恋愛をしよう!姫原学校!!新規なので、ジャンジャン生徒募集!なりきり掲示板

恋愛をしよう!姫原学校!!新規なので、ジャンジャン生徒募集!

  • ココは、姫原学校という男女共学の学校。

    ルール
    ・いじめなし!
    ・裏行為は別スレで!
    ・この学校内での行為は、キス、Dキス、押し倒しのみ可とする。

    校長は、百瀬久留巳と同一人物です。

    名前/百瀬久留巳(ももせくるみ)
    学年/高校一年生
    性格/おとなしい性格、だが、微笑むこともあるが、大笑いはしない。気遣いができる。優しい。顔を赤くすることが多い。恥ずかしがりや。
    用途/153センチの小柄な体系。髪は、きれいなストレートで長い。普段は横縛り。
    その他/彼氏を持ったことがないので、この学校で彼氏を持つ!ことが目標。母親が亡くなっていて、いつも暇があれば母の写真を見つめている。
    一言/あっ…よろしくおねがいします…///(頬を赤くし

    入学者は届け出を出してくださいねー
    名前/ふりがな
    学年/高校 年生
    性格/
    用途/
    一言/

    ココの掲示板に来るのは初めてなので、いろいろ教えてもらえるとありがたいです。

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • こんにちは
    校長さんいるかな?
    入学したいんだけど、

  • 春奈>
    ああ、至急来い
    俺じゃ対応出来ねぇ…よろしくな(簡単に電話をすませ辺りを簡単に見渡し溜息をもらし)

  • 春奈〉
    ん、宜しくな
    (ニッと笑う)

  • 凜くん>
    ・・・
    (少し顔を上げると、泣きはらした顔で相手の後ろ姿を見つめ)


    静珠ちゃん>
    静珠ちゃん、ね。宜しくっ。
    (相手の名前を確認する様に復唱すればニパッと明るい笑みを浮かべて)

  • 凜〉
    ふぅん…
    (その場に寝転がる)

    春奈〉
    あたしは鴉矢静珠…
    (名前を言い終わるとあくびをする)

  • 春奈>
    こっから居なくなったらただじゃおかねーぞ(それだけを言い残しケータイを取り出すと来た道を戻り)

  • 静珠ちゃん>
    ・・・初めまして。中村春奈ですっ
    (少し間を置くとニコッと愛想の良い笑みを浮かべて軽く自己紹介をし)

    凜くん>
    ・・・、
    (顔を俯かせたままコクリと小さく頷き)

  • 春奈>
    …お前が無理をするなんてどんだけ切羽詰ってんだよ(相手の頭を撫で優しく言うと「蓮を連れてくるから待ってろ」と付け加え相手の頭から手を退かし)

  • 春奈〉
    うん、キミしかいないよ…
    (相手をじっと見て首を傾げる)

  • 静珠ちゃん>
    んぇ?・・・・あ、春奈の事かぁ‥ッ
    (相手の言葉を聞くとキョトンとしてから、自分の他に誰か居るのかな、と思いキョロキョロと辺りを見回すが、自分と相手以外に人は居らず、自分だと自覚すればヘラリと笑みを浮かべて言い)

    凜くん>
    ・・・ッ、
    (声を押し殺し、意地でも相手に泣き顔を見られぬ様にと両手で自分の顔を覆い)

  • 鴉矢>
    …よぉ、屋上には誰もいねーぜ(階段を降りていると見回りに来た教師に会い相手がいるのを知っていながら教師に嘘をつき教師を追い返し)

  • 凜〉
    …それもそうだな…センコーに見つかるとうるせェからな…
    (ゆっくりフェンス内に戻る)

  • 鴉矢>
    …そろそろ教師が来る
    ここからでた方がいいぞ、あとが面倒だ(扉に手をかけ相手を見ずに言うとのんびりと屋上をあとにして)

  • 凜〉
    なんだよアイツ…愛想悪いな…
    (呟きながら屋上のフェンスの外に出る)

  • 鴉矢>
    あぁ?なんか文句でもあんのか?(怪訝そうに眉間にしわを寄せるとぼりぼりと頭を掻き首を傾けるとあくびをもう一度漏らし扉へと向かい歩みを進め)

  • 凜さん〉
    やっぱり屋上には誰もいないな〜…って誰かいた!
    (辺りを見回し相手に気付き)

  • 春菜>
    なんでもねぇことないだろ?(溜息をもらすと相手の横に腰をかけ周りを見渡し)

    鴉矢>
    …んぁ~よく寝た(ムクッと突然起きあがると物陰から現れ相手に気づき見やれば首を傾げ)

  • 春奈さん〉
    ん?キミ、誰?
    (相手に気付き後ろを向き首を傾げる)

  • 凜くん>
    ・・・ッ‥!・・・っな、んでもな‥、い‥っ
    (漸く相手に気付くと、驚くが顔を隠す様に相手に背を向けて止まらない大粒の涙をごしごしと拭い)


    静珠ちゃん>
    ・・・・あれぇ‥、こんな寒い時期に人がいる‥。
    (気分転換にと思い屋上を訪れ。屋上のドアをゆっくりと開け、中の様子を見ると、普段見慣れない女子生徒の姿があり、上記を呟くと屋上に足を踏み入れ)

  • ALL〉
    ― 屋上 ―

    はぁ…暇だな〜…
    (ため息を付き呟く)

    雅龍さんPL/参加許可有り難うございます!

  • 春菜>
    …春菜か!
    どうした!?(相手だと確認すると驚いた様子で相手に近づき)

    コロナ様>
    特に不備などは御座いませんのでALLで絡み文の投下をお願いします

  • ― 参加希望 ―
    名前/鴉矢静珠(カラスヤ シズ)
    学年/高校1年生
    性格/元気で活発
    用途/髪は黄色で目は漆黒。ショートカット。身長145cm。制服の下にオレンジのパーカーを着ている。クロスのチョーカーを付けている。スケボーが得意。喧嘩大好き。
    一言/とりあえず、宜しく〜

  • 凜くん>
    ・・・・ッ、っひ、ぅ‥っ
    (物音一つしない為にか相手には全く気付かず、そのままの状態で)

    pl/すいません、有り難う御座います!
      では、本体はここら辺で失礼しますねっ^^*

  • 春菜>
    …昼飯どーすっかなぁ♪(売店への近道で裏庭を偶然通りかかると相手を見つけるが誰か分からずゆっくりと近づき)

    いえいえ、気にしないで下さい
    自分も顔をだしてなかったのでお互い様ですよ(^^)

  • ALL>
    も、やだ‥ッ。
    (人通りの少ない裏庭にボロボロの姿で座り込み、
    下を向いてぽろぽろと涙を流していて)

    pl/私が中々顔を出せなかった為に大分前のレスとは時間が空いてしまったので、
      新しい絡み文の投稿をさせて戴きます。すいません。/礼)

  • 春奈>
    …するか?(不思議そうに首を傾け)

  • 凜くん>
    ・・・良い匂い。
    (相手に訊かれると、くんくんと甘い匂いを嗅ぎ、頬を緩めれば)

  • 春奈>
    …なにニヤケてんだ?(眼を細め)

  • 凜くん>
    ・・こけないもん。
    (ぷく、と頬を膨らませると、少しだけ風が吹き、その風に乗って甘い匂いがすると笑みが浮かんできて)

  • 春奈>
    …だからって走ったらこけるぞ(けらけらと可笑しそうに笑い冗談を言い)


  • 凜くん>
    ・・・むっ・・。・・・だって・・、楽しみなんだもん・・・。
    (ガキか、と言われては不満そうにするも、少しおとなしくなって上記を言い)

  • 春奈>
    おまえはガキか…?(溜息をつき速度を変えることなく)

  • 凜くん>
    ・・・早く早くっ
    (店を発見した後、たた、と小走りで店の方へと行って、よほど楽しみなのか、嬉しそうな笑みを浮かべると相手を手招きし)

  • 春奈>
    そうみたいだな(頷くと速度を変えることなく店へと歩き)

  • 凜くん>
    そうだねぇ・・・
    (相手の言葉を聞くと此方もきょろきょろと周りを見て)
    ・・・あ、あれかなぁ?
    (外装の可愛らしいお店を見つけると指を指し、其処の看板には【MILK】と書いてあり)

  • 春奈>
    …そろそろ着くころだよな?(腕時計を見るとあたりの店を探し)

  • 凜くん>
    あ、そっか。
    (相手の言葉を聞けば、頭が弱い為か、納得してしまい)

  • 春奈>
    フォローしたろ?男子ほどではねーって(けらけらと笑い)

  • 凜くん>
    む−ぅ、ちょっとくらいフォローしてよぉ。
    (相手が認めてしまうと、自分で言ったものの、何となく悔しく、頬を膨らませると)

  • 春奈>
    かもな?
    男子ほどじゃねーけどな(クスクスと可笑しそうに)

  • 凜くん>
    ・・・そっか。・・女の子も子供だけどね?・・・あ、春奈だけか。
    (相手の言葉に、つい笑みを零して返事すれば、女の子の事も言うが、よく考えれば自分だけかも、と思い)

  • くるみ>
    無理に分かろうとすんなよ、ちょっとずう分かっていけや(ニッと笑むと相手の頭を撫で)

    春奈>
    男はいつまでたっても子どもなんだよ(へらへらと笑い)

  • 凜くん>
    ・・・っふふ、子供か。
    (相手のお茶目な様子を見ると突っ込むかのように上記を言ってみて←)


    久留巳ちゃん>
    ・・・え、・・・あんな美味しいのに・・、
    (相手の言葉を聞くと、驚き上記を呟き)

  • 凛>
    う、うぅー…やっぱりわかんないや(笑みをこぼし

  • 甘いものはチョコとか大好きだな(ニッと笑みを浮かべ)

  • 凛>
    そっかぁーよくわかんないなぁ…(苦笑いで

  • くるみ>
    俺?俺ぁ甘いものだな(ニッと笑み)

  • 凛>
    そうだねっ(微笑み
    凛は何がすきなの?(相手を横から見て言い

    春奈さん>
    私は・・・甘いものは苦手ですね・・・(苦笑いして言い

  • くるみ>
    たりめーだろ?俺ぁ俺なんだからよ(ニッと笑むと「腹減った…」とつぶやき←)

    春奈>
    にしても腹減ったなぁ…(溜息混じりに言うと腹をさすり←)

  • 久留巳ちゃん>
    ・・・久留巳ちゃんは、嫌いなものとか、あるの?
    (ふと思えば振り向き首を傾げてじっと見つめ)


    凜くん>
    ・・うんッ。
    (此方も相手に吊られる様に笑みを浮かべれば)

  • 凛>
    あははっ…凛らしいね(相手を見てニコッと微笑み

  • くるみ>
    嫌なもんは嫌だろ?(首を横に振り)

  • 凛>
    ふふっ、失礼だよっ(口を押さえて笑い

  • くるみ>
    んぅ~俺は嫌だな(苦笑を漏らし首を横に振り)

  • 凛>
    でも出されたら食べなきゃって思うよっ?(苦笑いして言い

  • くるみ>
    でも苦手なものは食いたくねーだろ?(嫌そうに言うと「俺は無理だな」と付け加え)

    春奈>
    んじゃ行こうぜ♪(子どものように無邪気に笑み)

  • 春奈さん>
    …((かわいいなぁ…)と思いながら相手を後ろから見て

  • 凜くん>
    ・・・、じゃあねっ。
    (相手が此方に来るのを見ると、幼なじみに手を振り、此方も別れて、此方からも相手に近寄り)


    久留巳ちゃん>
    ・・・楽しみだなぁ・・、
    (歩きながら呟くと、ふふ、と笑みを零して)

  • 凛>
    んー…でも甘いの苦手だけど、食べることはできるから(ふふっと微笑み

  • くるみ>
    …難しいのな(苦笑を漏らし考え)

  • 凛>
    え、えとー…っ…しょっぱいものがいい(少し笑いながら言い

  • くるみ>
    まじか!?んじやなにが好きなんだ?(意外そうに言うと首を傾げ)

  • ひまだなーw

  • 凛>
    んー…甘いものは…ちょっと苦手だなぁ…(いやそうな顔をし、相手を見て

    春奈さん>
    ぁ…はい(小走りで相手の近くに行き、相手の後ろについて歩き

  • 春奈>
    行こうぜ(頷くと女性から自分の財布を奪い返し奪った財布を返すと友人たちに手を振り「またな」と付け加え離れて相手の方へと歩み寄り)

  • 凜くん>
    は−いッ。
    (遠くに居る相手に返事をすると、「もう行く−?」と続け、首を傾げて)


    久留巳ちゃん>
    うん、知ってる。
    (相手の言葉に不満げな表情を変えることなく言うが、にぱ、と笑みに変えれば、「カフェ、いこ。行くんでしょ?」と言い)

  • くるみ>
    …くるみはなにが好物なんだっけ?(不意に思い考える物の思い浮かばず苦笑を漏らしつつ尋ね)

  • 凛>
    ・・・(泣き顔で鼻をすすりながら、相手を見てゆるく微笑み

  • くるみ>
    んじゃ行こうぜ?美味しいもん食うぞ♪(少しノリノリで)

  • 凛>
    ぅ・・・い、行く・・・(嗚咽を漏らしながら言い


    春奈さん>
    そんなっ・・・春奈さんは悪くないですよ!(首を振り相手に訴え

  • くるみ>
    …ほら泣くな泣くな
    自分の意見は言えばいいんだよ、行きたいなら行きたい、イヤならイヤ
    じゃねーと伝わんねーぞ?(溜息をもらし頭を掻くと相手の腕をとり引き寄せると抱き締め優しく言葉を紡ぎ)

    春奈>
    …はい、財布貰ったぁ~これでなんか食いに行くか
    おーい、春奈!行くぞ、胡桃も一緒にな(財布を奪われるが奪った女性の財布を抜くと相手に声をかけながら財布の取り合いを続け←)

  • 久留巳ちゃん>
    ・・・久留巳ちゃんと話してると、なんか春奈が悪いみたい。
    (相手が話してから少し間を置いて言うと、む、と若干不満そうで)


    凜くん>
    ・・ふふ、
    (相手の楽しそうな様子を見れば、つい笑みを零してしまい、それを見た幼なじみが『たく、お前振られてんだろ−?』と言ってき。此方は、どこから沸いてくるのか、持ち前の明るさで、「ぜ−ったい、春奈を好きにさせるもんっ。」と言い、にこ、と笑い、そのまま話しながら相手を待って)


  • 凛>
    …ぅ…っ(一本の涙が頬を伝い
    私の気持ちは…っ…凛が好き。誰よりも。(相手の顔を見上げキリッとした目で言い

    弓原さん>
    いいですよ!
    入学届けをお願いします!

  • 管理人様ではないのですがプロフィールを提出しないといけないんだと思います

  • 参加して良いですか?

  • くるみ>
    …春奈の気持ちは知ってる、聞いた
    そういうのを気にするくるみは好きだけど自分の気持ちも言えよ
    他人のことばっか気にしねーで自分の意見もバンバン言ってけ!(相手を見ることなく低い声で言うと逆の手で相手の頭を撫で)

  • 凛>
    え…あ、あの…手は…春奈さんが見たら…っ(相手の手を弱く握るが、ほとんど力はなく

  • くるみ>
    ん、じゃあ3人で行こうぜ(満足そうに言うと相手の手を取り手をつなぎ)

  • 凛>
    ・・・・・・じゃあ・・・行きます・・・(ぼそっと言い

  • くるみ>
    邪魔なんかじゃねーよ
    春奈はおめーの友だちだろ?んで俺の彼女だろ?どこが邪魔になるんだよ(差し出した手を相手の頭の上に乗せそのまま頭を撫で)

  • 凛>
    ぅ…邪魔ですし…(相手の手を見るもののすぐそらし

  • 春奈>
    …おい、財布返せぇ~(周りの男女とじゃれ合い財布をとられ気怠そうにだが笑みを浮かべ財布をとった女性話しかけ)

    くるみ>
    行こーぜ?
    俺がくるみとも行きてーんだよ、行くぞ(首をゆるりと傾けると手を差しだし)

  • くるみさん>>
    いえいえ!^^

    春菜さん>>
    上って…?

  • 凛>
    え。い、いやぁ…いいですよ、さっき春奈さんにも2人で行ってきてって言ったところですし(ゆるく微笑み、首を振って

    春奈さん>
    遠慮なんて…、してないですよ(微笑み

    星野さん>
    きてくれてありがとうございます!

  • 凜くん>
    ・・んぇ?・・だって、凜くんに怒られちゃったんだもん。
    (相手から暫く離れたところで、幼なじみの男子に話しかけられ、『あれ、一人?』と言われた為に上記を言うと)


    星野pl様>
    上に、プロフの必要項目があるので、
    足りないところは補足した方がいいと思いますよ。^^*

  • 名前 星野 七海
    性格 寂しがり甘いものが大好き
    容姿 黒髪の瞳は黒 背は低め

  • 星野様>
    管理人様ではないのですが…プロフィールを提出しないといけないんだと思います。

  • 入って良いかな?

  • 春奈>
    ………(相手が遠くへ行くのを確認すると近づいた数名の男女とワイワイと話し)

  • 凜くん>
    ・・・意地悪。
    (相手の様子に少し驚くも、ふい、と顔を逸らすと、相手から離れてそのまま、歩いて

  • 春奈>
    …あっち行ってろ、イヤなら無理にでも引っ剥がすぞ(相手の方を見やるとあまり見せない表情で声のトーンを落とし離れるよう忠告して)

  • 凜くん>
    ・・・
    (相手が、相手の知人の方へと行けば、少々興味があったのか、相手の一歩後ろでにこにこしながら見ていて)

  • 春奈>
    ん、ならよかった
    さっき声かけたんだ…ちょっと悪ぃ(小さくうなずき満足げに言うと知り合いを見つけそちらのほうへ歩み寄っていき)

  • 凜くん>
    っと、そう。・・久留巳ちゃん?別に春奈はい−よ。
    (画面を見れば頷きながら言い、相手の顔を見て、少しきょとんとすれば)

  • 春奈>
    ん…ここか?(検索した地図を見せると首を傾け「そいや、くるみ誘ってよかっただろ?」思い出したように尋ね)

  • 凜くん>
    ふぇ?ぇ−っと、『MILK』・・。
    (相手に訊かれては、少し考え思い出した様で、相手が自分を信用しないために少々不満そうに小さくカフェの名前を言い)


    久留巳ちゃん>
    ・・・ね−ぇ、久留巳ちゃん、春奈に遠慮してない?
    (相手の表情を見ると、少し間を置き、む、と頬を膨らませて)

  • くるみ>
    そうか…んじゃ3人で春奈が行きたがってるカフェにいかねーか?(顎に手を当て考えるぶりを見せると相手に提案して)

  • 春奈さん>
    あ、っ…は、春奈さん(微笑むが、若干顔がつり

    凛>
    んー…ぼーっとしてた(苦笑いして

  • 春奈>
    大丈夫じゃねーだろ(ケータイを鞄から取り出すと「そこの名前は?」と尋ね)

  • 凜くん>
    ・・・ふにゃっ
    (額を小突かれると、驚きに奇妙な声を漏らし、額を押さえつつ、相手を見つめれば、「だいじょ−ぶだもんっ。」と言い、膨れ)

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします