[ 和風ファンタジー、NL受け募 ] 鬼隠し なりきり掲示板

[ 和風ファンタジー、NL受け募 ] 鬼隠し 

  • どうも( ・ิω・ิ)
    琥珀です( ・ิω・ิ)
    受け様を募集したいと思います( ・ิω・ิ)(

    なるべくロルが巻ける方だと…!




    受けの少女の家柄は特別で、生まれてくる女性所謂陰陽師の様な異質な能力を持っていた。
    ‘‘魔‘‘を祓う事が出来たり、其れを封印する事が出来たり…。勿論、他の人達にはウソだ妄想だと馬鹿にされるけれど、それらは全て事実。
    ある日、霊感の強い叔母から‘‘この家から少し離れた黒い鳥居の神社には入っていけない‘‘と言われる。
    後から聞いた話、其処には‘‘大嶽丸‘‘と呼ばれる強力な化物が棲んで居るらしい。
    然し、学校のクラスメイトからの虐めが原因でその神社の中に閉じ込められてしまう。‘‘出して‘‘と泣きながら乞う少女は、ある者を見てしまう。

    特別な家柄に生まれた少女が、鬼神の封印を解いちゃって妖の世界に入り込んじゃう話。
    みたいな大嶽丸×霊感のある少女やりたい、和風ファンタジー、微ホラー??
    長期出来る方、ロル5行以上組める方募集


    設定↓


    大嶽丸 -オオタケマル-

    性別 /♂
    年齢 / 不詳
    種族 / 鬼神
    一人称 / 僕
    身長 / 170

    性格 / 鬼とは思えない程軽い性格をしている。何時もにこにこと笑っていて何を考えているのか解らないが、その反面は残虐の限りを尽くした大妖怪。

    容姿 / 腰までの長さのサラサラと癖の無い漆黒の髪を後方で一つに結い、余った髪をもみあげの辺りで長く下ろしている。
    瞳の色は血の様な紅で、肌の色は不気味に白い。
    見るだけで重そうな銀の枷が四肢と首に掛けられており、それら一つ一つに古錆びた御札が貼られている。
    全体的に華奢で、細身。

    服装 / 赤色を基調とした大正軍服と長ズボンに、黒の革靴。
    肩に、黒の羽織物を羽織っている。頭には軍帽を被っている。

    概要 / とある神社に封印されている禍々しき鬼神。
    数多の妖と人間を殺し、‘‘ 三明の剣 ‘‘ と呼ばれる剣を腰に下げて持ち歩いており、その剣を持っているとまともに傷を付ける事さえ出来ない。つまり、その神剣を持っていれば不死身。弱点と呼べる弱点も人間に突ける様な物は無かったが、仲間に裏切られ剣を失い首を跳ねられては神社に封印される事となる。
    鬼神とは思えぬ華奢で整った容姿をしているが、それが本当の姿と言う訳では無い。
    此の化物に好かれてはいけない。好かれてしまったら、その命尽きる迄狂気に呪われる事となる。


  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • どうも( ・ิω・ิ)
    琥珀です( ・ิω・ิ)
    受け様を募集したいと思います( ・ิω・ิ)(

    なるべくロルが巻ける方だと…!




    受けの少女の家柄は特別で、生まれてくる女性所謂陰陽師の様な異質な能力を持っていた。
    ‘‘魔‘‘を祓う事が出来たり、其れを封印する事が出来たり…。勿論、他の人達にはウソだ妄想だと馬鹿にされるけれど、それらは全て事実。
    ある日、霊感の強い叔母から‘‘この家から少し離れた黒い鳥居の神社には入っていけない‘‘と言われる。
    後から聞いた話、其処には‘‘大嶽丸‘‘と呼ばれる強力な化物が棲んで居るらしい。
    然し、学校のクラスメイトからの虐めが原因でその神社の中に閉じ込められてしまう。‘‘出して‘‘と泣きながら乞う少女は、ある者を見てしまう。

    特別な家柄に生まれた少女が、鬼神の封印を解いちゃって妖の世界に入り込んじゃう話。
    みたいな大嶽丸×霊感のある少女やりたい、和風ファンタジー、微ホラー??
    長期出来る方、ロル5行以上組める方募集


    設定↓


    大嶽丸 -オオタケマル-

    性別 /♂
    年齢 / 不詳
    種族 / 鬼神
    一人称 / 僕
    身長 / 170

    性格 / 鬼とは思えない程軽い性格をしている。何時もにこにこと笑っていて何を考えているのか解らないが、その反面は残虐の限りを尽くした大妖怪。

    容姿 / 腰までの長さのサラサラと癖の無い漆黒の髪を後方で一つに結い、余った髪をもみあげの辺りで長く下ろしている。
    瞳の色は血の様な紅で、肌の色は不気味に白い。
    見るだけで重そうな銀の枷が四肢と首に掛けられており、それら一つ一つに古錆びた御札が貼られている。
    全体的に華奢で、細身。

    服装 / 赤色を基調とした大正軍服と長ズボンに、黒の革靴。
    肩に、黒の羽織物を羽織っている。頭には軍帽を被っている。

    概要 / とある神社に封印されている禍々しき鬼神。
    数多の妖と人間を殺し、‘‘ 三明の剣 ‘‘ と呼ばれる剣を腰に下げて持ち歩いており、その剣を持っているとまともに傷を付ける事さえ出来ない。つまり、その神剣を持っていれば不死身。弱点と呼べる弱点も人間に突ける様な物は無かったが、仲間に裏切られ剣を失い首を跳ねられては神社に封印される事となる。
    鬼神とは思えぬ華奢で整った容姿をしているが、それが本当の姿と言う訳では無い。
    此の化物に好かれてはいけない。好かれてしまったら、その命尽きる迄狂気に呪われる事となる。


投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします