あいうえおなりきり掲示板

あいうえお

  • あいうえお~

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • なんで全部食べちゃうの…
    (不満げに頬を膨らませ、じっと相手をみつめて

  • …。
    (相手の表情に、笑い出しそうになりながらアイスを口にし)

  • そんな寂しそうな顔で笑わないでよ…
    もっと私に甘えてくれていいから…
    (相手の笑みをみて、眉を下げて笑い   

    っあ!
    (驚いたような顔でアイスを食べる相手をみて

  • お前が私を見て、私を甘やかせたい、優しくしたいと感じる時、そうしてくれ。
    (唇を離すと、頬に手を置いて、寂しくも見えそうな笑みを浮べて言い)
    …。
    (パッとアイスを口に入れて、全部を食べようとし)

  • …ん
    (相手の服をきゅっと握ってキスにこたえると少し声がもれて

    私でよかったら、きくから  弱音もいってね
    (心配そうな顔をするが優しく言い相手の頭を撫でて

  • …。
    (相手の唇を挟んで顎を動かせ、顔を左右交互に斜めに動かせて、小さな音を何度も立て、相手の頭に手を置いて髪に指を入れて梳き)

    起きていたか。もう眠ったかと思った。大丈夫か?…。少し、弱音を吐きそうだ…ふふ…
    (軽く吸った後、相手の唇を話し、目を閉じたまま頬同士をくっ付けて言い)

  • ……
    (唇を吸われると、お返しとでも言うように慣れないながらに相手のまねをして

  • …。アイスが付いている…。
    (相手の頭に置いた手で相手を撫でながら、目を閉じた相手の口の端に付いたアイスを舌先で舐め、そのまま唇を覆うように重ね、目を閉じると下唇を静かに吸い)

  • じゃあ、キスがいい
    (相手の言葉にねだってもいいのかと思い相手の顔を覗き目を閉じて 

  • なんだ、アイスで機嫌が直るのか。…私のキスくらいをねだるのかと思った…。
    (アイスを食べる相手を見つめ、不満そうな口調で言うが、口元には笑みが浮かび)
    ありがとう…。
    (ふっと今の状況を嬉しく思って言い、ゆっくり相手の頭に頬を寄せ、肩を抱いていた手で相手の頭に手を置いて撫ぜ)

  • …いーよ
    (アイスをやるといわれると相手のほうをちらっとみてアイスを食べて

  • あ…。すまない。悪い。拗ねるな。
    (相手の言う事にハッと気が付いて、しまったと思い、そう言い)
    アイスを全部やるから、機嫌を直せ。
    (相手の顔を覗き込んで、アイスを相手の口元に持っていき)

  • …まぁ、そうだけど
    キスしたから味するかな、と…
    (笑われると、自分の行動が恥ずかしくなりふいっと顔をそらして

  • うん?
    アイスの味、するだろ?
    (首を傾げて相手を見つめて、不思議そうな顔をして問い返し)
    はは!どういう意味だ?アイスを食べているのだから、アイスの味がするだろ?
    クスクス…
    (相手の肩を抱き寄せて爆笑して言うと、笑い顔のままアイスを齧り)

  • あ、なるほど…ごめんごめん
    フォグのせいじゃないよ
    (納得したような顔をして頷き、笑って

    おいし…アイスの味する?
    (一口食べると呟いて、唇を合わせてふにゃっと笑い


  • ふふ…アイス、違う。私が手に持ってお前に差し出した。渡してはいない。
    が…。そうか、私が悪かった。
    私が左手で差し出したアイスを、お前が右手でむいてもらおうと思った。
    はは!上手くいかないな、説明が下手だ。私は。
    (笑って相手の頭に自分の頭をくっ付けて少し困り気な表情をするが、楽しそうに笑い、相手がむいてくれたアイスを舐め)
    美味しい。お前も…。
    (アイスを相手の口元に持っていき)

  • …ごめんね  もっと自分から作れるようにするから
    (相手が謝ると首を振ってこたえ

    ん、はい
    (袋をあけると、にっと笑って相手の口の前にアイスを差し出して

  • そうなのか…?だとしたら、すまない。
    (微笑むと、紙に包まれたアイスバーを一本左手で持ち、右腕を相手の肩に回して、またソファーに戻って坐り)
    一緒に食べよう。むいてくれ。暖かい部屋で口にするアイスは美味しいと思わないか?
    (口元に笑みを浮べて、左手に持つアイスを相手の前に差し出して言い)

  • っごめん…違うのほんとに
    嫌じゃない  嫌じゃないのに、どうゆう感じにすればいいかわかんない…
    フォグのこと好きだよ 大事だとも思ってる、けどフォグのことちゃんと考えれてなかった、かな…自分ばっかりで…ごめん
    (相手の寂しそうな笑みをみると、俯いて話し力が緩んで

  • ふふ…。
    お前が何故その様な不安そうな顔をする?不安なのは、私の方ではないか。
    ふふ…おかしな子だ…。
    (腰に相手の腕の力を感じると相手の頭を抱き、自分の頭を相手の頭にくっつけて、寂しそうにも見える笑みを浮べて言い)
    お前は返事をするだけで、何もしないし、言い出さない。楽しくしようとする思いがないのか?面白くしたいとは思わないのか?
    相手を思う気持ちがあるのなら、人はそういう風にする…。お前にはない気がする。
    (冷蔵庫を開けて中を見ながら言い、冷凍室にアイスバーを見つけ)
    嫌か?私が…。
    (相手の手を握っていた手を離してアイスバーを取り出して、相手に見せながら)

  • 削除しました。2012/11/08 20:24:47

  • 削除しました。2012/11/08 20:24:34

  • 退屈してないしふらふらもしない…
    (相手の背中に腕をまわし、不安げな声で呟くとぎゅっと抱きつき

  • どうって、そうしたらよいのかが解らないから、お前にたずねた。
    お前が退屈しないように。ここが退屈になったら、またどこかをうろうろしそうだ。ふふ…
    (手をつよく握られて、すっと相手の顔を見て首をかしげると、反対の腕を相手の肩に掛けて抱き寄せて言い)

  • 楽しく、ってゆうのもあるけど…フォグは?どうしたい?
    (相手の手をとり立ち上がると、手を握る力が少し強まり

  • お前はどのようにしたい?…楽しく、だな。それしかない。
    (自問自答のように呟き、ふっと起き上がり)
    お腹減った。お前と楽しく出来る食べ物を探そう。
    (ソファーから降りて立ち上がると、キッチンに向かう為に、相手に手を差し出し)

  • うん、そんな感じ
    (相手の言葉に頷いて微笑み

    現在…そだね
    (胸に頬をよせる相手の頭を撫でて、唇をなぞられると少し恥ずかしそうに口をつむり

  • ほう…凄いな。議員発言などの感想とか?ふふ…そういう現在の事ではないのかな。
    (鎖骨でうろつく相手の手の動きに合わせる様に相手の胸に頬を寄せ、手を伸ばして相手の唇を中指でなぞりながら)
    …私たちの現在の方が重要だな。クスッ…。
    (なぞり続けて言うと、小さく笑い)

  • ん~…いろいろあるけど政治関係が多いかな
    (鎖骨を指でなぞりながらこたえ

  • ふむ…小論文か…。
    テーマは?
    (相手の動きに目を細めながら問いかけ)

  • あるよ  けっこう難しくて困ってるけど…
    (困ったように笑いながら言い、相手の頭から頬、首、鎖骨となぞるように撫で

  • はは!気にするな、好きなようにしろ。

    小論文?高校生でも、その様なものがあるのか…。
    ふふ、歳がなれるかな。
    (小さく笑い)

    遅くなってすまない。お前のレスがない、と勘違いした。

  • え、まってまって…なにすればいいかいまいち、わかんなくて…
    (膝を撫でられると、慌てたようにあたふたして考えるが思いつかず

    …大丈夫!ちゃんと勉強もしてるよ
    最近は小論文、とか書いてるんだ
    (寂しそうに笑みをうかべる相手を元気づけるように笑って頭を撫で

    夜中かぁ…話たいときとかもあるけど、基本は寝てるから大丈夫だよ
    (微笑み

  • ならば攻めろ。額にキスなど、攻めのうちに入らない。でなければ、また私が攻めるぞ?
    ふふ…お前の反応は可愛いから。
    (笑いながら言い、相手の膝に手をおいてゆっくり撫で)

    ところで、ふと思ったのだが、お前、勉強はしているのか?
    ほとんどが暗記すれば良い事だから、ネットは邪魔にはならないだろうが…。
    …。
    理解の必要な物は、教えてやる事が出来ると良いのにな…。
    (もう片方の手で、相手の頬を撫でながら、相手との実際の距離に寂しそうな笑みを浮べて言い)
    それと、お前がもし夜中に誰かと話したくなった時に、私が相手になれない状況なのも、気になる。
    ここに投稿があればレスをするが、いつ投稿されるか解らないから、見ない時もある。
    今までに夜中、というのはなかったが…。

  • なんとなく…?
    あ、私が攻めれるかな、と思って
    (首を傾げてしばらく考えると、へらっと笑ってこたえ

  • 額?
    …。ふふ、何のために私を寝かせたのだ?
    (至近距離で見つめる相手に含み笑いをしながら言うと、抱きしめようと腕を相手の首にまわし)

  • わっ…
    (頭が動き驚くが、顔が近づくとおでこに唇を触れさせて、唇を離しそのままの距離でみつめ 

  • ふふ…
    (目を細めて含み笑いをし、片手を伸ばして相手の頭の上に置き、手前に引いて相手の顔を自分の顔に近付けさせようとし)

  • もー、笑わなくていいから…
    (恥ずかしそうに呟き、相手の手を握ってゆっくり目の上からどかせ

  • はは!…。
    (自分の目を隠す相手に、またもや笑い出し)
    『寝るのを交代』だなんて、可笑しい。楽しいという意味だが…。
    (自分の目の上の手を、上から触れて優しく撫で)

  • え?な、なに?
    (間違ったかと恥ずかしくなり相手の目を自分の手で隠し、むっとして膨れて

  • へ?
    …。
    あははは!はは…。
    (相手が、横になることの交代を言い出したので、一瞬目が点になり、その後に大爆笑し、ゴロンと相手の膝に頭を置き、相手の腰に抱きついて笑い続け)

  • え~…んん…
    (困ったように唸って眉間に皺をよせ

    …あ!じゃあさ、せっかく私起きあがったし!今度はフォグが寝る?
    (思いつくと、顔をあげて相手をみて冗談ぽく笑い自分の膝をぽんぽんと叩いて
     

  • (身をそらして相手が起き上がるのを見つめ)
    ふふ…どうした?
    嫌ならば、話題を提供してみろ。行動でも良い。このままでは退屈してしまうぞ?ふふ…。
    (相手の頬を挟んで額をくっ付けて言い)

  • え…それはやだ!
    (慌てたように相手の手を握り、ばっと起きあがって相手をみて

  • お前はとても素直で気持ちが良い。可愛い、としか言いようがない。
    が、逆らってもよいのだぞ?あまりに素直だと、いい加減に対応していると、疑ってしまうかもしれない。
    そうなったらどうする?ふふ…。
    (自分の手に相手の手が重なると、手を頬のほうから反対に向けて相手の手の平を擽りながら、意地悪そうに笑って言い)

  • え、や!変じゃないよ!
    ちょっとびっくりして…
    (謝られると慌てて否定して、少し恥ずかしそうに笑って頬を撫でる相手の手に自分の手を重ねて

  • はは!すまない、変であったか?ふふ…。
    お前の様子を見ていたら、その様な気持ちになった。
    (相手の驚く表情を見て大声で笑うが、その笑いを微笑みに変え、相手の頬をなで続けながら言い)

  • …っへ?
    (突然言われて少し驚いたようにきょとんとして相手をみつめ

  • では、これからはそう書く。膝裏に腕を置いて抱き上げ、だ。
    (相手が解ってくれた事に微笑み)
    お前は…可愛い…。
    (横になる相手の頬を撫で、笑みを浮かべ)

  • うん、わかるよ
    (唇が離れると、微笑み返して  

  • …。
    (頬に相手の唇が置かれると小さく笑みを浮かべ、ベッドにそっと降ろして寝かせると、腰を折って相手の唇の軽く触れ)
    お姫様抱っこ、という言い方が好きではない。
    下の書き方で解るか?
    (相手の唇から口を離すと、ベッドの脇に腰掛けて言い)

  • 仲良いのかな?
    (首を傾げて笑い

    ひゃっ   …ん、おやすみ
    (驚いて相手の服の胸元を握るが、頬に唇を触れて微笑み

  • 先に契約が終わった?前の携帯が、という事なのか?
    …。
    まあいい、仲良くしているみたいだな、兄貴と(笑顔)

    そろそろおやすみ。
    (相手の頭をゆっくり撫で、相手の脚の膝裏に腕を入れて持ち上げ(お姫様抱っこ)、立ち上がってベッドに運び)

  • そう!だから兄ちゃんも不満気なんだけど、私のほうが先に契約終わったから
    (相手の言葉に頷き

  • 兄貴がスマホではなくて、お前がスマホ?
    はは!反対だな、普通は逆さまが多いのではないか?
    (笑いながら相手を見)

  • んや、基本はしないんだけど、兄ちゃんスマホじゃないから、ゲームするのに貸してって…
    (困ったように笑って

  • うん?
    貸しあいをするのか?
    (髪に触れる相手の手を握り)

  • ごめん…兄ちゃんに携帯貸してて…
    (舐められると少し反応して、目を閉じ相手の髪に指を透して

  • ああ。解っている。万一そうであったなら、お前は言うであろう。私が暴く必要はない。
    (言うと、相手の下唇を舐め上げて軽く口付け)

  • そなの?大丈夫  一緒じゃないから
    (ははっと笑って言い、唇が触れると心地よさそうに目を細めて

  • そうだ。だから、奇妙な気分だ。同一人物ではないだろうな、などと思ってしまう。ふふ…。
    (片手を相手の向こう側の頬に置き、唇で頬から顎へとなぞりながら言い)

  • …同じような話あったの?
    (きょとんとして尋ねて、唇を塞がれると一瞬驚くが目を細めて 

  • 同じBBS、ここでは前のBBSも含むが、一つのBBS内ではBLの世界は狭い。話題で同じ事が話されたら…。
    ふふ…奇妙な気分だ。
    (苦笑して相手の顔を見つめると、肩を抱く手で相手の頬を押してこちらを向かせ、顔を斜めにして相手の唇を塞ぎ)

  • どうだろ…人によって違うと思うよ
    痛さの度合いとか時期とかも…
    (んーと唸って、つられたように首傾げてこたえ

  • む…そうか…。
    (考え込み)
    似た時期になるのか?その…皆が…。
    (相手の顔をじっと見つめて、困り気な様子で緩く首を傾げて言い)

  • 月のものです…
    (引き寄せられると、もたれるように相手のほうに頭傾け

    新人…あ!うん!今話しててね仲良くなれそう
    (少し考えて誰だかわかると、楽しそうに笑ってこたえ

  • お腹が?…。月のもののせい?そうでなければ心配だな…。
    (肩を引き寄せ、顔を見つめて言い)

    それから、あの新人、お前と遊びたい様子だ。ふふ…。楽しんでも良いのではないか?
    (頭を相手の頭に、コツンとくっ付けて笑いながら言い)

  • ごめんね遅くなって…
    んー、今日は…お腹痛かった、かな

    (相手のほうをみて謝ると、少し悩んでからこたえ

  • はは!くすぐったいか。
    (笑い出して指を離し、ソファーの背の後ろの棚からタオルを取ると、相手の指を綺麗に拭き)
    ふう。…今日は退屈だった。お前を待ちかねた。お前は何か記すべき事があったか?
    (身を起こして相手の横に坐りなおし、肩を抱いて言い)

  • そこ、くすぐったい…っ
    (我慢するように顔を赤くして、相手をみかえし 

  • …。
    (口の中で舌先で指の間を舐め、薄く笑って相手を見つめ)

  • っぅ…
    (肩をあがらせて、くすぐったそうに目を細めて

  • 何だ?ククク…。
    (喉で笑いながら言い、上目で相手を見つめながら相手の中指を口の中に吸い込み)

  • っフォグ…?
    (手をぴくっとさせて少し力が入り、笑うのをやめて相手をみて

  • うう、ワオン、グryぐry…
    (相手の手首を掴み、そう唸りながら噛んで舐め)

  • ひゃ!?わ、わんって…可愛い…
    (手にかぶりつかれると驚いて顔赤くし、笑いを堪えて相手をみて

  • いぬ…。
    (言われると可笑しそうに笑い、へちゃむくれたような顔をして見せ)
    ワン…
    (そう言って、相手の手にかぶりつき)

  • そっからみられたらフォグ犬みたい…
    (頭を撫でながら、頬を緩めて呟き


    わかった  今日でかけるって言ってたもんね!

  • うふっ…
    (頭を撫でられて小さく笑うと、構わないとでも言うように、顎を上げて相手を見つめ)

    外出先だ。
    こちらもレスは遅くなる。
    むこうにも行けない。すまない。

  • え、あ、ごめん、あんまり考えたことなかった…
    そっか。いっつもフォグが話つくってくれるもんね…
    (相手の言葉にはっとして謝り、しゅんとして相手の頭を撫でて

  • 何だ、それだけか。
    時にはお前も話題提供しろ。
    …。
    ふふ。とは言っても、無理か…。
    (返事だけの相手に、不満げな顔をして見つめ、
    暫く黙るが、仕方なさそうに笑って言うと、また相手の胸に頬を乗せ)

  • んーん、こちらこそ…
    (ふにゃっと微笑み返し

  • 私は変わらない。
    お前が、今そう言う思いは信じよう。
    ありがとう。
    (優しい思いにあふれて微笑んで言い)

  • そんな堂々と私の前でのろけないでくださいー
    (冗談ぽく笑って

    …変わるところもあると思うよ  学生だしね
    でもフォグに対する気持ちは変わらないでいたいって思ってるから…
    フォグとは続いていけたらいいなって思ってる
    (真剣な顔で相手を見つめ返して言うと、微笑み

  • おはよう。

    そうだな、あいつに他と同じ所とに恋人がいる頃から、想っていた。
    独占欲の強い私が、それでも良いと思った。
    ふふ…、自分でも不思議なくらいに参っている、あいつに。
    出合って一年は経つ。

    お前とは、どれだけ続くかな…。
    (頭を抱いて抱きしめ)
    春になればおまえ達は変わる。
    いや、夏休みでも。年が明けても。変わる…。
    私は残される…。
    …それが若さだ。大人の私にはない。
    (相手から身体を離して相手の両頬を挟み、じっと見つめ)

  • フォグは向こうの人のことほんとに好きなんだね

    私なんかで助けになるんならいつでも…
    (切なそうに笑い、助けられたと言われると微笑み

    うん、寝ちゃってた   おやすみ
    (唇が触れると目を閉じて

  • 勘違い?
    何を勘違いしたのか解らないが、もう良いな?
    (鼻先に続けて何度もキスをし)

    そう、向こうの…。
    支えられている?私に?
    (相手の言葉に、嬉しそうに微笑み)
    だが、私が今日はお前に助けられた。
    こうやって話せている事、とても助かっている。
    (両手で相手の額から髪を撫でてみつめ、ゆっくり顔を傾けて相手の唇に触れ)
    おやすみ…。
    お前はもう眠いだろうから、言っておこう。

  • あ、いや、違うの   フォグが責めたとかじゃなくて…えっ、と、私の勘違いもあったみたいで、ごめんね
    あいつって、向こうの…?

    フォグとここで話したり、向こうでみんなと話したりするのも楽しんでるよ
    フォグには支えられてるところもあるから…

    (慌てたようにあたふたして話し、相手の唇が鼻先に触れると少し恥ずかしいふっと笑い

     
      

  • すまない、お前をまだ責めていたように聞えたのか?
    ならば謝る。そのようなつもりは微塵にもなかった。
    お前の、「子供でも良いのか」という質問に答えたつもりだった。
    それと、
    「あいつ」というのを、お前は誰だと思った?(笑み)

    大事にしている、という事をわかってくれていれよい。
    ここで遊ぶ事を、お前がどう感じているのかを、少し不安だったから、いいわけじみたことを言ったかもしれない。ふふ。
    (僅かに微笑むと、腕を曲げて相手の鼻先に口付け)

  • …うん、ほんとに、今もこれまでもフォグにいろいろ教えてもらって、よくわかった

    …自分が悪かったのはわかってるし、前は簡単にそーゆーこともしようとしてた
    私が、いけなかったってわかってるんだけど…前の話は、あんまりださないでほしい…
    あの人のことも…ごめん、なさい

    もうあんなことしないから、信じてくれない、かな…?
    ちゃんと大事にしてくれてるのも、わかってるよ…ありがとう

    (相手の言葉に黙ると、ゆっくり途切れ途切れに話し始めて切なそうに笑い礼を言うと眉を下げて笑い頭を撫でて。

  • ネットに年齢がないから、怖い。お前が子供でも、イメプの相手にする事が出来る。何も知らなくとも。
    二人で楽しむ、という気持ちを必要としないならば、それでも良いからだ。

    裏ともいえないあえぎだけの裏を、お前はやろうとしていた。違うか?
    SEXに興味があるのは当然で、それを止めるつもりはない。
    だが、裏まがいのことの相手になるのと、AVやエロ本を読むのとは訳が違う。

    私は私なりに、お前を大切にしたいという思いがある。
    お前がもし、ネットでの愛を信じるのなら。
    あいつとお前への愛の種類は違うが、愛しい者を抱きしめたいと思えばこそ、お前を「抱きしめる」ことをしても良いと思っている。
    行き当たりばったりの言葉だけの「愛」ではないという事は伝えたい。

    (相手の両肩の上側に手を付き、じっと相手を見下ろして言い)

  • んーん、なんでもない!
    …それもそだね
    (相手の言葉に微笑み

  • 子供でもいいのか、って、どういう意味だ?
    ある意味、ネットに年齢はない。
    ま、矛盾した言い方になるが、解るな?
    (ふっと笑みを浮べ)

    すまない、向こうを重点的に願えるか?
    こちらのレスは遅れても良い。
    …。
    ありがとう。
    お礼に何をすれば良いかな
    (笑み)

  • 別にそんなんじゃないけど…
    わかってるよ  フォグが子供扱いしたことなんかない
    フォグは子供でもいいのかなって
    …まぁ経験もないけどね!
    (ぼそぼそと喋って、顔あげると少し笑って

    ん、いってみる
    (にこと笑って 

  • 私から見なくても子供だ。クスクス…。
    お前は何故子供扱いをされたくないのだ?
    人としてお前と私は対等だ。お前をそれこそ『子ども扱い』をした覚えはない。
    だが、たとえ、お前が経験者であったとしても、お前は子供だ。
    …意味、解るな?
    (優しい思いに溢れて相手を見つめ)
    もしお前に時間があったなら、向こうにも行ってくれるか?誰か来ているから。
    (頼む、というように、軽く頭を下げ)

  • いいとこついてるね
    (相手のこたえが合っているというように笑って

    …フォグからみたら子供?
    (少し寂しそうな顔をしてみつめ


  • そうだな…学生。中高生。最初は中学生だと思った。だが、意外としっかりしている気がしてきた。
    だが、高校生辺りかな。
    ふふ…イメージだ、私の。
    (閉じられた瞼に唇を置き)

  • …フォグは、私何歳だと思ってる?
    (額をくっつけたまま相手の顔をじっとみつめ

    …うん、わかってるよ
    (相手の言葉を聞くと頷いて緩く抱きつき目を閉じて 

  • 18禁スレッドがある。だが、あそこには行けない。解っているだろ?
    (相手の頬を両手で挟み、額をくっ付けて言い)
    それに、私自身、本来はお前にそこまでするつもりはない。そう言ったであろう?それなのに許せ、ついはしゃぎすぎた。
    (緩く笑みをみせて、相手の額から頬へを髪を撫ぜながら)

投稿できる人

誰でも投稿できます。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします