>  一期一会なりきり掲示板

>  一期一会

  • ((  るーる  ))

    しぇあはうす設定

    ジャニーズさんのみで

    恋愛御自由に

    ロル必須

    也経験者優遇

    1人一役厳守


    ((  一覧  ))

    嵐  櫻井翔 * 主
       二宮和也
       相葉雅紀

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • ...  、 え


    (  不意に聴こえた後ろからの声に 一瞬肩揺らしては ゆっくりと振り返り 。  其処に立つ 見慣れた 姿に 安心したように口元緩め 。

    相手の 言葉に くすくす 、 と笑えば 


    「  たいして 頑張ってない  」


    なんて述べては とん 、 と己の隣叩く姿は 隣に来いと 言うようで  。


    【  うっふふふ  ()

  • ー   ..       、

    (    部屋で爆睡していては 、 不意に目覚まし 。水でも飲もうと リビング へ 出れば 相手の影見付けて 。 相手の零した その言葉耳に入れては、 一瞬心配そうな表情浮かべた後 、 直ぐに口角 きゅ、 と 上げて

    「    ..    そんなに  、 頑張んなくても 良いと思うけどな ー   」  

    なんて 、 遠目に 声掛けて 。


    【    わあ     わあ   (

  • ....  、

    (  部屋のソファーにて 小さく躰丸めていては ついているテレビ意味もなく見詰め 。

    ぼう 、 とした瞳はテレビではなく 何処か遠くを見詰めてそうで 。


    「  がんばら 、 ないと  」


    何てうわごとのように口動かしており 。


    【   おいておくぜ っ  ☆☆☆ ←

  • 【          ()

  • 【    ちらり    、 ()    】

  • 【       ..   (

  • 【      うわあああ  んん   、  誰か  (

  • 【 誰か 、 かまちょ () 】

  • 【     過疎やなァ     …      (   遠い目   )

            ふう     。    誰かおりますかな     】

  • 【  いまなら  っ

  • 【   んは  、  お久しぶりでございますぅ  (((
        いますかァァ  (   】

  • 【  いますか  っ   (

  • 【  /  のあ 、今なら !
          もう 、居ないですかね .. ( )

  • 【  浮上   、  ()  ..  一旦 ロル 蹴ります 、 ←


  • お ー のさん  >


    貴方 ほんとに子供になったの  ?


    (  何て述べては けらけら 、 と笑い ゆっくり立ち上がれば 。


    「  じゃあ  どこかいこ  」


    何て述べては 相手の服の袖 少し緩く掴んでひき  。


    【   うぅ  さすが さきち  ...   ((


  • しょ ー ちゃん  >


    え  、  ..   


    (   相手のひとことに 再度瞳丸く姿は 可笑しく む 、 と拗ねたように表情浮かべるも ふ 、 と可笑しそうに眉下げ口許緩めては  。


    「  それもそれで  悪趣味   」


    何て笑うも 窓の外に不意に視線遣り じ  、  とみつめては


    「  夜なのに明るいね  」


    何てどうでもいいようなこと


    【   ...  お茶代だけ頂こうかな  ( にこ  ←

  • 翔くん  >


    ふわふわ ?

    (  こてん 、と首傾げ 上記尋ね返してみるも
       ふふ 、なんて 笑い

       「  翔くん 、変なの  」

       なんて 。
       己の軽くなっていく 肩と 同時に 耳にする 相手の声に
       瞼 持ち上げぬまま くす 、と 笑い

       「  今日は 翔くん ご機嫌だね  」

       なんて 。



    【  /  わたすも 浮上したと 思えば すぐ 越智る かもです っ ( )

  • にの  >


    ..

    (  相手の 其の表情に 吊られるように 己も ふわり 、笑み溢せば
       頬杖なんて付き 相手 ただ 眺めていて 。
       次に 述べられた 其の言葉に 

       「  ね 、遊ぼ  」

       なんて 将に 子供のようなこと 述べはじめて 。



    【  /  へへ 、だろだろぅ ( )

  • 智くん     >


    ん     。

    なんか何時もよりふわふわしてる     。


    (     彼自然と放つ柔らかい空気に
          己包まれては頬弛ませ何やら嬉し気で

          肩揉み解し筒彼顔横から
          己   ひょこ   と顔出し上記ぽそり     。


          「     あー     …     凝ってますね
                   お客さん     。     」


          なんて巫山戯た様子変わらず     。


    【     つってもなあ     …
             おいら浮上率悪いからなあ     ( )     】

  • 相葉くん      >


    …     なんか      、

    付き合いたてのバカップルみてえで

    照れるわ     。


    (     満更でも無さそうな笑み浮かべ
          自然と絡まる視線からそっと逸らし
          ほんのりと紅い頬手の甲で摩り     、

          小声でぼそりと何やら嘆く
          彼     、    小首捻り見詰め     
          瞼に感じる其の指の感覚に
          眉ぴくりと動いて     。


          「     ちょ     、    チャラいって     …
                   そりゃねえだろ     。     」


          彼の詞思わず鵜呑みにして仕舞えば
          瞳丸くし反論して     、


    【     ふっはっは     、
             弟はそうでなきゃなあ     (     にまあ     ←     】

  • にの     >


    …     んは     、    ッ     はは     。


    (     柔く吹き出し肩大袈裟に揺らしては
          腹抱えて     。     (


          「     嘘だよ     。
                   俺の仕事用携帯に送っただけ     。     」


          なんて口角釣り上げては
          彼の頭   わしわし   と乱して     。


    【     あんら     、   お嬢さん
             可愛いねえ     。
             おいらとお茶でもどう     ?      (((      】



  • お ー のさん  >


    ど ー も  、


    (  何て漏らしては んふ 、 と笑う姿 何とも嬉しそうで  。


    しかし次に魅せられた相手の表情に けら 、 と笑い溢し出しては


    「  子供かよ   」


    何て返しては 相手と視線絡ませ 。


    【   ...  それは せいろんだけども  っ  ((

  • にの  >


    .. ごちそうさま

    (  遂に完食すれば ふふ 、なんて 満足げに笑い
       上記のように述べて 。
       相手の 言葉に 小さく笑い

       「  悪くねぇもん  」

       なんて小さく あっかんべぇ なんて していて 。



    【  /  え 、私 嘘 つきません ←



  • お ー のさん  >


    んふ  、  


    (  何て 相手の其の笑み 己は安心するのか
    ひとつ 息吐いて同じように思わず頬緩めて  。


    しかし 相手の其の 悪戯な言葉に 一瞬 不安そうな表情魅せるが 止まらぬ手に くす 、 と笑えば


    「  性格わるい 、  相変わらずあんた  」


    何てそんな相手 再度頬杖立てつつ 見詰めて  。


    【   う  、  うそでしょ  ...  ((((

  • にの  >


    ん 、そっか

    (  未だ 小さく首 傾げ筒も 上記のように返しては
       己 特有の ふわり 、とした笑顔 魅せて 。
       其の 自慢げな言葉 耳にすれば 悪戯に口角上げ

       「  ん ― 、10点だな  」

       なんて悪戯な言葉 投げるも 己 おいしいのか 食べる手止めず 。

  • 相葉ちゃん  >


    .. 

    (  ふと 耳にした 己の名に 小さく笑みだけ浮かべれば
       ソファ の上で胡坐なんて組んでいて 。
       次の 相手らしい 言葉に 何処か嬉しそうに笑み浮かべては

       「  じゃあ 、お願いしようかな  」

       なんて 。



    【  /  ありがとです っ



  • お ー のさん  >


    んーん  、  いいの


    (  何て相手の疑問打ち消すように述べては くす 、 と笑い ぺろ 、 と 紅い舌出してみて 。


    己の唇に運ばれてきたそれ ぱくり 、 と食べては


    「  んん 、  上手くない ?  おれ   」


    何て 自身で得意気になり  ()

  • にの    >


    ..     

    (        相手の言葉に  小さく首  傾げては
            ゆっくり  と  瞳  瞬かせ

             「     なんだ  、それ   」

             なんて述べて  。
             次の声に  ふ  、と笑い

             「    あ ー ん   」

            なんて  述べ  相手の口へと  運んで  。



    【      /      ..    かわゆい  ( )

  • 翔くん    >


    え   、そうかな  ?

    (       相手の言葉に  小さく笑い  
            首傾げて 魅せるも  
            次の言葉に  笑み浮かべて  。
            ふふ  、なんて  笑い  
            瞼  ゆっくり  、と伏せては  

            「    ん  、お願いしまぁす   」

             なんて   。



    【     /      こちらこそ  ( )

  • あいばさん  >


    ...  んっだよ  、 


    (  なんて表情緩める相手に けら 、 と笑筒返すも 瞳合わせて
    笑み魅せて 。


    しかし 不意に耳許へ届いた 其の言葉と 吐息に ん ッ  、 と
    甘い息一瞬漏らすも 相手の手離れて行くなり 黒目揺らしていては


    「  なんか 、 今日むかつく あいば  」


    なんて きつい言葉己守るためなのか  (

  • にの      、    >


    ...  へへ  、


    (  其 んな様子 やはり気が付いていては 、
      表情 そっと 緩ませていって 。

      耳に反応示す 相手に 一瞬驚いた様な表情浮かべては
      くい、と 口角上げて 、
      相手の耳元にそっと唇近付けては 、

    「   耳  、    弱いんだ    、にのちゃん   」

      何て 囁く様に続けて 。

      手首掴まれては ふは 、と 吹き出す様に笑


    「  もー  素直じゃないな -  、 わかったよ 、  」


      と 相手の耳元から離れ  。


    【    吃驚だ   、   こんなに 有名に  ..    ()

  • 翔  ちゃん   、      >


    じゃあじゃあ   、  !

          相葉雅紀   、  一生 翔ちゃんを お守りします !(


    (     相手のノリに愉しそうに表情輝かせては 、
          敬礼のポーズ取り乍 上の様な言葉並べて  。
       処が 其の言葉 少し恥ずかしくなったのか 、
       隠す様に ひたすら 笑み零して居て 。

          相手の瞼持ち上がっては 、
          そっと片方の手の指先、相手の瞼に運び 、
       ( 翔ちゃん ちゅー する時 そんな顔すんだね  )
          なんて小声で述べ筒口角上げ 。


         「     んひゃひゃ  、 もう 乙女の気持ちだよ !
                      嘘付け え 、 翔ちゃん チャラいじゃんか 。     」

          なんて此方も冗談気に返しては
       体の向き相手へと何時の間にか向いて居て     。


    【     そ  、  そんな  ッ   、
       兄貴には何時も  丁寧っす  ()

  • しょ ー ちゃん   >


    あ  ....  、


    (  なんて 相手の其の満足気な笑と 完了された 其の画面に
    血の気引いたように あんぐりと 情けない表情魅せて  。


    じろ 、 と 相手瞳細めて 見詰めると


    「  ふうん  、  そおやって 人の嫌がることするのね 貴方は  」


    なんて  ((


    【   めめ 、  めざめたかい  っ  ?  ((

  • あいばさん  >


    ...  はいはい  、


    (  なんて冷たい言葉であしらうも 其の表情は子供のように
    楽しそうなものであって  。


    しかし 次に続いた其の言葉に いや 、 と否定しようとするも
    耳元への其の感覚に ぴく 、 と肩揺らしてはせっかく引いてた
    頬の紅み微かに 戻ってきては 相手の細い手首弱く掴んでは
    相手説得力なく睨み


    「  は 、 はなせよ  ...  っ  」


    なんて  。


    【   ふふふふふ  ...  (  にや ←

  • 相葉くん     >


    ふ     、    櫻井翔

    相葉くんに着いていきます     !     つって      。


    (     悪巫山戯を愉しむ様彼のノリに
          己も合わせれば口角釣り上げて     、

          強まる手の力感じ取り筒
          痛い位の視線に瞼持ち上げ
          彼と視線交わせば此方も見詰め返して     。


         「     俺も     、    って
                  俺まだ誰も喰ってねえよ     。     」

          なんて此方も冗談気に返して     。


    【     成る程     、    少々適当な感じ
             がしないか弟よ     。    (((     】

  • にの     >


    んは     。

    変態でも悪趣味でもねーよ     。


    (     彼の口から出る己への不満に
          思わず   ふは   なんて吹き出して

          同時に愉快な機械音響いては


          「     送信完了     。    」


          と他メンバーへ当てたメール内容見せて
          気味が悪い程の笑み口許浮かばせて居り     ((


    【     はっ     、    此処はドコ
             オイラは誰     。    (((((      】

  • にの       、    >


    …   ふは  、  御免ちょ 御免ちょ   、 !


    (    肩突かれては くく 、と篭った笑み零し乍
       両手顔の前で合わせて謝るポーズ取り、
       瞳 伏せながら上記述べて 。

      心地良さそうにする相手に手其の儘で居ては
      続いて 反論してきた相手に表情緩めては 、


    「   ..   いやいや  、  真っ赤ですよ  、 お耳 」


      何て相手の耳朶 指先でむに、と摘まんで 。


    【     あ、  あの歌は ..   
            お、 俺の ..   代表曲  ←

  • あいばさん  >


    …  訳わかんねえこと 言うなや  、


    (    相手の其の返答に 己も思わずそう返しては
    自分でわからなくなってるじゃない   、 何て
    相手の肩 軽く突き  。

    相手の手の温もりに 瞳閉じているも
    次の相手の言葉に 余裕そうに相手の方へ
    視線向けては


    「   はぁ   ?  照れてなんかないっす  」


    何て呆れたように返してみるも 其の耳は
    未だ紅いままで   、


    【   貴女ならわかってくれるとおもったわぁあ  っ   ()  】

  • 翔 ちゃん      、   >


      んは  、  俺もまだ生きたい  !

      相葉雅紀   簡単には 召されません  、


    (     己 相手の言葉に続く様に上記述べては
          相手の表情しっかり読み取ってる為か 、
          繋ぐ 手の力 若干強めて 。

          続いた其の詞、かなり嬉しかったのか、
       其の表情明らかニヤついて居ては、

          
          「    何其れ  、  きゅんきゅん しちゃうわ !
               はあ  、  俺も 何時かは 翔ちゃんに喰われんのか、     」


          なんて冗談混じりに其う述べて 。
          
          相手 瞳伏せては 、 意味も無く 、
       其の顔 只々 見詰めて居て  。


    【    悩んだ結果 こうなりました、  兄貴  ()

  • りーだー      、    >


    ..    これはこれは 、  我らが リーダー じゃん   、


    (     相手の声聞こえた為、自室から頭だけ覗かせては
       其処 に見えた相手の姿に 明るい音色で上記述べ 。

          腰掛けた相手に歩み寄る訳でも無く其処から
       暫く 相手の動作見守って居ようと考えるも、
         
    「  おかえり  、 お疲れ様です 、 肩揉みましょうか ! #  」

       何て やはり出来なかった様子で
       相手の元へ歩み寄って行き 。


    【    絡ませて頂きむぁす  !

  • にの     、  >


    ..   何 って 人間の証拠でしょうが  !(


    (   相手の言葉に其う 反論しては
        自分でも良くわからなくなってる為
           言い終わった後に繭寄せ筒 若干頸傾げて 。

           可愛い反応示す相手に満足気な表情浮かべ筒
         相手の頭にぽん、と其の儘手置いて居て。


        これまた 可愛い反応に己の頬も思わず緩んで居ては


    「  ...   ばか じゃねーもん  、 照れ屋さん 」


          何て続けて 。

    【   そ      、     その歌は    、!  (   )

  • しょ ー ちゃん >


    へんたい  っ  消してよばか  っ  


    (  何て悪戯な相手に む 、 と眉寄せ 相変わらずな言葉放つも
    身長のせいか届かない と 判断しては 拗ねたように早々諦める姿も
    己らしく  。


    再度 ソファー に 腰下ろしては 


    「  ほんと貴方 、  悪趣味  」


    なんてつぶやいては 呆れたように ふ 、 と口許緩ませて  。


    【   いやだよおおおおおお   っ  ( 号泣  ←

  • にの     >


    やーだ     。


    (     己の掌から奪おうと為る彼に
          悪戯しようと背伸びしては
          更に届かなくさせ    。

          くく     と咽柔く鳴らし筒
          そんな彼の様子唯面白可笑しく
          眺めてて     。


    【     寿命ももうそろじゃ     …     (     】

  • ん  ?


    ...   って はあ っ  ?


    (  不意に見せられた其に 黒目大きくしては かあ 、 と 紅くなってゆき  。


    「  ちょっと  、 け けしてよ  っ  」


    なんて相手から携帯奪おうと  必死で腕伸ばしては  。


    【   そそそそそそんな   ..  ()

  • お ー のさん  >


    はいはい  、


    (   何て述べては くく 、 と 笑い溢しては 可笑しそうな表情相手と同じで  。


    しかし相手らしい其の食べ方に 思わずくは 、 と笑って仕舞えば


    「  んーん  、 あなたらしいな って  」


    と可笑しそうに笑えば 


    「   んね  、  ひとくち   」


    何て述べては ちゃっかりと 口開けて  (


    【   ...  ぐへへへぇ  (((((

  • 智くん     >


    …     大分お疲れのご様子で     。


    (     彼の様子に上記ぽそりと溢し
          ぐい     と彼の腕引いては
          ソファに座らせて     。


          「     マッサージ櫻井入りまあす     。     」


          なんて巫山戯た様子で
          肩柔く揉み解して     。


    【      不束者ですがどうぞよろしく     ((     】

  • にの     >


    あー     そうだ     。


    (     彼の笑み見る成り頬弛ませ
          名呼ばれてはふと力緩め
          徐に携帯取り出し寝ている間に撮った
          写真彼に見せては


          「     見ろよこの天使     。     」


          でれでれ     とだらしない笑み浮かべ
          


    【     よぼよぼじゃよ     …      ((((     】

  • にの    >


    拗ねてねぇし  

    (        相手の言葉に  ムキになったように上記 述べるも  己  少し  笑っていて   。
             それ  、何も言うことなく  食べ進めていては
             不意に  感じた視線に  視線向けては  鈍感な己

             「    ん  ?     」
       
             なんて   。



    【       /       照れろい  っ

  • 翔くん     >


    ..   ただいま

    (       相手の言葉に  小さく笑って魅せては  
             相手のほうへと 視線向け 
            上記述べて  。
            再び  大きな欠伸  洩らすも
            相手の問に  小さく眉下げ
            へへ  、なんて笑うだけで  。



    【        /       こちらこそ  、よろしくです  っ

  • お ー のさん  >


    んふ  、  すねんなや


    (   何て 相手の様子に けらけら 、  と可笑しそうに笑えば 。


    相手らしい零れた言葉に んふ 、 と笑えば 


    「  どうぞ  」


    何て漏らし じ 、  と相手見詰めて


    【   やだてれちまう  (((

  • にの    >


    ..    

    (     相手の行動に  拗ねたように  ふい  、と顔逸らして  。
          そこに腰掛けては  其の際も   おいしょ  、なんて
          声洩らしては   小さく手を合わせ

          「   いただきます   」

           なんて述べ  それ  口に含んで  。



    【       /      んぇ 、そんなわけ  …  ←

  • しょ ー ちゃん  >


    ふは  、  やだ なした俺


    (   何て相手の言葉に んふ  、  と笑って仕舞えば 手口許に寄せ 肩震わせ笑うも 恥ずかしかったのか 耳元は 紅く染まっており  。


    不意に近付いた顔に 一瞬胸高鳴るも こく 、 と其の問いに 頷いては


    「  しょ ー ちゃんの 力かな  ?  」


    何て 子供のように笑うも 抱き締める力こもる相手に瞳丸くすると


    「   ..  しょ ー ちゃん  ?  」


    なんて


    【   エエェ  (((
    ふふふ  ....    (((((

  • にの     >


    おはよ     。

    寝言がはんばーぐって     、

    …     お前どんな夢見てたの     。


    (     彼起きる寸前に洩れた寝言
          思わず突っ込み入れては
          けたけた     と笑って     。    ((

          
          「     好く寝れたか     ?     」


          なんて顔覗き込み問うては
          尚も離れ様としない彼やんわりと
          抱き締めて遣り     。


    【     年寄りだからねえ    …    (     受     ←     】

  • 智くん     >


    あ     、    やっぱり智くん     。

    おかえり     。


    (     ソファに横成り瞳伏せて居るも
          聞き慣れた声色と足音に
          顔扉へと向けて     。

          扉開き瞳に映る彼の姿に
          顔綻ばせ嘸かし嬉し気で居れば
          上体起こし彼へと近付き上記ぽそり     。


          「     遅かったね     ?     」


          なんて眉下げては問い     。


    【     よろしくなのですーん    ♪     】

  • 相葉くん     >


    大事なメンバーなんだから     、

    そんな簡単に死なれちゃ困る     。


    (     彼の詞に眉下げ筒も柔らかく微笑し
          頬に添えた己の手の甲に
          彼の掌重なれば尚嬉しそうで     。

          
          「    好いじゃん     。
                 逆に俺相葉くんじゃねえと
                 出来ねえよこんなこと     。     」


          なんて目尻垂らし     くく     と
          咽鳴らせば     、
          己の手通して伝わる彼の体温が
          心地好いのか瞳伏せて    。


    【     なんでそうなるねん    (     】

  • しょ ー ちゃん  >


    ...  ん ー  、


    (  相手がそんなこと思っていることなんて 気づくはずもなく
    ぎゅ 、 と更に 相手に躰寄せてゆくと


    「  はんば  、  ぐ  」


    何て寝言もらし  ()


    しかし不意に 重たそうに瞳上げると  


    「  あれ  、  俺ほんとにねてた  ?  」


    何て述べては 自分でへらへら とわらっているも 相手から
    離れようとはせず 。


    【   つかれてるのよ  (  撫 ←

  • にの     >


    …     ふうん     。

    そういうこと     。


    (     彼呼吸する度に揺れる服の隙間から
          見え隠れする紅い其の華に
          何かを察知した様な表情で眺めては
          複雑そうで     。

          柔らかく彼の髪撫でる己の姿
          父の様な兄の様なそんな雰囲気醸し出し     。


    【     睡魔がすんごい最近     あかん     ←     】

  • お ー のさん  >


    え ?  なにがです  ?


    (  何て 相手の其の言葉に 聞こえなかったように 笑いながら返す
    姿 何とも小憎らしく 。


    渋々ながらもやってきた 相手に ふ 、 と得意げに笑えば
    ほら 座れ我が儘爺さん  、 何て零しては 己も食卓の椅子に座り 。


    「  にのみやの 愛たっぷり 特製 シチュー っす  」


    と笑顔で述べる姿は 何処か楽しそうで 机に頬杖ついては  。


    【  ふふ  、  げんかくさ  ...  ( え 。 ←

  • にの  >


    .. うっせぇ

    (  相手の言葉に そんな言葉 返しては ふふ 、なんて
       可笑しげに笑っていて 。
       次に呼びかけられた己 小さく 眉寄せては

       「  えぇ 、めんどっちいの  」

        なんて 述べ乍も 瞼 持ち上げ 立ち上がり
       そちらのほうへと 脚 進めて 。



    【  /  お優しいですわね ( )

  • お ー のさん  >


    我が儘じいさんかよ  、


    (  何て くく 、 と喉鳴らし 笑っては 再度 鍋と躰向き合わせ 。


    しかしなんやかんやで 其れを 皿に盛り付けてやれば 


    「   ほら  、  こっちきて   」


    と述べると 近くの食卓に置いては 手招き し  。


    【  はあい  っ  !!

  • にの  >


    .. ただいま

    (  不意に耳にした声に 再び上記のように 答えては 、瞼ゆっくりと伏せ筒 
       其の香りに 頬 緩めて 。
       瞳 開けることもなければ 一度も 相手と視線交わすこともないも

       「  ねぇ 、にの お腹空いた  」

       なんて 。



    【  /  ありがとです !

  • お ー の さん  >


    ...   んあ  、 


    (  珍しく 台所に立っており 何やら作っていては 空間には
    シチュー のような 匂い漂っており  。


    そんなとき 相手帰ってきては 其の相手の特有の柔らかな声に
    思わず声漏らし 頬緩めては 煮込む手を止め 振り返っては


    「  お ー の さん 、 おかえり  」


    と小さく笑って  。


    【   りょーかいよ  **

  • ..

    (        玄関の扉を開ける 也 大きな欠伸 洩らし筒も

           「    ただいまぁ   」

             なんて何処か間延びした声で  。
             そのまま リビング のほうへと 
             脚 進め ソファ へと腰掛けて  。



    【     /     出してみました 。
                   あ 、昨日と名前  変わってるけど  本人です  ( )

  • しょ ー くん  >

    【         /         ありがとです  っ

  • あいばさん  >


    ...   くふ  ッ ..  なにそれ  、


    (   相手の其のツッコミに 思わず笑い溢しては 口許に手の甲添え 肩震わし 暫く笑っていて  。

    しかし不意に 己の頭部に 優しい感覚 覚えては 猫のように瞳細める姿 何とも気持ち良さそうで  其の後溢された其の言葉に 思わず耳紅く染め 恥ずかしそうに瞳伏せ 拗ねるような表情 何とも不器用で


    「  ...   ばか  、  」


    何て漏らすことしか出来なければ ふい 、 と顔背けて  。


    【   らん  らんらららんらんらん  ♪♪  (((

  • にの    、   >


       人間だわ   ッ  、  ほら、 二足歩行  !()


    (  最初の詞 くく 、と咽喉鳴らす様に笑乍聞いてては
         最後に添えられた其の言葉に瞳ぱ、と見開き、
       上記の様な 全く 意味の解らないツッコミをして。

       其の儘 、 自身の肩に乗った僅かな重み
       相手の頭部だと感じては相手に近いほうの手で
       其の髪の毛 くしゃあ、と撫でてみて 。
       其の表情 己もまんざら無いようで 。


    「  やっぱ 、 何処の国よりも何処の動物園よりも 、
        家が一番 落ち着くし 愉しいや 、  俺 。  」


       何てぽつり、と零しては瞳細めた笑み浮かべて居 。


    【    ふふふん  ♪  (  )

  • 翔 ちゃん   、   >


    …  うん  、 象と !
      相葉雅紀  、  生きて居ります  、 ひひ  ッ


    (   相手の自問自答の様子面白そうに見て居ては
        ふ 、と 柔らかい笑み零し筒 、
        相手に寄り添う躰は変わらずに居て 。
        

        相手の可愛らしい笑みに 繭 下げ筒 、
        其の続いた詞に小さな頷き示しては 、


        「  男二人でむさっくるしいな 、 はは 、
           まあ、 翔ちゃんの横 、俺が好きなんだけどね  」


        なんて呟きながら、相手の頬から手離し、
        自身の頬にある相手の手の甲にそっと己の其れ重ね 。
        指先絡ませていっては そっと 下に落として 。


    【     可愛いの極みですな   ..    ()

  • しょ ー ちゃん >


    ん 、 ...


    (  不意に遠くの意識で 髪にやさしい感覚感じると 表情柔らかくなり 。


    そんな相手の行動 気づくはずもなく 唯眠る姿 唯の子供のようであるも

    先程相手によって刻まれた紅い華 白い肌に映えており 大きめの洋服から覗く鎖骨には 同じような幾つもの華見え隠れしてるようにもみえ 。


    【  嬉しくて はっきょう ()

  • にの     >


    寝るの早えな     。

    …     おやすみ     。


    (     聞こえる寝息に頬弛ませ
          上記呟く成り彼の髪先へと唇寄せ
          そっと口付けては髪梳く様に撫でて     。

          再び包み込む様に優しく抱き締めては
          徐に携帯取り出し     、
          幼さ残る彼の寝顔無音で写真撮れば

     
          「     待受にしてメンバーに自慢しよ     。    」


          なんて満足気で     。


    【     時間合ったやった嬉しい    っ    !!!     】

  • しょ ー ちゃん >


    ...  んふ 、 そうね 


    (  何て相手の言葉に けら 、 と可笑しそうに笑えば 更に温もり確かめるためか 相手の胸に 己の頬擦り寄せて  。


    相手の言葉聞いては ふ 、 と安心したかのように頬緩ませて 其の数秒後規則正しい寝息たてる其の表情は 何処か未だ幼さ残っており 。


    【  よゆ ー  っ  ((

  • にの     >


    俺は俺     。

    …     にのはにの     。


    (     なんて彼の詞反復し筒
          背中摩って遣り     。


          「     …     眠いなら寝ろよ     ?     」


          其の声色から察しては
          横目で彼見筒ぽそりと囁き     。


    【     遅かったかな     、    いるかな     (     そわそわ     ←     】

  • 智くん     >


    【     どうぞでござるう  っ     (     ぱああ     】

  • しょうちゃん  >


    やっぱり しょ ー ちゃんは しょ ー ちゃんだ  、


    (  何て優しく己を抱きしめる相手にそう述べる姿は 一見可愛らしさ
    あるも 何処か相手を 故意に追い詰めるように聞こえ  。


    しかし其れも 真意なのか分からずいれば 相手の胸に顔埋めて


    「  あったか 、  ...  」


    と述べる声は猫のように 眠たそうで 。


    【   そんなことない っ  いまならいるぞおおお  (

  • 【         /       参加 希望 であります っ

  • 相変わらず うるせえなあ  、


    (  何て そんなテンションの相手に 半笑い気味に述べるも まんざらでもなさそうで 寧ろ 何処か嬉しそうで 。

    しかし其れを余り表に出さないでいるも 隣にきた相手に 少し体重掛け 相手の肩にちゃっかりと 己の頭部 のせる姿は どうやら相手といることが嬉しいように見え 。


    「  なに 、 貴方も猿に なっちゃったの  ?  」


    何て相変わらずに返し 肩から相手を見上げる表情は 小悪魔のようで 。


    【  何をおっしゃるかあ  っ  (

  • 相葉くん   >


    …  ええ  、 象と  ?

    え  、 相葉くん無事だったの  ?


    …  あ  、 無事だから今此処に居るのか  。


    (   彼の口から出る詞に驚き隠せないで居れば
        何やらぶつぶつと独り自問自答して  。

        頬に伝わる掌からの体温に口許は弛んだ侭で
        にこにこと幼気な笑み口許浮かばせては


        「  あったけ  。  」


        なんて不意にぽつりと零して  。


    【   可愛くないよう  ((   】

  • 翔    ちゃん     、    >


    んは      、    照れるのね  、
        でも   逢いたかったよ ー う       、  

    (     再び  相手と視線の高さ合っては 、
         嬉しそうに 瞳細め乍 上記述べて 。
          其れから 、 感じる 相手の匂いに
        肩   ほ、と落としては、
         もっと 感じる様に相手に寄りかかって。

         続いた言葉に  うーん  、 と
         少し  悩んだ後  、視線合わせては
          頬に感じる感覚に口許緩めつつ、
         こちらも 相手の頬に両手 添えて 。

    「    アフリカ   で  象 と 戦ってきた  ー     」

        なんて しれ、と  (  )
         

    【          でれでれ    とか  可愛い(     )

  • 相葉くん     >


    何だよそれ     、    照れるだろ     。


    (     引かれるが侭ソファへと再度腰降ろし
          彼の口から出る其の詞達に
          口許弛ませて柔らかい笑み浮かべ     。

          
          「     さて     、    相葉くん     。
                   今回は何処迄ロケ行ったの     ?     」


          なんて己の瞳に映る久々の彼に
          内心嬉しく思い其れが表情に
          表れて居れば何と無く手彼の頬へ
          伸ばし    ぺちぺち    と柔く叩き筒
          そっと問い     。


    【     んやんや     、    上手い方に
            上手いと云われますと
            流石に照れまする     。    (    でれでれ     】

  • 翔     ちゃん     >


    う  へ     、    ..      翔      ちゃん じゃん   ッ     、


    (        相手の声捉えて居ては 、 
           視線  相手へと 運んでみて。
             其処 に 映る若干懐かしい相手の姿に
           テンション上がったのか、
          ずかずか   、 と歩み寄って行って 。

           促される侭 、相手の隣へと 
          腰卸しては、 同時に立ち上がる
           相手の腕 ぐい、 と 掴み  。

    「       否    、     久々  の 翔ちゃん 
           感じたいから 、 此処 に 居て    。  」

          なんて 呟いた後  、 
         其の侭 腕引いて 隣座らせて 。


    【             否 々       、    貴方様  の 方が     (     ぱちぱち      、

  • 相葉くん     >


    お     、    すげえ荷物だな     。

    おかえり     、    相葉くん     。


    (     自室から黒縁眼鏡掛けて出て来ては
          丁度好く彼帰宅した様子で      。

          彼     、    自室へ荷物置く様子
          見据えては     くく     と肩揺らし
          大袈裟に笑み溢して     。

          ソファへ座る成り隣柔く叩き示し
          彼座る様促すも     、


          「     あ     、    あったかいココア
                  でも飲む     ?     」


          なんて問うては立ち上がり     、


    【     否     、    御上手     。   (     ぱちぱち     】

  • にの     >


    …     、    全く     。

    ん     。


    (     抱き着く彼に思わず瞳揺らすも
          嬉しいのか表情和らげては


          己の膝上座り甘える彼
          抱き寄せ優しく包み込む様
          抱き締めて遣り     。

          先程とは打って変わり
          優しく甘い雰囲気漂わせて居ては
          彼の体温心地好いのか瞳伏せ躯揺らして     。


    【     御返事返してすぐ寝たおいらは
             ど阿呆じゃ     ……     うわんうわん     ((     】

  • にの    >


    もう  、  久々の再開 ってやつ  ?

     テンション 上がっちゃうな ぁ 、

    (  己  、 相手に逢えた事相当嬉しかったのか
      其の儘 相手の隣へとずか、と腰卸し 。

     うるさい という言葉聞こえているのかいないのか、
     テンション 変わらずに居ては、其の台詞に

    「 うんうん 、 海外ロケ 入ってさ 、
       野生の猿メンバーだと思って生活してた 、 ! 」

     と 某 動物番組 の 話して 。


    【   貴方 の方が 御上手 じゃないの  ()

  • あいばさん  >


    あ ー もうはいはい  うっさいなぁ


    (  相手の変わらぬ明るく元気出るような声に 思わず笑み溢れるも 口から出る言葉は 相変わらずのものばかりで 。


    近づいてきた相手に くす 、 と笑うと 隣空けてやり


    「  久しぶりじゃないすか  」


    何てちらり 、 と相手みつめ


    【   なんでそゆこというのよう  ()

  • にの    >


    あんれ  、 ..  


    ( 暫く視線泳がせていると 相手の声聴覚に感じ 。
      其の儘、声のする方へと視線運んでは、
      何処か 柔らかい雰囲気の相手見付け 。

    「 にのじゃん  ッ  、 お久し  !  」

      何て 何時もの音色で述べては、
      嬉しさ 滲み出て居るのか、口角は上がって居て。
     
      椅子から 飛び降り、ソファーへと脚進め 。


    【   いやいや   、  下手糞ですよ 、  わたくし (  )

  • ...   、


    (  すやすや 、 とソファーで寝息たてていたも 不意に 人気感じては 黒目廻し ゆっくり上体起こして 相手の姿視界に捉えると 。


    「  あ 、  おかえりなさい  」


    何て笑顔向ける姿 寝起きだからか少し何時もより柔らかく 。


    【   お上手すぎ  っ  ( きら  ←

  • にの   >


    【  其れは なっしんぐ  っ  、 (  )

  • ..   た  ッ  だいま ~   、


    (  長期の出張の仕事終わり、
       久々に帰宅しては
      肩には大きめの鞄、キャリーバックなどを
       引きずって居て。
       其の荷物帰ってくるなり 
          自室へと運んでは 、
       
       籠ることも無く人恋しいのか 、
      直ぐに リビング に其の姿現し

      付近の椅子に腰かけ乍、
      きょろきょろ 辺り見回して居て 。


    【   廻しときました  、 下手ですが良かったら絡んで下さいな !

  • あいばさん  > 


    あらかわゆい  、 (  むふ ←


    からみます  ??*

  • 翔 ちゃん   、   >


    【    おおお   ッ  御邪魔いたします -  る  、るる  !


    にの    >


    【    ぐへへへ   、  にやけてまう  (  )

  • しょ ー ちゃん  >


    ...  ごめんなさい   、


    (   相手の一連の言葉に 瞳伏せ小さく呟けば 最後の返答にゆらり 、 と黒目揺らし  。


    相手のほうへ足進め 相手の前に立つと 相手の服の袖緩く掴み 。


    「  ...   もっかい  」


    何て小さく呟いては 相手の膝に座り 甘える子供のように 甘い匂い漂わせ 相手にだきついてみて  。


    【  いるぞう  b  ()

  • にの     >


    ん     、    まあ好いけどさ     。


    (     必死に弁解しようとする彼に
          思わず口許弛ませるも

          罰悪そうな彼瞳映れば苦笑染みた
          笑み浮かべ頬柔く掻いて     。


          「     あー     …     何でも好いかな     。    」


          なんてちらりと彼へ視線送り     、


    【     居るかい     ?     ((   】

  • あいばさん  >


    【   あらあら まあまあ もうもう  ( 撫々  ()

  • しょ ー ちゃん  >


    ゃ 、  違う  。


    何時もそういうあとは 癖でこうなっちゃ  ...


    (  何て此方も見ぬ相手の言葉に 必死に述べるも 途中で其の言葉止める姿は 罰の悪そうな表情に見えて  。


    「  あ 、  や  何時もっていうのは其の ちがくて  ..  」


    何て黒目揺らし筒述べるも 不意に溜め息何てつくと


    「  ...  何食べたい  ?   」


    何て冷静な声色でそれら打ち消し


    【   とんでもねえ  !!   ()

  • 【     待機なのじゃ     (     】

  • 相葉くん     >


    【     んお     。    いらっさいませ   ~   (((     】

  • にの     >


    …   、  さっきの事で俺の印象悪くなったろ   。

    御免な   。  怖えよな   。


    (     視線交わさずも横目で其の様子見てれば
          明らか己の所為と判っては居ても
          そんな彼見るのは胸が痛く   、
          表情悟られぬ様背向ければぽつりと   。


    【     御返事遅くなりまちた     (((     】

  • にの             >


    【         ありがとう     、           鼻から  涙  が でそう  だよ       、    うわん   うわん   #

  • あいばさん  〉


    【   流石です  拍手  ((

  • にの   >


    【   首  とか  膝  を 長くして待ちます  .。〇  、#膝

  • あいばさん  〉


    【   かんりにんちゃんが来なす  ...  ()

投稿できる人

誰でも投稿できます。

人物なりきり [ロック]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします