★☆★アルヴァーナ学園へようこそ★☆★なりきり掲示板

★☆★アルヴァーナ学園へようこそ★☆★

  • 改めてはじめまして。世界一不幸な少女です。
    皆様は、「ルーンファクトリー2」を持っていますか?
    持っている方はもちろん、少しだけ知っている方や、興味がある方でもかまいませんので、ぜひぜひ気軽に参加してくださいね♪

    ~注意書き~
    ①荒らしは断固拒否します。
    ②オリキャラ可能です(先生・生徒のみ)
    ③もちろん実際のキャラでもかまいません(先生・生徒として)
    それでは、「アルヴァーナ学園へようこそ♪」

  • なりきるキャラ名と本体(あなた)の名前を別に設定できます。

    連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    なりきるキャラ名
    本体のニックネーム:
    パスワード:
  • リーンさん(生徒にもさん付け)来てくれましたね♪では早速始めますわ。

    今は秋だけど・・・ノーラッドの首都のパレルモからイチゴを買ってきたので皆さん、わたくしが作ったオリジナルレシピの一部、「イチゴのタルト」を作ってもらいます。よく聞いてください。

    まず、「イチゴ」をよく洗って切ってください。
    後、「小麦粉」もお菓子には欠かせないものですわ。
    あと、「オトメロン」も必要ですわ。見た目の大事ですの。
    「スイートパウダー」をかけて・・・
    飾りに「ピンクキャット」をのせて完成ですわ。

    ・・・じゃあ早速作ってもらいますわ。もし不合格だったらまた作ってもらう
    ので!!

  • 久々に来ました。ちょっと忙しくて・・・。↑解りました。

    リーン「もう見せて来たので。来ました~。」

    *もうバレット先生に見せたことにしています。
    皆さん、すみませんが見せたことにしてもいいです。
    理由は最近忙しいので、あんまり来れないからです。

  • 久々に来たけど・・・誰かいる?あっ上のロザリンドの報告、無視しないでね

  • ・・・では早速授行始めますわ。

    っとその前に、鉄のカマを作る予定でしたよね。
    作ったらバレット先生に見せてスグわたくしの所へ来てください。

  • いいですよ♪お好きに進めてくださいませ。

  • ああ、わかりましたじゃあロザリンドをやっていいですか?
    オルファスも一緒に。

  • いいのではないでしょうか・・・?確か、フーさんって、まだ先生やった事ありませんでしたよね。

    ※先生の設定については、過去レス12(?)を参照にしてください。

  • 先生こないもんね~もう一つ私がなりきって先生になろうかな?

  • いいですよ♪どなたが先生やりますか・・・?

  • 別にいいよ♪

  • じゃあ、また皆でなりきり開始する?

  • 私もいますよ♪

  • いるよ。オルファス♪

    (蒼翠から変えました)

  • 久々に来た。誰かいるか?

  • オレも取れた。宝石も。さて、早く作ろう。

  • 私は、とりあえず材料は全て集めました。
    宝石もとれました♪

  • 僕も取れ終わったよ。
    早く【ボロのカマ】を【鉄のカマ】にしないと・・・

  • ルル「キルーーとれたぁー?」

    キル「えっ!?」(ポッケに宝石たくさん)

    ルル「・・・そーゆう趣味だったんだ・・・」

    キル「ちっちが!!!」ルル「ふーん・・・。」

    ユリ「私ー、とりおわりましたけど・・・」

    ミーン「ユリちゃん、運がつよいね・・・;;」

    ユリ「そうですか?ミーンちゃん、てつだいますね」

    ミーン「あ、ありがとう・・・!」

  • ラムリア達早く鉱石見つけよね。
    取るの少し怖いな・・・

  • ありがとうございます♪

  • がんばれ。

  • ・・・皆さんもがんばっているし、私も頑張らなきゃ・・・

  • なるほど・・・おふくろ(セシリア)が宝石好きだからもし取れたらあげよう

  • ・・・わかりました・・・。

  • バレット「よし着いた。」
    リーン「ここは、え~とたしか山へと続く道?」
    バレット「そうだ。後皆にこれを渡す。ハンマーだ。これで鉱石を取って来い。出来るだけたくさん。」
    リーン「何でたくさん集めるの?」
    バレット「今回の課題は、この【ボロのカマ】を皆に渡す。これを【鉄のカマ】にしろ。だがこれは関係ないが、ココのモンスターは倒してない。俺はモンスターを倒していくが、もし俺と違うところでモンスターが現れたら俺に言う事わかったな!」

  • ルル「はい!」

    キル「はいー!」

    ミーン「は、はい・・」

    ユリ「はぁーい!じゃあ、リーンくんもいきましょうか☆」

  • ・・・わかりました。

  • ・・・はい!!!

  • バレット「早く行かないと、次の授業が遅れる・・・行くぞ」

  • ・・・そうですね・・・(まだちょっと不安)

  • 先生が倒すなら安心だな。

  • リーン「僕は、ユリ達と行きたいな~。まあ、平気だけど・・・少しだけ・・・」

    バレット「モンスターは俺が倒して行くから、安心しろ」

  • ・・・大丈夫・・・ではないかもしれません・・・。

  • キル「メッシナの谷ってひさしぶりぃ~~♪」

    ルル「じゃあ、ぼくキルと、くみます。昔からペアやってたんで☆」

    ミーン「あわわっ私は、ど、どうしよ;;;」

    ユリ「自力でやりたいんですけど、ミーンちゃんとリーンくん一緒に行かないですか?リーンくんは、男の子だから少し平気かもしれないけど、ミーンちゃんは女の子ですし☆」

    ミーン「ほ、ほんと?じゃあ私、ユリちゃんと・・・」

    ユリ「リーンくんは、どうします?一人で行きますか?」

  • メッシナの谷か・・・手強いな・・・
    ラムリア、お前大丈夫か?

  • ・・・メッシナの谷・・・。

  • バレット「別にいいぞ。さて、そろそろ行くか。 
    メッシナの谷に・・・」 

    リーン「め、メッシナの谷ィ~。怖いよ」 

    (あれれ?またパスが違う・・・)

    *ルーンファクトリー学園もよろしくお願いします。

  • ルル>>「パレットせんせー、それってペアくんでいい?」

    キル>>「よっしゃ!!ダンジョン♪ダンジョン♪」

    ミーン>>「うー・・・むりですよぉ><」

    ユエ>>「そんなにこわがらなくていいですよww一瞬で終わりますから^ ^」

  • ・・・それで、どこのダンジョンに行くのですか・・・?バレット先生・・・。

  • オレは結構得意。

  • 「・・・ダンジョン、ですか・・・。」(ちょっぴり不安)

    いえいえ。どういたしまして♪

  • バレット「あっ、そうだ。今回はダンジョン行くからな。覚悟しとけ!」

    リーン「ダンジョン?もしかして材料取りに行くの?」

    バレット「そうだ。キル達は喜ぶと思うが・・・」

    世界一不幸な少女さん
    ありがとうございます。(ペコペコ)

  • 「・・・今日は、何をやるのでしょうー?」

    いえいえ。別に謝らなくても大丈夫ですよ。

  • バレット「では、鍛冶の授業を始める。
    全員いるか?」

    リーン「いるよ~。バレット先生」

    *ルーンファクトリー学園作りましたので
    見に来てください。(別に、見に来なくてもいいです)
    世界一不幸な少女sすみません。
    こんな事書いて・・・。

  • そう。正解だよ。ぐんぐんグリーンは、作物のレベルを上げたいときに使おう。

    じゃあ、今日の農耕の授業はこれで終わりにするよ。

  • 作物のレベルを1上げる事だったけ・・・。

  • 答えは、ぐんぐんグリーンは、芽が出る前、つまり、種のうちにまかなくちゃいけないということだよ。

    じゃあ、ぐんぐんグリーンに関する問題だよ。ぐんぐんグリーンを使うと、どんな『いいこと』が起こるかな?

  • 作物が出来てからぐんぐんグリーンをまくのじゃなかったけ?

    (パス変えたので)

  • キル「わからん・・・;;」

    ミーン「わ、私も・・・;;」

    ルル「芽が出る前にまかないと効果がないんでしたっけ?」

    ユリ「そのまえに種を畑にまいてまいた場所にぐんぐんグリーンをまくんでは??」

    前作のルーンファクトリーの攻略本みてるから、自身ないです;;

  • カイル先生~。答え教えてよ~。

    (パス間違えました・・・)

  • ・・・。(前、教えたはずなんだけどなぁ・・・)

  • うーん・・・みんな、忘れちゃったかな・・・?

  • 遅れてすいません
    ぐんぐんグリーンか・・・くそ、忘れた

  • カイル先生遅れてすみません。
    『ぐんぐんグリーン』を使う時の注意かァ~?なんだろう?

  • 「正解。それで十分だよ。今の事は、テストに出すから、みんなも、よく覚えておいてね。」

    「じゃあ次は・・・『ぐんぐんグリーン』を使うときに、注意することがあるね。わかる人、手をあげてね。」

  • 「うーん・・・、まずクワで育てたい分だけの数をほって、土に種をまきます。まいたら、ジョウロで水をあげる。でも、種にも季節のものがあるんで、今に合った種をまく!早めにそだてたい場合は肥料をあげたらいいかもですね☆これくらい・・・でしょうか。」

  • 「・・・まあ、いっか。じゃあ、授業を始めるよ。」
    「じゃあ、種をまくときの注意を、ルルくん、答えてくれるかな・・・?」

  • キル「宿題、帰ったらてつだえよ、ルル」

    ルル「え、いやだ。自分でやってよ。」

    ミーン「全員は、まだかと・・・。」

    ユリ「キル、一人でやってみたら?装飾やろ?」

  • カイル「農耕の授業をはじめるよ。全員いるかな?」

    ラムリア「全員・・・じゃないと思います。」

  • キル「!!!しゅ、宿題が!!!」

    ルル「ふえたね☆」(ニコォ)

    ミーン「が、がんばってね・・・?」

    ユリ「むりしないでくださいよー♪」

    ルル「次は、なにかなー?」

  • 合格でした♪

    次回の授業の先生予約  カイル(農耕)

  • ルル「ぼくは、ハートのペンダントですよ☆」

    キル「うぅ・・・ルビーのブローチです!!」

    ミーン「アクアマリンのブローチなんですが・・・」

    ユリ「私は、銀のかんざしを♪」

    ゴードン「・・・うん。ルル、合格!キルはダメだ。ミーンは上手いな。合格。ユリも、合格だ。さすが、オルファスだな、合格だ。ラムリアのは、よくできている、合格!リーンはキルと同じだな。ってことで・・・リーンとキル!宿題が倍だぞ、またくるから、そんときにだしてくれな!!これで授業はおわりだ!」
    (リーンとキルの机においてゆく)

  • ゴードン先生遅れてすいません!(反省)
    俺、パワーグローブ作りました。

  • ゴードン先生!できましたよ!タリスマンです。
    (・・・うまく、できているでしょうか・・・?失敗したら、どうしよう・・・)

  • ゴードン先生・・・
    イヤリングできたよ~
    っか、これってイヤリングなのかな?
    もしかして・・・キルと同じく失敗!?

  • ユリ「失敗できないんですよね・・・。」

    キル「うわっ・・・失敗した!!」

    ルル「失敗したの?・・・てか、なにこれ。」(すでにグニャとなっていてわからない。)

    キル「ぺ、ペンダント・・・」

    ミーン「(・・・、・・・できた・・!)」

    ルル「ぶはっ!!キル、それペンダントにみえないよ!?」

  • 何作りましょうー?

  • ゴードン<<「ん?いないのか?ま、いいだろ!たいしたことは、しないしな!んじゃあ、テストみたいなのをするぞー!それぞれ、好きなものをつくってこい。そして、おれが合格と言ったら、宿題は、ないぞー!(装飾の宿題)でも、わるかったら倍な。」

    キル<<「とりあえず、できばえがよかったら合格ってことか。」
    ルル<<「なんか・・・いつのまにか、ユリがいるんだけど・・・」
    ユリ<<「ん?いいですよね☆テストですかぁ・・・なに、つくりましょう?」
    ミーン<<「宿題は、な、なしになるんだよね・・・?」
    ルル<<「うん。・・・って、いつのまにか、ミーンまで・・・!?」

  • 装飾嫌だな・・・
    今回は何やるの?

  • そうですか・・・?なんだか、席が空いているような・・・

  • ゴードン<<「これから、装飾の授業をはじめるぞー!全員、いるか?」

    キル<<「・・・(装飾、きらいだなぁ。ルルはできるけど)」

    ルル<<「いちおーいるとおもいますー」

  • 今日は、何を作るのでしょうか・・・?楽しみです♪

  • ルル<<「・・・えっと、次はゴードンさんの授業だっけ・・?」
    キル<<「あ・・・?あぁ・・・」

  • (目的は、それだったのですね・・・。)

  • リーン「僕は、シーフードグラタン☆」

    マナ「みんなの美味しそうね、この料理達は後で先生たちで食べます。
    これで授業終了~♪料理♪料理♪美味しそォ~♪」

  • マナ先生!作ってきました!「至高のカレー」です♪(ラムリアは、とても料理が得意)

  • ルル<<「なに作るの?キル。」
    キル<<「えっ!?」(かすかに、チョコレートケーキの材料を持ってる)
    ルル<<「・・・やっぱり、すきなんじゃ~ん」
    キル<<「いやだから、俺はぁ!!」
    ~なんだかんだで10分~
    キル<<「先生、ち、チョコレートケーキをつくってきました・・・」
    ルル<<「僕は、チーズケーキでーす☆」
    キル<<「ルルの・・・おいしそうだな。」
    ルル<<「キルよりかは、ながいからね。」

  • リーン「へぇ~、キルって料理好きなんだ~。キルのヒミツ知っちゃった☆」

    マナ「オルファスは、どうしたのかしら?まっ、オルファスには後で言っとくわ
    今回の授業の内容は・・・一人一品何でもいいから作ってくる事♪お菓子おk
    どんな料理が出で来るのかしら?楽しみだわ☆」

  • 遅れてすみませんでした!マナ先生。

  • キル<<「リーン、そんなん好きなわけ?おれは・・・」
    ルル<<「とかいっても、キルもすきだよね☆」
    キル<<「!!ル・・・、ルル!!」
    ルル<<「あははっ♪」

  • わ~い、料理の授業だ♪
    僕、だ~い好き。。。

  • ルル「ユリとミーンは、家の用事らしいです。」
    キル「料理の授業か・・・。(サボってればよかった・・)」

  • は~い。では料理の授業を始めます。
    全員いますか~?

  • ユリ「そろそろ、ぬけよーかな・・・ユエ屋もあるし♪」
    ミーン「あっ・・・じ、じゃあ私も・・・」
    ルル「なんか、あんの?」
    ユリ「ミーンちゃんは、たいへんなんです。」
    キル「なにが?」
    ミーン「あはは・・・じゃあ・・・」
    ユリ「ほな、私も!」
    キル・ルル「ばいばーい。」

  • ・・・ちゃんと持って帰ってこれたようだな。合格だ。

    ・・・よし。これで今日の剣術の授業は終わりにする。
    次は、課外授業をやるから、道具を忘れないように。

  • 名前 マナ

    担当教科 料理(ほぼ全て)

  • 名前 ユエ

    担当教科 商業

  • キル<<あ、もどってきた。

    ルル<<おかえり。

    ユリ<<おかえりなさい!

    ミーン<<はやいね・・・。

    ユエ<<ユリには勝たんかったねぇ。まぁ、ええんよ。無事にもどってこれたんやし☆

  • いってきます。

    ~20分後~

    先生!持ってきました。これですよね。
    ケガはしませんでした

  • キル<<ひまだなー・・・。

    ルル<<そう?

    ユエ<<気をつけていってらっしゃいです(ニコ

    ミーン<<きをつけてね・・・。

  • ・・・やはりそうか・・・。
    ・・・まあ、ちゃんと持って帰ってこれたようだな。二人とも合格だ。

    ・・・よし、オルファス。場所はわかるな?気をつけていって来い。

  • ジェイク先生、今度は俺の番ですね。
    もう行って来ていいですか?

  • ルル>>あ、はい。

    キル>>・・・。

    ユリ>>大丈夫かなぁ?ミーンちゃん。

    二十分後---

    ミーン>>おくれてすいませんっ!!

    ルル>>いましたよ、まよってたらしいです。

    ユエ>>ミーンちゃん!!

    キル>>ふつう、まようか・・・?

  • ジェイク
    ・・・ミーン、ずいぶん遅いな・・・? 
    ・・・何か・・・あったのか・・・? 
    ・・・じゃあ、ルル。もう出発していいから、ミーンの様子を見てきてくれないか? 
    場所はわかるな?気をつけていって来い。 

    ブライ 
    おかえり、リーン。楽しかったようだね。

  • 名前を変えました。
    名前が変わってもよろしくね。

  • ただいま~☆
    楽しかったよ*
    まあ・・・、疲れたときもあったけど・・・。
    そんな事ほっといて、帰って来ました。

  • ・・・オルファス、お前はルルの次だ。まだだぞ。

    ・・・リーン、早退か?わかった。他の先生にも、俺から伝えておこう。

  • ジェイク先生・・・。
    授業を、、ちょっと抜けます・・・。
    明日から、ちょっと出かけてくるので・・・。
    28日に帰ってくるので・・・。
    28日に会おうね、みんな☆
    じゃ~ね♪

  • 親父・・・じゃなくて先生、まだですか?ソワソワ(待ちきれない)

  • あまり調子に乗るな・・・。 
    ・・・まあ、ちゃんと持って帰ってこれたようだな・・・。合格だ。 
    次は・・・ミーン、場所はわかるな?気をつけていって来い。

投稿できる人

誰でも投稿できます。

ゲームキャラ [新着投稿]

ゲームキャラ [ロック]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします