Winered Hearts【学園戦闘系】 4なりきり掲示板

Winered Hearts【学園戦闘系】 4

  • 浮遊城が現れると共に
    モンスターたちが降臨した

    降臨したモンスターたちに対し
    通常兵器ではダメージを
    与えることができず

    ダメージを与えることができるのは
    ラムタラ学園の生徒のみが所持を許される
    心の剣となる筆…ペンプレードだけだった

    そして、ペンプレード使いと
    モンスターたちの戦いが始まる…

    はい、お久しぶりです
    Orfevre(オルフェーヴル)です
    今回、久しぶりのスレです

    わかりやすくいうと
    とある学校の生徒が
    突然現れたモンスターたちと戦っていく
    …という内容です

    ~ルール~
    ・荒らし等は無視
    ・死ぬのは無しでお願いします
    (死亡フラグの乱立させるのはいいですが…
    ちゃんとへし折ってくださいね)
    ・恋愛は何でもあり
    ・その他、マナー次第で随時追加

    プロフ(人)
    【名前】
    【性別】
    【学年】(ラムタラ学園は高校です)
    【性格】
    【容姿】
    【備考】

    プロフ(ペンブレード)
    【名前】
    【形状】(ライフルとかの銃器も可)
    【普段の形】(シャーペンとかの種類を【筆記用具でお願いします。】)
    【レア度】(レア度一覧をご確認ください)

    レア度一覧
    N<HN<R<HR<SR<LE
      
    【失礼ながら今回も代理として立てさせていただきました】

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 紫遠>>…ごめんな、((ぐしゃぐしゃと頭を撫でて
    ……帰ろ、そんでから説明する

  • 灯>

    紫遠:(泣きそうな表情で)

  • 一翔>>…流石にそりゃねぇぜ((はぁ、とため息をこぼし

  • 灯≫

    一翔:・・・帰れ。お前の居場所はここじゃない。(家の中に戻り)

  • 一翔>>あーあ………墓穴掘った。((紫遠の表情を見て

  • 灯>

    一翔:・・・かわいそうだろう。兄から命を狙われていたなんて事実を知ったら・・・。

    紫遠:え・・・?(驚愕の表情をして)

  • 一翔>>本当にそう思ってるのか?

  • 灯>

    一翔:そうか・・・。なら、思い出させなくてもいいんじゃないか?(苦笑いで)

  • 一翔>>…思い出した記憶もある、だが紫遠の家族の記憶はほぼ忘れたままだ

  • 灯》

    一翔:なんだと…!?……全て、忘れているのか?

  • 一翔>>…紫遠は記憶無くしてるからあんたの事覚えてないよ

  • 灯》

    一翔:(外に出て来て)何の用だ……、紫遠…。


    紫遠:(不思議そうな表情で)

  • 紫遠>>…まだ、秘密((クス、と少し笑うもぎこちなく

  • 灯》

    一翔:…少し待ってろ。(インターフォンを切り)


    紫遠:…今のは…誰ですか……?

  • 一翔>>緋乃 灯だ。少し話があるんだけどいいか?((簡潔にそう伝え

  • 灯》

    紫遠:(不思議そうな表情をし)


    一翔:(しばらくしてインターフォンに出て)どちら様ですか?

  • 紫遠>>…ちょっと待ってろ((インターフォンを鳴らして

  • 灯》

    紫遠:(キョロキョロと見渡して)

  • 紫遠>>…今の所、思い出せていないか…

  • 灯》

    紫遠:…これが……僕の家……。(不思議そうに見て)

  • 紫遠>>((だんだんとスピードを上げあっという間に家につき

  • 灯》

    紫遠:(言われた通り捕まっていて)

  • 紫遠>>しっかり捕まってろよ?((白帯を使い裏道を通りながら紫遠の家へ向かい

  • 灯》

    紫遠:(頷いて)行きましょう。

  • 紫遠>>よし…寄り道しちまったけど…家行ってみるか?

  • 灯》

    紫遠:…はい。(小さく微笑み)

  • 紫遠>>そんな顔しちゃ何も始まんないぜ!!((に、と笑いながら繊細な花を作り

  • 灯》

    紫遠:(花を見て小さく微笑み)

  • 紫遠>>…((紫遠の目線に白帯を伸ばし、シュルシュルと花を作り出し

  • 灯》

    紫遠:(申し訳無さそうに俯いて)

  • 紫遠>>…やっぱ、それかな〜…((手近なところに腰掛け

  • 灯》

    紫遠:……家族…。家族の記憶は……、一つも戻っていません……。

  • 紫遠>>…それは、どの部分なんだ?

  • 灯》

    紫遠:記憶もほぼ戻りました。ですが、まだ戻っていない記憶もあります…。

  • 紫遠>>…へぇ…これが……((そ、と触れてみて

  • 灯》

    紫遠:新しい力です…。(羽を出して)

  • 紫遠>>…((す、と離れ
    ところでその羽は…?

  • 灯》

    紫遠:平気です。灯さんの言いつけを破った僕が悪いんです。(苦笑いで)

  • 紫遠>>…すまん、いきなり怒鳴ったりして((重心を自分に戻し

  • 灯》

    紫遠:…ありがとう……ございます…。(相手を支えるように抱きしめて)

  • 紫遠>>怪我しなくて良かった…((安心して一気に疲れが押し寄せ半ば倒れかかるようにぎゅう、と抱きついて

  • 灯》

    紫遠:(羽をしまい)ご、ごめんなさい……。(泣きそうな顔をして)

  • 紫遠>>危ないからダメだと言っただろう!((怖い顔をして怒り

  • 灯》

    紫遠:(相手の少し離れた後ろに降り立ち)

  • 紫遠>>((それを確認した後残った胴体も白帯で肉片へと変え

  • 灯》

    紫遠:(瞬間移動で離れ、翼を使って空中に浮き)

  • 紫遠>>((その一瞬を見計らい白帯で縛り上げそのまま引きちぎり

  • 灯》

    紫遠:(何かを決心したような表情をすると、蒼鹿毛を構え、翼を広げて瞬間移動でサイクロの目の前に出て、目に蒼鹿毛を突き刺し)

  • 紫遠>>こいつはサイクロだ!知は援護射撃!!((攻撃を必死によけながら指示して
    知憲:りょーかいっ…と((二丁銃を黒と赤のマジックに戻し代わりに青いマジックをライフルに変えて狙い

  • 灯》

    紫遠:(ビクッとして、その場に固まり)

  • 紫遠>>来るなっ!!((大声でそう叫んで

  • 灯》

    紫遠:(相手を見つけ、応戦しようとして)

  • 紫遠>>
    知憲:…あぁ。((すぐ近くで灯達が戦っていて

  • 灯》

    紫遠:灯さんの所へ行きましょう。(真剣な目で)

  • 紫遠>>
    知憲:上出来だ。((いつの間にかケセランパセランも消え去り

  • 灯》

    紫遠:…(閉じろ、と心の中で念じると、羽が消えて)

  • 結羽>>
    知憲:仕舞うイメージをしてみろ((しばらく悩んでそう言い

  • 灯》

    結羽:(頷いて)それで…この羽…どうしましょう……。

  • 紫遠>>
    知憲:どの記憶が戻ったのか気になるところだが…今はそれで良い。ゆっくりで良い((ぽすぽす、と頭を撫でて

  • 灯》

    紫遠:…でも……全部じゃないです……。(俯いて)

  • 紫遠>>
    知憲:…そうか……思い出したか…((ふ、と微笑み

  • 灯》

    紫遠:……(羽に触れ)…そうだ……、この力を手に入れる為に……記憶を……。

  • 紫遠>>
    知憲:…これが、新しい…!!((羽が生えるとケセランパセランの光が消え、距離をとり

  • 灯》

    紫遠:(一番強い痛みが来ると、背中に黒い羽が生え)

  • 紫遠>>((いつしかケセランパセランも増えてきて

  • 灯》

    紫遠:……空……、飛ぶ……?(頭が更に痛くなり)

  • 紫遠>>
    知憲:空を、飛べるようにイメージしてみろ

  • 灯》

    紫遠:(痛みに表情を歪め)……力……?……新しい……力……。

  • 紫遠>>
    知憲:すまん、紫遠ちゃん…でも我慢してくれ

  • 灯》

    紫遠:(痛みに耐えきれず、その場に倒れ込み)

  • 紫遠>>((それを始めとして次々とケセランパセランが集まり

  • 灯》

    紫遠:(頭痛が強くなり)

  • 紫遠>>((そのうちの一匹が紫遠の手の甲に止まり、ぽう、と薄く光りはじめ

  • 灯》

    紫遠:(驚くも、頭痛でその場に膝をつき)

  • 紫遠>>((するとケセランパセランが紫遠を取り囲むように集まり

  • 灯》

    紫遠:(ズキッと頭が痛み)

  • 紫遠>>
    知憲:…ケセランパセランだな。魔力の塊と一説ではいうが…((一匹を手の平に乗せ

  • 灯》

    紫遠:…なんですか、これ……。(周りを見て)

  • 紫遠>>((しばらくするとケセランパセランが大量に浮かび

  • 灯》

    紫遠:(相手の後に続いて走り出し)

  • 紫遠>>
    知憲:言うと思った((に、と笑い走りだし

  • 灯》

    紫遠:…灯さんのところに行きます!

  • 紫遠>>
    知憲:灯のほうはどうやら大物がかかったらしい、遅くなるから迎えにいけ、と言われてきたが…どうする?

  • 灯》

    紫遠:(ホッとしたように小さく微笑み)

  • 紫遠>>
    知憲:灯から聞いてきたけど…危ないだろう?((くるり、と振り向き

  • 灯》

    紫遠:(キョトンと相手を見て)

  • 紫遠>>
    ??:貫通弾ッ!!((何者かが躍り出て周りのモンスターを一掃して

  • 灯》

    紫遠:(蒼鹿毛を構えて)

  • 紫遠>>((すると数匹のモンスターが近寄ってきて

  • 灯》

    紫遠:(荒く息をして、ゆっくりと立ち上がって)

  • 紫遠>>
    モンスター:グッギャァアア!!((一定時間叫んだ後消え去り

  • 灯》

    紫遠:(瞬間移動で目の一つ(弱点)に蒼鹿毛を突き刺して)

  • 紫遠>>
    モンスター:((多くなった手で再び掴みかかり

  • 灯》

    紫遠:(舌打ちをして相手の前に回り臨戦態勢を取り)

  • 紫遠>>
    モンスター:ウガ…((次々と腕が生えてきて

  • 灯》

    紫遠:!?(驚くも、その腕も切り落とし)

  • 紫遠>>
    モンスター:ザ…?((ゆっくりと背中からもう二本の手がでてきて

  • 灯》

    紫遠:(手を切り落とし、相手の後ろに素早く回り)

  • 紫遠>>
    モンスター:((ゾンビのようになった灰色の手で掴みかかり

  • 灯》

    紫遠:(少し怖じ気づくも)…蒼鹿毛…。(蒼鹿毛を刀にして構える)

前回のスレに戻る

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします