国立魔法学校なりきり! 〔9〕なりきり掲示板

国立魔法学校なりきり! 〔9〕

  • ここは一人前の魔法使いになるための学校です
    世界感としては現代にちょっぴり魔法が入った程度。
    魔法学校には様々な建物があります、寮や食堂、図書館など、
    ではこれからこの学校でのルールとプロフィールの書き方を説明します

           ー ルール ー
    ・荒し等はスルー以前に空気ということで、
    ・恋愛は可、でも行きすぎないように、
    ・自己中心的な発言、中傷的な発言などは控えてください
    ・他人のキャラは殺さないでください。
    ・最強/最弱設定はやめてください。
    ・種族は人間以外でも有りとするが神などは
    ご遠慮願います。
     ー プロフィール ー
    名前   【漢字なら読み方も書くように。
    性別   【中間は…種族によってはあり。
    性格   【簡潔に。
    種族   【種族間のハーフは有り、ただし神や超能力者などは無し
    属性   【火 水 風 地 氷 雷 闇 光 無 などから2つ。
    容姿   【キャラの容姿の特徴を少し詳しく
    備考   【キャラについて補足があればどうぞ
    一言   【キャラから何か一言

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • 霊兎「すー…すー…」一定の間隔で寝息を立てていながらも、片手で仔柚の手を軽く握っていて

          「ふあっ……」仔柚に耳を噛まれると、今までに無かった感覚に声を漏らしてしまう。照れ隠しのつもりなのか、首筋に顔を埋める相手の後頭部に手をまわすと、かなり強めに抱きしめて

          「ただ…変に騒がれたら困るだ……け…」掛け布団から顔を出した相手に目を合わせると、青く輝く瞳にまた見とれてしまう。しばらくそれを眺めてはいたまものの、もっと近くで見ようと無意識にゆっくりと顔を近づけていき

          「悪い…でも、やっぱり放ってはおけなくて…」しばらく仔柚の影の頭を撫でていたものの、仔柚の声を聞けばそちらに向き直し申し訳なさそうにそう言い

  • 霊兎>>
    ー次の日ー
    ん゛ん゛…((寝室に朝日がさすと、布団の中からもぞもぞと起き上がり、朝食を準備しようとベッドを抜ける前に一度隣の霊兎を覗き込み

    …ははっ、…霊兎、すげー顔…((霊兎の表情を目にすると舌舐めずりをひとつして、相手の耳を軽く甘噛みし、その後首筋に顔を埋めて

    ((夜の巡回だったらしく、看護師はすぐに病室を出て行く。それを確認すると青年は恐る恐るシーツから頭を出して
    …ありがとう、助かった。

    …そいつと、契約したのか((霊兎の影から顔をのぞかせ、差し伸べられた手に嬉しそうに寄り添う影を見て少し戸惑うように問い

    (/こちらこそ毎回遅れてしまい申し訳ありません…!いつもお付き合いいただきありがとうございます!)

  • 霊兎「ん……おやすみ、仔柚…」自身の頭に手を添えられれば、仔柚の耳元に口を近づけてささやくようにおやすみと言って元の位置に戻る。そして相手の目を見つめながら軽く微笑み、目を閉じて眠りについて

          「……悪い……もっと…」仔柚に口づけをされればまだ物足りないのか、今度はこちらから長めのキスをする。そしてまた再度、互いの唇が離れれば頬を紅くして惚けた表情になっていて

          「………ッ…」誰かが病室の扉を開けても霊兎は寝たフリを続け、青年が動かないように無理矢理密着するような体勢になっていて

          「……そうだった、お前も居たんだよな…」仔柚の顔を見て安堵の息をこぼし、自身の影から顔を覗かせる仔柚の影に顔を向ければ手を差し伸べて

    【返信遅れてしまいました、申し訳ないです!!】

  • 霊兎>>
    うぉっ…はは、可愛い真似してくれんじゃねぇの?((自分も霊兎の背中に腕を回してぎゅ、と抱き締め返すと、その後片手を相手の後頭部に沿わせ、軽くキスを交えて
    続きはまた明日な?今日はもうおやすみ。

    惚れた弱みってヤツだよ。((霊兎の鼻の頭をからかうように擽りながらニッと笑い、縮まった距離をキスで埋め

    青年「…っ!?何を…?」((布団の中で不思議そうな顔をしたのも一瞬、ゆっくりとした足音が聞こえると慌てて霊兎に従い。
    足音の主は巡回中の看護師だったらしく、一度ドアの前で足音が止まると、次いで今度はドアの開く音がして

    あぁ、すまん…((幾分かすっきりとした顔で仔柚が顔を上げると、霊兎の影から少し寂しそうに仔柚の影が頭を出して

  • 霊兎「ん…それがいいかもな…」仔柚が額を押し付けてくれば、相手の背中に腕をまわしてベッドの中に引きずり込み

          「……そんなことないだろ」仔柚の見せる表情を見て、相手の頭を撫でながら背中にまわしたもう片方の腕に軽く力を込めてもっと密着しようとして

          「お前は一体…?」そう言うと同時に、廊下からカツカツと足音が聞こえてくる。その足音はゆっくりではあるものの部屋に近づいてきており、まずいと思った霊兎はベッドに駆け寄れば、相手をベッドの中に押し込んで自分もベッドの中に入り込み

          「…落ち着いたか?」仔柚をあやすように一定の間隔で相手の背中を優しく叩いているも、ふと自分の影に入っている仔柚の影の事を思い出せば辺りを見回して

  • 霊兎>>
    …ふへ、そうだな。じゃあ明日は寝坊しちゃうか((一瞬目を丸くしたものの、瞬時に照れ笑いを浮かべて額をぐり、と押し付けて

    ギブギブ!ははっ、まいったまいった!!((ひぃひぃ、と笑い声の間に若干の悲鳴を交えつつゴロン、とソファに倒れこむと一瞬慈しむように目を細めて
    …本当、霊兎には敵わねぇな。

    …やっぱり、霊兎なのか?((視線は一度青年の寝ていたベッド脇に掲げられたネームプレートの上を彷徨った後、彼に戻され、少し枯れたような、揺れるような声で彼の名前を呼んで

    …。((優しい手つきの温かい掌が自分の頭を撫でると思わず目を閉じてそれに甘えてしまい、ゆっくりと呼吸を整えて

  • 霊兎「……お前もだろ?」そう言って顔を離そうとする仔柚の頭を引き寄せれば、コツンと違いの額を合わせて

          「ははは!どうだまいったか!」しばらく仔柚の脇腹を擽りながら少しずつソファに誘導していく。ソファの前に立った瞬間に擽るのをやめ、相手を軽く抱きしめながら巻き込むようにしてソファに倒れ込んで

          「……!なんでその題名を…?」自分ですら忘れていた物語の題名を言われれば軽く身を乗り出すも、すぐに我に返っては元の位置に戻る。互いの目線が合えばどこか惹かれるような相手の青い目に目を逸らせずにいて

          「………もういい…」そう言うと仔柚の頭を抱き寄せ、目を伏せながら相手の頭を軽く撫で始めて

  • 霊兎>>
    …ん、今日もおつかれさん。((寝室に着くとベッドに霊兎を寝かせて。肩口まで布団をかけて軽く胸元を叩くと最後に唇へキスして「ゆっくり休みな。明日は休みだ。」と微笑み

    んめにっ!!?((完全に油断して、相手が背後にいるとも思わなかった為、口から出たのはよく分からない奇声で。その後「ちょ、待っ、霊兎!こらっ、タイムタイム!!」と擽りによる笑いを浮かべながら慌てて逃げようと身を捩り

    …『紅眼竜の子』か。((ふと耳に入ってきた童話のあらすじから、ひとつのタイトルを思い出し、口にする。そして相手の赤い眼と自分の青い眼の視線を合わせて。

    違っ…!霊兎は悪くなんてねぇよ!((霊兎の謝罪を聞くと慌てて向き直り。「…悪いのは俺だよ。霊兎に合わせる顔がなかったんだ…。俺が影と喧嘩なんてしなきゃあんなことにはならなかった…霊兎も苦しい思いしなくて良かったんだ…!」と俯いてそう話すも、所々記憶が曖昧なのか悩むように頭を抱えて

  • 霊兎「んなっ!?…って!?」寝ぼけた頭をいきなり乱され、訳も分からぬまま抱き上げられる。当の本人はぽかんとした表情で仔柚を見上げるも、相手の言葉を聞けば諦めたよう一言、ありがとうと言ってから体を預けて

          「ん、ごちそうさまでした」仔柚に頬を突かれれば少し不機嫌そうな顔をするも、何を思いついたのか相手の後をついて行って、皿を置いたのを確認した瞬間に相手の脇腹をくすぐり始めて

          「紅い瞳…神の使い……昔に読んだ童話に似てる…」それから聞いた話をふと思い出すと、子供の頃に読んだ本のことを思い出す。そしてぽつりと「誰かと読んでいた…?」と呟くと今一度、相手を見つめて

          「……そうか…やっぱり、突き飛ばしたからか…?」仔柚の方を見ようと姿勢を変えるも、自分から隠れようとする仔柚を見れば手を伸ばそうとする。しかし、思い直したのかその手を途中で止め、俯きながら一言「悪かった」と謝罪をして

  • 霊兎>>
    …おりゃ、喰らえー!((ワシャワシャ、と霊兎の髪を軽く掻き乱した後、眉間の手を軽くどかせて、そこに口付け「これはベッドで寝なかったお仕置きだからな!疲れてんならちゃんと寝な?」と抱き上げてベッドへ連れていこうと

    そりゃ、霊兎作だからな!ご馳走様でした。((むに、と頬張る最中の頬を軽くつついてそう笑顔で言うと皿を片付け始め

    …以前はこんなことも無かったんだがな。((遠い目で一度窓の外を眺めるも、諦めるように息を吐いて。ふとそこで相手の思考がどこか違うところへ注がれていると分かれば、あと片方のナイフも抜けないかと左足を探り始めて

    …っ、気付かれたくなかったんだから仕方ないだろ!((咄嗟にそうこちらも声を荒らげるも、続く心配する、という声に目を丸くする。気まずくなった空気だったが、それを遮る霊兎の優しい声に「…ごめん。こうでもしなきゃ、気がすまなかった。」と謝罪の言葉を述べ、さり気なく相手の視線を避けるように座り直し

  • ーしばらくして…ー
    霊兎「ん……ぁ…悪い…寝てたのか…」ゆっくりと目を開けば仔柚を見上げる。のそりと状態を起こせば、自身の眉間に手を当てて

          「んむ……うん、美味い…」仔柚からのたこ焼きを頬張れば、微笑みながら嬉しそうにそう言って

          「……大変だな…」そうは言うも依然として片手は証明のスイッチから離そうとはせずにいる。しかし、相手の雰囲気にどこか懐かしさを感じるのか、ふと小さい頃の事を思い出していて

          「出ていくんだったら一言ぐらい言ってからにしろ!!」心配するだろ!と声を荒げるも、すぐに落ち着きを取り戻したのかゆっくりと仔柚の隣りに座る。しばらく間をおいてから優しく「これからどうするんだ?」と相手を見ながら問いかけて

  • 霊兎>>
    …おつかれさま、霊兎。((安心した顔の霊兎を見ると少し微笑んで頬にキスを。そのまま、手繰り寄せてきたタオルケットをかけてやると、自分は借りてきた文庫本に目を通して

    …分かった!霊兎もアーン、だろ!((霊兎と視線が合えば二っ、と笑い、焼き上がっていたたこ焼きを相手の口元に運んで

    分からない…追いかけられる途中に刺されたんだが…俺も恨みを買うことを沢山してしまったから、仕方がないんだろうな。((そう説明する途中、月明かりが明るく相手の赤い瞳を照らすと、慌ててその視線を逸らして

    …何だよ。((霊兎の声が聞こえた途端、逃げ出そうとするも、その場から上手く立ち上がれないまま近付いた相手と目を合わせないままぶっきらぼうにそう問い

  • 霊兎「………ん…」仔柚がそう問いたときには既に眠ってしまっているようで、静かに寝息を立てながら何処か安心しきった顔でいて

           「大げさだな…」仔柚の笑みを見れば、それにつられてこちらも笑う。しかし、何かを期待しているのかじっと相手の方を見つめていて

           「抜けない…?そのナイフが……なんだって言うんだ…!?」月の光に照らされ、互いの目は輝きを増す。その相手の目に何処か惹かれるものがあるのか、目を離せずにいて

           「うおっ!?…仔柚ッ!」探し回っても見つけられなかった矢先、不意に目に入った仔柚の姿に一瞬驚くもすぐさま駆け寄って

  • 霊兎>>
    …相当疲れてるみたいだな?((珍しい霊兎の様子に少し驚いたような顔をするも、影で暖かい茶を運んで「茶飲むか?疲れてるならマッサージもあるぞ?」と揶揄いながら頭を撫でて

    いいのか!?やった!((そう言うが早いか、素直にそのたこ焼きを頬張り「ん…霊兎にあーんしてもらったから倍美味いな!」と満面の笑みで

    すまない…。歓迎されないモノだということは重々承知している…だけど、このナイフは自分では抜けないらしくて…((出来るだけ距離を取る相手に申し訳なさそうに肩を小さくすると、落ち着いた青い両目でその様子を見守って

    ((仔柚は自分の荷物を詰めたリュックを抱え、夜でも光のある校内の非常口のライト下にうずくまっており

  • 霊兎「……あったかい…」そうぽそりと呟けば目を瞑って仔柚の脚の温もりを堪能していて

           「……仔柚、ほら」そう言うと仔柚の目の前に手を添えてたこ焼きを持ってきて

           「…っハァッ……お前…今度は何しに来たんだよ…」黒い何かから開放されれば再度距離を取る。部屋の明かりのスイッチがある所まで下がればその場所を確認し、いつでも押せる準備をしていて

           「あ、あいつッ…!!」仔柚が出ていったことを確認すれば直様着替えて部屋から飛び出せば、仔柚が行きそうな場所を探し回って

  • 霊兎>>
    …なんかちょっと嬉しいな((へへ、と少し嬉しそうに笑うと霊兎の前髪に指を通して

    …あ、もう終わりか?これがラストたこ焼きみたいだな!((最後の生地を注ぎ終えると、焼きあがったそれをカウルと霊兎の前に置いて
    さ、召し上がれ!

    …すまない。((最後に相手の目元の黒い跡を一撫でした後、霊兎を解放して

    ((暗い部屋の中には誰もおらず、仔柚の使っていたリュックや文房具等が無くなっており

  • 霊兎「俺とさほど変わらないだろ?」これぐらいがちょうどいいと言いながら仔柚の太腿を指で突いて

           「ん?もっとか?」カウルに強請られれば、次々にたこ焼きを作っていくも、次第に生地がなくなってきて

           「……放せ…」目の違和感が無くなれば
    暴れることはなくなったが、目元に黒い跡が残っていて

           「…ありがとうな」自身の影から頭を覗かせる相手の頭を撫でると、一言そう言って部屋を出る。
    リビングに入ればふと、仔柚が居ないかと辺りを見回して

  • 霊兎>>
    ほ!?((自分の膝の上に霊兎の頭が来ると一瞬固まるが「びびったー…ほれ、クッション。固いだろ?」と霊兎の後頭部にクッションをねじ込もうとして。

    あいよー。ほい、タフィお待たせ。
    カウル:ぎゃむ!((霊兎が恥ずかしそうな様子を横目で見て満足そうにタフィへたこ焼きを食べさせてやる中、カウルも嬉しそうに尻尾を振っておかわりを強請り。

    ((そっとその目の端から溢れる液体をぬぐい、2.3言何かを唱えると相手の目の中を覗き込み「…何か違和感はあるか?」と。

    影:僕も、行ク((そう言うが早いか霊兎の影の中にとぷん、と沈んで一度顔だけ覗かせ「何かアレば、呼んデ…?」と不安そうな顔で。

  • 霊兎「そりゃどーも、……そい!」仔柚がソファに座れば何を思ったのか、有無を言わさずに相手の太腿に自らの頭を乗せて膝枕の状態になり

           「うっさい!いいからタフィにも食べさせてやれ!」大げさにかわいいと言われれば恥ずかしそうに怒って席につく。それからたこ焼きを取り、よく冷ましてからカウルにたこ焼きを食べさせて

           「はなっ…放せッ!!」相手の影に四肢を縛られれば抵抗しようにも動けずにいる。相手が自身の瞼に手をかざせば目の中に入った黒い液体が涙にように瞼のはしから漏れ出して

           「いや…大丈夫……心配するな…」自身の身を案じてくれている仔柚の影を見れば、少しでも不安を和らげようと相手に笑いかける。その後ベッドから出れば少し水を飲んでくると言ってふらついた足取りでリビングに移動して

  • >>霊兎

    んえ…((ぎゅむ、と挟まれた頬のまま短く発音すると漸く霊兎の足の間から抜け出してソファの上に移動して
    霊兎の太腿最高…

    …クリティカル!!((デコピンを受けた額をさすりながらたこ焼きに手を伸ばすも、霊兎の小声にたこ焼きを落として、再び胸元を抑えて上記を。
    たこ焼き一緒に食べるだけでこんなに可愛い人類って他にいる…?

    …!((霊兎が暴れるのを咄嗟に影で抑え「すまない!でも落ち着いてくれ。擦ってはいけない、今除去する。」と小声で囁きかけながら霊兎の額から目元へかけて何やら呪文が彫られた左手を翳して

    影:霊兎、具合悪い、ナノか?((霊兎が呻くのを聞くとすぐに近くに寄ってきてその手に触れ。ざわ、と一段と外の風の音が強くなった後、夜の窓からは月明かりが一度遮られ。次に月明かりが差し込む時にはさらに闇が深くなり

    (/いえ、こちらこそ毎回遅くてすみません!リアル重視で行きましょう!)

  • 霊兎「それは困るな、動けなくなる」ケラケラと笑いながら仔柚を挟む脚を緩めたり絞めたりと繰り返して

           「良妻って…あのなぁ…」仔柚が笑顔でそう言うと、相手の眉間にデコピンをする。その後離れたあとにぽそりと恥ずかしいだろうがと呟き

           「うわああっ!?」顔面に黒い液体を掛けられれば、目に入ってしまったのかナイフを放り投げてはバタバタと暴れまわり

    ー 寝室 ー
           「うっ……ぁ…いつつ…」目が覚めればいつもの寝室ではあるものの、外は暗く月明かりがカーテンの隙間から射し込むことからまだ夜だと分かる。時計の針も丁度丑三つ時を指しており、霊兎は頭痛が響く頭を抑えながら上体を起こして

    【返信遅れてしまって申し訳ありません!】

  • 霊兎>>…何それ可愛すぎない…?((もに、と自分の顔を挟む霊兎の太腿を外側から両手で軽く揉んで「やわらか…幸せ…もう俺ここに住む…」と安らかな顔で

    花マルです…!((グッ、とハンズアップしてコップを受け取るも、だい!、とタフィに小突かれて普通の姿勢に戻りキリッと
    いや、ちょっと霊兎の良妻みに感動してただけ。まったくもって大丈夫。

    …ぐっ!((踵に刺さった片方のナイフは触れた途端簡単に外れるが、外れた拍子に傷口から黒い血が霊兎の方へ散ってしまい。それを見ると慌ててハンカチを取り出し
    あ…、すまない。

    ((倒れ込んでしまった霊兎を受け止め、一度ベッドへ寝かせて自分はその脇に座り込む。周りの暗闇からは何も感じ取れないが、もしものことがないように目を光らせて

  • 霊兎「ん、いや?ただ下にいたから…」仔柚が顔を上げれば、顔の左右を自分の太腿で挟み込みながら相手の髪を撫でて

           「おい、タフィが欲しがって……って、大丈夫か?」胸元をおさえる仔柚を見れば、立ち上がって相手の隣に行ってジュースの入ったコップを差し出して

           「…うっ……うぅ…」のたうち回るそれを見ればハッと視界をそちらに向ける。流石に観念したのか、相手の踵に刺さっているナイフに恐る恐る触れて

           「……あ…ぁ…」契約の義が終わると同時に仔柚の影の頭に手を乗せる。自身の目が閉じれば相手の体に倒れ込んでしまうと同時に、部屋の明かりもだんだんと消えて暗くなっていき

  • 霊兎>>
    何何何!?どしたの霊兎!?そういう方向のアピール!?((どうかしたのだろうか、と慌てるものの足の間から離れる気は無いらしく、じっ、と霊兎を見上げて問い

    ゔっ…((その微笑ましい光景を見るとあまりの尊さにタフィがたこ焼きを寄越せと小突くのも気付かず胸元を抑えて俯き
    尊みが深い…

    ((霊兎の視線が外れると距離を詰めようとするも素早く動くことができないのかズルズルと床をのたうち回り
    頼む…君しか頼めないんだ…

    影:…((霊兎が無茶をしているのかと慌てていたものの、『契約』と聞くとそっと霊兎の両手を握り、その細指に口づけ。すると、影は霊兎に似たモノクロの人影に変化して今までよりもはっきりとした口調で「…ありがとウ、霊兎。仮契約だけど、コレでモ構わないカ?」と。

  • 霊兎「ん…そういえばそうだったな」そう言いながらも仔柚の頭を挟む脚は離さず、相手に感謝されれば挟む力を少しだけ強くして

           「ん?何か言ったか?」仔柚のつぶやきは聞こえなかったようで、カウルにたこ焼きを食べさせていれば霊兎も一つたこ焼きを食べて

            「なっ!?……じ、自分で抜けばいいだろ…それに…」近づいたら何をされるかわからない、その考えが頭を過ぎり警戒は解かずにいる。しかし、なかなか届かないスイッチにまだるっこしくなったのか、相手から視線を外してスイッチの方に近づこうとして

           「まて……その前に…契約だけしておこう…!」消えてほしくはない、そう言って相手の方を掴んでは静止をかける。しかし、等の霊兎は半目開きで今にも意識を失いそうにいて

  • 霊兎>>へー…懐かしのやってんな…((自分も昔は見ていたな、と思い出していると映った猫を指差して「おっ、こいつ霊兎に似てr…?」と告げる途中に感じた頭への違和感に視線を上へ向け
    …何をされているのか、霊兎殿。とりあえずありがとうございます。

    …良妻…((霊兎の愛おしそうに細めた目も、カウルへたこ焼きを食べさせるふとした優しさも全部ひっくるめてそう呟いて思わず胸元を抑え

    待ってくれ…害は加えない…加えないようにするから…((電気のスイッチを探る相手の様子を見ると少し慌てた様子で這いずるようにして影から出てくる。そうやって出てきた理由は、影から出てきた下半身、いわば両踵に長さ15センチほどのナイフが刺さっており、それを引きずりつつ何とか床の上に座り込み
    …髪を襲っておいて、虫のいい話なんだが…よかったら、このナイフ…抜いてくれないか…?

    影:…!((霊兎が眠ってしまうことを察すると、布団を引っ張ってちゃんと寝かせようと

  • 霊兎「これか?『みんなもいっしょ』っていう子供向けのアニメだ、猫がなんやかんやしてるな…」仔柚が下に座れば、両膝で相手の頭を挟んで

           「まったく、そそっかしいな…」そういうも表情はどこか愛おしそうに目を細めており、飲み物を一口飲むとふうふうとよく冷ましてからカウルに食べさせて

           「あ…お前……こ、今度は何しに来たんだよ…!?」壁際まで逃げれば部屋の明かりをつけようとスイッチに手を伸ばすもなかなか届かずにいて

           「お前自身がやったわけじゃないんだろ?」そう言いながらも相手の頭を優しく、そしてゆっくりとなで続けている。次第に霊兎に眠気が襲いかかり、相手を離せばベッドに座り込んでしまい

  • 霊兎>>
    マジで癒しだわ…課金したい…((3人(?)仲良くソファでくつろぐ様子を見るとそう呟きながら自分もクッションを持ってソファ下へ座って「おう、ありがとさん。ところでこの番組ってどんな番組?」とテレビに映された人物を指差して

    あー…サンキュー霊兎、助かったわ。((コップを受け取ると中身を一気飲みしてぷはぁ、と一息。相手の心遣いに感謝の言葉を告げながら片手を上げて

    …すまない、驚かせてしまった…((影の中の目は霊兎の悲鳴に反応して消え去り、代わりに影の中から以前屋上にいた男が胸から上だけ姿をのぞかせて

    ……いいノ…?((自分に触れる相手の体に驚いて声を震わせると「僕、キミに酷いコとしたノニ…?」と言葉を続けて

  • 霊兎「ん…終わったのか?お疲れ様」仔柚が皿洗いを終えてリビングに戻ると、霊兎はソファでカウルたちと一緒にテレビを見ていて

           「大丈夫か!?」仔柚がたこ焼きを頬張れば、コップにジュースを注いで相手に渡して

           「う、うわああ!?」暗闇に無数の目が現れれば、尻餅をついてしまうもそのまま扉まであとすざりをする。無数の目から距離を取れば呼吸を乱しながらもじっとそれらを観察しようとして

           「……わかった、なんとかしよう…」消えたくないと聞けば、俯く仔柚の影を抱き寄せながら頭を撫でて

  • 霊兎>>
    …可愛い…((ぼそりとそう呟くと残っている皿を急いで洗い終えて、霊兎を探してリビングまで戻り

    んー、ツッコミが冷静!そんなとこも好きだけどな!((生地が流れ込んだところへすかさずタコやらネギやらを落として。少し焼く時間がかかりそうだと分かれば早速焼けたたこ焼きを頬張って「あ゛っつ゛!!」なんて定番のリアクションを

    …たすけて、((部屋の隅、光の届かない影の中からずるり、と黒い腕が出てくると同時に先程よりも鮮明な声が響く。すると、相手を視界に捉えようと腕に続いて赤と青の目がべったりとその影の付近一帯に広がって

    …消えタくない…((霊兎の優しい声が響くと一瞬静寂が訪れ、影は俯きながらもう一度「消えたくないよ…!」と。

  • 霊兎「ん…わかった…」仔柚の髪を軽く掻き上げると、仕返しと言わんばかりに相手の額に口づけをしてその場から離れて

           「何言ってるんだ…?」そう言いつつ空いた場所に油を引くと、そこにまた生地を流し込んでいき

           「はぁ……ん?なにか聞こえる…?」微かな声が聴こえれば、周りを見渡してその声の主を探す。声の主を探していれば、自然とその場所に惹かれるように歩み寄って

           「……お前は…消えたいのか…?」仔柚の肩を掴む手は離さずに、ゆっくりと優しく相手にそう語りかけて

  • 霊兎>>
    …ぷ、ははっ!何だよそれ。霊兎も結構可愛いとこあるもんなー?((思わず小さく吹き出すと、泡まみれの手を使わず、霊兎の額に触れるだけのキスをして
    もうちょっとだけ待っててな?皿洗ったらすぐ行く。

    こうして第一次タコ焼き争奪戦線が始まったのだった…いただきまーす!((無駄にピックを蛍光灯の光に向かってポーズを決めるが、ちゃんと挨拶はしてからタコ焼きを焼き始め。途中から焼けたものにソースや鰹節等をふりかけるのはカウルやタフィが面白がってやり始め

    ((洗面台の蛍光灯はチカチカと点灯しており、なんとも言えない不気味な雰囲気を醸し出しているものの、鏡に映るのはいつもの霊兎であり。しかし、顔を洗う水の音に混ざり「…テ……す、……」と虫が飛ぶようなほんの微かな人の声が聞こえ

    影:…心配…?ありがと、う。魔力、使わなケれば、2.3日ハ保つ。僕、が消えレば、仔柚もほぼ普通の人ニなるダろうし…((優しい言葉に思わず笑顔らしい雰囲気を出すも、すぐに説明をいれると一度そこで言葉を切り

  • 霊兎「いや、なんとなく…撫でたくなった…?」そう言いながらも頭を撫でる手は止めずにいて

           「ほら、いいから食べるぞ?」ピックを持てばたこ焼き器に生地を流しこみ、カウルを膝に座らせてからいただきますと言い

    ー   夜   ー
           「うん…あれ……なんでベッドに寝て…?」あれからずっと寝ていたのか、外はすっかりと日も落ち夜となってしまう。脇の台には冷え切った食事がおいてあるも、顔を洗おうと洗面台へと歩いていって

           「……そうか、お前…って今主はいないんじゃ…!?」主がいなければ消えてしまうと聞けば、慌てて仔柚の影の両肩を掴み直して

  • 霊兎>>
    …ははっ、なんだよ急に((頭に緩い衝撃を感じ取れば驚いた顔で振り向き上記を。しかし、嬉しかったのか、口元を緩めて
    どうした?何かあったなら話聞くぞ?

    いや冷静ー!流石霊兎!超クールだぜ!((冷静なツッコミに思わず反応しながら切れた具材をボウルに入れて机へ運び。途中、ピックを二つ持ってくると片方を霊兎の席の前へ置いて

    ((霊兎が気を失ってから暫くすると、ずちゃり、と音を立てて部屋の陰から黒い物が出てきて。怪我をしているのか、足を引きずりながら霊兎に近付くとベッドへ寝かせる。自分はそのまままた部屋の隅のカーテンの陰に潜り込み

    影:…((合わさった額から静かに記憶のフラッシュバックの映像を送り込む。それと同時に過去の映像の会話を継ぎ接ぎにして『ボくは喧嘩して仔柚の影カら出た。でもボくは影だから主がいなきゃ消えちゃう。そんな時アイツが話を持ちかけた。』と話し始め

  • 霊兎「あぁ、ごちそう様でした!」夕食を食べ終えれば流しに食器を置き、何を思ったのか仔柚の隣に立つと相手の頭を撫でて

           「いや、肘だろ」淡々とツッコミを入れれば、たこ焼き器に油を引いてから生地を作り出して

           「ハァ…ハァ…やっと……着い…た…」病室に着いたやいなやベッドに入ることもなくその場で倒れてしまう。意識を手放す直前、自身の目先の床に黒い液体があるのを見つけるも、何をするでもなく目を閉じてしまい

           「…教えろ……なんでこんなことをしたんだ…!?」仔柚の影が近づいてくれば強引に頭を手放す掴み、頭突きをするように互いの額を合わせて

  • 霊兎>>
    そうか…良かった((笑い合う二人を見て自然と笑みがこぼしていると、その間にタフィが鮭を持っていき。あまりそれを気にせず食事をし終えると「皆皿はちゃんと持ってこいよー?」と先に皿を洗いに台所へ戻り

    うっ…い、良い膝だ…((ぐっ、と無駄に爽やかな笑顔で親指を立て。少しすると痛みがなくなったのか、たこ焼きの具材をざっくりと切り始めて

    看護師:…早くあの怪物を見つけなさい((看護師は患者達が部屋に戻ったのを確認すると他の看護師達にそう指示し、手を拭い。一方で霊兎の病室前には数ミリ程度の黒い液体が点々と続いており

    影:…!、、!((項垂れてしまった霊兎に驚き、慌てて駆け寄り、そっと背中に手と思わしき影の一部を沿わせ

  • 霊兎「ん、いい焼き加減だな…うまいぞ、仔柚!」笑顔でそう言うとカウルと顔を見合わせてまた笑って

           「…重いっ!」仔柚の下腹部を軽く肘打ちしさっさと食材をしまうと、棚の下からたこ焼き機を取り出して

           「は、はい…うっ!?」看護師の腕に付く黒い液体を見れば、ハッと相手の顔を見てあとすざりしてしまう。しかしすぐさま大丈夫ですと一言言うとおぼつかない足取りで病室に戻っていき

           「……仔柚…」仔柚が部屋から去ればその場に膝から崩れ落ち、がっくりと項垂れてしまい

  • >>霊兎
    どうだ?って言っても飯炊いて魚焼いただけだけどな!((自分の分の焼き鮭をタフィと箸で取り合いっこしながら感想を聞き

    おぉ、そうだった…よいしょっと((たこ焼き機より先に霊兎の背後から手を伸ばし、冷蔵庫に入れるのを手伝って。途中ふとキャベツとみかんに目を止めると何気なく霊兎の頭の上に鏡餅のように置いてみて
    …鎖神ならぬ鏡霊兎

    看護師:大丈夫ですか?((へたり込んだ相手の元へ看護師の一人が駆け寄り、その横へしゃがみこんで話しかける。しかし、相手は沿わせた手には黒い液体が付着していて

    …そうかよ((突き飛ばされた直後、両者共に唖然とした顔で固まっていたものの、先に悔しそうな顔をした仔柚はそう言い残すと踵を返してその場から去り

  • 霊兎「ん…?今何か…?まぁいいか…」仔柚が写真を撮ったことには気付かずに、そのままいただきますと言って夕食を食べ始めて

           「ただいま、あぁ…確か下の棚の中に入っていたはずだぞ」カウルとタフィを抱き上げればソファまで連れて行き、仔柚の持ってきた買い物袋の中身をしまい始めて
    【ありがとうございます!】

           「あれは…あいつの液体…だけじゃない…?」赤い液体が混ざっているのを見れば悪い想像が頭をよぎる。それと同時に吐き気をもよおし、その場でへたり込み口元を抑えて

           「待て…待てよっ!!」仔柚が影に掴みかかれば、何を思ったのか間に割り込んで仔柚を突き飛ばしてしまう。その後、息を切らしながら自分の額を抑えて弱々しくちょっとまってくれと呟いて

  • >>霊兎
    大変美味しいです((その後の照れているであろう相手もちゃんと写真に残すと自分も席に着き
    んじゃ、飯食おうぜ!いただきます!

    以外と粉重いなー…ただいまー((片手に持った買い物袋を軽く揺さぶりながら玄関を開けると、出迎えたカウル達が引っ掻かないように少しだけ高く持ち
    …あれ、たこ焼き機ってどこ仕舞ったっけ?霊兎覚えてるか?
    【了解です!早速飛ばしちゃいますね!】

    ((人だかりの中心には人間と同様の赤い血と、真っ黒な血らしき液体が飛び散っており。看護師達は遅れて現れると慌ててその場にいる患者達をその場から離そうと
    看護師:皆さん、落ち着いてください!大丈夫です!一度部屋へ戻ってください!

    いや、違うぞ霊兎。コイツは嫌なら否定も、反抗も出来たはずだ。だけど続けた…つまりそういうことなんだよ。((そう言うが早いか、上記の言葉に項垂れる影の胸ぐらを掴んで壁に押し付け

  • 霊兎「………あぁ…」やったあとに後悔しているのか、片手で顔を隠しながら携帯電話を返せば足早に席について

           「たこ焼き粉ってのがあるだろ?それを買おう」そう言いながらカゴを持てば仔柚と手を離して
    【この後家まで飛ばしても大丈夫ですか?】

           「……ぅ…なん…だ…?」どうやら一睡も出来なかったようで、院内のざわめきが聴こえればおぼつかない足取りでその場所へと向かい

           「ま、待てって!別にこいつがやったわけじゃなくて…」そう言ったところで言葉を止める。ふと夢を乗っ取った男がどうやって仔柚の影を取り込んだのかを考えて

  • 霊兎>>…自撮り!?((パシャ、とシャッター音が響き、携帯が返ってくると、そこでやっと驚いて声を上げ。フォルダを見てみるといい角度で写っている2人を見て
    …100点満点です!ありがとう!!

    ひゃい…((それは、と反論しようと口を開くも鼻を摘まれると短く返事を。その後もう一度霊兎の口元を見るもお目当てのスーパーが近付けばそちらに視線を戻して
    よーし、必要なのは小麦粉と?タコか?

    ӜӔғ҆҈ғҔҕҙ…!((暫くの間その影は街をうろついていたものの、夜明けの灯りが近付くと逃げるように病院内へ逃げ込んで。
    翌朝、霊兎が目覚める頃にはその事で少し院内がざわつき始め

    そいつがお前にどんなことしたか、忘れてないだろ…!?((影は素直にいうことを聞き、傍に立ち直すも本人は霊兎に向かってそう問い
    俺は、許せねぇ…

  • 霊兎「思い出って…パジャマ姿の俺だけじゃわからないだろ?」例えばこう、と言って仔柚の隣に行く。それから半ば強引に片腕で相手を引き寄せ、互いの頬をくっつけるとそのままカメラを高く挙げてから写真を撮って

           「お前が変な性癖に目覚めそうだったからな…」ハンカチをたたみ直してポケットの中に戻せば、仔柚の鼻を摘んでもうするなよと言い

           「あれは…アイツ……なのか…?」蠢く黒い何かに一瞬嫌悪感を感じればすぐさま身を隠す。その後すぐにベッドに戻れば、あれには関わらないようにと掛け布団を頭まで被ってそのまま寝入ろうとして

           「え?なんでって…こう……受け止めてくれたから…か?」それにぶつかったからなとも付け足すと、影に離してもらおうと腕の部分を軽く叩いて

  • 霊兎>>いてっ……駄目か?((サッ、と携帯だけは、と素早く影にしまうも許してもらえないかと恐る恐る述べ。
    霊兎との思い出ー…とか…!

    お、おぉ…すまん!((は、と拭われる指を見て我に帰ると慌てて自分で指を拭いて
    あ、ありがとな!

    ((ハウリングの音は病院の外からのようで、窓の外、暗い夜の中、夜闇とは違う黒いものが道路上で何やら蠢いており

    ー…っ!((影が霊兎を抱き止めると、怒りがこみ上げたのか、何か言おうと詰め寄るも、霊兎がかけた言葉に少し驚いた様子でその場に一瞬固まって「…何で?」と小さくこぼし

  • 霊兎「あぁ、先に入って湯船で遊んで…あ、コラ」仔柚が自分を撮っていることに気がつけば、近づいて軽くチョップをかまして

           「ッ…!いいから拭けっ!!」仔柚の指が離れればすぐさま自分の口周りを手で拭い、相手の指を掴んで無理矢理ハンカチで拭い始めて

           「ぅ…、ま…た……」キーンとつんざくような音に思わず耳を塞ぐ。
    ハウリングが収まっていくのとともに少しずつ耳を澄ましていけば辺りを見回して

           「うわっと、悪い、大丈夫か?」不意に仔柚の影に手を掴まれれば体勢を崩してしまい、相手にもたれ掛かるような構図になって

    【お気になさらず!気長にやっていきましょう!】

  • 霊兎>>おう!カウルも一緒に入れてもらったかー!((走ってきたカウルを抱き上げてから、霊兎を見るとパジャマ姿に驚いた様子でカメラを向けて
    うわ、天使かよ

    …う、わ…((てろ、と垂れる唾液に思わず視線をやり、一瞬固まると続けて「…卑猥…」と掠れた声で目をそらせずにいて

    ((暗い病室の中、何の前触れもなく突然学校にいた時と同じようなハウリングが鳴り始め

    …!((ぎゅ、と離れそうになる霊兎の手を思わず影は握り、それを見た仔柚はだんだんと怒りを募らせて不愉快そうに。

    (/返信遅れてすみません!)

  • 霊兎「仔柚、上がったぞ〜」そう言いながらパジャマ姿でカウルと一緒にリビングに入って来て

           「んんッ!?」仔柚が指を口内に入れてくれば、即座に口を離すも口と指の間に唾液が糸を引いていて

           「………そういえば退院っていつだっけ…」検査が終われば再度ベッドに倒れ込み目を閉じる。
    しかし、そのまま眠ってしまい次にめがさめたときには夜になっていて

           「…ん?仔柚?どうかしたのか?」ふと、仔柚が静かだったため振り向いて相手の様子を見ると、そう言って相手の方に体を向けようと影の手を離そうとして

  • >>霊兎

    …イケメンめ…((霊兎が風呂場に消えた後にもだもだと唸ったりしたものの、顔が赤いまま自分もキッチンへ。その後、しばらくして焼き魚と白ご飯、豚汁、羊栖菜等を食卓へ並べて

    …!?((ババッと思わずそれを二度見をすると、周囲を確認した後、ぐり、と霊兎の口内に触れ

    看護師:はい、そちらで結構です。((その後看護師はしばらく黙々と作業していたものの、作業を終えると冷たくそう言い、病室を後にして

    …((影は困ったように黙ってしまい、何か考えている様子であるものの、しっかりと霊兎の手を握って離さず。一方で仔柚は腕を組んでむっと怒ったような表情で

  • 霊兎「……あぁ、ありがとう仔柚」仔柚にそう言われれば相手の顎に手を添えてから唇にキスをし、そのまま風呂場へと向かい

           「……あぐっ」仔柚に頬を突かれればその指を軽くはんで

           「ぅ……あ…はい…」のっそりとした動きで起き上がれば、ベッドに腰を掛けるような体勢になり

           「嫌か…ならどうすれば戻ってくれるんだ?」仔柚の影の手を両手で軽く握れば、優しくそう問いかけて

  • >>霊兎
    いいって、霊兎疲れてんだろ?風呂先入ってこいよ!俺作っとくからさ((頭を撫でられると嬉しそうにそれを撫で受け。その後すぐに頭の上の手を握ると、霊兎の頬に軽くキスして
    最近インフル流行ってっから気をつけろよ?

    おっ!タコパだな?いや、小麦粉パーティか?((嬉しそうな霊兎の顔を見るとこちらも嬉しそうに笑み、その頰にぷに、と自分の人差し指を当てて
    …霊兎の笑顔可愛いじゃんよー

    看護師:鎖神さん、検査のお時間ですよ((霊兎の入ったベッドは、新しく敷かれたシーツが眠りを誘うも、完全な睡眠に入る前に例の検査について看護師が入室してきて

    …霊兎、それよく分かったな((当の本人は記憶が曖昧になっており、霊兎に指摘されてそれを思い出すとおぉ、と歓声をあげ。一方で影は霊兎へ対して少し嫌そうなジェスチャーを返し

  • 霊兎「そりゃどーも、さてさて飯はまだだろ?今作るからな」似合ってると言われれば仔柚の頭を撫でてから、ペーパーナイフを箱の中に戻して

           「お好み焼きか…ならついでにたこ焼きも作ってみるか?」仔柚からのリクエストを聞けばうれしそうに笑い

           「この青年って…俺だよな…」通り魔事件がヘドロに襲われた日と一致していると知れば、新聞紙を窓辺に置いてベッドの中に入って

           「……こいつがお前に戻れば記憶が戻るのか…?」仔柚の影の方に体を向ければ一度あいつに戻ってはくれないかと頼んでみて

  • 霊兎>>びっくりするくらい似合うわ…((思わず口元に手を当てマジマジとその姿を見るとグッ、とサムズアップを

    そうだなー…お好み焼きとかはどうだ?((霊兎の歩幅に合わせると、並んだ肩越しに少しはにかみ。その時に霊兎の背後に『お好み焼き』の看板が見えると、そのままそれを口に出して

    ((新聞には、流石にオカルトじみた黒いヘドロの事は載っていないが、連続通り魔による事件が増えている事が載っており。一方で、その新聞の片隅には行方不明者が多発していたが、霊兎が襲われて以降はそれが無くなったとの記事があり。

    …喧嘩?((霊兎が見た影の記憶では確かに喧嘩していたが、本人は覚えていない様子で眉を寄せ。反面に影は覚えているらしく仔柚相手にジェスチャーで罵り

  • 霊兎「ペーパーナイフ…?どれどれ…」手近にあった封筒を手に取れば、試しに封を切ってみて

           「ん、何かたべたいものはあるか?」仔柚に手を引かれながらも、横に並ぼうと少し早く歩いて


           「新聞…噂が本当なら…」あの黒いやつに関する情報があるかもしれない、そう思いながら新聞紙をとって広げて見て

           「……そういえばお前と影って喧嘩してたのか…?」仔柚の影の様子を見ればかばう仕草はなくなるも、依然として影の前からどかずにいて

  • 霊兎>>本当は風呂入ってる間に置いとくつもりだったんだけどさ…へへ((袋の中には古めかしいデザインのペーパーナイフが入っており
    …霊兎が使ってたら似合うと思って

    おぉー…珍しいとな…?やった!((霊兎の手を握り返して、優しく引きながら少し前を歩き
    じゃあ夕飯の買い物しに行くか!

    ((病室に特段の変わりはなく、カチコチと時計の音と喧騒が遠くで聞こえるのみ。食器は既に片付けられ、誰かが間違えて置いていったのか、食器の変わりに新聞が置かれており

    なぁ、何でだよ…俺の影だぜ?頼む…!((仔柚は苦々しい声で頼むものの、無理に手を出そうとするわけではなく。一方で影は嫌だと言うわけではなさそうであるが、むっ、と拗ねた様子で

  • 霊兎「え、いいのか?ありがとう、仔柚…」仔柚から小包を受け取れば、嬉しそうに笑って

           「ん?まぁ…基本的なものとあと……少し珍しいもの、ぐらいか?」歩きながらそう呟くと仔柚との手を握り直して

           「……妙だな…」眼鏡と蝶ネクタイをつけていそうな少年のセリフを呟くと立ち止まって辺りを見回す。
    前まではなかった噂が広まっていれば妙な不安に駆られ、駆け足で病室に戻っていき

           「……返してやりたいのは山々なんだけれどな…」現れた仔柚に安堵すると同時に何か引っかかるものを感じたのか、警戒を解こうとはせずにいる。
    しばらくじっとしてはいたがふと、自身の後ろにいる仔柚の影に目を向けて

  • 霊兎>>マジでありがとな、霊兎!ずっと大事にする!((ぎゅ、と水晶を握りしめて「加工…いや、勿体無いし…」とブツブツ呟きながら大事そうに箱へ戻して。一方で片手は影の中から包装された袋を取り出して
    …俺からも、遅れましてプレゼント…とか

    マジで!?やったー!((図鑑がもらえる、と聞けば目を輝かせ、小さく小躍りし
    な、な、どんなのがある?

    患者A:また出たらしいよ、黒い通り魔。
    患者B:あ、聞いたことあります。最近腕の怪我の急患が多いのはそのせいだとか…((霊兎が病室に帰る途中、急患が来たのかバタバタと慌ただしい雰囲気が廊下に広がり。それを見た他の患者はコソコソと何か噂を口々に

    お、おう…((名前を呼ばれると少しびく、と反応して。少し間を置いて霊兎が影を庇うようにしていることに気づけばそろりと手を差し出して
    霊兎、その俺の影返してくれないか?

  • 霊兎「まぁ、そうだな…」仔柚に感謝されれば照れくさいのか顔を背けて相手を見ないようにしていて

           「突くな、突くなって!俺は別にいい…というか、図鑑なら持ってるから必要ならやるぞ?」頬を突く仔柚の指をつかめば、そのままギュッと握りしめて

           「え、あ…い、いえ……診察?わかりました、ありがとうございます…」不意に声を掛けられれば驚いて看護師の方に振り返る。
    一旦気持ちを落ち着かせれば、例を言って雑誌をもとに戻して病室に戻り

           「なっ!?こ、仔柚…?来てくれたの…か…?」仔柚が現れれば驚きと嬉しさが混ざったような表情をして立ち上がるも、相手の様子が変に感じれば影をかばうように距離をとって

    【いえいえ、大丈夫ですよ!
       今年もゆっくり気長によろしくお願いします!】

  • 霊兎>>…!これ!((手のひらの上に水晶を乗せると、目をさらに輝かせて光を透かしてみせ
    …ありがとう霊兎!すっげー綺麗!!これ、見つけてくれたのか?

    あ、失敬な((ふざけて怒ったように眉を寄せるとぷに、と霊兎の頬を突っつき
    んー、魔法植物の辞典と育て方!霊兎は本買わねーの?

    看護師:あら、鎖神さん?如何されました?((資料室の他の患者を呼びに来た看護師が霊兎を見つけるとそう声をかけ。続けて退院できるかどうかの最終判断をする検査が昼過ぎにあることを告げ

    ((影はそれに嬉しそうに反応を示し。そうこうしているうちにガチャ、とドアが開き仔柚が現れるも、霊兎の顔を見て固まり
    …レ、イト?

    (/新年早々遅れてすみません!今年もまったりよろしくおねがいします!)

  • 霊兎「気に入ってくれるといいんだが…」中には未加工の水晶が入っており、光を当てると青く輝いて

           「お前が……本…?」仔柚の本がほしいと言う発言を聞けば怪訝そうな顔で相手を見るも、なんの本がほしいのか気になり、それを問うてみて

           「あった…!?確かアイツは…」珍しいものになりたかった、その言葉を思い出せばふと鏡を見る。
    そこに写った自分の姿と、周りにいる人々を見比べて見るも、多種族がいるこの世界ではあまり気にすることはないことなので、首を傾げては何が珍しいのかを悩んでいて

           「ん?あぁ…心配してくれるのか?ありがとう…でも考えてたのはお前のことなんだぞ?」そう笑顔で答えれば相手を再度抱きしめ、今度は軽く頭を撫でて

    【明けましておめでとうございます!
       今年も気長にゆっくりとよろしくお願いします!】

  • 霊兎>>俺に?良いのか…?((呆気にとられた顔で箱を受け取るも、徐々に嬉しそうに目を輝かせ「ありがとう」と。その後慎重に箱の包装を開けて

    俺?……本…かな。…うん、本!((ない、と言いかけたがフと思い付けば、嬉しそうに霊兎にそう言い

    ((最後に取った週刊誌の目立たない1ページの隅に、霊兎や生徒たちを襲った黒い影の写真が小さく載っており、記事には学校の近くの路地裏で珍しい格好の人が襲われているという都市伝説が載せられおり

    ((霊兎が悩んでいるようだと分かると、影は不安そうに、寄り添おうと近づき。

  • 霊兎「これか?……クリスマスプレゼント…?」仔柚に箱を渡せば開けてみなと言い、ほんの少し距離をとって

           「そうだな…あとは夕飯の材料を買うだけだが…」しばらく考えた後、仔柚にお前はないのかと問いかけて

           「……オカルト系の本なら何か…」ヘドロに関する都市伝説を探すもそのようなものは一切なく、途方に暮れながらも週刊誌を手にとって

           「……アイツの記憶…授業の内容全然きいてなかったな…」先程見えた自分の顔が仔柚の目に写った自分だと理解すると、同時にそれが授業中の出来事だとも理解し頭を悩ませて

  • 霊兎>>…ごめん、霊兎。((がば、と霊兎に触れた瞬間抱きつき、そう謝罪するとともに顔を上げ
    …その箱は?

    ん、俺の方こそごめんな。((ごち、と痛くない程度に額を合わせると、そう笑って。「霊兎、他に行きたいとこあるか?服とか家電?とかさ!」傘をくるくる、と弄びながら次に話題を出して

    ((資料室には古い新聞や、患者が読むための本、マンガ、週刊誌など豊富な資料が置かれており、チラホラと他の患者もおり

    ?((影は不思議そうな仕草をとり、そっと距離を開けて

  • 霊兎「あっ……」仔柚がキュッと目を瞑れば、片手で相手を抱き寄せて軽く頭を撫でる。
    それからもう片方の腕で仔柚の眼の前に包装された箱を見せて

           「ん……悪かった…」仔柚に手を引かれるままついていけば、ぽそりと小声で謝って

           「……都市伝説…それを調べればアイツを…」看護師が出ていけばそう呟きながら食事を済ませ、足早に資料室に向かって

           「なっ!?今の…俺…の顔だよな…?」仔柚の記憶を垣間見ればバッと顔を上げてから相手の影を見つめて

  • 霊兎>>…((気まずかったこともあり、思わずギュッ、と身構えてそれを受け

    よかった…霊兎から変なメッセージが来るからてっきり霊兎に何かあったのかと…((ほっ、と一息つけば、傘を構えて相手の手を取り
    よし、じゃあ行こうぜ!

    看護師:そう?最近黒いヘドロが襲ってくる、とかいう都市伝説があるくらい物騒らしいから…気をつけてくださいね((あはは、と顔の青い霊兎を気にせず笑いながら噂をすると、今度こそ病室を後にして

    ((仔柚の影は、本人の元にあった時よりもずっしりと重く、温もりもあり。しかし、その影に触れると仔柚の霊兎に関する記憶の一部が流れ。

  • 霊兎「あぁ…沸かしてくれたのか、ありがとうな」そう言って仔柚の頭を撫でようと手を伸ばして

           「え?あ、あぁ…怪我は無い…?」相手の思わぬ行動と言動に少し困惑しており、
    周囲からも段々と二人のことを注目され始めてしまい

           「昨日…?………み、見間違いだったんじゃないですか…?」昨夜の出来事が夢ではないとわかれば顔を青くし、咄嗟に誤魔化そうとして

           「…おかえり、仔柚…」仔柚の影に触れられれば、そっと相手を抱き寄せて

  • 霊兎>>…おかえり、お疲れ。((帰ってきた霊兎にそう声かけると風呂を指差し
    風呂沸いてる…飯はまだ。

    ん、霊兎から、だ…!?((相手からのメッセージを開くと驚き、あからさまに挙動不審な様子で周りを見渡して霊兎を探し。少しの間の後に霊兎を見つけると慌てて駆け寄って
    霊兎!大丈夫か!?どっか怪我してないか!?

    看護師:…あぁ、そういえば鎖神さん昨日の夜廊下を走っていたのを先生の一人が見たらしいのだけれど…何かあったの?((一旦病室を出て行こうとした看護師がふと思い出したかのように昨日の夜の話を口にし。

    ((影は戸惑うような様子を見せつつも霊兎に近付き、手首と首の後を労わるように触れて

  • ー しばらくして… ー
    霊兎「ただいま、遅くなってすまない」日も落ちきり、すっかり暗くなったところに霊兎が帰ってきて

           「あ、仔柚…」自分が先に仔柚を見つければ、
    悪戯心に火がついたのか相手に『イマ オマエノウシロ』とメッセージを送り

           「あ、いえ…なんでも…」看護師から朝食を受け取れば
    ゆっくりと食べながら黒い何かだった青年の事を考えていて

           「あ…外れたのか…?」首輪と手錠が外されれば、
    ベッドから降りて影の方へと歩み寄っていて

  • 霊兎>>…はーい((少しの間を開けて、そう素直に応じると鍵を受け取り。その後部屋に戻ると、ぼーっとイヤホンで音楽を聴き流して

    ((霊兎がメッセージを送信してしばらくすると、傘を差した仔柚が心配そうな顔でキョロキョロと周りのビルを見回しながら小走りで駆けてきて。

    看護師:おはようございます、鎖神さん。お加減いかがですか?((カーテンが開く音が聞こえると共に看護師のそんな声が降ってきて。看護師はそのまま何事も無いような様子で朝食を運び
    「どうかされました?」と

    生徒:う゛ぅ゛ぅ…((きっぱりとそう告げられると、生徒は唸り声に似た音を発していたものの、暫くするとすぅ、と溶けるようにその場から消え、同時に霊兎の首や手首に現れていた呪いも消え。一方、影はと言うと一度霊兎に招かれるがまま近づくも、何か狼狽えるように距離を取り

  • ー 放課後 ー
    霊兎「仔柚、今日は行くところがあるから先に帰ってくれ」仔柚に鍵を渡せばそそくさと教室から出ていって

           「……『どっかのビルの下』」ただそれだけを打ち込めば仔柚に送信し、
    壁によりかかるとあたりを軽く見回して

    ー 朝 ー
           「うっ…あれ……夢…だったのか?」自分がベッドに寝ていればそう呟いてから、
    再度掛け布団に包まって夜にあったことを思い出そうとして

            「…俺はあんたの顔も名前も知らないんだ、
                悪いがその気持ちには応えられない、
                俺の夢から消えてくれ」そう言いながら仔柚の影に手招きをしてこちらに誘導しようと試みていて

  • 霊兎>>…おう…((気まずそうにそれを聞けば、自分も学校へ行くための準備を始めて

    ((着信画面には「仔柚」と写っており、続けて「さっきはごめん、今どこ?」とメッセージが届き

    …そうか((眠ってしまった相手に向かってそう言うと、自分はベッドから抜け出し、代わりに相手を寝かせ。再び暴走しそうになる影を抑えながら病室を去り

    ((霊兎の手に影が触れるとばつん、とツギハギの方の手が弾かれ。弾かれたツギハギの足元からは影が分離し、所有者のいない影が一人分出来上がり。すると、ツギハギの体からは縫い目が無くなり、仔柚に似せていた容姿も普通の一般生徒へと戻り
    生徒:…どうして…何で?僕はただ君が好きなだけじゃないか…

  • 霊兎「………気にしてない」しばらくすれば着替えた霊兎が出てきて、
    ただ一言そう言うとさっさと玄関に向かっていって

           「ん?着信…誰からだ…?」震えた携帯電話を手に取れば画面に映る差出人の名前を見て

           「力…?幽閉…?そんなんじゃない、ただの学生だ」
    きっぱりとそう言うと眠くなってしまったのか、
    ウトウトと船を漕ぎ始め、終いには相手の寝ているベッドに倒れ込んでしまい

           「…やっぱり……その影は仔柚の影か…!」ツギハギが影を掴めば、こちらも咄嗟にその影に手を伸ばして

  • 霊兎>>…あっ((自分の無神経な一言が霊兎を怒らせてしまったと気付けばさっと顔を青くし、寝室のドアに駆け寄るとドア越しに話しかけて
    ごめん、っ!ごめん霊兎!

    ((あたりにはどんよりと暗くなった雲と、行き交う人々、ビルのコンクリートから垂れる雫のみが延々と続き。しばらくすると霊兎のポケットに入っている携帯がメッセージを受信したのか、小さく震え

    …お前には、膨大な力が眠っているんじゃないか?それなのに、あの部屋で、幽閉されているような…俺の、勘違いかもしれんが…((その視線に気付いたのか、特になんの気もなしにその断面を軽く撫で、ポツリと

    ((仔柚の影、と聞けばするりと霊兎との距離を縮めるも、ツギハギの方はそれを引っ張って止め
    ツギハギ:…どうしテ?どうしテ、イマそいつのナマえがデテくるの…?

  • 霊兎「ここに描いてあることを覚えればいい!」強い口調でそういえばさっさと寝室の中へと入っていってしまい

      「……なにやってるんだかな…」そうボヤけばしとしとと雨が降り始めてくる。
    近くのビルに雨宿りするもふと仔柚はどこかと辺りを探し始めて

      「俺の部屋のことか…?………なにも…毎日同じようなものを…って、何言っているんだ俺は…」
    相手のなくなった腕を見れば罪悪感に襲われたのか、その腕から目を逸らす。
    問いかけには独り言のように呟いて

      「…お前は……仔柚の…あいつの影…なのか?」だんだんと近づく影にそう問いかけて

  • 霊兎>>ほ!?((突然の霊兎の声と行動に驚き奇声をあげるも素直にノートを受け取り
    …霊兎?どした?

    あっ!代金!ってかおい!((一瞬呆気にとられるも、慌てて霊兎の後を追いかけ
    霊兎!

    …赤い目、お前はあの部屋で何を見る?((青年の赤い目を見つめると、相手のことをそう呼び。目が合うことでふと最初会った時の部屋のことを思い出せば

    ツギハギ:嬉しいナ…ヤッと、ヤツト受け入レてくれルンだネ…((ゆっくりとソレが霊兎に近付けば徐々にずりずりと影の蠢きが激しくなり

  • 霊兎「………えぇいっ!!」絵を描いたノートのページを破り取ればくしゃくしゃと丸めて、
    次のページをびっしりと文字で埋め尽くせば仔柚に渡して

      「んッ…!っハァ…ご馳走様でした!」一気にラーメンをたいらげれば、
    席を立って二人分のお代を置きそのまま店を出ていき

      「…今でも十分珍しいだろ……腕は…そうか…」相手の青い目を見れば無意識に惹かれてしまうのか、
    その眼をじっと見つめていて

      「…わかった……おいで…?」深く深呼吸をすれば、
    両腕を小さく広げて受け入れる体制になり 仔柚

  • 霊兎>>…むむ…((説明を聞けば顔色が少し明るくなるも、図を見た瞬間更によくわからないというような顔をして
    …?これってニワウルシだよな?何で横にドライヤーみたいなのがあるんだ?

    えっ、それは無し!ちょちょ、ま、ずるい!((えっ、と驚いた顔をした次の瞬間慌てて霊兎と距離を狭め

    …珍しいモノになりたかった。…そうすれば、自己肯定ができると思った。((ぽつり、とそう呟けば青年に向かい直り、「信じてもらえないとは思う。だが、襲うつもりはなかった…すまない」と無理やり体を起こして頭を下げ
    ……腕は、多分治らない。

    ツギハギ:ソウだよ。霊兎、君と僕だけの世界だ!((やや気が触れたかのような甲高い声で笑うと、それに呼応するようにツギハギの足元の影が蠢き、更に霊兎の腕の手錠もパチパチと音を立てて

  • 霊兎「これは図の描いた時期が古いからこのままやると効率が悪くて…」
    薬材の処理の仕方等をノートに簡単に示そうと絵を描くも、
    どれも画伯()のような絵になってしまっていて

      「……じゃあ俺のは飲ませてやらないからな…」
    仔柚がそう言うとムッとした表情になり、
    気持ち少しだけ仔柚から離れようとして

      「ッ…!?」一瞬、また襲われるかと思い身構える。
      「……お前は…なんで俺を襲ったんだ?それにその腕は…」
    自分が傷つけた相手の腕を見れば、静かにそう問いかけて

      「…これは……夢…なのか…?」ツギハギを目にすれば目を伏せてそうぼやく。
    そして再度自分の腕に目を向けると手錠に触れて 仔柚

  • 霊兎>>ここ。魔法薬学253頁…ニワウルシの皮の剥ぎ方…と、その後どう処理するか((教科書のページを開いてその部分を示し

    秘密でーす。黙秘権を使いまーす((引いている霊兎をそのままに、少し嬉しげにラーメンを食べることを再開し

    …ᛀᚣ⌭▞▕▏▏▖▞▚!((相手の赤い瞳と自らの青い瞳がかち合えば、一瞬青の瞳に荒れ狂う光が宿るも、体力がもうないのか息が上がるのみで。少しの間を開けると先ほどの静かな瞳へ戻り
    …ッ………すまない…

    ((霊兎の視線の先には、先程のツギハギがおり、霊兎の視線に気づけばニンマリと笑んで
    …やっぱり気付いてくれたんだね…

  • 霊兎「……それで、どこがわからないんだ?」仔柚に体を寄せればそう問いかけて

      「な、何がだ…!?」いきなり感謝されれば困惑し、
    少し身を引いていて

      「龍…?神…?何を言っているんだ…?」相手の零す言葉に耳を傾けていれば、
    聞きなれない言葉を聞いて思わず青年の方を向いて

      「……ここは…本当に夢…なのか…?」感じる痛みと感覚が霊兎にそんなことを思わせる。
    ふと、視線を感じ取ったのかハッと辺りを見回して

  • 霊兎>>…いいのか?((珍しくおずおずと霊兎の顔色を伺い、教科書に続いてノートを取り出し

    …ありがとうございます!((器に引っかかったレンゲを素早く手に取ると視線を霊兎に戻して。小声であるもののやや迫力のある声で

    ((無造作に伸びた金髪の間から瞼を開けば、目だけで相手を辿り。その姿を見ると独り言に近く、掠れ声で謎の言葉混じりに
    …白い姿に、赤い瞳の龍……昔…神の使い、と…

    ((霊兎の腕には一見何もなく見えるが、よく目を凝らせばゆらゆらと陽炎のような赤い線が現れたり消えたりしており。それは手錠をかけられていた手首にぐるりと回っており

  • 霊兎「………ちょっとだけだからな?」隣に座った仔柚を横目で見れば、
    そう言ってテレビの音量を下げて

      「ん?あぁ、悪い、あんまりスープが混ざるのが嫌でな…
       って気にし過ぎかもしれないが…」
    仔柚の反応を見ると申し訳なさそうにそう言い

      「……怪物のままでいてくれたら放っておいたさ…」
    カーテンの隙間からは月明かりが霊兎を照らしており、
    怪物であった相手を見たくないのか、紅い瞳は虚空を見つめていて

      「うづッ…!?な、なんで…もしかしてここって…」
    自分の首に何かがある、そう確信すれば掛け布団を払い自らの腕を見て

  • 霊兎>>…大丈夫そうなら、ま、いっか!((一瞬迷うも、気にしていなさそうな霊兎を見ると安心し。霊兎の横に座ると渋々自分の鞄から教科書を出して

    だ、ろ…((美味い、と聞けば得意げににっこりと笑うものの戻ってきたレンゲをガン見して

    …どうして、連れて来たんだ…((ベッドに寝かされると目を閉じたまま問いかけ

    ((喉には何もないものの、喉から少し離れた箇所に何か目には見えない輪のようなものがあり、ソレに触れると鈍い痛みが走るようで

  • 霊兎「ん?なんのことだ?」仔柚にそう聞かれれば首を傾げるも、
    特に気にすることなくソファーに座ってテレビをつけて

      「ん、ちょっと借りるぞ?どれ…」仔柚からレンゲを取ればそれでスープを少し飲み、
    美味いなと言葉をこぼしてから相手にレンゲを返して

      「やっぱりこいつは……さっきの…」この青年が化け物であることを確信すれば、一度は置いていこうとする。
    しかし見捨てられないのか、彼をおぶって自分の病室のベッドに寝かせて

      「いっ…!?な、なんで…?」痛みで飛び起きるも何が起こったのか理解できていないようで、
    今度はおもむろに自分の首に触れ、何があるのかを確かめようとして 仔柚

  • 霊兎>>…大丈夫か?((ゆるり、と霊兎に倣い、微笑むもやはり気になるのか心配そうに
    …過去のことか?

    へいへーい((ずずず、と麺をすする音が聞こえるとすぐに目を輝かせ
    …うっま!霊兎これ食ってみ!

    ((青年の外観は大小形様々な傷まみれであり、先ほどの怪物と同じく右腕がなく。しかし、どの傷からも黒い雫は出ておらず、又、血液も一切滴らず。

    ((じり、と霊兎の指が首に触れた瞬間静電気とも火傷とも言えない僅かな痛みが一瞬走るも、特に何か起こるわけでもなく。

  • 霊兎「…よし、ありがとうな仔柚」そう言って仔柚を解放すれば相手の頭撫でて微笑み掛けて

      「いいから食べろ、伸びるぞ?」仔柚にからかわれれば、ムッとした表情になり相手を気にもとめずにラーメンを食べ始めて

      「え…あっ!」その青年が倒れればとっさに駆け寄って介抱する。
    そしてその体を眺めればふと「さっきの化物…なのか…?」とこぼして

      「………はぁ…」誰の声も聞こえなければベッドに再度倒れ込む。
    そして再び眠りにつこうとまぶたを閉じるも、
    ふと夢の中で影につけられた首輪を思い出し、
    そっと自分の首に指を当ててみて

  • 霊兎>>((自分もそれに習うと抱きしめ返して
    霊兎の愛が痛い!けど嬉しいのでこれで良し!

    …の、割には口元にやけてんぞー?可愛い奴めー!((満更でもなさそうな霊兎の顔を見るとニヤニヤしながら、霊兎の頰をむぎゅ、と親指で押して

    …((その人の姿のものは何か告げようとするが、すぐにその場へ倒れ込んでしまい

    ((部屋の中には暗がりが広がり、その空間には時計の秒針が動く音と、霊兎が呼んだ名前のみが響いて

  • 霊兎「ん、頼りにしてる…」そう言うと仔柚の背中に腕を回し、
    そのまま潰さんばかりに力いっぱい抱きしめて

      「そうか?普通だろ…?」仔柚に褒められれば
    満更でもないのか口元が少しにやけていて

      「ひ…ひと……なのか…?」先程まで聞こえていた化物の足音がなくなり、
    代わりに出てきたのが人となれば警戒しないわけもなく、
    辺りを見回して逃げ道がないか探していて

    ー しばらくして… ー
      「……こゆず…?」目を覚ませば上体を起こして辺りを見回す。
    そこに仔柚の姿がないことが分かれば相手の名を呼んで

  • 霊兎>>霊兎が苦しい時、しんどい時、俺は声がけくらいしかできないけど…すぐ、言って欲しい。((思うところがあるのか、霊兎の頭を撫でながらそう囁きを続け
    …俺の、わがままだけど。

    いてっ!はぁーい…((小さく抓られたことに対して抗議の声を上げるもすぐに返事をして。霊兎の割り箸を横目でちら、と見ると
    おぉ、すげ!霊兎器用だな!

    ((途中から足音は段々とひたひた、という怪物の足跡から人の足音へと変わり。屋上にその足音と共に上がったきたのは先程とはかなり姿の違う人の姿であり、強い風に煽られ金髪がその顔を隠して

    …おやすみ、霊兎。((安らかに眠る霊兎を見ると、布団をかけ直してからベッドの側を離れ。部屋を出る前に霊兎の頰にこっそりとキスして何か唱えると
    …良い夢を。

  • 霊兎「………」近くで仔柚が微笑めば、
    恥ずかしいのか相手の肩に顎を乗せ直視しないようにして

      「うっさい、……自分で割ったものくらい
       自分で使ってやれよ」可愛いと言われて恥ずかしくなったのか相手の太ももを指で抓る。
    それから自分も割り箸を取ればほぼ均等に割っていて

      「寒っ……っ!まだ来る…」秋の冷たい風はその身にはこたえるようで、身を震わしてしまう。
    しかし、化け物の足音が聞こえると急いで柵の方まで逃げて

      「仔柚……ごめん…」とんとんと優しく叩かれれば段々と意識が遠のいていく。
    意識を手放す寸前で仔柚の名を呼べば、安心したのか安らかな表情で眠ってしまい

  • 霊兎>>…ごめんな、不安にさせたよな…((じっ、と霊兎の眼を見つめてそう言うと、安心してほしいと言う願いを込めて微笑み
    大丈夫、俺はお前の味方だから

    霊兎が可愛いからなー…断言はできな…よっし、キター!((料理が運ばれてくると小さくガッツポーズをして「いただきます!」と勢いよく割り箸を割るも、9:1比の綺麗に割れていない割り箸になり
    …霊兎コレいる?

    ((夜の街で冷えた秋風が、ビルの間で研ぎ澄まされ、青年の髪を揺らす。その強い風の音でかき消されそうではあるが、ぴちゃり、ひたり、と僅かな水の音が響き

    …おう!霊兎がいいって言うまで存分にいるからな!((霊兎からのお願いに思わず満面の笑みで答えると霊兎の近くへより、とんとんと小さい子を寝かしつけるかのように軽くさを叩いてやり

  • 霊兎「……え?」仔柚に抱きしめられ身動きが取れなくなってしまうと、
    何が起こっているのかわからずただ呆然としてしまう。
    しかし、相手が耳元で囁やけばそれに従い、
    相手の顔を見ようと首を動かして

      「ったく、もうやるなよ?」そう言って鎖を解いた瞬間、
    店員もタイミングを見計らっていたのかその瞬間に料理を運んで来て

      「屋……上……っ?」自身がどこにいたのかも把握できずにいたため、
    屋上に付けば我を取り戻し辺りを見渡す。
    日も完全に落ちきって空には月と街の光が
    微かに屋上を照らしていて

      「………悪い、仔柚…もう少し…そばにいてくれないか…?」仔柚の服の袖を掴めばそう言っうも、
    顔を隠すように相手から顔をそらしていて

  • 霊兎>>…((その姿に幼少期を思い出すと、咄嗟に霊兎の身体を抱きしめて。霊兎の後頭部に片手を添えて、動きを制限すると耳元で小さく囁いて
    …霊兎、ごめん。俺を見て

    うぐぬぬ…完膚なきまでに論破されたでござる((自分でも軽く鎖を引っ張ってみるも、外れる様子のないそれに軽く溜息をついて

    ((影はビチャビチャと追いかけてくるものの、段々とその音が遠ざかり、病院の屋上に着くと影の追いかけてくる特徴的な音はもう聞こえず

    …霊兎が優しいのはすっげぇ嬉しいけど、嫌な時は嫌って言っていいんだからな?((心配そうに霊兎を見るも、少し嬉しそうに頰を緩ませ
    さ、霊兎はもう少し休めよ?

  • 霊兎「仔柚…」仔柚に腕を掴まれれば何を思ったのか顔を伏せて目を瞑る。
    まるで怒られている子供のようにただ相手を見ないようにしていて

      「じゃあそのお店でイタズラしたのはどこのどいつだ?ん?」仔柚からコップを奪い取れば自分たちの席の前に置くも
    一向に鎖を解く気配はないようで

      「はっ…ハァっ…っ…!」もはや周りすら見えていないのか、
    医師にぶつかっても気にも留めないどころか、
    息を切らし無我夢中で黒いなにかから逃げることで頭の中が支配されているようで

      「だ、大丈夫…!気にするな…!」そう言うと
    自分の指を啄んだ影の鳥を人差し指で頭であろう部分を撫でて

  • 霊兎>>…霊兎?((立ち止まった霊兎がいつもの雰囲気と違うと気付けば自然と名前を呼ぶ声にも自然と力が入り。不安な表情の霊兎を見るや否や、考えるよりも先に霊兎を捕まえて

    イダダダ!ごめん!ごめん霊兎!でもここ店だから!お店だから!((慌てて手をバタつかせるも、鎖が相手では打つ手がなくヒィヒィと情けなく悲鳴をあげて

    医師「おや、鎖神君。病室へ戻らないとダメだよ。」((幸か不幸か廊下には病院の医師がおり、青年を見つけた途端に声を掛けてくるが、腕の傷にはまだ気づかないようで。一方で黒い影は血の跡を辿り、廊下の遠くから、ビチャリビチャリと、特徴的な足跡らしきものが聞こえ始めて

    あっ!こら!((霊兎が声を上げると、その原因が自分の影であることが分かったのか自分の影を叱咤し
    ごめんな、霊兎!大丈夫か?

  • 霊兎「あ、悪い…こういうのは嫌だったか…?」仔柚が追いかけてくれば立ち止まって相手の方を向く。
    そこにはとても不安そうな表情をしている霊兎いて

      「そうだな”ッ”!!?……っお前なぁ!?」仔柚がイタズラをすれば相手の両頬に
    鎖を接続し左右に引っ張り

      「あっ…逃げっ……逃げるって…!」少々もたつきながらも
    手の傷を抑えながら病室から出ていく。
    しかし、彼のあとには点々と血痕が残されていて

      「うっ…!?」仔柚の影が指を啄めばビクッと体を震わせて驚いて

  • 霊兎>>…っ、ずっりぃ!((霊兎が離れると一度捕まえようとするもその手は宙をかき。慌ててその後を追うと
    なんでそんなに霊兎って…んんー…

    店員「はい、少々お待ちくださいねー!」
    仔柚「お店のいい匂いって腹減るよなー」((店員が注文を聞いた後に、こっそりと持ってきたお冷をなんの気も無しに霊兎の首元に押し当て

    ((その後も黒い影は何度か青年に襲い掛かろうとするも、何かに邪魔をされるような動きが続き。するともう一度「逃げろ青年、いますぐに!」と同じ声が急かして

    …まぁ、俺が霊兎のこと好きってこともあるけど…((ゴニョゴニョと言葉を濁しながらそう呟くと、本人は気づいて気付いていないものの、幾分か縮んだながらに小さな鳥のような形をとって霊兎の指を甘噛みし

  • 霊兎「………さて、飯を食べようか」髪を撫でられれば目を細め、
    仔柚の唇にキスをしてから離れてそう言い

      「ん、すいませーん!」仔柚の提案に頷けば、
    店員を呼んで注文をして

      「なっ!?……何が…どうなっているんだ…!?」
    飛びかかってきた黒いモノに怯めば尻もちをついてしまう。
    しかし目の前でそれが弾かれれば、訳も分からずただ呆然としていて

      「美味いもの……それが俺…なのか?」仔柚の話を聞けば、
    視線を落として相手から目を逸らす。
    そして気づかれないようにそっと、相手の影に触れようと手を動かして

  • 霊兎>>…そうさなぁ…((ゆるり、と霊兎の近付いた頰に触れ、目元を辿ってサラリとしたその黒髪に指を通すと
    …俺、小さい時から宝探しは得意だったかんな!とびっきりキラキラしてるやつ!

    食う!((目を輝かせてメニューを覗くと
    じゃあさ!俺チャーハン頼むから半分ずつ食おうぜ!

    ヴ′^.亜≡ァ礙叵ァ‼︎((しばらくその場でのたうつものの、何かに弾かれたように霊兎へ向かって黒い影が飛び掛かる。しかし、途中で何かにぶつかるかのような動きで、壁にぶつかり

    …んー、説明が難しいな!例えるなら野生動物みたいなもんだ。一度美味いものを知ったら、それに執着を持ち始める。他のものが目に入らなくなる。((自分の指をチラと一瞥し、親指と人差し指を擦り合わせるも、すぐに話を元に戻そうと

  • 霊兎「知ってるよ、お前が教えてくれたんだろ?」そう言うと互いの額をくっつけて

      「…しかし、いろんなラーメンがあるのは驚きだな…」
    メニューを眺めながらそう言えば、餃子に指差し
    仔柚に「餃子食うか?」と尋ねて

      「え…は…逃げろ…って……」不意に聞こえた声に唖然とするも、
    現在地は3階で出入り口までは黒いものの横を
    通らなければならない為何もできずにいて

      「仔柚…?」普段と違う様子の相手を
    不思議そうに見つめる。
    しばらくすると指先の異変に気がついたのか相手の名前を呼んで

  • 霊兎>>そ、そんなもんか?((霊兎と向き合う形になると思わず目を一瞬晒すも、すぐに目線を霊兎の眼に合わせ
    ……昔から思ってたけどさ、霊兎の目、綺麗だな

    …霊兎のそういうとこ、俺好きだぜ!((もはや呪文の詠唱にも似たそれを聞き流すと、グッとハンズアップして
    俺ミソカツラーメンバリカタネギマシマシで!

    ア゛〃…血だ。h#1゛!((黒いドロドロの顔面を、体の中から伸びる暗い両手が覆うように抑える中、指の間からギラギラと覗く目がだんだんと増えて行き、そんな中ハウリングの混ざらない声が一言「逃げろ、青年」と静かながらも強く響き

    あぁ。光があっても、その光に当たるものがなければ影は存在できない。だけど影にもルールがあってな。((そう言いつつ霊兎の胸に置かれた手の指先はほんのりとぼやけ始め

前回のスレに戻る

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします