―New world―[第一戦]なりきり掲示板

―New world―[第一戦]

  • ―プレイヤー諸君へ―
    ようこそ。新世界―New world―へ。
    この世界は誰も知らない現実とは別の世界。
    そして現実から選ばれたプレイヤーが君たちだ。君たちには強制的に戦ってもらう。
    いや、正しくは戦うざるおえないだろう。

    I戦闘説明~基本~
    戦闘は相手(プレイヤー)と戦いたいと思うととつじょ異空間が発生し、1on1の戦いが始まる。通常の戦闘は1on1しかできないぞ。決着がつくまでその異空間から出られないので注意だ。
    また、一回の戦いの勝利で1ptゲットできる。100ptゲットすると現実世界に戻れるぞ!!また、戦闘で敗北した場合はマイナス10ポイントとなる。マイナスになる前の所持ポイントが0~9の場合、0になる。0以下のポイントはない。

    II戦闘説明~event~
    この世界では管理者(私)から「event」というのがだされる。
    eventではポイント高獲得チャンスやmissionがある。絶対参加の条件だ。

    IIIその他
    参加申し込みをし、私から参加許可がおりたら始めてください。
    100pt達成で現実世界に戻ったキャラはまたこっちの世界で初期化し、つかうことは可能だ。
    チームを組んだりするのもありだ。
    ポイントを違うプレイヤーに渡すことも可能だ。
    eventは管理者が出しますので他の人は勝手に出さないでください。(定期的に出します)
    管理者はプレイヤーではないので戦闘参加はしません。
    荒らしなどは管理者が排除!!正式プレイヤーではない!!
    恋愛あり。
    一人二役までだ。
    能力ありだ。

    IVプロフ書き方
    名前:ふりがなつきで
    性格:できるだけ細かく
    容姿:できるだけ細かく
    武器:絶対必要
    能力:無しでもいい
    備考:無しでもいい


    検討を祈る!!
                                                   ―管理者―


  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 参加希望

    名前:神峰 夏希(カミネ ナツキ)
    性格:小心者で怖がり。一人称は私で機嫌をとられると怒る(ただし怖くない)優しいようなふんわりとした感じ
    容姿:髪が目まで下りている。パーカーにジーンズと言う普通の格好。ずっとフードを被っている。髪の色は白。
    武器:逆手剣とガンブレード
    能力:想像したものを造り出せる
    備考:いい匂いの人が好き

  • 穂乃華>

    望叶:そんなの当たるわけないでしょ?(クスッと笑い)
    …そろそろ意識も失うころかな…?でもいいや、そんなの。
    でも、早くしないと私も死ぬみたいだし?酸素がね…ないんだよね?
    (相手を能力で浮かし、落ちていた大きな石を相手の頭めがけて飛ばし)
    (内心:まぁ…能力で穂乃華も動けないよな…これが当たれば…終わるはず…。)

  • 望叶
    穂乃華*5:その前に終わらせてやる!
    (後ろから矢を放ち酸素を極限まで消し

  • 穂乃華>

    望叶:…真剣に答えたってあんたの体温は下がってるからあんたはそろそろ気絶でもするんじゃないかな?
    (にやりと笑い)

  • 望叶
    穂乃華*5:マジウーケール
    (苦笑いをして
    この戦いを終わらせるんだよ……
    (真剣に相手から離れて答え

  • 穂乃華>

    望叶:何がウーケールーだっての…(相手を軽く睨み)
    あんたが終わるの?(相手に素早く触れ能力より相手の体温を下げ)

  • 望叶
    穂乃華*5:カラクリ?ウーケール(クスクスと笑っていて)
    そろそろ終わろっか………?

  • ALL>

    詩夏:はぁ…春はいいなぁ…マフラーもつけなくていいしバテないし…。
    (汚れることを考えずに地面に躊躇なく寝っ転がりながら呟き軽く目を閉じ)

  • 名前:東城慶一(とうじょうけいいち)
    性格:優しく温和で誰とでも仲良くできる方だが、無口で人とあまりはなそうとしない。一度仲良くしてしまえば話す。
    容姿:髪は短く肩に掛からない程度の長さ。服装は、ジャージ。白のシャツもよく着ている。
    武器:銃、刀、ナイフ
    能力:雷系の能力
    備考:一人称はオレ。相手のことは基本的にはタメ口

  • 赤石>

    緋月/5pt:ふん……まぁ、安心しろ。後々処理が面倒なのでな、殺しはしないぞ…半殺しまではやるだろうが………。
    (相手に避けることはできないのではないかと考えていたため自身の攻撃を避けられると少し残念そうに小さく息を吐いてはまたすぐに相手の腕を日本刀で斬りつけようとしたときに相手の言葉が聞こえ小さく反応して刀を下ろすと殺しはしないという事を伝えておいて)
    ……こんな事を言うのは後で良かったな…次は攻撃がしっかりと当たっていただろうに…。…ではもう一度……っ……!?
    (殺さないということを伝えたが直後に相手は日本刀が腹部に掠り少しバランスを崩していたためチャンスを逃してしまったということに気が付いてまた少し残念そうに小さく息を吐いては呟き。もう一度刀を振り上げようとするがそこで先ほど相手に使った分の能力が自身に発動し動きが止まり)

  • 穂乃華>

    望叶0pt:な…、何で…スタンガンが効かない?!気絶しない?結構電流強いの使ったはずなんだけど…これにはどんなカラクリがあるの?
    (本当はかなり驚いているが冷静を保とうとしていて)
    …っ!(手首を切り付けられ手を軽く抑えるもすぐに回し蹴りが来たために痛みに堪え乍ら手で蹴りを受け)

  • PL/ことはさーん荒らし?
    荒らしとか私が大っ嫌いなことなんだけど。キモいと言いたいんですか?理解難しかったけどね。荒らしの様なことされると不愉快になるのわかります?
    そういうの辞めたらどうですか?

  • kっっっm

  • pl・管理者〉

    すいません。学生なのでいろいろ忙しくてでられませんでした。
    えっと、今の状況を簡潔に説明お願いします。
    あと、私が参加してたeventはどうなりましたか?

  • 赤石》

    碧斗:(別の場所で座り込み)

  • 神瀬>
    琉譌5pt:くっ!!(避けるが足がもたつき腹部をかすり)
    くそっ!死んでたまるか…!!

    宮倉>
    琉譌5pt:ふっ(少し鼻で笑い走り去る)

    Pl/
    結夏>キャラ追加OKです。

  • 赤石》

    碧斗:(咳き込みながら歩き)

  • 赤石>

    緋月/5pt:なんだ、先程よりも動きが遅くなっているぞ?私が斬ったからか…結構深く斬ったつもりだからな…まぁ動きが鈍くなるのも当然の事なのだろうが…。
    (相手が走り出すものの先ほどの光のような速さでなく簡単に避けられるような少し速いくらいの速度だったため少しつまらなさそうに息を吐いて相手の動きが遅い事について指摘しては次に先ほど自身が斬った相手の足に視線を移して言い)
    …ふむ…。もう一度使うことになるだろうと考えていたのだが…、この程度の早さなら能力を使うまでもないな…ではもう一度攻撃を仕掛けるか…その間は止まらないことを祈るぞ…。
    (小さな声で独り言を呟くとこちらも前進して相手との距離を詰めた所で日本刀を振り上げてはそのまま、次は相手の腹部を狙って斬りかかり)

  • 望叶
    穂乃華*5:っ……!
    (一瞬後ろへ下がり相手の手首を蹴りつけ更に回し蹴りを喰らわせてみて

  • 管理人さん>

    キャラ追加お願いします。

    名前:貴乃 詩夏(タカノ ウタゲ)
    性別:女
    性格:人を殺すこと、傷つけることに抵抗がなく、自分が痛めつけられるのが嫌なため容赦なく相手を傷つける。
    容姿:長く伸ばした黒髪をツインテールにしていて、服装は現実での自分の学校の制服(アレンジを加えたフリル付き)を着ている。そして寒がりで暑がりなため冬はマフラーを巻いていて、夏はいつもバテている。
    武器:短刀、銃、(武器かはわかりませんが催眠スプレー)
    能力:テレパス

  • 穂乃華>

    望叶:…っ!!(内心:く、苦し…ぃ…もう…)
    死…ぬ…(相手の頭部にスタンガンを当て、電流を流し)

  • 宮倉>
    琉譌5pt:あぁ、強いさ!!
    次はしっかりと殺ってやるからな!!
    (こちらも離れるように歩きだし)

  • 赤石》

    碧斗*5pt:えぇ……。確かにアナタはお強いようですね……。(言葉遣いが戻り、フードを被ると、相手から離れる様に歩き出して)

  • 管理者:制限時間がきれました。
    かちのこった者がいないため、全員に+5pt差し上げます。
    eventを終了致します。

    神瀬>
    琉譌5pt:くっ!?(足から血がだらだらとでて、痛む)
    これがお前の能力か…。手強いな。
    (また走り出すが、さっきよりも遅い)

  • 赤石>

    緋月/0pt:…まずは足だけで……10秒ほどか…。10秒くらいなら大丈夫だが…問題はいつ止まってしまうかだな……相手に攻撃を繰り出されたときに止まってしまうと死ぬ可能性もある…いや…いつ止まっても死ぬ可能性はあるな………これからは5秒くらいで済ませた方が良いかもな…事前によく考えておくべきだった……。
    (相手の足を斬りつけ自分で数えていた大体の時間を言って)
    ……解除…。
    (一言だけ小さな声で呟いては能力を解除して)

  • 神瀬>
    琉譌:…(時が止まっている)

  • 赤石>

    緋月/0pt:なるべく早く能力を解除しないといけないからな…さ、最初から遠慮なしで行くぞ…。本当はも少しゆっくりやっても良いところだがな…早くしなければ………私がその分止まってしまうのだ。
    (日本刀を相手の足に突き付け少しだけ躊躇いの表情を見せて言いながらも相手が自身の能力によって動きを止めたかどうかをしっかりと確認をしては一度深呼吸をして、日本刀で相手の足を斬りつけて)

  • 神瀬>
    琉譌:なっ!(急に頭が真っ白になり)
    (俺が止まったのか?)

  • 赤石>

    緋月/0pt:どれだけ加速しても同じだな…早いと言えば早いのだが……
    (眠たそうにまだ片目を擦りボソボソと呟きながらも相手の攻撃を日本刀で全て弾いていき)
    いけない…気をしっかり持たなくては…だが眠い……
    (片目から手を離し擦っていた眼を開き。段々と眠そうな声になっていくが手に力を込めていき眠気とも必死に戦っており)
    ある意味二対一だな………。
    (どうでもいいことだが相手に眠気と戦わなければいけないものが二つあるためなんとなくポツリと呟いてみて)
    ……一度使うか…短時間で済ませれば良い事だ…。
    (能力を一度使うと決めると能力を発動し相手をじっと見つめると相手の動きを止めて)

  • 神瀬>
    琉譌0pt:もっと!!もっと速く!!(どんどん加速しながら切りつけ)
    (心情:だが、さっきから様子がへんだ。
    片目つぶってるし…。能力か?作戦か?)

  • 赤石>

    緋月/0pt:私は後悔なんてしないぞ?逆にお前に私と戦ったことを後悔させてやろうか…。
    (相手の動きを目で追いながら言い相手に攻撃をされると日本刀を横に振って相手の刀を弾いて)
    はぁ…動きが早いのだな……目で追うのも大変だ…面倒くさい。
    (小さく溜息を吐いては片目を軽く擦り、開いている片目で相手の事を見つめながら言って)
    後々不利になるが…次はこちらからやってしまった方がいいのか……いや…でも…もう少し後でも良いかもしれん……面倒くさい。
    (面倒くさいと言った後相手の事を見つめたままで能力を今使うかどうかと一人で考え込んでおり)

  • 宮倉>
    琉譌0pt:どうだ!!これでわかっただろ!!
    俺はお前より強い!!

    神瀬>
    琉譌0pt:へー。俺と殺るってか。たぶん後悔すると思うけど…まぁいい。
    思いっきり殺るだけだ!!
    (光速で回りを走り、二刀流で切りつける)

  • 望叶
    穂乃華*0:私は、あんたを勝たせない
    (ニヤリと笑めば相手の手首を掴み壁まで追い詰めれば相手は、酸素不足であることを知っているが戻そうとせず片手で首を締めて

  • 穂乃華>

    望叶0pt:企業って…(内心:うっ…もう息がやばいかも…もう…)
    早くしないと…!!(相手に向かって飛んでいき手にはスタンガンを持っていて相手に充てようとして)

  • 望叶
    穂乃華*0:企業秘密ですよー?
    (ニコニコと笑んだまま相手の能力にかんして軽く拍手してみて

  • 赤石>

    緋月/0pt:新入り……?何を言っているのか………。
    (新入りと聞こえるが、自身にとっては此処が現実世界だという認識であるため、相手の発した「新入り」という言葉の意味は全く理解できずに首を傾げると小さな声で呟いて)
    お前が私を倒すと…?…ほう、随分と自信があるようだな…?
    (次の「俺が倒すから」という言葉を聞き僅かに反応を見せるとそこで初めて相手のいる方に振り返り、生気を全く感じられない瞳で相手を見据え。何処か相手を見下すように妖しげな微笑を浮かべては日本刀を持つ手に力を込めて)
    面白い…では、早速手合せ願おう。……言っておくが、私はお前なんぞに負ける気はないぞ?
    (暫く相手を見つめた後、面白い、と一度小さく頷いて。微笑を一切絶やすことはなく、余裕そうな表情を浮かべながら言い、片手を腰に当ててはゆっくりと日本刀を持ち上げると挑発的に刃の先端を相手の方に向けて。)

  • 穂乃華>

    望叶0pt:…!!
    (とっさに自分を能力で浮かし)
    はぁ…なんで貴女は大丈夫なんですか…?

  • 望叶
    穂乃華*0:へぇーそれ位なんだ能力
    (空間を切り裂きそこから相手の後ろにバレないように移動して)
    酸素は、大丈夫なんだー!
    (ニコッと微笑み相手の首目掛け矢を放ち

  • 赤石》

    碧斗:うぁ…っ!!(そのまま肩を斬られて)

  • 管理者:~event情報~
    内容を変更致します。
    制限時間を3月19日(現実の日にちと同じ)
    の0:00までとする。
    もし、かちのこった者がいない場合には、全員に+5pt差し上げる。
    どうするかは君達次第だ…。

    ―検討を祈る―

    宮倉>
    琉譌0pt:甘いな!!(銃弾が飛び立った空中で銃弾を刀でぶったぎり)
    自分から切られに来るとはな…!!(そのまま肩に向かって刀を降り下ろし)

    神瀬>
    琉譌0pt:新入りか…。event期間中に来るとは運がいいな…。だが、お前負けるな…!!
    何故なら、俺が倒すから…!!

  • ALL>

    緋月/0pt: eventか…現実世界に帰れるやら報酬などと言っているが…何のことだろうか…。
    (日本刀の柄を両手で握りしめ刃の先端をじっと見つめながら小さく独り言を呟き)
    まあ気にするような事ではないな…報酬はよくわからんが、もらって損はしないのだろう…。では…早速始めたい…ところ…なのだが…勝てるかどうか……。
    (報酬を獲得するべく早くeventに参加しようと刃の先端から視線を外しては日本刀を下に下ろし誰か相手を探そうと辺りを見回すが勝利できるかと不安がこみ上げてきたため僅かに眉を下げ少し困ったような表情をしては溜息混じりにまた独り言を呟いて)
    …ふぅ…。…負けても0ptのままだ…これも気にすることではない。とにかく誰でもいいから戦わんとな…。
    (大きめの深呼吸をして自分を落ち着かせ取り敢えず誰かと戦おうともう一度辺りを見回して)

    PL>
    参加許可有難うございます

  • 穂乃華>

    望叶0pt:上手く避けたね…。でも…
    (いつからか相手に向かって固い物体を能力で頭めがけて飛ばしていて)
    そういえば酸素がないみたいだけど…あなたは大丈夫なわけ…?
    (少し苦しそうにいい)

  • 望叶
    望穂乃華*0:ったぁ
    (上手く受け身をとり怪我をしないまま相手の後ろから目隠しをして

  • 穂乃華>

    望叶0pt:(内心:ん…息ができない?!能力…!早く終わらせないと死ぬ…)
    ………。(能力で相手を浮かせ壁に相手を叩き付け)

  • 望叶
    穂乃華*0:……(無言で能力を発動させ酸素を0%に変え

  • 穂乃華>

    望叶0pt:………。(こちらも物陰に隠れ様子を伺い)

  • 望叶
    穂乃華*0:START!
    (開始するとすぐさまに物陰に隠れて

  • 穂乃華>

    望叶0pt:まぁ、現実とは違う世界っているのはわかる…。
    いいですよ。喜んで。(ニヤリと笑みを返し)

  • 望叶
    穂乃華*0:私も知らないんですよー
    あっ、武器については、知りません!私は、弓。そんな感じで一回交えません?
    (ニヤッとえんで相手の銃をみつめて

  • 穂乃華>

    望叶*0pt:どっかの世界?そのどっかが知りたいんだけど…
    …ねぇなぜか私銃を持ってるんだけど…この世界って人とか…撃ってもいいの?
    (自分の銃を見ながら訪ね)

  • 赤石》

    碧斗*0pt:(斬りつけられるも、相手の足を捉え、弾丸を打ち込み)

  • 望叶
    穂乃華*0:わかりませーん
    どっかの世界ですよーきっとー
    (呑気に本を読みながらクスクスと笑っていて

  • 管理者:今行っているeventにこれから全プレイヤー参加してもらいます。
    報酬は10ptから15ptに引き上げます。
    ―検討を祈る―

    宮倉>
    赤石0pt:いいさ!俺にもう過去は関係ない!!今見ているのは未来だっ!
    (銃弾を光速でよけながら切り込む)

  • 管理人さん>

    許可ありがとうございます。ニックネーム変更了解です。
    では早速…。↓

    ALL>

    望叶:何…?この世界…
    (銃を片手に持ちながら当たりおフラフラしており)

  • PL/ネム変了解しました!

  • Pl/
    ※名前変えました 大天使→太陽神

    如月さん。結夏さん。参加許可します。

  • 参加希望です。

    名前:蘆名 望叶(アシナ モカ)
    性格:人を傷つけることが好きと言うわけではないが何故か戦闘をすることが好き。たまに残忍な性格になることがある。
    容姿:短めの茶髪に適当に黒いピンでとめている。ぶかぶかの黒いパーカーにデニムの短パンを履いていて、タイツと茶色のショートブーツを履いている。身長は145㎝程。
    武器:十、スタンガン
    能力:サイコキネシス
    備考:プロフィール(?)のやつに性別が書いてなかったので一応備考に書きます。
    年齢は14歳。

  • 参加希望です

    名前:神瀬 緋月(カナセ ヒヅキ)
    性格:人を傷つけることが何よりも好きだが、面倒くさがりで自分から傷つける事はせず、やられたらやるという感じ。傷つけることは好きだが殺すことは別に好きではないので普段は殺してしまう程傷つけたりはしない。人の苦しむ顔、声も好き。人と話すときは何故かいつも微笑を絶やさずにいる。
    容姿:黒髪緋色の瞳で、生気を感じられない目をしている。服装は黒い(花柄)ミニ丈の着物(袖は長く手が隠れている)に、黒いオーバーニー、赤い鼻緒の黒い下駄を履いている。髪には赤い花の髪飾りを付けている。童顔、小柄。
    武器:日本刀
    能力:動きを止める(相手の動きを止めた分の時間、後で自分も動きが止まる(いつ止まるかはわからない))
    備考:現実世界にいた時の記憶が全くなく、この世界が本来自分のいるべき世界だと思っている

  • ALL
    穂乃華*0:わー……この本面白~い…
    (別世界ながらも本を読みながらまったりとして

  • 赤石》

    碧斗:いいのか?お前の過去は全部見えてるんだぜ?(ニヤリと笑いながら撃ち続けて)

  • Pl/
    美蘭さん。参加許可します。

  • IVプロフ書き方
    名前:愛堂穂乃華(あいどうほのか)
    性格:本が好きで戦う事は、あまり好まない。だが、二重人格で裏が怖い
    容姿:ピンクいろの猫耳パーカー、白のスカート、茶色の長いブーツ
    武器:弓
    能力:空間削除(酸素を0にしたり、空間を切り裂く事の出来る)
    備考:重い病気持ち

  • 宮倉>
    琉譌:当たんない当たんない…。
    俺の光速にはついていけないだろぅ!!
    (笑いながら)

  • 赤石》

    碧斗:……ってぇ……、…んにすんだゴラァ!!(フードを脱ぎ、言葉や表情を一変させ、相手を撃ち)

  • 宮倉>
    琉譌:てめぇ…勝手に俺の過去を…!!
    むかつくんだよっっ!!(二刀流で光速で走りながら切りつけ)

  • All》

    碧斗:ずーっと、独りだったんですね…。(赤石の過去を見てクスと笑いながら、相手等を拳銃で撃ち)

  • 一之瀬>
    琉譌:さっそく、始めよ…(いい終わる前に光速で移動し、二刀流で切りつける)

  • All〉


    殺す…………いいだろう。

  • All>
    琉譌:eventだとさ。
    さぁ、殺ろうか…!!

  • All>
    管理者:これからeventを開催致します。
    琉譌、宮倉、一之瀬の三人で乱闘をしてもらいます。かちのこった者には10ptを差し上げます。
    ―検討を祈る―

  • 赤石》

    碧斗:はい…、なんでしょう…?(ニッコリと笑ったまま応対し)

  • 管理者/赤石さん〉


    優佳/0pt:何でしょう…………?

  • 一之瀬>
    琉譌:お!またまたプレイヤー発見!!
    今日はついてるねー!!
    おい、そこのお前!!

  • Pl/
    とっちーさん。参加許可します。

  • 名前:一之瀬優佳(いちのせゆか)
    性格:いつもおとなしく常に冷静な判断をする。戦闘のさいも冷静な判断をし相手をせめる。
     容姿:いつも黒のピタッとしたジャージを着ている。そして茶色いメガネを着用しポニーテールにしている。
     武器:拳銃
    能力:その人の弱点が一つだけ見える。


    pl参加希望!!!

  • 宮倉>
    琉譌/0pt:んっ!(初めてプレイヤーをみつけ)
    つ、ついに見つけた…。これで俺も現実世界に戻る一歩が踏み出せる…。
    おい!(約50mの距離から声をかける)

  • Pl/
    宝さん。参加許可します。

  • 名前:宮倉碧斗(ミヤクラアオト)
    性格:いつもお気楽でニコニコしているが、戦闘の時になると、表情が一変する。言葉も丁寧なものから汚い言葉に変化する。
    容姿:身長170cm。赤髪緑眼。フード付の赤いコートを着ている。(フードは常にかぶっていて、戦闘時のみ、脱ぐ)中は、青い線の入ったジャージの上下。コートの胸ポケットにはパスケースに入った写真がある。
    武器:二丁拳銃
    能力:相手などの過去・未来が見える。だが、長時間見ると体力を大幅に削られる。
    備考:小さい頃の記憶がなく、親の顔を知らない。実は死別している。名前の割に、赤色が好き。


    pl参加希望です(`∇´ゞ

  • Pl/
    ちなみに、書くとき、

    宛先>
    自分の名前+現在所持ポイント:

    という形で書いてもらえると助かります。

  • プロフ

    名前:管理者
    性格:不明※特別に不明でありにしてます
    容姿:不明※特別に不明でありにしてます
    武器:不明※特別に不明でありにしてます
    能力:この世界を管理する
    備考:ほぼ不明

    名前:赤石琉譌(アカイシリュウガ)
    性格:クールで大の戦闘好き。友情には熱い。わりと毒舌で、ドSかも…?
    仲間は大事にするが、敵は容赦しない。
    容姿:黒いパーカーで黒いながズボンをはいている。首に十字架の黒い飾りをいつも大事にかけている。
    武器:二刀流
    能力:光の速さで動くことができる。
    備考:この世界に長年いるがプレイヤーが見つからず未だ0pt
    現実世界に戻りたい願望がつよい。

  • ―プレイヤー諸君へ―
    ようこそ。新世界―New world―へ。
    この世界は誰も知らない現実とは別の世界。
    そして現実から選ばれたプレイヤーが君たちだ。君たちには強制的に戦ってもらう。
    いや、正しくは戦うざるおえないだろう。

    I戦闘説明~基本~
    戦闘は相手(プレイヤー)と戦いたいと思うととつじょ異空間が発生し、1on1の戦いが始まる。通常の戦闘は1on1しかできないぞ。決着がつくまでその異空間から出られないので注意だ。
    また、一回の戦いの勝利で1ptゲットできる。100ptゲットすると現実世界に戻れるぞ!!また、戦闘で敗北した場合はマイナス10ポイントとなる。マイナスになる前の所持ポイントが0~9の場合、0になる。0以下のポイントはない。

    II戦闘説明~event~
    この世界では管理者(私)から「event」というのがだされる。
    eventではポイント高獲得チャンスやmissionがある。絶対参加の条件だ。

    IIIその他
    参加申し込みをし、私から参加許可がおりたら始めてください。
    100pt達成で現実世界に戻ったキャラはまたこっちの世界で初期化し、つかうことは可能だ。
    チームを組んだりするのもありだ。
    ポイントを違うプレイヤーに渡すことも可能だ。
    eventは管理者が出しますので他の人は勝手に出さないでください。(定期的に出します)
    管理者はプレイヤーではないので戦闘参加はしません。
    荒らしなどは管理者が排除!!正式プレイヤーではない!!
    恋愛あり。
    一人二役までだ。
    能力ありだ。

    IVプロフ書き方
    名前:ふりがなつきで
    性格:できるだけ細かく
    容姿:できるだけ細かく
    武器:絶対必要
    能力:無しでもいい
    備考:無しでもいい


    検討を祈る!!
                                                   ―管理者―


投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします