魔法世界物語☆なりきり掲示板

魔法世界物語☆

  • ここは魔法使いが住むところ。学校もあるし、設備もちゃんと整っている。
    戦争もある。そんな世界の物語。

    初めまして、ココアです。今回は魔法使いたちの物語ということで、楽しんでいただければ幸いです。オリキャラでやってくださいね。

    注意!

    ・荒らしさんは回れ右ですよ!
    ・神級に強いとかやめてほしいです。
    ・ここは楽しむところです。悪い言葉使いはおやめください。

    これだけなんで守れるはずですよね。
    さて次はルールです。

    ~ルール~

    ・恋愛ok!!!ただ、その場の空気を乱すような恋愛とかやめてください。
    ・俺様キャラとかでもいいです。とにかく性格書いてください。
    ・顔文字だめです。(なりきりしてるときはです!ふつうの会話の時なら使ってもいいです!!)

    はい、またしてもこれだけです。
    次は自己紹介の仕方です。(キャラ設定の仕方という意味です。)


    性格、性別、名前、使う魔法の説明を書いて、入りますと言ってくださいね。

    では・・・よろしくお願いします!人数無制限ですので気軽に入ってください!!

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • ラウズ〉
    へ〜ぇいつもならめんどくせぇけど....ストレス溜まってっから....
    丁度いい....やってやる。
    (不敵に笑い....繆う雰囲気が変わる

  • 龍鬼>>
    …じゃあ僕と勝負して。僕は力を認めた奴しかトモダチにならないからぁ。
    (ニヤリ)

  • ラウズ〉
    暇つぶしに……
    (にやっと笑い)

  • 龍鬼>>
    …お前、僕についてきてなにするの?僕はホロウを連れていくのに…?

  • ラウズ〉
    俺もついて行く。

  • ラウズ〉
    ホロウ:?何かあるの?
    (手招きされ首を傾げ相手の後をついて行く)

  • ホロウ>>
    ??あ、それよりこっちに来てよ。
    (手招きをして歩いていく)

  • ラウズ〉
    ホロウ:うん!そうそう…じゃなくて、まあイイヤ

  • ホロウ>>
    そうなんだぁ!…つまんないよねぇ、もっと血が見たいのに。

  • ラウズ〉
    ホロウ:それってつまらなくない?ん、いや?拾い物だから別に大切でもないよ

  • ホロウ>>
    ふー!久しぶりに魔法使ったぁ!
    僕相手をいつもなぎ倒してただけだから。
    …でさ、その剣大事なものなの?

  • ラウズ〉
    ホロウ:どうも、おお!元通りだよぉ!
    (短剣が元通りになり喜ぶ)

  • ホロウ>>
    よいしょ!
    (短剣を重力で平らにする。)
    かんせーい!はい剣。

  • ラウズ〉
    ホロウ:ありがと、なかなか親切だねぇ〜
    (ナイフを懐にしまい、使い物にならなくなった短剣を取り出す)

  • ホロウ>>
    ほい。あ、さっきぐにゃぐにゃにしちゃった剣、もとに戻すよ。

  • ラウズ〉
    ホロウ:ハイハイ…あ、ナイフ返して?
    (陰が解かれるとぐんっと伸びをする)

  • (こそっと言って陰を解く。)

  • ホロウ>>
    いいじゃん、頭突やめてね。僕はラウズ。よろしくホロウ!
    (陰解くけど、僕の勝ちね。そのまま潰すことできるから。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:ボクはホロウ、あんまり顔覗き込まないで欲しいね、また頭突きするヨ?

  • ホロウ>>
    勝手に持ってきちゃったの?あ、じゃあ…君?アンタ?んー…名前は?
    僕ねぇ、気に入った人の名前しか聞かないし、オトモダチにもならないけど…
    お前気に入ったよぉ。名前は?
    (顔を覗き込む。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:…七色で綺麗でしょ、知り合いのなんだよねぇ…あとボクの事お前って言わないでくれないかな?
    (貼り付けた様な笑みを浮かべながら陰を電気で焼き切ろうと試みるが切れず)

  • ホロウ>>
    うわっとぉ…びっくり!
    ………なぁんてね!
    (自分の陰で相手を縛る。)
    あははは!でもすごいねぇ、…ん?このナイフ…どこで手に入れたの?これ、お前のじゃないでしょ?
    (ナイフを平然とつかんで見る。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:そんな事、ボクの知ったことじゃあナイよ?
    (ナイフを後ろに隠し自身を稲妻の様にさせて相手の後ろに回り込み首にナイフを宛がう)

  • ホロウ>>
    あのねえ、たんこぶは嫌いなの!押したら痛いし、色も変色するし…。
    (ブツブツ言っていて、ナイフがあることに気づいていない。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:たんこぶくらいいいじゃないかぁ〜…とっといて良かったナイフ
    (使い物にならなくなった短剣を戻し、睡蓮から無断でこっそり拝借したナイフを構え電の属性を付ける)

  • ホロウ>>
    いたたた…もう!いきなり何するんだよー!!明日たんこぶできたらどうするのさあ~。まあ、僕は闇属性だから、なーんにも効かないんだよね。
    頭突きはいやだけど。

  • ラウズ〉
    ホロウ:それをいっちゃあおしまいだよ〜、でもタネも仕掛けもございますっと!!
    (重力を振り切り相手に頭突きを食らわす)

  • ホロウ>>
    まるで電気人間みたいだねぇ!
    この電気どっから出してるの?お腹?心臓?脳みそ?
    (そういうともう片方の頬をつねった。電気が流れているなんて気にしていないような顔をして、笑っている。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:それはどうかなァ?
    (つねられた頬から高電圧の電流を相手に流す)

  • ホロウ>>
    おー!すごいねぇ…
    よっと!
    (蛇をかわして蛇に触れる。すると蛇は跡形もなく消えた。)
    僕に勝つなんて100万年早いよっ!
    (ホロウの頬をつねる。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:でもボクには動けなくたって防御も攻撃も出来るよ
    (纏った電流から電気の蛇を幾つか作り相手に攻撃させる)

  • お?なになにぃ?

  • ラウズ〉
    ホロウ:重力で動きを封じる…か…なかなかいいね
    (体に高電圧の電流を纏わせにんまりと笑う)

  • ホロウ>>
    ふーん、短剣かぁ。
    (重力で短剣を潰し、ホロウを動けなくさせた。)

  • ラウズ〉
    ホロウ:んじゃあ…いくよ!!
    (腰の短剣を引き抜いて相手に切りかかる)

  • ホロウ>>
    そっちから来ていいよぉ。

  • ラウズ〉
    ホロウ:オーケーオーケー、負けなきゃいい問題だしネェ

  • ホロウ>>
    えー…まあいいか。いいよぉ、相手してあげる!でも、殺さないけど瀕死にするならいいよねぇ?

  • ラウズ〉
    ホロウ:そ、棒読みだよ?暇なら相手してよ、殺さない程度でさ

  • ホロウ>>
    え?棒読みだけど?www

  • ラウズ〉
    ホロウ:わー、誰か殺してー
    (相手の真後ろに現れ棒読みで呟く)

  • ふぁぁ~、誰か殺してーっていう人いないのぉ??ひまだよぉ…

  • 龍鬼〉
    ホロウ:そうかなぁ?ボクとしては損してる様にしか見えないけれど…まあ、ボクには関係ないけれどね
    (ケタケタと面白そうに笑う)

  • ホロウ》
    損してねーよ。

  • 龍鬼〉
    ホロウ:人生の半分は損してると思うよ

    綺羅〉
    睡蓮:だが断る、こっちも暇人じゃあないのサ

  • 綺羅》
    はっ!やめろよ・・
    (付けられた瞬間頭から取り早業で相手に付け直した

  • >>龍鬼
    まぁまぁ。そう言わずに...
    (相手の頭にネコミミを付けて)

  • 綺羅》
    ふ・・っ断るね・・

    ホロウ》
    あ・・ぁ

  • >>all
    (/ごめん。92は名前ミスです。普通に綺羅として絡んでください。)

  • >>睡蓮
    そう言わずにやろうぜ~こっちだって一人でメイド服は辛いし..

  • 龍鬼〉
    ホロウ:それってさぁ、つまらなくないかい?

    綺羅〉
    睡蓮:私は御免だね、もう間に合ってるのサ

  • >>睡蓮・龍鬼
    お前らも道連れにしてやろうか?
    (ニヤっと笑って)

  • ホロウ》
    そうかもな・・

    綺羅》
    メイド喫茶だぁ?プッ!クックッ・・・・
    おもしれぇ・・・クッ・・
    (笑いまくる

  • 綺羅〉
    睡蓮:め、メイド喫茶ぁ?ハハハハハッ!!ひぃひぃ、笑いすぎて腹痛い…!
    (笑いすぎで腹が痛くなるも笑い続け)

    龍鬼〉
    ホロウ:…キミは何に対しても無関心な感じがするよ

  • >>睡蓮・龍鬼
    わっ笑うんじゃねぇよ!(焦りながら)
    これは近所のヤツがメイド喫茶に協力してほしいって言ってきたから...
    (ネコミミカチューシャを外そうとしながら)

  • 綺羅》
    ぷっ⁉綺羅・・何やってんだ⁉笑わせようとしてんのか?クッ・・・
    (頭を見るなり、吹き出して笑いをこらえている

  • ホロウ》
    ふ・・っそうかよ・・
    (興味なさそうに

  • 綺羅〉
    睡蓮:ブッ!?わははははっ!!何だいあんたその頭ぁ?
    (相手の頭を見るなり腹抱えて爆笑する)

  • 龍鬼〉
    ホロウ:まあいいけどね

  • >>all
    ....死にてぇ...。
    (そう呟く彼の頭にはなぜかネコミミカチューシャと付けており)

    (/忙しくて来れなかったので新しく絡み文を書きますね)

  • ホロウ〉
    ん……まぁーな
    (黒笑で)

  • 雪〉
    いいよ~ぉ!行こーう♪

  • 雪〉
    睡蓮:成る程…地味より派手な方がいいしねぇ…ふむ
    (顎に手を当て少し考え込む)

  • 睡蓮»
    汚いよりは、きれい~見たいな感じですかね?

  • 雪〉
    睡蓮:んー…そうかな〜?

  • 睡蓮»
    あ、すいません…でも、見た目は、悪い方よりいい方が良くないですか?

  • 雪〉
    睡蓮:うんうん、でも私の場合は見た目は関係無いけどねぇ…
    (最後の方は小声で聞こえない様に呟く)

  • 睡蓮»
    おぉ!!良いですね!!水って綺麗ですものね!!

  • 雪〉
    睡蓮:水サ、使い勝手良いからねぇ

  • 睡蓮»
    何の魔法が使えるんですか?

    美穂»
    そ、そう?じゃ、じゃあ…こ、今度遊びにいかない?

    ラウズ»
    えーと…(誰かな~と思っているw

  • 龍鬼〉
    ホロウ:そう言ってる割には怖がってる様には見えないけどねぇ〜…
    (いつもの表情に戻り呟く)

  • 雪》
    雪ちゃん・・敬語じゃなくていいよ?
    (近づいて微笑んで

  • ホロウ》
    あーぁ怖い怖い・・
    (こわいと言ってるが怖くなさそうに黒笑で微笑み

  • 龍鬼〉
    ホロウ:宜しく〜
    (嬉しそうに笑っているが一瞬黒い笑みに変わる)

  • ホロウ〉
    まぁーよろしく……ホロウ…

  • 雪〉
    よろしくね。雪ちゃん♪
    (微笑んで)
    ラウズ〉
    いいじゃん。別に~

  • 雪〉
    睡蓮:まあ、仲良くしてやらないこともないサ

    ラウズ〉
    睡蓮:成り行きで、ね

  • 雪、睡蓮、美穂>>
    へえ~、お友達になったんだねえ~

  • 睡蓮&美穂»
    じゃ、じゃあ…睡蓮ちゃん…美穂ちゃん…これからお友達宜しくお願いします!!

  • 雪〉
    睡蓮:ん、縁ノ睡蓮、ピエロでも道化師とでも呼んでくれたまえ

    龍鬼〉
    ホロウ:龍鬼ね…ボクはホロウだよ

  • 雪》
    えっと・・佐久間美穂だよ・・よろしく・・雪ちゃんでいいかな?
    (微笑んで

  • ホロウ》
    ん・・・龍鬼・・あんたは?

  • 睡蓮&美穂»
    あの…名前を伺ってもいいですか…?私は、星風 雪です…(微笑んで)

  • 龍鬼〉
    ホロウ:そういえばチミ…じゃなくてキミ、名前は?

    雪〉
    睡蓮:おぉ、感心感心、良い心掛けなのサ

  • アユさん>>
    いえ!大丈夫です!

  • 雪〉
    ありがとう....
    (微笑んで相手に近づき)

  • ホロウ〉
    そうか…
    (興味なさそうに)

  • 睡蓮»
    え~っと、魔法の本ですかね…いろいろ…役に立ちたいので…!(苦笑いで)

    美保»
    どうぞ~(手招きをして)

  • 龍鬼〉
    ホロウ:おっと、知り合いの語尾が移った…
    (口元を両手で隠してボソボソと呟く)

    雪〉
    睡蓮:どうもなのサ、そういえばさっき何読んでいたの?
    (相手の隣に座り何を読んでいたのか尋ねる)

  • 雪》
    うちも入れてー
    (笑みを浮かべ

    管理人さん〉
    すいません。了解を貰わず書いてしまいました。

  • 睡蓮»
    あ…!どうぞどうぞ!!(隣をポンッと叩き)

  • ホロウ》
    あぁ・・

  • 龍鬼〉
    ホロウ:ね?そういうことサ

  • ホロウ》
    ま・ぁ俺もあるな・・・
    (納得し

  • 龍鬼〉
    ホロウ:酷くはないよ?誰にでも秘密の一つや二つはあるものだろう?

  • ホロウ》
    ひでぇ奴・・
    (ふん。と言い、

  • 龍鬼
    ホロウ:ダメダメ、ヒミツ秘密!誰にも教えないよ〜
    (人差し指を振ってケラケラと笑う)

  • ホロウ》
    俺も気になるな・・・(面白そうに

  • 管理人さん》
    わかりました。キャラ追加します
    名前 佐久間 美穂(さくまみほ
    性別 女
    性格 茶髪のセミロング赤のメッシュ、赤の瞳
       怒ると手が付けられない、明るいポップな服装
       ナイフとライフルを持っている
    魔法 心を操る

  • 綺羅〉
    ホロウ:それはぁ〜…ヒミツ、だよ
    (顔の前で人差し指を立てて呟く)

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします