◇嵐の家◆3なりきり掲示板

◇嵐の家◆3

  • 此処は嵐の家です。
    …はい。家なので、基本自由に
    何やっても構いませんよ((頷き
    ただ、会話が途中で途切れてしまうので途中から入ってきた方は
    前のスレを読んでから入ってきて
    いただけると有難いです.
    それか、私が軽く説明します.

    ちなみに私は
    二宮なりをさせていただきます.
    基本自由とは言いましたが、
    下記のルールは守ってください.

       •最低限の動作を記入すること。
       (目をこする/頷く/にこ,むす,にや
          etc..分かりやすいのが一番です.
        私個人としては短いものしか出来ません.)


      •ケンカはしない。
     (それが一番ですよね.)

     •他スレの話、だめ、絶対。

    •なり被りも無しということで.
    誰が誰だが分からなくなるので

    •落ちる時は事前申告お願いします.
     レス返も同様です.

    •もしCP(同性愛でも構いません)が出来たら、他のスレで部屋を作ってください.(そこで思う存分いちゃこr...あ、
    やばい系はR18のところでお願いしますね?)

     他、メンバーが増えたら
    随時増やしていけたらな、と思います.
    また、二宮の本体は
    久々のなりになりますので
    至らない点等ありましたら
    お気軽にお声掛けくださいね.

    ◆現在いるメンバー◇

    二宮(主)
    相葉
    大野
    櫻井
    松本
             ◇飼い犬:嵐(♂)まだ子犬
           (犬種はまた考えましょ.)


    全員そろった...!!!
    と、いうことで此処で何か
    企画とかそういうのやりたいかな,
    とか考えていますので. 
    今のところメンバー以外の一般は
    受け付けていませんが、
    そのうち変わる、かも?
    スレの空気次第ですね.

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 【こんにちわ!入っていいですか?】

  • 【   復活願ったり   、( )

  • 【   おし   、 皆 出てきんしゃい  、 (  )

  • 見てくれてたんだ


    ( 己の腕に腕を絡めてきた相手の方へと顔を向けると嬉しそうに へらり とした笑顔を見せながら上記 。 4話目が流れているテレビを見るとちょうど盗聴機が発見されたところで

    「 この続きはねぇ ‥ 」

    なんて言いかけるもまだ途中だということに気がついて慌てて口を塞ぎ


    【  んやんや 、 そんなこと無いよ ッ 。 きこちゃんの方が上手 ッ

  • お疲れ様 -    


    (  相手 ソファ へと腰卸しては 己も相手の隣へと腰卸て 。
      其の言葉に上の様な言葉並べて返しては、
      何処か甘える様に相手の腕に 己腕廻して 。

    「 丁度ね 、 見てたの 。 」

      とテレビで役演じる相手指差 。

    【  いやいや ッ すごい上手 ッ

  • んぁ 、 リーダーいたんだ


    ( 駆け寄ってきた相手の姿に上記の声上げて反応して 。 柔らかい笑みを浮かべると

    「 ただいま 」

    と再度述べて 。 ソファへと歩み進めていくと ぽすり と身体沈めると

    「 あ - ぁ 、 疲れたぁ - 」




    【  いえいえ 、 駄炉留で御免よ

  • おかえり 、 相葉くん 。


    (  部屋の片隅で ウトウト と 寝そうになっていては、相手の声に反応し
       視線相手の方へと向けて居て 。
       珍しく 見付けた相手の姿に 表情パァと明るくさせては
       上記零し乍ら、相手の元へと駆け寄って行き。

    【  有難う  ッ

  • ‥  、


    ( 春先とはいえまだ夜になると冷え込むらしく珍しくコートなんて着て玄関開けて中へと入っていき 。 入ると同時にコートを脱ぐと近くにあるハンガーラックへとコートをかけたハンガーを吊るしてからリビングへと足進め

    「 ただいま 」

    なんて己にしては珍しく小さな声で


    【  勿論よ ッ

  • 【  ん  、 先良いかな ?

  • 【  絡みまひょ ?
       どっちが先に出す ?

  • 【 そうだね っ(

  • 【  久しぶりねん ←

  • 【   わあ っ

  • 【  ちらっ ((

  • 【  ちら  (´・ωl 壁  l

  • 【 誰か居ませんか - ??

  • 【  ふぁい 、 お久し振りでッす
       上げついでに誰か居ませんかね ??

  • 【  お 、 了解 .*
        此方こそ お相手感謝 っ ノシ
       また絡みましょうぜぃ 。

  • 【 あ、  ちょい 越智んね、 逢えてよかったよん 、(( 御相手感謝ッ

  • ふ、 ばぁか 。

    ( 相手の言葉耳に入ってはゆっくりと相手から離れていって。
      ぽつり、と上記呟いては む、と繭寄せ。

    「 俺も 、 最悪 。 」

     何て挑発する様に返す様子拗ねてるらしく。

    【 逆襲は案外簡単に終わる 、 ←

  • …っ   、 

    (( 突然耳元で囁かれ 、びくっとすれば 再び 顔を背け  、相手に聞こえないように ぼそりと

     『  最悪   、』    何て  。


    【  ぐぬぬn←←
      /  うわ 、 智くんからの逆襲が((((

  • にのが、 紅く為っちゃってんじゃん 。

    ( 頬に相手の唇が触れては瞳見開き筒相手見詰め。処が紅く為りながら顔逸らす相手にそう笑ってはテレビの画面には  gameover の文字在って。其の状態に何か思いついたのか悪戯な笑み浮かべては相手の耳元で

    「  にのも、 げ -  むも、 げ  -  むお -   ば -  だね 。 」

    何て意味深に囁いて。

    【 ひっひっひh((( 、
      お - ば - ひ - と ..  しちゃえしちゃe(((  ←

  • …  そんな顔しないで下さいよ  、
     
     (( 相手の顔見つめては 、其のあまりの可愛さに 、己の頬思わず紅く染めて 。
     其の儘 、欲望に従い  相手の頬にそっと 接吻を交わせば 、

     『  取り敢えず 、この辺で  。』

     何て 恥ずかしそうに述べれば 、
     わざと両手で己の顔隠して  。


    【  むむむ っ  ((
       /.  引き出しすぎてニノさんオーバーヒート寸前だからね っ/// ←

  • ぁ 、..  ちょ 、


    ( 其の吐息にでさえ、身体反応させては今それ程敏感になっている様子で。 そっと、瞳開いては 若干潤んだ瞳の儘相手見詰め 、

    「  馬鹿  、 」

     何て述べるも気持ちは入っておらず 、(


    【 ないったら、ない 。 ほんとにない 。
      まじか 、 智くんの良さ引き出せてますk(((  、

  • … さぁ   何しましょ  。

     ((   相手の反応に益々笑みをこぼせば 、 相手の耳にそっと ふぅ 。 と息かけ 、
    再び  、
     『 何しましょ 。 』 何て含み笑いして  。←


    【 何にせよ そんな事 はある っ ((
      いや 、 可愛いよ 智くん っ ほんとあざと可愛い  ←

  • ..  んゎ  、


    (  近くなった其の距離に瞬き幾つか繰り返させては相手の言葉に己なりのプライドなのか何度か頷いて居て。処が、 相手と吐息ぶつかり、 開いてる瞳そっと伏せては
    「 .. な、  何すんの 、?  」  何て ←  

    【 いやいや、  めっちゃない  ッ !!!!
        え  、 そんな事は無い  ←

  • … 言いましたね 、 ?

    (( 何故か挑戦的な相手の詞に 、 満足気に微笑み 。其れならば、と 己の額を相手の額にくっつけ 。

      『 …本当にいいんですね  ?』

     何て  念押しては  また悪戯に微笑んで 。


     【  いやいやいや  大有りですぞ っ ((
       季湖ちゃんの智くん可愛いし っ ←

  • ..  な  ッ  、


    ( 耳元に掛った相手の吐息と其の台詞に瞳ぱ、と開いては其の耳は若干紅く染まって居て。相手の頬へと手伸ばしては そんな相手にむ、と唇尖らせて。
    「 .. 出来るもんなら、やってみろ 。 」
    何て何故かドヤ顔で続け。

    【 いやいや、 無い 。 其れは絶対ない 、(  ←  。

  • …  そんな恥ずかしがらなくても 。

     (( 相手の瞳伏せた姿をじっと見つめれば 、 悪戯に微笑んで 。
     また 、 何か思いついたのか 相手の耳元に そっと顔近付ければ

     『 目開けなきゃ もっと恥ずかしいこと しちゃいますよ ?』

     何て 囁いてみて  。 ←


    【  いやいや 、  季湖ちゃんには
       叶わんよ っ  (((

  • .. び、 吃驚した ぁ 、

    ( 相手の台詞と頬に添えられた相手の手の感触にやっと落ち着いたらしく、肩を落として居て。相手の方へともう一度凭れ直しては瞳そっと伏せ筒、

    「  ほんと、  逢いたかったべ 。 」

    何て恥ずかしいのか瞳は開けないまま。

    【 いえいえん  、 (  大丈夫、 上手いよ ッ

  • う ぁっ 、 ..ちょ 、  

    (( 突然の相手の行動に 、思わずゲームを落としそうになり 。しかし 、如何にか相手の手を静止させれば 、其の潤んだ目見つめ、 相手が己心配してくれた事が嬉しかったのか、

     『 冗談ですよ、 冗談  。
      私が大野さん忘れるわけないじゃないですか 。』    何て述べて 、そっと頭撫でては 照れ笑いしていて 。


    【 有難う 、**. 
       取り敢えずロル上手くなりたい←切実

  • ..  え 、

    ( 相手の一言に己の事本当に忘れて仕舞ったと思ったらしく表情歪めては、何処かぶるぶる、と震えていて ← 。 ゲーム中にも関わらず相手の両肩掴み前後に振っては
    「 俺だよ っ 、 智だよ っ 。 」
    何てかなり本気で叫び筒、其の瞳何処か潤んで居て←

    【 全然、 待ってたわよん 、 ( /  頑張れぃ 、(

  • …    ん、    … ?

    (( 隣に温もり感じ 、もしかして、と思いゲームを一旦ポーズしつつ 隣見つめ。
    其の相手分かればやっぱり 、と安心したのか うんうん、と頷いて 。
     しかし 、わざと相手の反応見たいがため

     『…あれ 、貴方 …誰でしたっけ?』
     何て冗談めいた風に尋ねて 。


    【 暫く来れて無くて 御免よ ((;
      此れから顔出しだけでもせねばっ ←

  • あ .. っ


    ( 最近は自室にて引き籠って居た為久々に相手の姿見付けては表情ぱ、と明るくさせていき。相手の元へと歩み寄って行っては隣へと腰卸て相手に凭れ
    「  に  -  の  、 .. やほ 。 」


    【 ほんと久しぶりだね ッ !!! (

  • …   

    ((  ソファに腰掛けては 、先程から
      ずっとゲームしていて 。
     丁度 、 ゴールをした処なのか 、
     ゲームのBGM聞きながら
      『  よっしゃ 、』   何て1人で小さくガッツポーズして  。


    【  季湖ちゃん 久々 っ ←
       絡んでくだせぇ っ

  • 【  くろちんだ 、(

  • 【  ちらっ  ((

  • 【      誰か居るかな  ?  ((

  • 【    誰も居ないかな   ー  、  ..((((

  • 【 は -  い、 気を付けて っ

  • 【       すませ   、習い事越知   ((

  • .. ッ 、

    ( 相手の言葉に びく、と肩上げてはきょろ、と辺り見回して居て。
      何故か己しか居ないことにまた驚いて居ては視線相手へと再び戻し。

    「 あ、 俺、? 」

     何て呟いて御手はそっと扉開け、起き上がっては歩み寄って行き、

     「 いや、 翔くん居たからさ。 」
     何て意味不明な返し ← 


    【 えんぴつ、 ぐふ ←  、(

  • ..

    (      瞼伏せ己の腕その上へと置いては最寄りの買い物袋へと手伸ばして   。
    其れ暫く漁っていたも腕卸  、瞼持ち上げては袋の中身確認しては
    "     智くん  、何してんの   ?    "
    なんて先程から気づいては居たらしく声掛けるも視線未だ袋にあって   。


    【       いえいえんぴつ   ッ

  • ..  、

    ( 己床で地味に眠って居ては足音にゆっくりと伏せていた瞳開いて。足音の遠ざかって行く方向に相手の部屋見えては寝転がったまま ごろごろ、と転がり筒部屋の前まで来て。特に用はないも、開いた隙間から部屋の様子じ、と見ていて← 。


    【 ありがとう っ 、!!!

  • ..

    (       買い物に行っていたのか袋提げ玄関の扉開けては己の自室へと脚進めて   。
    そこへと脚踏み入れては微かに扉開けたままベッドのほうへと脚進め   そこに寝転がって   。


    【       先出しちゃった   笑  ((

  • 【  んははは っ 、 ← 絡んでくだはい !!

  • 【      い     ♪   ←

  • 【  あ、 ♪  (((

  • 【       誰か居るかな  ?  ((

  • 【    誰か居る   、?  ((((

  • 【      りょうかぁい、 ((   、  遅くまでお相手感謝   、  はぁと。

  • 【      ご目、寝越智   ッ   お相手感謝  ッ

  • ..   、


    (    相手に頬撫でられては何処か擽ったそうに頸竦めて居て。其の儘、正面から相手に抱きついてはそっと瞳伏せて行って。  

    「  ..   酔った翔くんって、 積極的になんだな。   」

    何て相手の顔見詰め筒、納得した様な  ←


    【    ..   もう、  完璧n(((

  • ..

    (         相手の頬へと手伸ばし其れ撫でては   ふふ   、なんて笑って   。
    ふと視線絡まっては己も相手の瞳見詰め
    "    な  -  に  ?   智くん    " 
    なんて   。


    【        え  、え   ?   (     あわわ  。  ←

  • ..   んは、  。

    (   其の儘、相手に寄り掛かっては体重掛ける様子何処か、絡みたかったらしく。其の儘、不意に瞳伏せては、続いた其の詞にぱち、と瞬き繰り返させて。


    「  ..  そっか、  なら良いんだけど。  」

    何て返しては相手の方へ身体向けて
    其の儘、何を言いたいのか唯々見つめて居て。


    【   か、  可愛い   、  (     //

  • ..

    (       小さく息吐いては其れ一気に呑みきって仕舞って   。
    空き缶テーブルへと置いては相手の腰元へと腕廻し  耳にした相手の声に
    "      なんも   無かった   、はず   "
    なんて答えにもならない発言して   。


    【       のんのん   、ひゃっはぁぁぁぁ  a  ((

  • ん、  ..   。

    (    己何処か繭下げながら片手相手の腰へと手廻しつつ、反対の手でそっと相手の頬撫でては如何やら自分は加減せずに飲むも相手の事は心配しているらしく。

    「  ..  翔くん、  何かあった、?  」

    何て不意に問いてみてはそっと、己も麦酒に手伸ばし  、

    【     ありありだぜ   っ   、  ひゃっほおおi((

  • ..

    (        瞼ゆっくりと伏せては   ふふ  、なんて笑い    "    んじゃ   、これ以上呑まないから  これ一本だけ呑ませて   "   なんて   。
    それ未だ口に含んでは相手の首元に顔埋めて   。


    【         全く無いぜ   、れいでぃ  ッ  ←

  • 【   とても、あるぜ、   べいべ、  ←

  • ..     んぉ、  

    (   急に変わった視界と包まれた相手の香りに幾つか瞬き繰り返しては相手の顔へとそっと、視線運び。  其の様子にふ、と口許緩めては  続いた詞に


    「  ..    此れ以上飲むとちゅーすんぞ。」


    何てよく分からない返し、←

  • ..   んぁ   、智くん

    (       相手へと視線持ち上げるなり呂律の回っていない乍も上記述べて   。
    己   、酔っているのもあってか珍しく自分から相手抱きしめて    。   ←
    "      んなこと  、ねえよ   "    なんて答えてみるも説得力なく   。


    【       そりゃあ  、無いぜ  ((  ←

  • ..   しょ ー くん、

    (   己、偶々自室から出てきては相手の姿視界に捉えて。そっと、相手の様子に繭下げた笑浮かべては相手の隣へと腰降ろして。

    「   ..   珍しいね、  んな、飲むなんて。 」

    と。


    【     いあいあいあ、  !   (((   、  上手いっ

  • ..

    (        リビングにて  己  、あまり酒に強くないにも関わらずもう3缶ほど開けていては  歯止めが聞かなくなってしまったのか4缶目呑んでいて   。


    【       わっはっは  -   ←
               うわ   -   ん   、やっぱ上手く出せなかった  ((    ごめんよ  -  ッ

  • 【   んふふっふふ、  ((  ←    、  先いいかi

  • 【       わしも愛してるぅぅぅぅぅ   ←

  • 【   うわあああああああっっんっっ、
           愛してるよおおおおおお っ  ←

  • 【        きこちゃ  -  ぁぁぁぁぁぁぁん  ッ  ←

  • 【    ぁ、  逢いたかったぁぁぁ  っっ  、←

  • 【        今なら  ((

  • 【   ..  (  誰か居るかな 、?

  • 【 遅くなりました …
      先 、 お願いしても ?

  • 【       あら   、絡みましょ -  ッ
               大丈夫よ  -  ん  ♪  ((

  • 【 居たりするのよねん ←
      ただ 、 ベイスト聞きながらだから  ロルが雑かも ……

  • 【        誰か居ますか  -  ?  ((

  • 【  あぁぁ …闇落ち御免なさいっ ((;

  • 【 りょーかい

  • 【    ..   御免、  勉強おち、  ←

  • ん - …

    ( 片手で嵐撫でながら  悩みだして 。 ふと近くにトランプの束があることに気がついては 、 

    「トランプ 、 する ?」

  • ..   決めてよ、  相葉ちゃん。

    (   む、と唇尖らせ筒上記返しては相手の頬むに、と摘まんで。処が、相手の嵐呼ぶ声に瞳一瞬見開いては再び炬燵の中に潜って行って。

  • 何して遊ぶ ?

    ( 相手からかけられた言葉に微笑み浮かべながら上記尋ねて 。 近くに嵐も居たのか

    「嵐 、 おいで」

    と手招きしており


    【 …  ありがと ( 撫で受け / 照れ

  • 【    ..    、   (   撫で

  • ..   ふふ、  

    (    其の儘、篭った笑み零しては己頭相手の膝に乗せた儘で居て。如何やら、其の場所落ち着くらしく瞼そっと開けては

    「  ..    あーばちゃん、 遊ぼ  。 」

    何て

  • ナイショって …

    ( 相手の言葉にプクリと頬を膨らませながら 。 膝に乗った頭 、 いきなりのことだったのか少し驚いたようにピクリとさせて 。


    【 … イタイ … 、( 頭さすり 、

  • ...    っ  、

    (    行成入ってきた相手の脚に瞳見開いてはかなり、吃驚した様子で。其の儘、光差し込まれ出てきた相手の顔に何処か安心した様な表情浮かべては相手の膝に向けて進み、そっと、膝に頭乗せ。

    「  ..  んふ、  内緒。  」

    何て返しては瞳伏せ。


    【   ..    、  (     ぺし  っ、←

  • …  、

    ( 相手が居るとは思わず  炬燵の中に足入れて 。 何かに当たった感触があり  恐る恐るといった感じで中を覗き込み

    「んれ 、 リーダーなにやってんの ?」

    と相手の姿をみつけると頸傾げながらたずね


    【 …  、( スルリ 、 ←

  • ..        、

    (    炬燵に頭迄全て入っていては中で火の付いた処見つめ続ける何て子供の様な行動していて。唯々、見詰め続けていては時間だけが過ぎて行って。


    【    ..   ふへへへへっ  、  (   むぎゅ、

  • 【 …  、 ( ジタバタ

      先お願いしてい ? ←

  • 【    ..    ふへへへ、  (   ぎゅ、

  • 【 … ( 逃げ  ←

  • 【     ..   ふへへへ   、 ((    ←    、

  • 【 ちら っ

  • 【    ..      ちーらん、  ((    ←

  • 【 久し振りに浮上 、!!

  • 【  顔出し 。

  • 【    はぁい、  御休みなせぇ  、!

  • 【        ごめんね  -    、寝越智です   ッ
                お相手  感謝感激雨嵐   なり   **

  • ..    、

    (   此方からも強く手握り返しては其の儘、絡まった指同士に己嬉しそうで居て。処が、続いた相手の詞に口ぽかん、と開いては頸ぶんぶん、と振って


    「  どどど何処が  っ  、  」


    何て。

  • ..

    (      相手の言葉に少し唇尖らせてみるも   はは   、なんて笑み洩らし重なった己の手   相手のと合わせるようにしては指絡めて   。

    "       智くん   、そんなこと言うけど   智くんのがいけてっからね    "    と   。


    【        え    、ありが  t  ((

  • んふ、  かーわい。

    (   否定し乍も頬に、手置く相手見詰めてはふわり、と柔らかい表情浮かべ、そっと相手の手に己の手重ねて。

    笑う相手に、己まで声に出して笑っては
    「  ..  いいねー、翔くんいけめんで。」

    なんて。


    【   可愛いな、  このやろ、←

  • 照れてねえし

    (        相手の言葉否定するも  己其れ確認するかのように己のほうへと手置いて  。

    相手の言葉に    はは   、と笑み浮かべては     "    そんなことないっしょ   "     なんて笑って    。


    【       へへ    /   ←

前回のスレに戻る

投稿できる人

誰でも投稿できます。

人物なりきり [ロック]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします