

    凜歌:つまんないの…………。

    (拳銃を片手に校内を一人退屈そうに歩いており無意識に独り言をぽつりと呟いて)


    PL>

    前回闇落ちすみません;;レス蹴りさせていただきます…すみません!!


    全く来ていなくて…
    誰かいますかね…?

  • 俺も最初は信じられんかったが薬局で見かけたんだよな(知り合いももってたとこみたしと付け足し)《神城

  • 生命>

    薬局とコラボなんてするんだ…何か変…。
    (薬局とメコダのコラボストラップと聞いて何かおかしく感じそう言い、小さな欠伸をして)

  • ああ。まあ俺はシランワール目当てでなく調剤薬局とメコダのコラボストラップ目当てだがな(シランワールという商品もあるがそれではなく違うもの目当てといい)《神城

  • 生命>

    此処が行きつけのお店…?
    (相手にひかれるままにゆっくりと相手の後ろを歩いているがそのうち段々眠くなり最初は耐えていたが最後の方はほとんど眠りながら歩いていて。だが店に着き相手が立ち止まったところでうっすらと目を開くと首を傾げてここが相手の行きつけの店なのかを訊ねて相手を見上げ)

  • ああ。分かった。(そう言えば相手の腕ひき歩き行きつけの店(メコダ)につき)《神城
    (pl落ち了解)

  • PL>

    落ちます、お相手感謝します!

  • 生命>

    うん…。…まあ、そんなことより、早く連れてって?
    (相手を見つめ早く連れて行くように言い)

  • 今、認めたよな普通じゃないこと(鋭く認めたよなといい)《神城

  • 生命>

    普通じゃない…か…うん、まあ、そういうこと…かな?
    (小さく首を傾げながらも頷いて)

  • 普通にしてたらぁーなら普通じゃなけりゃ腹がへるということで良いんだな(そう相手に普通じゃないを強調し)《神城

  • 生命>

    だって普通にしてたらお腹空かないし…。
    (撫で受けながら「普通にしてたら」と意味不明な事を言って)

  • お前小食すぎだろ(ちゃんと食えよと頭なで)《神城

前回のスレに戻る

投稿できる人

誰でも投稿できます。

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします