カゲプロ成りきり!の小説置場♪←(たまにお知らせ♪なりきり掲示板

カゲプロ成りきり!の小説置場♪←(たまにお知らせ♪

  • わたしのスレに参加してる人の小説置場!
    お知らせもたまに載せる!

    てことで小説流れやすいからここに書いてもらえると嬉しいかな!

    あっちに載せてくれたらそっから私が持ってくるかも!

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 目を使う蛇を貰った時のこと話してあげます

    その日は8月15日だ。カゲロウデイズに入るための人質を探していた←

    途中空から飛び降り自殺をした少女が私の上に乗り私とその子は救急搬送されたのだ

    勿論カゲロウデイズへと入っていたのだ

    でもそこは薊さんのカゲロウデイズではない。
    見知らぬカゲロウデイズだった

    ?「起きたか?舞奈よ。」

    薊さんは私のことを小娘と呼ぶはず………

    「あんた誰よ………」

    ここが誰のカゲロウデイズか判らなければ怪しいのみ

    ?「私か?私は胡凉」

    胡凉ね………

    「で、何かの用があるのでしょう?」

    胡凉「舞奈、お前に能力をやるよ」

    能力?もういらないわよ

    「何の能力?」

    それさえ判れば説得できる

    胡凉「目を使う能力だ。」

    「目を使う?どういう能力よ………」

    目を使う能力なんて知らない

    胡凉「全ての能力の使えるようになる能力だ」

    「……!なにそれ!知らない!」

    思わず言ってしまった………

    胡凉「良いから目を覚ますのだ“目を使う”の蛇とともに」

    目の奥が熱くなりそこからの記憶がない。

    そして私には知る由も無かった。
    そこでは…………小枯蓮兎が見ていたことに

    小枯蓮兎とは私達を狙いクロハと手を組む1人だ

    目を使う能力を私に無理矢理埋め込んだ理由は
    クロハ、蓮兎に取られないためらしい。
    そして私がマリーちゃんの代わりに合体させるを使えば、クロハはマリーを狙わない。

    そんな理由なんてどうでも良いみんなを守りきるのが目を使うをもらった役目であることを知った私だがみんなには秘密にするよ♪

    __________________
    ※此方はフィクションです。
    胡凉のカゲロウデイズは存在しないのです。
    私の想像で作り上げた話であるために中傷、荒らし、アンチ、信者はお引き取り

  • あっ。忘れてたね

    理解した潰したの意味教えてあげようか?


    それは、私が2つめの目を手に入れるちょっと前。

    澪ちゃんと仲が良かったの。一緒に沢山遊んでたの。


    次の日に悲劇は起こった。

    偶々外に出て遊んでいたらいきなり能力の暴走を始めた。

    私の能力は人を不幸にしてしまう。それを解って外であまり遊ばなかった

    なんで外で遊ばないかって?

    外が嫌いだからだよ

    外は眩しく、人の差を表すからだ。

    太陽に当たれば、素敵な人は輝き、ダメな人は影………………

    月も同じ………そんな理由で外の世界が嫌いだった


    まっ、能力が暴走したってわかった時には遅い。


    澪の親が来て精神的ストレスからだろうか?

    目の前で自分の胸に包丁を刺し自殺をした。

    声が出なかった。目の前の自殺した澪の親を見て声が出なかった

    意味がわからない。

    その後澪は言った

    あんたが居なければ………!あんたが居なければ幸せだったのに!この化け物!

    化け物?目が赤いから………?
    酷いよ酷いね。

    まっ、影でクロハが見てたらしいけど←

    その後、澪は孤児院へ送られた。

    何故また私の目の前に現れたのだろうか。

    疑問に思うことだ。

    今はただ前向きに生きることを紗奈と誓った


    この紗奈ちゃんは、一生の秘密だよ………?

  • 最初に死んだのは、3さいの頃かな…………親からの暴力にて死亡 

    次に死んだのが姉とだっけ?
    確か5さいだった………

    最後に死んだのは6さいかな?
    小学1年?

    まぁ、私小学生だし?能力の制御出来なかったの。

    まっ、能力暴走してるときに限ってクロハがいた←

    不幸が好きだからだっけ?

    メカクシ団に入ったのは………
    7さいかな?モモちゃんに声かけられてついていったんだよね。

    能力に関して、私は嫌われたと思ったんだー
    能力が能力だし?

    前、だれも居ないときに能力暴走しちゃって自室に閉じ籠ってた……

    声を掛けてくれたのは____だったね!
    助けてくれたんだよね。嬉しかった

    最近は、ヒビヤ君辺りと仲がいいと思う!ケーキ一緒に作ったりしてたから!

    最後に好きな人教えてあげようか?

    その人はね_____だよ!
    いつか教えてあげる

    私が心を開けた理由。そして、みんなのこと。最後に好きな人もね♪


    おしまい♭

  • なんやかんやで一週間が立った。

    丁度その日は、8/15
    私のすむ町には8/15に死ねばカゲロウデイズに干渉出来ると。

    まぁ毎日が嫌だったから………
    みんなを屋上へ呼び出し死ぬ宣言して飛び降りた。笑顔のままで。
    そして片手に澪の手首を持ち二人で死んだ。澪は、相変わらず行方不明

    そんなときに裕太は、叫んだ
    お前を守れなくてごめん。

    そう言われた私でも許せなかった。
    会って初日の奴を信じ、長年の付き合いの幼馴染みを捨てた。
    コロシタイ………
    コロシタイホドニクイ………
    その心があったからなのかカゲロウデイズで目でコロスを手に入れた。

    まっ、そんな感じで繰り返してたんだよ。
    虐待で親に刺され、妹と死亡。その事から目で刺すを手に入れ。

    姉のあとついて死んだときにも手に入れた。

    3回も死んだんだって実感できる

  • 美穂の過去


    いつもと同じ毎日。違ったのは、

    友 達 と 姉 と の 関 係 更  に 家 族 と の 関 係


    友達との関係はね?
    裏切られたの…………私は少なくとも信じてたのに。ひどい話………

    姉との関係?
    また話してあげるわ。
    信頼出来たらね?

    友達に裏切られた方を詳しく話すわ

    いつもと変わらないと思ってた日常。
    ギャーギャー騒ぐいつもと変わらない景色。


    この物語の幕開けは、HRの時間にあった_____________________

    先生が入ってきてみんなが座る。
    その先生から発された言葉は、
    『転校生が来ています』
    その一言が運命を狂わせた。

    その子の名前は、澪(ミオ)少し女子力の高い女子。仲良くしたかった。

    休み時間私は幼馴染みである裕太と話していた。裕太は、カッコ良く、女子に人気だった。話していたのは勿論澪ちゃんのこと。
    その次の休み時間屋上に呼び出されてしまった。
    「何があるんだろう。これが仲良くになれるきっかけだといいな。」
    純粋にそう思った。

    屋上に着き重い扉を開けて近寄ったとき澪ちゃんは言った。
    『あんたのせいで……!何もかもが潰れたの!』
    その言葉を理解するのは時間が掛かった。理解したときには、遅かった

    理解をし、澪ちゃんを見れば手にハサミを持っていた。
    “怖い“
    その瞬間澪ちゃんは、自分で自分の頬をきった。少し男子からモテる澪ちゃんの顔に傷がつけば間違いなくいじめられる。
    そしてつぶれたの意味が全くわからないままだった。
    ぐるぐると状況整理を進める脳内に三文字がよぎった
    逃げる
    逃げれば疑われない。逃げようとした時に澪ちゃんは叫んだ。
    その時に裕太ならと思ったが勿論クラス全員が澪ちゃんの見方だった
    裕太のこと信じてたのに裏切られた。
    何よりそれが傷ついた

    次の日
    目を覚ましいつもどおりの時間に家を出る。そこに裕太は居なかった。毎朝一緒に通い続けてきたのだから、辛かった。

    教室のドアの前
    入ればドアに設置してあったバケツが降り中に入っていたみずは、私にすべてかかる。他にも机などには落書き。教科書は破られていた

  • みんなの居ないとき


    私はみんなの居ないときに死んだ。

    たまたま出掛けると落ちてきたんだ。

    沢山の木材が………

    勿論なす術なく崩れ落ちる木材で死んだ………

    これは最近のこと……

    その時薊さんにまた目を埋め込まれたんだ。

    慣れた。目を埋め込まれるなど慣れる事だ。

    目を奥が熱い。その感覚に慣れてしまった。

    普通だろう。4回目だ。


    この時私はこんな能力がやどるなんて………

    今は愛(マナ)から貰ったネックレスが制御してくれているが、それをなくせば………


    間違いなく世界中の人が傷つくであろう。


    その能力は

    目を滅ぼす


    人を傷つけ、世界を滅ぼすことが出来てしまう。

    なぜこんな能力が宿ったのだろうか?


    この能力はみんなに隠している。


    この世界の運命は私に宿った。


    私はこの世界を守りたい。

    犠牲者を出さず、この世界を守り抜く。

    そう誓った

  • 美穂の酒嫌い

    美穂は酒が大嫌い

    何故か?

    それはタイムスリップしましょうか。

    時は2008年。
    私が5さいの頃かな?
    まっ、この頃美香と美希がいなくて私一人暴力受けてた。

    ある日酒に酔った母が帰ってくれば私を何度も殴り、蹴った。
    マチ針でやられた………

    傷だらけになった私………

    母に水の代わりに飲まされたお酒。
    お酒を飲むと能力が暴走してしまうことをしった。

    私は、殺されたことも殺したこともあるに代わった

    何故か?
    能力の暴走で母を殺してしまったからだよ。

    母が死んだその時、私は独りになった

    能力のせいで化け物と呼ばれ、耐えられなかった………

    まぁその時からお酒を拒絶し始めたのだった

  • おっ知らせ~♪

    名前:木戸 えりか(キド エリカ)
    性別:女
    年齢:12

    名前:小桜 琉絵(コザクラ ルエ)
    性別:女
    年齢:168

    名前:如月 茉子(キサラギ マコ)
    性別:女
    年齢:15

    名前:榎本 優愛(エノモト ユウア)
    性別:女
    年齢:13

    名前:雨宮 雛(アマミヤ ヒナ)
    性別:女
    年齢:10

    名前:九ノ瀬 希奈(ココノセ キナ)
    性別:女
    年齢:11

    名前:朝比奈 薫(アサヒナ カオル)
    性別:女
    年齢:14


    名前:木戸 星夜(キド セイヤ)
    年齢:12

    名前:瀬戸 優静(セト ユウセイ)
    年齢:13

    名前:鹿野 秋斗(カノ アキト)
    年齢:16

    名前:小桜 暖斗(コザクラ ハルト)
    年齢:198

    名前:如月 光夜(キサラギ コウヤ)
    年齢:17

    名前:雨宮 響季(アマミヤ ヒビキ)
    年齢:12

    名前:九ノ瀬 莱羽(ココノセ ライハ)
    年齢:19

    星夜からぜんきゃら男子ぃ
    作るのむずいよん……

  • わたしのスレに参加してる人の小説置場!
    お知らせもたまに載せる!

    てことで小説流れやすいからここに書いてもらえると嬉しいかな!

    あっちに載せてくれたらそっから私が持ってくるかも!

投稿できる人

誰でも投稿できます。

雑談場 [ロック]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします