暦~壱弐ヶ月と壱参の勇者3~【お気軽にどうぞ!】なりきり掲示板

暦~壱弐ヶ月と壱参の勇者3~【お気軽にどうぞ!】

  • 昔々、特別な力を持つ13人の勇者がいた。その力を敬った人々はその勇者らを暦と呼んだ。
    丁度200年前に彼ら暦は氷の上書きを阻止し、誰もが知る英雄となった。
    そして時は今、彼らの子孫は確実にその力を受け継ぎ氷の上書きもまた始まろうとしているという風の噂


    ・ギャル文字は禁止させて頂きます…(汗)理由は読みづらいからです。顔文字や記号は有り!
    ・キャラ数は自分が管理できる範囲!
    ・恋愛は特にジャンルは問いません個人の自由です…が行きすぎの場合注意させて頂きます!あ、カップリングできたら報告お願いします!!
    ・特定の人ばかりのコミュはお控えください!
    ・他人のキャラは殺さないでください!!ここ重要!
    ・人以外の種族もありです!その場合プロフに書いてください!ハーフもありで!

    プロフ
    名前 【此処すごく重要!】
    年齢 【?は有りとします】
    性別 【名前の次に重要!】
    性格 【割と大雑把に】
    容姿 【上に同じ】
    能力 【暦でなくとも能力は使える事にします。ですが能力は暦が強いことになりますあしからず…あ、能力持ちで後々明かすって言うのもありです】
    備考 【暦の場合此処に何月かを書いてください。その他色々とどうぞ!】

    暦…【睦月、卯月、皐月、文月、葉月、長月、霜月、師走、暦は一人ずつこの中から割り振られます、お選びください!

  • 水都>>ふーん…寂しい?

  • 水都〉
    えへへ、ありがと!
    (ニコニコしながら手を振る)

  • 友炎》

    水都:いや……。でも、両親がいないっていうのは流石に辛いかな………。


    燐火さん》

    水都:(微笑み、手を振り返し)

  • 水都>>でも俺この皆が家族みたいだと思うよ

  • 水都〉
    やっぱ空飛ぶの最高!
    (小鳥を追い掛けながら)

  • 友炎》


    水都:(相手の一言に驚くも微笑み)…そうだな。


    燐火さん》

    水都:(眩しそうにしながらも様子を見て)

  • 水都>>だろ?((ニカッと笑い

  • 水都〉
    えへへ、捕まえた!
    (小鳥を捕まえ水都の所に戻る)

  • 水都:(下を見て)……一時間もかからなかったか。(水の鳳凰が降り)

  • 燐火さん》

    水都:……お見事。

  • 水都〉
    どうもどうも〜
    (ニコニコしながら尻尾を振る)

  • 水都:(相手を見て微笑み)


    燐火さん》

  • 水都〉
    …この子どうしょう?
    (小鳥を見つめ)

  • 水都:キャッチアンドリリース…。返してあげなよ。

  • 水都〉
    そうだね、バイバイ〜
    (小鳥を放して手を振る)

  • 水都:(無言だが優しく微笑み、小鳥に手を振り)

  • 水都〉
    うぐっ!?…ちょっとごめん!!
    (口を抑え茂みの方に走り出す)

  • 水都:燐火!?(相手を追いかけ)

  • 水都〉
    こ、来ないで!!
    (茂みに飛び込む)

  • 燐火さん》

    水都:どうしたんだ。(心配しながらも)

  • 水都〉
    な、なんでもないから!!…かはっ!!
    (血を吐く)

  • 燐火さん》


    水都:!?おい!(相手に近づき)

  • 水都〉
    だから来ないでよっ!!
    (茂みから飛び出し口に付いた血を拭い鎖鎌を構える)

  • 水都:………いやだ。……どうしても嫌なら、攻撃したらいいだろう?(相手に近づき)

  • 水都〉
    そうだよね…私は暗殺者だもの…人を傷付けるのは慣れてる…
    (無表情になる)

  • 水都:…………やれよ。(真剣な顔で)

  • 水都・隣火>>…((横目で二人を見るが何も口出しはせず

  • 水都〉
    っ…!!
    (相手に詰め寄り服を鎖鎌で斬り背中に氷の翼を生やして飛び去る)

  • 水都:…………(指を鳴らすと浮き、相手を追いかけ)暗殺者だろ!?俺ひとりも殺せないのか!?臆病者!(相手を挑発し)

  • 水都>>そこら辺にしときなよ((相手の肩を叩き

  • 水都〉
    誰がそんな安い挑発なんかにのるかよ!

  • 隣火>>隣火も落ち着きな…

  • 水都:(燐火を追いかけ相手に近付く)挑発に乗らないほど強いなら、俺を殺して見ろよ。

  • 水都〉
    別に私は良いけど…炎友に何されるか分からないからね…
    (炎友を見て)

  • 隣火>>うん、良い勘してるね((両手に炎を灯し笑顔で答え

  • 水都:……友炎。俺が傷つけられても、手を出すなよ。さぁ、これでいいだろう?(両手を広げ、無防備になり)

  • 水都>>んじゃあその後にお前殴るからな((炎を消し木の上で待機

  • 炎友〉
    そりゃどうも
    (ニコニコしながら)

    水都〉
    ……やだ!

  • 水都:(友炎を見て頷き)さぁ…。殺してみろよ………。(両手を広げたまま)

  • 水都〉
    …ヤだ!

  • 水都:……(無言で両手を広げたまま、相手に近付いていき)

  • 水都〉
    はぁ…つまんない
    (ため息を付き空に舞い上がる)

  • 水都:………(指を鳴らし自分も飛び上がり、相手を捕まえると相手の鎌で自分の腹を傷つけ)…………っ!

  • 水都〉
    …なにしてんの?
    (きょとんとして相手を見つめ)

  • 水都:………これでお前が俺を傷つけたことになる……。(下に降りていき、木にもたれかかり)

  • 水都〉
    …意味わかんない!なんであんたはそんなにも傷付けられたいの!?
    (地面に降り)

  • 水都:………出来ないことを口にするな!……出来ることだけを口にして成し遂げろ……。口に出して出来ないことは、俺が命をかけてでも成し遂げさせる………。(傷を抑えたまま)

  • 水都〉
    本当に訳わかんない…
    (相手のそばに行き傷を治す)

  • 水都:………すまない。(立ち上がり)

  • 水都〉
    …………
    (立ち上がり歩き出す)

  • 水都:(一度立ち上がったが、もう一度座り)

  • 水都〉
    …またね…
    (涙目で別れを言い飛び去る)

  • 燐火さん》

    水都:お、おい!(追いかけようとするも立ち上がれず)

  • 水都〉
    ボクには仲間なんていらないんだ、だからここで君達とはサヨナラだ…バイバイ!
    (涙を流し手を振る)

  • 水都:待て、燐火!(無理やり立ち上がり、相手に近付くと相手の手をつかみ)

  • 水都〉
    な、なんだよ!?
    (相手の手を振りほどこうとする)

  • 水都:………仲間なんかいらない……?そんな寂しいこと言うなよ……。俺も………、前まではお前と同じで仲間なんていらないと思ってたんだ…………。(苦笑いをして相手を見て)


    pl落ちますm(_ _)mお相手感謝です太陽

  • 水都〉
    …暗殺者に仲間なんていらない…仲間なんて負担になるだけだ…!

  • 燐火》


    水都:確かに、お前は暗殺者だ。でも暗殺者で在る前に、お前は暦だ。つまり俺達は『暗殺者としての仲間』じゃなく、『暦としての仲間』なんだ。だからお前が誰を殺そうが俺達は口出ししない。だけとな、氷の上書きを止めるにはお前の力が必要なんだよ……。

  • 水都〉
    …私の…力…

  • 燐火》

    水都:(相手を見つめ、無言で頷き)

  • 水都〉
    私なんかでも…力になれるかな…?
    (徐々に涙目になる)

  • 燐火》

    水都:なれるさ。燐火は強いし、戦いでも即戦力になる。さっきだって、俺の傷も手早く治療してくれた。仲間の力になれるぐらいの力は持ってるんだ。

  • 水都〉
    でも…もしかしたら…ボクがみんなの事傷つけるかもしれない…

  • 水都:俺だってそうさ。俺の陰りは、氷の使者たちの王だ。陰りが出て来れば、仲間さえも傷つけるかもしれない。でも、そんなこともひっくるめて助け合って行くのが仲間だから。

  • 水都〉
    …そう…なんだ…

  • 燐火》

    水都:……あぁ。でも俺は、そんなのには負けない。仲間がいるから。独りじゃ負けてしまうことも仲間がいればきっと乗り越えられる。

  • 水都〉
    ……仲間…

  • 燐火》

    水都:もちろん、お前もその一人だ。(優しく笑いかけ)

  • 水都〉
    私も…?

  • 水都:あぁ。お前もだ。

  • 水都〉
    …私も…仲間…

  • 水都:あぁ、そうだ。お前も仲間だ。

  • 水都〉
    ……うん…
    (涙を拭う)

  • 水都:(優しく微笑み頭を撫でて)

  • 水都〉
    …水都は優しいね

  • 水都:いや。当然のことをしたまでだよ(優しく微笑み)

  • 水都〉
    …そっか…

  • 水都:(優しく微笑むと先ほどつけた傷を庇いながらも木の下に座り)

  • 水都〉
    ……ごめん…
    (ゆっくり地面に降り)

  • 水都:燐火のせいじゃないよ。俺が勝手につけたんだから……(苦笑いをして)

  • 水都〉
    …でも…

  • 水都:いいの。気にするなって。(優しく笑いかけ)

  • 水都〉
    …分かった

  • (傷の痛みを押さえようとそこに寝転び)

  • 水都〉
    大丈夫!?
    (相手の側に駆け寄る)

  • 水都:…大丈夫、大丈夫………。(少し表情を歪め)

  • 水都〉
    ……大丈夫なはずないよ

  • 水都:……………平気、だって…………。(苦笑いをし)

  • 水都〉
    いやだって、私の鎖鎌毒塗ってあるから…

  • 水都:………やっぱり……?(顔が青ざめて来ており)

  • 水都〉
    うん…はい、解毒薬
    (緑色の薬を渡す)

  • 水都:悪い………。(受け取り、薬を使い毒を無くし)………ヤバいかなとは、思ってたけど…………、まさかホントに毒が塗ってあるとはな………(苦笑いをし)

  • 水都〉
    早く言えば良かったね…

  • 燐火》

    水都:いや、予測していなかった俺も悪い……。

  • 水都〉
    とゆう訳でこれからはボクの武器にはあまり触らないでね?

  • 水都:…あぁ。(木にもたれかかり)

  • 水都〉
    …大丈夫?

  • 水都:平気。解毒薬が大分効いてきた。…………ちょっと寝るよ………。(そういうと目を閉じて)

  • 水都〉
    うん、お休み…

このスレッドは1000になったので終了です。
次のスレに進む
前回のスレに戻る
このスレを最初から読む

投稿できる人

このスレッドは投稿できません。

架空オリキャラ [新着投稿]

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします